ヨガを毎日行なうメリットは?ヨガを続けるコツとは?

ヨガ 毎日継続

ヨガを毎日続けるメリットってあるの?三日坊主や飽きて継続できない印象があるヨガですが、毎日継続させることは大きなメリットがあるとされています。今回紹介するヨガを継続させる効果やコツを知ることで、今まで思うように進められなかった方でも、今度こそは自分の生活に馴染ませることができます。一体どのような工夫をすると良いのでしょう。是非役立ててみてはいかがでしょうか。

毎日ヨガをすることのメリット


ヨガは空いた時間を使って短時間でできる運動習慣ですが、毎日続けることの意味やメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

ヨガを習慣化できる

日常生活にヨガを取り入れて習慣化するためには、食事や歯磨きのように日頃の行動に馴染ませることが必要です。特別苦痛と感じること無く継続させることで、自然と体を引き締めることや健康効果を高めることができます。また毎日継続して続ける何かができることで、生活に張り合いが生まれて楽しみにあるはずです。ヨガには体だけでなく心も健康にする効果が期待できます。

毎日続けることにより筋肉量が増え痩せやすくなる

時々行うヨガに比べますと、毎日続けるヨガの場合には、日頃の運動効果によって筋肉量が増加しやすく、結果として余分な脂肪がつきにくくなりますので痩せやすくなります。不定期に行うヨガですと、筋肉がつきそうになる段階の前に運動習慣がないことで体に変化が起きにくく、毎回初心者のようなスタートラインに立って行うことになります。ヨガは短時間でも良いので、毎日継続させて筋肉量を増やしましょう。

1日の精神的な疲れをその都度リセットできる

仕事や勉強の疲れを始め、人間関係や季節の変化など、人は様々なストレスや疲労を抱えて生活しています。一番の理想は疲労を蓄積させないためにも、その日の疲れをその日の間に解消させてリセットしてしまうことで、ヨガを毎日継続させることでそのことが可能になります。体だけでなく心も柔らかくほぐすヨガは、毎日続けますと自分自身でも気分がスッキリして気持よく次の日の朝を迎えられます。原因が分からない疲れや体調不良に悩まされている方は、毎日ヨガをすることをおすすめします。

毎日ヨガをする際の理想的な方法

毎日ヨガをするためには、今までの生活サイクルではなく、ヨガを中心とした生活に変える必要があるかもしれません。しかしそれは無理をする必要はなく、できる範囲で少しずつ理想に近づけていくことで生活に馴染むでしょう。一体どのような工夫が必要なのでしょうか。

週1レッスンに通い毎日自宅ヨガをする



ヨガは自宅で本やDVDなどを見て独学で習得できるイメージですが、実際にはしっかり専門家の指導を受けた方がよいでしょう。その理由は正しいポーズの仕方を学びながら、呼吸法やそのポーズの意味などを学び、ヨガの基礎からしっかり習得できます。どんなことでも基礎がしっかり学べていないと、次のステップへ踏み出すこともできませんので、ヨガを自己流ではなくしっかりマスターしたい場合は、1週間に1回レッスンに通って、習ったことを自宅で毎日続けるのが理想です。

1日3回30分程度行う

毎日家でヨガをすることが理想であると分かりましたが、どのくらいの時間行うと良いのでしょう。1回30分程度を1サイクルとして、1日3回ぐらい行うのが理想です。しかしこのスケジュールですと、丸1日在宅している休日などにしか達成できないかもしれませんので、できる限り近づける形で毎日取り入れることをおすすめします。

体調が悪い日には休むことを優先する


真面目な考えの方がヨガを行いますと、毎日継続させることに意識が集中しすぎてしまい、気分が優れない日や体調不良の日にも頑張ってやろうとしてしまいます。そのような無理な環境でヨガを行っても意味がりませんので、気分や体調が優れない日には思い切って体を休めることをおすすめします。そのためには、普段から自分の体調と向き合う心の余裕や、疲れを蓄積させすぎない生活環境を維持することがポイントです。

自分に合ったヨガのレッスン場所を探す

様々なスタジオやレッスン会場があるヨガですが、どんなに良い環境であっても自分に合っていないのでは、1週間に1回通うことも苦痛になります。一人で通うことに勇気が出ない場合には、家族や友人などを誘って複数人で通い始めるのも一つの方法です。また通いやすい場所である立地条件やレッスン代の価格、指導者の優劣なども考慮して、最適な場所を自分なりに探してみてはいかがでしょうか。

ヨガを毎日続けるコツ

毎日継続させることが理想であるヨガですが、どのようなコツが必要なのでしょうか。少しの工夫や心掛け一つで、今まで何度も挫折した方でも簡単に続けることができます。是非参考にして、三日坊主から脱却してみてはいかがでしょうか。

量と時間に固執しすぎない

毎日ヨガをするためには、30分を1サイクルで3回が理想であると紹介しましたが、その回数や時間が守れないことに嫌気が指してヨガ自体をやめてしまうのではなく、それほどこだわらずに理想の回数や時間であるという範囲で捉えると良いでしょう。また同じ30分でもできるポーズの種類なども個人差がありますので、自分の体調や気分に合わせて特に改善したい症状に合ったポーズを選ぶなど、効率良くヨガの時間を進める方が良い効果を得られます。

物足りない程度の時間でやめる

ハードなスポーツや筋力トレーニングとは違いますので、どうしても長い時間頑張ってしまう場合があるのがヨガです。しかし物足りなさを感じるぐらいでやめた方が体を疲労させてしまう危険性がなく、次の機会に余力を残せるメリットがあります。特に初心者の場合は初めから長い時間行う習慣を持つ必要はありません。もう少しできそうだけで、今日はやめておこう…という感覚を身につけて、負担に感じないヨガライフを継続させるのが理想です。

無理のないポーズでリラックスして行う


ヨガには沢山の種類のポーズが存在していて、その時の症状や体調に合わせて取り入れることが可能です。中には複雑なポーズや難しいポーズも多く、思うように体が動かない場合もあります。しかし無理をしてポーズを取りことばかりに意識を集中させてしまいますと、正しい呼吸ができていないなど、ヨガ本来の目的とは外れた行動になります。ヨガは習得するたびにできるポーズも増えますので、初めから難しいポーズを無理に行うのではなく、リラックスできるものを選んで、少しずつレベルを上げるようにしましょう。

普段する行動と組み合わせて習慣化させる

ヨガを日常に入り込ませる工夫は、食事や歯磨きなど普段の生活行動に取入れてしまうことです。例えば食後の歯磨きの後に行うと決めておきますと、休日自宅でゆっくり過ごす様な日でも、1日3回ヨガをできる理想的な環境が整います。今まで習慣化できずに苦労した方は、日常の生活にヨガをより深く浸透させることをおすすめします。早速今の生活パターンを改めて見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ:ヨガを毎日のルーティーンに加えてより良い生活にしよう

いかがでしたか。ヨガを毎日継続させることは、自然と体を動かす習慣が身について、心身共に健康に過ごせるということが理解できました。今までヨガが長続きせずに悩んでいた方は、生活の一部としてルーティーン化させてしまうことをおすすめします。今度こそ三日坊主を卒業して、美容と健康に効果的なヨガライフを満喫してみてはいかがでしょうか。