ヨガはヨガウェアも女性には大切!揃えたいおすすめグッズとは

ヨガウェア

ヨガをする際のヨガウェアはとても大切です。普段着などを身につけて、特に服装を気にせずヨガをする人がほとんどですが、時にはヨガをする時の服装にまでこだわって行いますと、気分を高めて取り組むことができます。今回紹介するヨガウェアに関する内容は、女性がヨガをする時にあると便利なものなど、今まで以上に楽しくヨガができるようになります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

ヨガウェアを着てヨガを楽しむ


多種多様なヨガウェアが販売されていて、好みや用途に合わせて買い揃えることができます。汗をかいて頻繁に着替えることなどを想定しますと、1セットだけでなく2セットから3セット揃えておくと便利です。ヨガウェアがあることの役割や着る意味などを紹介します。

ヨガウェアの役割

ヨガウェアは必ず着用しなければいけないものではなく、着なくてもヨガができることは確かです。しかし精神を集中して取り組むだけでなく癒し効果を得られるあるヨガは、普段身につけているものを一度脱いで、新しい自分になってヨガの世界に入り込むことも大切です。ヨガウェアには、見た目の変化だけでなく様々な変化を与える効果が期待できます。

ヨガウェアでリラックス度を高める

ヨガウェアは着心地が良い素材が多く、着ているだけでゆったりできる機能性が重視されたものが多いのが特徴です。しかし見た目にも優れたものが多く、カラフルなものやシンプルなものを始め、大胆なデザインのものなど様々です。ヨガをする時に欠かせない集中力と緊張状態から解放されるリラックス感を得られるのは、ヨガウェアの服装の効果が大きく貢献します。普段着やいつもあまり着ていないラフな服装でヨガをするのも良いですが、たとえ自宅でのヨガであっても、ヨガウェアに着替えてヨガをする習慣を身につけるのがおすすめです。

ヨガウェアを着て気持ちを切り替える

ヨガに限らず次の行動に移る時には、気持ちを新たにして体を動かす必要があります。スタジオでヨガのレッスンを受ける場合には、会場に足を運ぶという行動で気持ちを切り替えられます。しかし自宅でヨガを行っていますと、どうしても日常の延長線上にヨガが存在してしまい、何となくダラダラしながらヨガを開始してしまいます。そのような時でもヨガウェアを着ることで、気持ちを新たに切り替える制服のような役割を果たします。特に初心者でヨガを始めたばかりの時には、ヨガが生活に馴染んでいない場合もありますので、ヨガウェアの力を借りて気分を高めることも大事です。

数種類そろえて違いを楽しむ

見た目のデザインだけでなく、機能性も含めて様々な種類があるヨガウェアは、いくつかの種類を揃えて違いを楽しむことも重要になります。洋服感覚でその日の気分で着るものを変えるなどしますと、特に女性の場合にはヨガを今まで以上に楽しみながら続けられます。ヨガなどの運動習慣は、どうしても毎日行わないと…というような義務的な感覚に陥りがちです。しかしヨガウェアを選ぶ楽しみを加えますと、どれを着てどんなヨガのポーズをしよう…などと次の日が楽しみになるでしょう。義務的に取り組む緊張感も大切ですが、できれば少しでもリラックスした気持ちで、ヨガと向き合える環境を整えられると一層運動効果を高められます。

ヨガウェアを選ぶ時のポイント

ヨガウェアは、普段の洋服選びに似た感覚で選べばよいのですが、更に細かな基準を自分なりに設けて商品をチェックしますと、見た目と着心地の両方を兼ね備えたお気に入りのヨガウェアが入手できます。ここではヨガウェアを選ぶ時のポイントについて紹介します。

腕や肩は動きやすいかどうか

ヨガウェアを選ぶ際に重要なのは、体を動かすことを制限してしまわないかということです。その中でも特に腕や肩の動き具合は大切で、あまりブカブカなサイズでも体にフィットしませんが、ピッタリとフィットさせすぎても動きにくくなります。腕や肩が十分に動かせることを確かめることをポイントと考えましょう。

袖口から肌着が見えないか

ヨガに集中するためには、ヨガウェアの中に着ている肌着が見えてしまわないような袖口を選ぶのがコツです。特に首周りのデザインは注意が必要で、ブラジャーやキャミソールの紐が見えやすいものもあります。首周りがスッキリしたデザインですと、中の肌着が見えやすいので、袖口がしまっているものや中にTシャツなどを着るなどして対策するのが良いでしょう。少しでも気にしながらヨガを行っても、ポーズや呼吸法に集中できずに効果が半減してしまいます。ヨガウェア選びには、細かな気配りが重要です。

ウエスト周りはきつくないか

無理に小さめのボトムスを選ぶのも注意が必要です。ヨガをすることで多少体形に変化が現れる可能性は高いですが、初めから小さ目のボトムスですと動きにくくなります。ウエストは前かがみになる時に苦しいようなサイズですと、ポーズをする時の動作が鈍くなります。無理にサイズが小さいものを選ぶよりも、少しスリムになってから買い替えた方が目標にもなります。今の自分に合うサイズを選んで着用しましょう。

パンツは裾が邪魔にならないか

ヨガウェアの特徴であるパンツの裾は、広がったデザインではなく足首にフィットするようなしまったものがおすすめです。ヨガをする場合には、足を大きく広げる動作や上に持ち上げる動作などが多く、そのたびに裾が乱れることを気にしているのでは、ヨガに集中できません。また裾が足に絡まってケガをするなどの危険性もあります。

吸水性と通気性はいいか

見た目以上にハードでじんわりと汗をかくような運動量があるヨガですので、ヨガウェアも吸水性と通気性に優れたデザインがおすすめです。機能性に優れたヨガウェアの方が着心地が良く、すぐに着替えができないような状況でも汗で気分を害する心配はありません。また洗濯をした時にも乾きが良いのは通気性が良いヨガウェアの特徴で、生乾きによる臭いを防止していつでも清潔なヨガウェアを身につけることができます。

伸びがよく動きやすいか

ヨガウェアで欠かせない素材選びですが、伸縮性に優れていないものですと、体を思うように動かせなくなってしまいますが、伸びが良い素材を選ぶことで思い通りにポーズをすることができます。体の動きをスムーズにさせることで、ヨガの時間を集中して過ごすことが可能になるでしょう。お洒落なデザインも増えているヨガウェアですが、動きを制限してしまうような素材ではなく、ヨガに集中できる動きやすいものがおすすめです。

着てリラックスできるものか

ウェアによってリラックスの度合いが大きく変わるイメージがないかもしれませんが、特にヨガの場合には、着る物によって気分が大きく変わります。少しでも着心地が良くない素材や、体にフィットしていないサイズのものを着ていますと、想像以上にストレスと感じている場合があります。ヨガには緊張状態から解放する役割がありますので、身につけたヨガウェアでストレスを感じさせてしまうのでは、ヨガをする意味がなくなってしまいます。常に自分が着ていてリラックスできるものを選ぶことで、運動効果を一層高めたヨガ時間が実現します。

色は透けないか濡れたときはどうか

汗をかいて色が変わることもあるヨガウェアは、濡れた状態が目立つような色を避けた方が良い場合があります。白や黒などのはっきりした色の場合、汗で濡れてもそれほど汗によるシミが目立つ心配がありません。しかしグレーやカーキ色などは、濡れたことがはっきりと目立つ可能性があります。特に汗をかきやすい脇周辺は、汗のシミで色が変色してしまいますと、腕を上に伸ばすことで汗のシミが大きく目立ちます。また膝裏なども汗をかきやすいので、ベージュのボトムスなどですと汗が目立つかもしれません。乾いた時だけでなく汗で濡れた時のことまで考えて選ぶのがおすすめです。

耐久性はどうか

せっかく買ったのであれば長く愛用したいのがヨガウェアですが、耐久性に優れた面を重視して選ぶことも重要です。短期間で着られなくなってしまうようなものではなく、何度洗濯を繰り返し行っても、素材などに変化がないのが理想です。しかしヨガは全身を使って体を動かす運動ですので、ヨガウェアの劣化が早い可能性もあります。もしも耐久性に問題があって、使用に困難をきたすような場合や見た目にも劣化が酷いと判断できる場合は、買い替えを検討するのがおすすめです。

一緒に揃えたいヨガのグッズ

ヨガをする時にあると便利なのはヨガウェアだけではありません。その他にもあると重宝するものは沢山あります。ヨガを長く継続していつまでも美容や健康維持に役立てるためには、身の回りのアイテムを充実させることも重要になります。あると良いものをいくつか紹介しますので、ヨガウェアを買い求める際に合わせて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ヨガをしやすくなるヨガマット

ヨガマットはヨガをする上での必須アイテムで、自分自身の体を守る役割以外にも、床を傷つけずにヨガを楽しめるなどのメリットがあります。また騒音防止の働きもするヨガマットは、アパートなどに住んでいる方が階下の住民を気遣うことなくヨガができる効果もありますので、ヨガマットがあるだけで様々なことを気にせずヨガに集中できます。

スタジオや教室にもっていくタオル


ヨガは自宅でもできますがスタジオや教室に通って続ける方も多いです。そのような場合には、汗を拭くタオルがあると便利です。できれば自分が好きな色やデザインなど、気分が高まるようなタオルがおすすめになります。しかしデザイン重視のタオルの中には、吸水性が悪いものもありますので、しっかり汗を拭き取れるタオルがあると安心です。更に、新品のタオルも汗を吸い取りにくい場合が多いですので、使用前に一度洗濯してから教室やスタジオへ持っていきましょう。

水分補給用のマイボトル

ヨガをする際には水分補給が欠かせません。その時に便利なのはマイボトルで、自分が好きな飲み物を入れて教室やスタジオへ持参することができます。また自宅でヨガをする場合にも、マイボトルに飲み物を入れておきますと、コップに入れて飲む手間が省けて、その場でサッと水分補給ができます。最近では見た目のデザインがお洒落で、機能的なマイボトル用の水筒も多数販売されています。保冷や保温の機能が充実したものですと、季節を問わず水分補給用のドリンクを保管することができます。

冬場には足元を温められるものを

ヨガをする時には裸足で行うことが多いので、冬場の対策として足を温めるものを用意しておくと良いでしょう。足先は末端ですので血の巡りが届きにくく、温まるまで時間が掛かります。ヨガをすることで末端まで温まるのが理想ですが、念の為に足を温める湯たんぽや足湯グッズなどがあると重宝します。どうしても寒い場合には、薄手の靴下を履いてヨガを行うこともできますが、ポーズによっては足に力が入れにくいなどの支障が出るかもしれません。取り組むポーズに応じて着脱するのも一つの方法です。

一緒にアロマを焚いてリラックス


自宅でヨガをする場合には、自分仕様に様々なことが加えられますのでおすすめです。アロマを焚いてリラックスできる環境を整えますと、緊張状態から癒された状態へとスムーズに移行できますので、ヨガの運動効果が高まります。しかし中にはアロマの香りが苦手な方もいますので、矯正して行うことではありません。少しでも興味がある方は、この機会にアロマグッズなどを買い揃えて、ヨガと同じく新しい趣味としてアロマの世界も開拓してみてはいかがでしょうか。

ヨガ中にかける音楽

アロマオイルによる癒しも大事ですが、音楽を掛けることで気分を沈めてよりヨガに終チュできる環境をつくることができます。音楽は自分が好きな音楽が一番有効ですが、できれば歌詞がないメロディーのみの音楽の方が集中することが可能です。普段あまり音楽を聴かない方の場合は、ヨガ用の音楽を設けることでヨガに向けたスイッチが入りやすくなります。是非試してみてはいかがでしょうか。

髪の長い人はシュシュでまとめる

ヨガをする時に邪魔になるのは長い髪の毛です。普段まとめ髪をしていないような方は、ヨガ用にシュシュを用意しておくと便利に使用できます。ヨガウェアやヨガマットと色味を揃えるなどしますと、小さなワンポイント部分でもおしゃれを楽しめます。またヨガの日には初めからまとめたヘアスタイルにしてしまうなど、髪が長い方はヨガに集中できる髪型を考案しておくと良いでしょう。

お気に入りのヨガウェアでリラックス


自分が好きなヨガウェアを選ぶことは、ヨガをより一層楽しい時間に変えることができる力があります。ではヨガウェアを実際に買う場合には、どのような場所で買うのが良いのでしょう。またより長持ちさせる手入れの仕方についても紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヨガウェアの入手方法は?

ヨガウェアはヨガアイテムを販売する店舗を始め、メーカーの公式サイトなどのインターネット通販でも簡単に申し込みできます。自宅近くにヨガアイテムを販売する店舗がない場合は、インターネット通販での収取がおすすめです。インターネットでの注文は、様々な商品を一度に比較検討できる便利さがあります。またヨガウェアは機能性が高いことに加えて、デザイン性にも優れたものが多く、自分が着ていてテンションが高くなるようなヨガウェアを入手しやすくなっています。じっくり選んで購入するのがベストな選択です。

ヨガブラって何?

ヨガをする時によりリラックスできるように開発されたヨガブラは、ワイヤーやフックなどがないため、ストレスなく身につけられるヨガ向けのブラジャーです。通気性が良く汗をかいてもべたつく心配がないことから、就寝時用のブラジャーとしても用いられています。ヨガをする際に下着の締め付け感が気になる方は、ヨガウェアに合わせてヨガブラも買い求めておくと安心です。サイズやカラーが豊富に展開されていますので、自分に合ったヨガブラが見つかるでしょう。

ヨガウェアはこまめに取り替えて洗濯しよう

汗をかくイメージがないヨガですが、実際にはじんわり汗をかいています。ヨガウェアは、ヨガをするごとに身につけたヨガウェアは、毎回洗濯をしてこまめに取り替えるのが理想です。汗汚れを残したままのヨガウェアは、不衛生な環境になってしまい、せっかく素敵なデザインのものを選んでも汗のしみが残ってしまいます。汗をかいた感覚がない場合や真冬のヨガでも、毎回ウェアの取り換えを基本としておくのがおすすめです。

時にはいつもと違うヨガウェアにも挑戦してみる

どうしても似たようなデザインのヨガウェアや、同じような色味のヨガウェアばかりを選んでしまうことも多いようで、沢山ヨガウェアを買っても同じようなものしか持ってないということも考えられます。そのような場合には、自分では選ばず家族や友人に選んでもらうなど、少し工夫をしますと様々なデザインやカラーのヨガウェアが揃うようになります。購入場所を変えてみるなど、自分なりに変化を付けて手に入れますと更に違った世界が広がります。

向き不向きがある?ヨガの効果が得られやすい人とは

気分を高めてヨガができることが分かったヨガウェアですが、ヨガは全ての人に大きな効果があるわけではありません。向き不向きがある運動の一つであるヨガですが、どのようなタイプの人にヨガは適しているのでしょう。

何か夢中になれる趣味を増やしたい人

ヨガは単純にポーズだけを真似する運動ではなく、呼吸法とポーズを連動させる必要があります。そのため想像以上に奥が深く、あまり集中する気力がない方にヨガは適していません。とことん追求するのが好きな人など、趣味を増やして普段の生活に活かそうと考えているような人がヨガを行いますと、勉強することも苦に感じないはずです。

大きな目標を持ってヨガに関心を抱いた人

ヨガはダイエットや肩こり、腰痛や姿勢の改善など、様々なことに役立てることができる運動です。自分なりに治したいものや改善したいものが明確になっていますと、確実に目標達成までよく頑張れます。ヨガをすることでしっかり成果が得られる方は、すぐに諦めてしまう中途半端な気持ちでの関わりではなく、真剣に悩んでいる症状を治したいと願う人のほうが理想の自分を手に入れられます。

熱中しやすい人

一つの物事に集中できる性格の人ですと、奥が深い世界であるヨガについて学ぶことも負担と感じないでしょう。どんなことにも熱中しやすい性格の人は、ストレスと思わずに一つのことに夢中になれるのが特徴で、ヨガのように高い集中力を求められるものでは、持っている力を最大限発揮できる可能性があります。

運動に対するコンプレックスがある人

ヨガをする際には求められることはない運動神経は、体を動かすことに苦手意識を持つ人がヨガをしやすくなる条件となります。運動への苦手意識を持つ人の多くは、学生時代に体育の成績が良くなかったなど苦い思い出を持つケースがほとんどです。しかしそのような場合でも、楽しく体を動かせるのがヨガで、ヨガをすることで運動へのコンプレックスを確実に解消できるでしょう。今まで運動習慣がなかった場合には、ヨガに挑戦して日常生活に変化を与えることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。ヨガウェアには見た目の変化以外にも、身につけることに様々な意味があることが良く分かりました。またヨガウェア以外にもヨガに欠かせないアイテムは豊富にありますので、共に揃えて充実したヨガライフを過ごすのが理想です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。