ヨガの呼吸法は?効果や呼吸法をマスターしよう!

ヨガ 呼吸法

ヨガのマスターに欠かせない呼吸法は、多くの方の場合には慣れるまでに時間が掛かります。しかしポーズだけをマスターしても意味がないヨガは、呼吸法も一緒にマスターすることで初めて完成形に近づきます。今回はヨガの呼吸法の効果などについて紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

ヨガで行う呼吸法とはどんなものか


呼吸法といっても様々な種類や名称が存在するヨガの呼吸法ですが、一体どのようなものなのでしょうか。普段はあまり意識しない呼吸法ですが、人が生きるためには必要不可欠で、欠かせない存在です。それはヨガでも同じことで、呼吸法とポーズの連動がヨガの基本となります。ヨガの呼吸法について詳しく紹介します。

「プラーナヤーマ」という呼吸方法を行う

様々な効果が期待できるヨガの呼吸法であるプラーナヤーマは、サンスクリット語でつなぐことを意味するユジから派生したとされています。心と体を繋いでヨガに集中できる呼吸法であるプラーナヤーマは、ヨガ初心者には初めて聞く言葉かもしれませんが、覚えておいて損がありません。ヨガにとってはポーズに負けないくらい呼吸法が重要になります。数多くある呼吸法の内容を、ある程度理解しておくのがおすすめです。

心と体のエネルギーをコントロールする

ヨガを始めようと考える方の中には、体を鍛える目的ではなく、精神面をケアする目的でヨガを始める方も多いとされています。プラーナヤーマは、心と体のエネルギーをコントロールする働きがあり、ヨガに集中して取り組める呼吸法として有効です。集中力を高められる方法を知っておきますと、仕事や学業でも活かせる場面が多く、時間をより有効活用できます。

ヨガにおける呼吸法の種類とやり方

ヨガには沢山の呼吸法があります。意識して呼吸をする機会があまりないことから、沢山の呼吸法があることを知らない方も多いでしょう。呼吸法は、お金も時間も掛けずに美容や健康に役立てることができるのが特徴で、様々な方法を習得しておくことで、用途や目的に合わせた呼吸法を日常に取入れられます。一体どのような種類が存在しているのでしょうか。

基本は胸式呼吸と腹式呼吸

ヨガの基本は胸式呼吸と腹式呼吸で、特に腹式呼吸は普段の生活が口呼吸の現代人にとっては、意識しないとできない呼吸法となります。難しいイメージがある胸式呼吸や腹式呼吸ですが、慣れますとスムーズにできるようになります。ヨガの動きと連動させてもパニックにならないように、しっかりと習得しておきますとスムーズにステップアップできます。

内臓を刺激させる「ウジャイー呼吸法」

勝利の呼吸法と呼ばれるウジャイー呼吸法は、内臓に刺激を与える呼吸法です。力の支配を意味するウジャイーという言葉は、あまり馴染みがある言葉ではありませんが、呼吸によって気の流れをコントロールできるのが特徴となります。体に溜まった毒素を排泄させる効果がある呼吸法で、寝つきが悪い方にもおすすめです。

免疫力を高める「丹田呼吸法」

丹田とは、へそ近くにあるつぼを指しますが、その丹田を意識した丹田呼吸法は、免疫力を高める効果があります。また体がポカポカして血流が良くなるなど、冷え性の方にも最適な呼吸法です。全身をリラックスできる効果がありますので、マスターすることでヨガ以外の日常にも役立てられます。

様々な組み合わせの「完全呼吸法」


完全呼吸法とは、腹式呼吸と胸式呼吸、肩呼吸とクンバクを組み入れた呼吸法です。クンバクとは、息を止める動作で、身体の隅々に行き渡らせ、細胞を目覚めさせる呼吸を指します。完全呼吸法を言う名前の通り、日常における感情のコントロールが必要な時におすすめで、怒りを鎮めて気持ちを落ち着かせることができます。

上級者向けの「カパラバディ呼吸法」


カパラバディ呼吸法は、上級者向けの呼吸法です。空気の循環を良くする効果がありますので、鼻の通りが改善させて気持ちもスッキリします。食後を避けて空腹時に行うのがおすすめですが、難易度が高い呼吸法のため、他の呼吸法がスムーズにできるようになってから挑戦すると良いでしょう。肉体面だけでなくストレスが解消できるなど、精神面にもメリットが多い呼吸法です。

呼吸法の主な効果

ヨガを進めるために欠かせない呼吸法が沢山あることが理解できました。では呼吸法にはどのような効果があるのでしょうか。気持ちを一点に集中できる呼吸法は、多くの情報に振り回されている現代人が、リフレッシュするために大切なポイントです。呼吸法の効果を知って、今まで以上にヨガを楽しみましょう。

身体をリラックスさせる

言葉にするのは簡単なリラックスですが、しっかり休むことを苦手とする真面目な方が多いのが現代の特徴です。いつでも緊張した状態にいますと、気が張っている時には問題ありませんが、ちょっとしたことをきっかけにして大きく精神バランスを崩してしまいます。呼吸法を活用することで、自然と気持ちを癒せるコツを掴めるようになります。

免疫力を上げ内臓の動きを良くする

呼吸法を習得しますと、免疫力を高めて内蔵の働きを活発にします。風邪を引きやすい方や季節の変わり目に体調を崩しやすい方など、免疫力を高められる呼吸法を習得できますと、体調管理がしやすくなります。また内臓の働きが活発になりますと、悩む方が多い便秘の解消などにも貢献します。

身体の内側の筋肉が鍛えられる

呼吸と筋肉に関係があるようには考えられませんが、インナーマッスルと呼ばれる体幹を鍛えることができるのも呼吸法の影響が大きいでしょう。体幹トレーニングには様々な方法がありますが、呼吸法をマスターすることで運動する時間がない時でも、インナーマッスルを鍛えられます。筋肉は体の中にあることから目に見える存在ではありません。しかし鍛えた成果は必ず体に変化を与えますので、呼吸法の習得は最適なトレーニング方法です。

血行を促し自律神経を整える

自律神経のバランスを崩しますと、心身共に様々な不調が出てきます。しかし呼吸法によって乱れた自律神経のバランスを整えられますと、血行を促進することができます。体の冷えは、各部位が冷えて冷たくなるだけでなく、思うように行動する気持ちが失せる場合や姿勢の悪さにも影響します。呼吸法によって、胸を張って堂々と立ち振る舞うことができるようになるでしょう。

質の良い睡眠に繋がる

長い時間ダラダラ眠っているよりも、短時間でもしっかり質の良い睡眠を得た方が、疲れを取り除いて朝からスッキリ目覚めることができます。寝不足の状態は集中力が欠落してしまっているため、思うように作業が進められなくなります。しかし呼吸法を習得することで日々の睡眠の質を向上させられるので、日々の行動もアクティブに活動できます。

呼吸法を上手に行うために

ヨガに欠かせない呼吸法ですが、初めは上手くできずに焦ってしまうかもしれません。しかしゆっくり自分のペースで習得することができるヨガの呼吸法は、焦って早く覚えようとしても空回りしてしまいます。一体どのようなコツやポイントがあるのでしょうか。

鼻から吸って鼻から吐く

鼻から吸って口から吐くという印象がある呼吸ですが、ヨガの呼吸法は鼻から吸って鼻から吐きます。まずこの基本から繰り返し行うようにしますと、どのような呼吸法でもスムーズにステップアップできるでしょう。日常でも自然にできる訓練なので、普段から鼻から吸って鼻から吸う呼吸を続けるのがおすすめです。

身体の力を抜くように意識する

緊張した状態で普段から生活していますと、どうしても体に力が入った状態が通常になってしまいます。しかし呼吸法をする時には、肩の力を抜くことを意識して呼吸法をおこなうのがおすすめです。力が入ってしまっている時よりも、スムーズに呼吸をすることができます。

長く深く息を吐くことを心がける

短いコンスタントな呼吸よりも、長く深く息をはくことを意識した方が、ヨガに最適な呼吸法となります。ゆっくり吸って吐くことを繰り返しますと、その分体の隅々まで呼吸の循環が円滑に行われ、体もほぐれて気分もスッキリします。

ポーズと連動させても続けられるようにしっかり覚える

呼吸法だけを一生懸命マスターしても、実際にポーズと連動させてしまった途端に、呼吸法が分からなくなってしまうケースが良くあります。呼吸法とポーズのセットが基本となるヨガは、呼吸法をしっかりマスターしてからポーズの練習をした方が良いとされていますが、ある程度呼吸法を覚えた段階で、ポーズと連動させられることを確認するのがおすすめです。

呼吸法を行う上での注意点

呼吸法は誰にでもできる簡単なもの…と安易に考えられてしまう可能性がありますが、実際には全身運動に近い感覚でエネルギーを必要とします。では実際に呼吸法を進める場合、どのようなことに注意すると良いのでしょうか。

水分補給をしっかりと行う


呼吸法を習得する時には、水分補給をしっかり行うのがポイントです。激しい運動ではない呼吸法ですが、想像以上にエネルギーを消費している場合もあり、体にも潤いを与える必要があります。また水分であれば何でもよいというわけではなく、水やミネラルウォーターなどカロリーがない水分がおすすめです。しかし飲み方にも注意が必要で、一気に飲み干すような飲み方をしますと、胃腸に負担を掛けてしまいますので、こまめに水分補給をして呼吸法を続けましょう。

食後は避けるようにする

呼吸法はいつ進めても問題がありませんが、胃に食べたものが完全に残っている食後を避けて呼吸法を行うのが理想です。せっかく呼吸法を進めても、消化が済んでいない状態では効果が半減してしまいます。できれば朝起きたばかりの空腹時や、食事と食事の間の時間や食事前の空腹時など、確実に胃袋が空っぽの状態で行うことをおすすめします。

習得のスピードには個人差があるので焦らない

呼吸法の習得には個人差があり、同じ時期に始めた人が周囲にいた場合でも、マスターできる時期はバラバラになります。しかし焦ることはなく、その人のペースでゆっくり学んで習得した方が、その後のヨガライフの基盤が構築できます。焦っていい加減な呼吸法をマスターしても意味がありませんので、自分自身なりの学び方で呼吸法をマスターしましょう。

正しい呼吸法を取り入れて丈夫な身体を目指そう

ヨガに欠かせない呼吸法は、美容や健康に役立てることができます。運動が苦手な方や体を動かす時間を設けにくい方でも、呼吸法一つを知っているだけで、ヨガ自体をする時間がない場合でも、似たような運動効果を得られます。ここでは、ヨガの呼吸法を覚えることで日常に役立てられるタイプの方を紹介します。

疲れがたまりやすい人

疲れやすい人にも様々なタイプがあるようで、体力不足による肉体疲労をしやすい方から、周囲に気を使いすぎて精神的に疲れてしまう人、その両方からの打撃を同時に受けてしまう人までいます。疲れがたまりやすい場合には、自分なりのリラックス方法を知っておくことで、蓄積させてしまう前にリフレッシュできます。そのような時に役だつヨガの呼吸法は、ヨガをする時間がない時でも普段の生活に取入れやすく、気持ちを落ち着かせる手段を手に入れられることで、今までよりも疲れがたまりにくくなる可能性もあります。

運動が苦手だけれど何か体を動かしてみたい人n

運動への強いコンプレックスから、新しい趣味を探していてもスポーツをすることを選択できない人もいます。そのような方におすすめのヨガは、呼吸法とポーズを連動させることで、見た目以上の効果が得られる静的な運動と呼ばれています。また運動神経が問われることはないヨガは、運動が苦手でも呼吸法を取り入れた自分なりの体の動かし方が可能なので安心です。

パニックになりやすい人

少しのできごとの変化でもすぐに動揺してしまうような人は、様々な異変などに気持が対応できずにパニックに陥りやすいでしょう。ヨガの呼吸法は、ヨガのポーズをする際に役立つのは勿論ですが、内面を鍛えることにも大きな役割を果たします。悩みやすい人が急に精神が強くなるわけではありませんが、自分の気持ちをコントロールできるようになって、徐々にパニックを引き起こす回数を減らせるのはヨガの呼吸法による影響があるかもしれません。

体が冷えやすい人

ヨガの呼吸法には、体の内側からエネルギーを与える力があります。血の巡りが悪く血流促進が必要な冷え性の人には、ヨガの呼吸法で体の中から燃えさせることが求められます。冷えやすい人の場合、体が冷たいことに加えてメンタル的にもマイナス思考になりやすく、更に体が硬直して血流が悪くなるような悪循環が生まれます。ヨガの呼吸法をマスターしますと、今まで悩みだった症状を改善して、気になる体質を大きく変えることができます。

ヨガの呼吸法のマスターにも貢献?ヨガが学べるヨガスタジオとは

ヨガは自宅でも学べる運動ですが、しっかり習いたい場合には、専門からレッスンを受けることも可能です。最近ではヨガスタジオも多くなっていて、呼吸法の基本からしっかり学べる初心者向けコースなども充実しています。一体どちらが良い選択肢となるのでしょう。

できるだけ費用を抑えたい人におすすめの自宅でのヨガ

自宅でのヨガの最大のメリットは、自由に学べる環境と費用を抑えられる点です。気軽に始められる上に、自分が好きな時間を使って、その日の気分で学べる良さがあります。忙しい方でも自分の予定に合わせてマスターできる自宅でのヨガは、周囲に振り回されずにヨガと関わりたい方におすすめの方法です。

専門家に習いたい人におすすめのスタジオでのヨガ


ヨガは自己流ではなく、基礎からしっかり学びたいと思う方は、費用を掛けてでもスタジオに通って習うのがおすすめです。呼吸法は勿論ですがポーズと連動させる際にもスムーズにできるように、手厚い指導が受けられるのはヨガスタジオならではのメリットです。せっかく始めるなら真剣にヨガと関わりたいと考える方は、自宅近くなどで通えるスタジオを探しましょう。

自分の生活サイクルに合う選択をしよう

自宅でもスタジオでも学べるヨガですが、実際に取り組む自分にはどちらの方法が適しているのかを、しっかり判断するのが大切です。上手く判断できない場合には、どちらも体験してから決断するのも一つの選択となります。できれば長く続けたいヨガの時間は、自分に合う環境で習得するのが継続できるコツです。呼吸もポーズもスムーズにできるヨガライフを、是非満喫してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。ヨガの呼吸法の効果を知ってからマスターしますと、ヨガの時だけでなく、普段の生活でも今の自分に必要な呼吸法を選んで取り入れることができるので、美容と健康に良い効果的なヨガが実現可能です。興味がある方は、気になる呼吸法からスタートさせてみてはいかがでしょうか。