ヨガで骨盤を整えよう!改善できるポーズとは

ヨガで骨盤 整える

ヨガで骨盤を整えて理想な体に近づけませんか?骨盤のゆがみは体に様々な影響を与えるとされていますが、実際には自覚症状がない場合が多く、痛みや不快を感じにくいことからそのまま放置されてしまう可能性があります。今回紹介するヨガで骨盤を整えますと、想像するよりも簡単な方法で、より気軽に改善できるかもしれません。是非この機会にヨガについて詳しく学んでみてはいかがでしょうか。

骨盤のゆがみは主に3タイプ


体を支える中心的な役割がある骨盤ですが、一言でゆがみがあると言っても種類が異なっていて、原因も様々です。自分がどのタイプに該当しているのかを確かめてみるのもおすすめです。骨盤のゆがみは早めの改善によって、更に症状を悪化させる危険性を回避できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

前後か左右に傾いている

骨盤が前後または左右に傾いている方の場合、普段の姿勢が大きく影響している場合があります。例えば立つ時に片方にばかり重心を掛けて楽な姿勢を維持してしまう習慣や、ハイヒールなどおしゃれ重視の靴を頻繁に身につけるなどが挙げられます。骨盤のゆがみは改善することができますので、気になる症状がある場合には早めの対策がおすすめです。

骨盤がねじれている

骨盤がねじれている場合には、骨盤の左右に高さが異なります。骨盤が左右や前後に傾いている場合とは異なり、立った状態や寝た状態から確かめることができます。少しの期間で骨盤が正常だった方がねじれてしまうこともありますので、普段から歩き方や姿勢に気を配って過ごす必要があります。

骨盤が開いている

骨盤が開いてしまっている方の多くは出産経験者や加齢が関わっている可能性が高く、体形の崩れや内臓の働きの変化による便秘など、様々な症状を引き起こします。骨盤が開いた状態ですと、骨盤そのものの機能が低下するのは勿論ですが、体の冷えやだるさが取れないなど、日常生活にも影響が出てきます。早めに症状を緩和できるように、骨盤矯正を検討しましょう。

骨盤のゆがみを改善するヨガのポーズ

骨盤のゆがみを整える便利なグッズなどもありますが、根本的な改善を望むのであればヨガがおすすめです。運動が苦手な方でも取り組みやすいヨガは、苦手意識を持つ方でもスムーズに開始できるのがメリットです。骨盤のゆがみを整えるためには、どのようなポーズをするのが良いのでしょう。

リラックス効果も高いワニのポーズ


骨盤周辺をしっかり動かすワニのポーズは、ゆがみの改善やリラックス効果が高いヨガになります。床に仰向けのまま横になって、片側の足を曲げながら反対側の足の外側に膝を運んで、ウエスト部分や骨盤を刺激します。同じ側だけでなく左右交互に行いますと、バランス良く骨盤のゆがみが整うでしょう。

四つん這いで行う猫のポーズ


猫のポーズはヨガのポーズの中でもスタンダードなメニューで、ヨガの経験がない方でも知っている可能性が高いポーズです。猫が伸びをするような形や、お尻を突き出して骨盤周辺を動かす動作は、歪みが気になる部分を元の位置にゆっくり戻すことができます。猫のように柔軟でしなやかな動きが必要ですが、体が硬い方でも猫を意識して行うことで上手くポーズがとれるようになります。

座りながら行える合せきのポーズ


しっかり前屈をする合せきのポーズは、骨盤のゆがみにダイレクトに効果を与えるヨガです。座りながら行えますので、バランス感覚に自信がない方でも安心です。あぐらをかくようにして座り、足の裏と裏を合わせます。その状態のまま上半身を前に倒して前屈を行い、その反対に後ろに倒れて足を曲げた状態のまま、仰向けに寝るポーズも合せきのポーズになります。

片足立ちの立ち木のポーズ


名前の通り片足で立つ形が木のように見える片足立ちの立ち木のポーズは、骨盤のゆがみを整えながらバランス感覚を養うことができます。見た目には簡単そうに見える立木のポーズですが、実際にしっかりマスターできるまでには時間が掛かるかもしれません。ゆっくり習得して、骨盤のゆがみへの効果を実感しましょう。片方の足を軸にしてもう片方の足の膝を曲げて、軸足の膝横に添えます。そのまま両手をまっすぐ頭上まで伸ばして、自分が木になったようなイメージをするのが、片足立ちの立ち木のポーズです。

寝ながら行える橋のポーズ


ヨガのポーズ名は、体で表現する際の見た目からヒントを得て名づけられているものが多く、橋のポーズも橋のように見えるヨガポーズとして非常に覚えやすいでしょう。骨盤をしっかり動かす橋のポーズは、ゆがみを整えるヨガとしておすすめです。やり方は、仰向けで寝た状態から両ひざを立てて、お尻や腰を上に持ち上げて膝から肩にかけて真っすぐになるようなイメージをします。腕は上半身の内側にいれるようなイメージをしますと、背筋が伸びて綺麗な橋のポーズができます。

骨盤をゆがませないために

骨盤のゆがみをヨガで改善できることは分かりましたが、できればゆがみを回避できるのが理想です。一体どのようなことを普段から意識しておくと良いのでしょう。

左右のバランスを意識する

左右のバランスを意識することは難しく、どうしても同じ手で荷物を持ってしまう癖や、同じ方向に傾いて楽な姿勢をしてしまう習慣が身についてしまっています。しかし少しの心掛けで、いつもとは違う手で荷物を持つことや体を傾けることもできます。油断をすると普段の習慣が出てきてしまうので、いつでも左右のバランスを意識できるようにするのが理想です。改めて自分の癖や習慣がどちら側にあるのか確かめてみましょう。

長時間同じ姿勢でいない

テレビゲームやパソコン作業、スマートフォンの操作などを夢中で行っていますと、長時間同じ姿勢で過ごしていることになります。その時は夢中で楽しんでいる場合や仕事に追われていますので気づきませんが、想像以上に体に負担を掛けた作業時間であるようです。骨盤のゆがみは、日々の姿勢が大きく影響することから、こまめに休憩をしてストレッチなどで体をほぐすなどして体調を整えましょう。

ヒールを頻繁に履かない

ハイヒールを履く習慣がある女性の多くは、見た目重視のデザインの靴を履くことで歩行がしにくくなり、自然と骨盤がゆがむような不自然な歩き方になってしまいます。仕事などでハイヒールを履く習慣がある方でも、オフィス内では違う靴に履き替えるなどの手間をかけることで、骨盤がゆがむリスクから回避することができます。できるだけハイヒールを履く時間を短縮するような習慣を身につけましょう。

こまめに体を動かす

骨盤のゆがみに関係がない印象がある運動不足ですが、骨盤を動かす機会が減ることはゆがむことにも少なからず影響を与えます。特にじっとしている時間が長くなりますと体の柔軟性が乏しくなり、一層体を動かさないという悪循環のスパイラルが開始されます。ハードな運動や筋力トレーニングをする必要はありませんが、すぐに車に乗って出かけるのではなく、自転車や徒歩などで体を動かす気持ち良さを身につけますと、自然と骨盤のゆがみを回避できるはずです。

骨盤のゆがみの改善にヨガを取り入れる際のポイント

骨盤のゆがみを改善できる可能性があるヨガですが、実際に取り組む際にはいくつかのポイントに注意しながら進めるのが理想です。一体どのような工夫をすると良いのでしょうか。

ヨガは自宅での自己流でも平気?

最近では多くの専門書やDVDなどが販売されているヨガですが、それらを使って自宅でヨガをするだけで骨盤のゆがみを整えることはできるのでしょうか。自宅での習得に加えてレッスンスタジオも増えているヨガは、専門家の指導を受けながら自宅でも進めるのが最も理想的な形です。ヨガの知識が豊富なインストラクターがいる環境で行いますと、ポーズの正しいやり方は勿論ですが、呼吸の仕方やポーズの意味などもしっかり学べます。時間や費用面に余裕がある場合は、外部でのレッスンも検討してみてはいかがでしょうか。

良い環境で学べるヨガスタジオの選び方


もしもヨガスタジオに通うことになった場合、大切なのは学ぶ環境の選び方です。せっかくお金を掛けてスケジュール調整をして通っていても、自分に合わない雰囲気のスタジオを利用するのは苦痛でしかありません。サイトで探すのは良いですが、申し込み前に見学や無料体験に応じてもらえる場所を探しますと、失敗することなくヨガを習得する環境が整います。

ヨガは毎日やらないとダメ?

ヨガは短時間でも効果が期待できる運動の一種で、特に骨盤のゆがみを整えるなど、日々の積み重ねが大事な場合には、少しの時間でも毎日行うことをおすすめします。しかしあまり毎日取り組むということに縛られる必要はなく、気分が優れない日や体調不良の日には休みを設けることも重要です。また時間や回数なども気にせず、自分ができる範囲で徐々に取り組み時間を長くするなど、時間を掛けてヨガを習得した方が長期にわたって継続させられます。

あると便利なヨガマットを用意しよう

ヨガをする際に下に敷くヨガマットは、自分自身の体を保護する役割を始め、騒音防止や床に直接寝転ぶことで床を傷つけるなどのリスクを回避できます。布団やバスタオルなどで代用することもできるヨガマットですが、できれば専用の商品を買って自分専用のアイテムを増やした方が、ヨガをする楽しみが一層増えます。ホームセンターやインターネット通販などで購入できますので、好みの色を選んでヨガライフに取入れてみてはいかがでしょうか。

骨盤のゆがみを改善しよう

いかがでしたか。骨盤のゆがみは男女や年齢に関係無く症状が現れることが良く分かりました。気になる骨盤のゆがみを改善できる方法を探している方は、この機会にヨガの勉強を始めてみることをおすすめします。是非普段の運動習慣にこうしたヨガのポーズを加えてみてはいかがでしょうか。