ヨガで筋肉痛が起きる原因とは。筋肉痛が起きた時の対策は?

ヨガ 筋肉痛

ヨガでも筋肉痛は起きるのです。筋肉痛とは無縁の印象があるヨガですが、体を動かして筋肉を使う立派な運動ですので、場合によっては筋肉痛の症状が現れます。今回紹介するヨガと筋肉痛に関する内容は、いざという時に役立つ項目が多く、現在ヨガを行っている方からこれからヨガを始めようとする方まで、沢山の方が知っておいて損がない話です。是非ヨガをする際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヨガで筋肉痛がおきる原因


筋力トレーニングのようにしっかり筋肉を稼働させる運動とは違うヨガですが、目に見えるわけでない筋肉が想像以上に稼働している結果、筋肉痛が起きるのかもしれません。症状には個人差があり、同じような運動量でも全く症状を感じない方もいます。ここでは、ヨガによって筋肉痛が起きる原因を紹介します。

日頃の運動不足

ヨガする時に限らず、日頃の運動不足が筋肉痛になる場合があります。運動不足の状態が続いている体は、当然ですが体を動かす習慣がないため、急にヨガをすることで普段使わない筋肉を動かすことになります。普段から運動の習慣がありますと、ヨガを行っても筋肉が驚くことはなく、筋肉痛の症状をほとんど感じません。車ではなく歩いて出掛けるほか、積極的に階段を使用するなどの心掛けだけでも、日頃の運動不足は解消されます。

しっかりした準備運動をしていない


準備運動はあまり重要視されない項目ですが、ジムなどで行う筋力トレーニングだけではなく、ヨガでも大切な行動になります。筋肉を動かす準備を整える準備体操は、しっかり行っておくことで筋肉が驚く心配はなく、筋肉痛を回避できる可能性が高まります。簡単なストレッチなどで十分なので、筋肉に対して小手から体を動かすということを知らせる準備体操はしっかり行いましょう。

不慣れなポーズでいつも使わない筋肉を使う

ヨガには様々なポーズがありますので、普段使用しない筋肉を使うポーズなども多数あります。運動不足ではないのに筋肉痛になってしまうのは驚いてしまうかもしれませんが、同じ部分の筋肉しか日常では動かしていない可能性がありますので、ヨガで様々なポーズをして全身の筋肉を隅々まで動かすのは良いことです。色々なポーズに挑戦して、全身を程良く鍛えられるようにするのがおすすめになります。

ポーズのときに力みすぎている

ヨガのポーズをする時には、全身の力を程良く抜いてポーズをするのがスマートなやり方です。しかしまだヨガ自体に慣れていない初心者の方や、新しいポーズに挑戦した時などは、必要以上に体に力が入ってしまいます。また正しいポーズを再現しようと意識しすぎることも力んでしまう要因となります。リラックスした状態でヨガのポーズができるようになりますと、本来のヨガの効果をより一層体感できるはずです。

ヨガで筋肉痛がおきたときの対策

独特の痛みや不快感があり、誰もが一度は経験がある筋肉痛の症状ですが、ヨガが原因で筋肉痛になった場合には、どのように対策すると良いのでしょう。症状には個人差があり、回復までの期間にも個人差がありますが、ヨガをそのまま続けることは可能なのでしょうか。もしもの時のために、是非覚えておくことをおすすめします。

無理のない程度にヨガは続ける

筋肉痛の時にはヨガを休んだ方が良いのでは?と思うかもしれませんが、無理のない範囲でしたら続けても問題ありません。しかし痛みがひどくなった場合にはすぐにヨガを中止して、筋肉痛が完全に良くなるまで様子を見ましょう。しかしポーズの選び方などにも十分注意して、痛みを助長してしまうようなポーズを避けながら、普段よりも軽く進めるのが理想です。

筋肉をほぐすことを意識

筋肉痛は筋肉が炎症を起こしている場合があり、普段の状態が維持できていないことで不快や痛みを感じます。そのため筋肉をほぐすことを意識しておきますと、スムーズにヨガのポーズがとれるようになります。筋肉をほぐすのはマッサージなどで軽くさする程度で問題なく、力を入れて揉みほぐすのはかえって筋肉痛を悪化させる可能性があります。優しく労わるようにして、ヨガに支障がない体の状態を維持しましょう。

普段よりは時間を減らす

無理のない範囲で進められる筋肉痛の際のヨガですが、ポーズ選びに加えて取り組む時間の長さにも気を配りましょう。普段よりも短めの時間で終了させるようにして、できる限り負担を掛けずにヨガを進めながら、筋肉痛の症状が良くなるのを待ちます。筋肉痛の状態で長い時間ヨガをしますと、その分筋肉を刺激していることになりますので、場合によっては少し良くなった筋肉痛の症状が、再び気になるようになってしまいます。十分注意して短めにヨガを進めましょう。

筋肉に負荷がかかるポーズは避ける

ヨガのポーズは筋力トレーニングとは違いますので、それほど大きな負荷が掛かるものはありませんが、症状によっては体に負担が掛かることが考えられます。負荷が大きいポーズは避けて、簡単にできるヨガのポーズで筋肉痛の間も体を動かすのが良いでしょう。

筋肉痛のときのおすすめのヨガ方法

では実際に筋肉痛の時にはどのようなヨガのポーズをするのが良いのでしょう。多数の種類から負荷を掛けずに取り組めるポーズを選ぶのは大変ですが、無理にポーズをしなくても呼吸法を取り入れるだけでも効果的です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

呼吸法で心身をリラックス

筋肉痛の症状がある時には、普段の生活から多少制限があって行動している場合が多く、目には見えないストレスが掛かっています。そのような時におすすめなのは、ヨガのポーズではなく呼吸法です。本来動きと連動させておこなう呼吸法ですが、筋肉痛で体を動かすのが辛い場合は、呼吸法だけを取り入れてもヨガをおこなったことと同じくらいの運動効果が得られます。腹式呼吸は、慣れるまでに時間が掛かるので、呼吸法だけを練習することは決して無駄ではありません。

寝ながらできるワニポーズ


少し筋肉痛の症状が和らいだ場合や、初めからそれ程つらい症状ではない方は、ワニのポーズですと簡単にできます。寝ながらできる上に筋肉に負荷を掛けないワニのポーズは、筋肉痛の症状を気にすることなくヨガをすることが可能です。やり方は、両膝を立てた状態から片方の足を下に伸ばして、反対側の足を曲げた状態のまま伸ばした足の方に膝を移動させます。伸ばした足ともう片方の足がクロスするようなイメージで、左右交互に行います。腹部を刺激できるヨガは、筋肉痛でも比較的取り組みやすい動きとなります。

背中や腰回りが伸びる魚のポーズ


見た目通りの魚のポーズは、ワニのポーズと同じく寝た状態でできるヨガです。背中や腰回りがしっかり伸びることから、長い時間姿勢を変えずに作業をするデスクワークの方におすすめです。やり方は、仰向けて横になった状態から上半身を大きく反らして、腰や背中を浮かせます。両腕は肩を中に入れるイメージで、上半身の下に納めますと一層体が綺麗に反らせるでしょう。

ヨガ以外の筋肉痛にもヨガは効果的

筋肉痛になってしまうのはヨガだけではありません。ヨガで症状が出た筋肉痛には、無理のない範囲でヨガを続けることで症状を緩和させましたが、それ以外の筋肉痛の際にもヨガをすることで、ストレッチ効果が得られます。ではどのようなメリットによって、ヨガ以外の筋肉痛を緩和させられるのでしょう。

身体の巡りがよくなる

筋肉痛の時には痛みを感じることから、体の動きが鈍くなる場合やじっとしている時間が長くなる場合があります。そのままですと、筋肉痛の治りを遅くするだけではなく、体の巡りが滞ってしまいます。しかし、ヨガをすることでストレッチ効果と巡りを良くする効果が加わり、筋肉痛の痛みを早く緩和させることが期待できます。

痛みがやわらぐ場合がある

筋肉痛の症状には個人差がありますので、同じような状況でも痛みに敏感な方とそうでない方がいます。しかしヨガをして癒す効果やリラクゼーション効果を得られますと、気になる痛みがやわらぐこともあります。もちろん精神面だけでなく、体を適度に動かしたことでストレッチ効果が得られることもあり、症状が楽になることもあります。筋力トレーニングなどを普段から行っている方は、一緒にヨガを進めますと相乗効果で筋力トレーニングの集中力も高まります。

でも無理は禁物です

ヨガ以外の時の筋肉痛でもヨガの時の筋肉痛でも対策は同じで、ヨガをすることで症状緩和が期待できるばかりに、痛みがひどくなるような酷使をすることはおすすめできません。筋肉痛が気にならない範囲でのヨガは効果的ですが、無理な運動はかえって症状を悪化させます。ポーズを厳選するほかに、時間を短くして軽めのヨガタイムを設けるなど、十分注意をして取り組みましょう。また痛みがひどくなったと感じた場合には、すぐにヨガを中止して症状の回復を待つのがベストです。

筋肉痛時は無理をせずヨガで身体を伸ばそう

筋肉痛でもヨガができることが分かりましたが、選ぶポーズや時間などにも配慮することが必要です。ここでは無理なく筋肉痛の症状と関わりながらヨガを進めるためのポイントを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

入浴中や風呂上りにマッサージをしてみよう

体が温まるお風呂は、筋肉痛の際にも気分転換ができるのでおすすめです。また冷えた体を温める作用もありますので、入浴時間を使って筋肉痛の痛みを和らげるマッサージが最適なります。強く揉むと言うよりは、軽くほぐす感覚で進めると良いでしょう。湯船の中や風呂上りには体が温まっていますので、筋肉痛の症状に、マッサージの効果が浸透しやすくなります。早速今日から取り組んでみてはいかがでしょうか。

食事で筋肉痛をケアできる?

体の内側にある筋肉は、直接目で見て確認することはできません。よって体に取り入れる食事の栄養補給こそ、筋肉痛に貢献するとされています。筋肉が炎症状態にある筋肉痛は、筋肉の多くを構成するタンパク質をしっかり摂取することで、症状に大きく役立ちます。タンパク質は、卵や鶏肉などの身近な食材に多く含まれていることから、自然と普段から取り入れている方も多いはずです。しかし気になる筋肉痛がある場合は、普段以上に多く摂取するように心掛けましょう。

ヨガに慣れてくると筋肉痛にならない?

ヨガのポーズの取り方や呼吸法に慣れてきますと、体に力を入れてヨガをすることもなくなりますので、筋肉痛になる可能性は低くなります。またポーズもある程度限定して繰り返すなど、自分なりのヨガへの取り組み方が定着することには、筋肉痛を気にせず進められるようになっているはずです。初心者の時にはどうしても緊張状態で行っていることもあり、ヨガで筋肉痛になってしまう確率が高まりますが、徐々に慣れてくるでしょう。

子供でもなる?筋肉痛の疑問を解決しよう

筋肉痛は言葉の通りに筋肉が痛くなる症状ですが、すぐになってしまう方とあまりならない方には差がありますが、多くの方が一度は経験したことがある不快な症状です。ここでは、筋肉痛の気になる内容や疑問について紹介します。

筋肉痛は子供でもなるの?

子供と筋肉痛の関係は大きく、いっぱい体を使って運動をする機会が多い子供ほど、症状を感じる機会が多いかもしれません。また登山など普段とは違う環境で体を動かした時には特に注意で、日常では使用しない筋肉を使って山を上り下りしたことで、今までなったことがない部位で筋肉痛になる可能性があります。しかし早い場合、その日の間に痛みを感じるのが子供に筋肉痛の特徴で、大人よりも早く発症して早く治ります。

筋肉痛で病院へ行くのはおかしい?

何日経過しても痛みが治まらない場合を始め、我慢できない痛みがあるなどの場合は、筋肉痛でない可能性も考えられます。もちろん筋肉痛が酷い場合もありますが、気になる方は専門の医療機関を受診して、専門医に良く診察してもらうのが良いでしょう。感じ方に個人差がある筋肉痛の痛みは、同じ感覚でも敏感に反応してしまう方もいます。気になる場合は、早めに病院での診察を検討してみましょう。

まとめ

いかがでしたか。ヨガによる筋肉痛の原因を理解しておきますと、いつでも正し判断をして適切な対策ができます。筋肉痛は早い段階でのケアによって、症状の緩和などに繋げられます。現在ヨガに取り組んでいる方から、これから始めようとしている方まで、いざという時のために、是非覚えておいてはいかがでしょうか。