マタニティヨガはどんな服装で行けば良い?

マタニティヨガ 服装
Pregnant females touching their abdomens during yoga practice

マタニティヨガを行うときどんな服装で行けばいいか悩んでしまいますよね。妊娠中は、お腹が大きくなることで姿勢が変わり、身体への負担も大きくなります。また、思うように動けないことでストレスも溜まりがちに。そんな時におすすめなのがマタニティヨガ。妊娠中でも無理なく行えることから、妊婦さんの間では大注目されています。マタニティヨガは、妊娠中の身体や心のマイナートラブルを緩和させることに繋がり、専用スタジオだけでなく動画を見ながらマイペースで行うことも可能です。では、どんな服装で行ったら良いのでしょうか?今回は、気軽にできるマタニティヨガを行う際の服装について紹介します。

マタニティヨガの服装の選び方


妊婦さんに人気を集めているマタニティヨガは、深い呼吸と共に瞑想や様々なポーズを取り入れていますので、ヨガとはいっても運動と捉える方も少なくありません。妊娠中の運動不足解消やリラックス効果も期待できますので、赤ちゃんを身近に感じられるかもしれません。マタニティヨガを始めるのに最適な時期は、安定期に入ってからが目安とされており、お腹も目立ち始めますのでどんな服装で行ったらよいのか悩むところです。マタニティヨガを行なう場合の服装についてみていきましょう。

選ぶ基準は着心地が良くて動きやすいもの

マタニティヨガを行う上での服装で一番のキーワードは、身体を締め付けないということ。着心地がよくて動きやすいものが最適ですが、妊娠期が進むごとにお腹も大きくなり、合わなくなることも考えられますので、大きめサイズを選んでおくとよいでしょう。マタニティヨガは人気が高くなっていますので、市販でもウェアを購入できるようになっており、妊娠中にヨガウェアを購入するなら産後にも利用できるようなものにするとお得感があります。素材は、伸縮性があり汗を気持ちよく吸い取ってくれる吸水性に優れた素材がおすすめです。

服装は手持ちの服でも活用可能

マタニティヨガを始めるにあたって新しくウェアを揃えるのはお金がかかりますし、お腹が大きくなってからウェアを購入するのは難しくなるかもしれませんので、着心地が良くゆったりした動きやすいものがベスト。場合によっては、手持ちの服でも十分活用が可能ですので、使えそうなものをチョイスして楽しんでみましょう。大きめのTシャツやスパッツなどは、妊娠後期でも使えそうですよね。また、自宅で行う場合は普段着でも十分で、部屋着などを利用すると動きやすくなりますので、代用することもおすすめです。

季節や教室の空調に合わせて調節をする


専用スタジオや教室でマタニティヨガを行なう場合は、快適な温度に設定されているのが一般的ですが、季節によっては冷えも心配です。運動量がそれ程多くない妊婦さんにとっては身体の冷えは大敵ですので、肩や脚を露出しない服装がよいでしょう。また、自宅で行う場合は空調を適度に保つことが難しくなる場合もありますので、冷え対策はしっかり行っておくことが大切です。マタニティヨガは、呼吸法や瞑想、股関節や筋肉を伸ばすポーズが中心となることが多くなりあまり汗をかかないと思いがちです。しかし、季節によっては大量の汗をかいたり寒く感じたりと同じ温度でも妊婦さんによって感じ方も様々ですので、季節や教室に合わせてウェアを調節することは体調管理の面でも大きなポイントとなります。

ファストファッションなら気楽に揃えられる

マタニティヨガを始める場合は、ウェアの他に様々なグッズが必要となります。一般的には、ヨガマット、補助用のブロック、汗を拭くためのタオル、水分補給用の飲み物などが必要です。このようなグッズは、専用スタジオや教室の場合には無料レンタルサービスがあることもありますので借りることも可能です。とはいえ、ウェアは自分のものを使うことが一般的ですので、揃えておくことが必要となります。マタニティヨガウェアをリーズナブル価格で揃えたいなら、ユニクロやGAPなどのファストファッションがおすすめ。ファストファッションなら気楽に揃えられますし、デザイン性も高くサイズも豊富ですので、楽しくヨガができそうです。また、サイズが合わなくなった場合には買替えも気軽にできる点も大きな魅力。

マタニティヨガウェアのコーディネート

マタニティヨガは、出産に向けての体力作りや様々なポーズをとることで身体の柔軟性を高めてスムーズな出産を目的としています。また、呼吸法と合わせて瞑想なども取り入れている場合もありますので、不安定になりがちな妊婦さんの心をリラックスさせてくれる効果も期待できます。妊婦さんにとって多くの効果が期待できるマタニティヨガは、ウェアのコーディネートで楽しむと更に楽しくなりますよね?おすすめのコーディネートを幾つか紹介します。

トップスはゆったりしたTシャツやチュニック


マタニティヨガウェアを選ぶ場合の鉄則といえるのが、身体を締め付けないウェアであること。また、動きやすいことも重要なポイントですので、自宅で行う場合はスエットやジャージなどの部屋着でも十分です。しかし、専用スタジオで行う場合は多数の妊婦さんと一緒に行いますので、コーディネートも気になりがち。そんな時に選ぶトップスは、ゆったりしたTシャツやチュニックがおすすめです。Tシャツやチュニックの場合は家から着て行くことも可能ですので、スタジオでの着替えが楽になります。これらを選ぶ際の素材は、吸水性や速乾性があるものを選ぶと汗をかいてもレッスン後の冷えの心配があまりありません。

ボトムスは妊婦用スパッツやジャージ

マタニティヨガのウェアでコーティネートが意外に難しいのがボトムス。ボトムスを選ぶ際には、お腹周りをしっかりサポートしてくれることに加えて、お腹周りのゴムの締め付け具合に目を向けることが大切です。ボトムスは、妊婦さん用のスパッツやジャージがおすすめで、サムエルパンツや近頃流行りのガウチョパンツなどもコーディネートに加えると楽しいでしょう。スパッツは、妊婦さんには定番のボトムスともいえそうですが、素材的に吸水性や速乾性が高いものが多くなっています。またジャージの場合は、ゆったりしたものを選べば妊娠後期でも使用が可能になりますので、お得感があるかもしれません。これらは、一般的にお腹周りがゴムになっているものが多くなっていますので、ゴムの締め付け感に注意が必要です。ゴムではなく、紐で締め付けを調節できるものをチョイスするとよいかもしれませんね。

キュロットタイプのオールインワンなら1枚でOK

マタニティヨガウェアを選ぶ際に、見逃せないのがキュロットタイプのオールインワンウェア。オールインワンのウェアは、上下が続いているタイプのもので、コーディ―ネートに悩む必要がありませんので大変便利です。ただ、オールインワンタイプは着替える必要がありますので、更衣室が完備されているスタジオを選ぶことがおすすめですが、公共交通機関での移動にも違和感がないものを選べば自宅から着用していってもよいでしょう。キュロットタイプのオールインワンは、1枚でコーディネートが完成してしまいますので、マタニティヨガの服装に悩んでいる方にとっては強い味方となってくれます。

夏のマタニティヨガの服装

マタニティヨガの服装を考える際には、季節に合わせて選ぶことも大事。同じ温度でも季節によって体感も変わりますし、妊婦さんの場合は冷えには特に注意が必要ですので、夏だからといって極端な薄着は考えものです。また、冷房が意外に下半身を冷やしますので、夏でもボトムスは長いものがおすすめです。マタニティヨガを行なう場合、夏はどんな服装がよいのか紹介します。

吸水性や速乾性に優れた服で汗対策

夏といえば汗ですが、マタニティヨガの服装も汗を吸い取りやすい吸水性や乾きやすい速乾性に優れたものがおすすめです。夏は、トップスはタンクトップなどでも大丈夫ですが、スタジオは冷房が効いて寒さを感じることも少なくありませんので、環境によって調節して汗対策をしっかりすることが大切です。

ヨガ後の体を冷やさないために着替えを用意

動きが少ないマタニティヨガとはいえ、夏はやはり汗が気になります。汗をかいた後は寒さを感じますので、身体を冷やさないためにも着替えを用意しておくことはマスト。持ち物が多くなってちょっと大変かもしれませんが、ママの体調が悪くなってしまうと、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性もありますので、そんなことが無いようにしっかりと準備しておきましょう。

冬のマタニティヨガの服装

お気に入りのマタニティヨガウェアを身に付けると、思うように動けないためストレスが溜まりがちな妊娠期間も何となくポジティブになります。冬のマタニティヨガの服装は、お洒落だけでなく「保温」がキーワードですので、冬はどんな服装がよいのか紹介します。

レッグウォーマーで足の冷えを予防

身体を動かすからといって足を出すことは冷えに繋がりますので、長いボトムスを利用することはマストですが、冬はスパッツなどの長いボトムスに加えレッグウォーマーを利用することがおすすめです。レッグウォーマーは素足でも冷えの軽減に繋がりますし、足首やふくらはぎを温めると足全体が温かくなりますので、冷えの予防に適しています。

ヨガの基本は裸足でも五本指ソックスのみOK

マタニティヨガに限らず、ヨガを行なう時は素足が基本とされていますが、冷え予防には靴下も便利なアイテムです。特に、5本指ソックスはおすすめで、踏ん張りがきき動きやすいなどのメリットがありますので、利用してみるとよいでしょう。ただし、靴下をはくと滑りやすくなる危険性もありますので、滑りにくい靴下を選ぶことが重要です。

普段着を活用してマタニティヨガに行ってみよう

マタニティヨガの服装は、コーディネートをすると楽しいものですが、ウェアは意外にお金がかかるものです。様々なウェアを購入してお洒落を楽しみながら行うことも大切ですが、今あるものを活用して自分のできる範囲で楽しめるところもマタニティヨガの特徴ですので、服装に拘らず普段着を活用して楽しく行いましょう。