便秘に効果的なヨガを始めよう!おすすめするわけとは?

腸ヨガ 便秘

やるなら便秘に効果的なヨガ!男女年齢を問わず悩む方が多い便秘は、同じく性別や年齢に関係無く取り組めるヨガで改善するのがおすすめです。便秘に効果的なヨガの存在を知ることで、日常生活にも影響を与える可能性がある気になる症状を回避できる手段が身につけられます。長く便秘で悩んでいる方も、今回紹介するヨガを参考にして、体の内側からきれいになってみてはいかがでしょうか。

便秘に「腸ヨガ」がおすすめの理由

腸ヨガという言葉と共に、ヨガで腸の働きをよみがえらせることができるのは理想で、何をやっても根本的な改善が実現できなかった頑固な便秘の方でも解消できる可能性が高まります。腸ヨガはどうして便秘に適しているのでしょうか。

便秘の原因「ストレス」を解消してくれる

脳の働きと腸の働きは密接に連動していると言われていて、忙しい時や何かストレスが掛かっている精神状態の時には、思うように排便できない場合やその反対にお腹の調子が悪くなって下痢をしてしまう方もいます。ストレスに大変弱い胃腸の働きは、上手にストレスを取り除いていつでもスッキリできるようになっています。便秘そのものがストレスになっている可能性もあり、便通が良くなることで双方にとって大きなメリットがあります。

道具を用意しないですぐに出来る

腸ヨガは特別な器具や道具は不要です。思ったその場ですぐにできることから、長く継続して習慣化できます。面倒な方法や辛い方法では、どんなに高価があっても気が進みませんが、腸ヨガは道具不要でその場でできる手軽さがあります。症状が気になる時は勿論ですが、普段から空いた時間には腸ヨガをする習慣を身につけましょう。

腰回りのシェイプアップにもなる

便秘が解消されるということは、腹部に溜まっていた便が体外へ排泄されたということになりますので、ポッコリ出ていたお腹がへこんで腰回りを引き締めることができます。腸ヨガでは腹部周辺を重点的に鍛えるポーズが多く、ウエストや腰の余分な脂肪が燃焼される可能性は大きいでしょう。ウエストのくびれを手に入れることも夢ではなく、便がスッキリ出て腹部周辺が身軽になりますので、体のラインを強調するような服装にも挑戦できます。

腸ヨガの「朝のポーズ」

腸ヨガは朝と夜やるのがおすすめで、ここでは朝行う基本の朝のポーズを始めとしたその他のポーズもいくつか紹介します。朝は寝起きで体が動かない…という方も多いかもしれませんが、できれば朝のうちに排便を済ませて気分良く1日をスタートさせるには、腸ヨガの朝のポーズは欠かせません。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

朝のポーズは交感神経を活発にさせる

腸ヨガの朝のポーズには、交感神経を活発にする役割があります。この働きは便をスムーズに排泄させるのは勿論ですが、1日を健康的にスタートさせるためには重要です。寝起きの目覚めが悪い方は少し時間をおいてから行うなど、自分なりに取り組むリズムを構築しておきますと、排便のリズムも整いやすくなります。

マーメイドのポーズ


マーメイドのポーズは、文字通り人魚のような形をする腸ヨガの朝のポーズで、やり方は、横向きに寝て下の腕を伸ばして頭をのせる所からスタートします。その後ウエストとお尻と内ももの筋肉を緩めながら足を上げます。脇腹に効いてきている高さまで上げて、そのままの体勢で5回ほど呼吸するのがマーメイドのポーズです。逆側も同じように行いますと、左右両側から腸を刺激することができます。

弓のポーズ


弓のポーズも文字通り、体で弓になった事を表現する腸ヨガです。うつ伏せに寝て、両足の足の甲を外側からつかみます。そのまま上半身と下半身を同時に高く持ち上げます。この体勢で5回ほど呼吸をするのが弓のポーズです。

ヨットのポーズ


ヨットのポーズのやり方は、足を伸ばして左ひざは立てます。その後身体を左側へねじります。この時右ひじを左ひざにのせます。この体勢のまま5回ほど呼吸するのがヨットのポーズで、逆側も同じように繰り返し行いますと、左右バランスよく鍛えることができます。

腸ヨガの「夜のポーズ」

腸ヨガの夜のポーズはどのようなものがあるのでしょう。夜は次の日の排便をスムーズにさせる効果と共に、ぐっすり眠れるような安眠作用があるようなヨガが最適です。就寝前や入浴後など、リラックスできる時間を使って行いましょう。

夜のポーズは副交感神経を活発にさせる

腸ヨガの夜のポーズは、副交感神経を活発にする働きがあります。疲れ切った心と体を静かに落ち着かせる働きをする副交感神経は、朝のポーズで活性化される交感神経とは真逆の働きをします。ゆっくり休むことも便を出やすくさせるストレス解消法に繋がりますので、副交感神経を活発化させる夜のポーズは欠かせません。

猫のポーズ


ヨガの中でも比較的有名な猫のポーズは、自分が猫になったような気分で体をしなやかに動かすのがコツです。まず足を肩幅に開いて四つん這いになるところから猫のポーズはスタートします。そのまま手を前に伸ばし頭を下げます。このままの体勢で5回ほど呼吸をして、腹部周辺をしっかり伸ばしましょう。

太鼓橋のポーズ


太鼓橋のポーズはブリッジのような体勢を維持するのが特徴で、名前通りに太鼓橋になりきって行うと体が動かしやすくなります。まず仰向けに寝て膝を立てます。次に腕は手のひらを下にして身体を床から離します。この時にお尻から背中までを上げた状態にするのがコツです。腸の働きを促すように、腹部に力を入れてこの体勢で5回ほど呼吸をしてゆっくりと戻します。

胎児のポーズ


胎児のポーズは、自分が胎児になったようにして力を抜いてリラックスできるヨガポーズです。初めに仰向けで横になり、脚を胸の前で抱えます。その際には、額を膝に付けるイメージで身体を丸めると良いでしょう。この体勢で5回ほど呼吸するのが胎児のポーズです。

便秘が解消することでどんなメリットがある?

長年悩まされている方も多い症状の便秘ですが、腸ヨガによって便秘を解消することはどんなメリットがあるのでしょう。便秘の感じ方や症状には個人差がありますので、便秘の定義自体もバラバラですが、排泄されるべきものが体に貯留されてしまっているのは好ましい状況ではありません。ここでは便秘解消のメリットについて紹介します。

肌の症状が緩和する

ニキビや吹き出物、肌荒れなどに繋がる便秘は、症状を改善することで肌の体質も変えることができます。時に顔にできやすいニキビや吹き出物は、増えることでその日の気分が優れなくなる原因にも繋がります。便秘を解消して自信を持って外に出掛けられる美肌を目指しましょう。

口臭や体臭の悩みが減る

便秘と口臭や体臭が関係あるとあまり考えたことがないかもしれませんが、老廃物が上手く排泄できていない状態の便秘の症状は、体の様々な部分に影響を与えます。その一つと考えられるのが口臭や体臭で、便秘を改善して腸内環境を整えますと、当然ですが体の内側からきれいにすることができます。口臭や体臭は体の中に溜まった不要なものが臭いとして放出されてしまいますので、体の中を綺麗にしておきますと臭いの原因を除去できます。

便秘であるというストレスから解放される

トイレにいる時間が長くなる場合や、腹痛があっても便が出ないなど、便秘そのものがストレスになっていることもありますが、症状が緩和されることで、便が出るか否かなどの余計な心配をすること無く、自然な流れでトイレに入って用を済ませることができます。

腸ヨガをスムーズに進めるためのコツを知っておこう

朝と夜のポーズがある腸ヨガは、1日2回取り組む時間を設ける必要があります。より早く効果を実感できるようにするためには、スムーズに取り組める環境整備が大切です。腸ヨガを進める時のコツについて紹介します。

ベストなパフォーマンスに欠かせないヨガマット

ヨガマットがある状態で行う腸ヨガは、思い通りに体が動かせますのでおすすめです。手頃な価格でもカラーバリエーションやサイズ展開が豊富なヨガマットは、ホームセンターやインターネット通販など、身近な店舗やサイトなどで買い求めることができます。また気分を高めて腸ヨガに取り組めることもできますので、自分が好きな色を選んでヨガマットを用意しておきましょう。利用する道具は少なくて済む腸ヨガですが、買うことによってモチベーションも上がるのではないでしょうか。

早寝早起きを習慣づけましょう

便秘が完全に解消されるまでには、トイレにいる時間が長くなる可能性があります。特に朝の場合は通勤や通学前で慌ただしく、せっかく腸ヨガをおこなってもトイレで排泄する時間がないのでは意味がありません。夜は早めに休んで朝余裕を持ってトイレに入ることのできる時間をつくるなど、生活スタイル自体を見直すことで更にスムーズに便が出やすくなるかもしれません。

こまめな水分補給で更に腸ヨガの効果を高められます


便秘の原因とも言われる水分摂取の不足は、季節を問わずこまめに水分を補給することが大切です。甘いジュースなどを大量に飲むのではなく、水やお茶などを1日の間に何回も摂取することで、のどの渇きを感じる前から体を潤すことができます。特に寒い季節や涼しい季節には、意識して水分を摂取しないとほとんど水分補給をしないまま過ごす可能性もあります。暖房器具などの利用によって、寒い季節でも想像以上に人は乾燥していますので、こまめに水分を体に取り入れて便通を促すサポートをしましょう。

腸ヨガで便秘を改善しよう

いかがでしたか。腸ヨガは1日2回朝と夜にヨガをするだけの簡単な方法で、気になる便秘の症状を大きく緩和することができます。今までどんな方法を試してみても思うように便秘が解消できなかった方は、腸ヨガを取り入れることで運動不足を解消しながら便通を促すことができます。興味がある方は、腸ヨガに今すぐ取り組んでみてはいかがでしょうか。