マタニティヨガの効果は?安産になるって本当?

マタニティヨガ
At yoga class

マタニティヨガは近頃、出産を控えている女性に注目されています。出産は、女性にとって嬉しい反面不安も多いものですので、ゆったりと気分を和らげてくれるマタニティヨガは身体にも精神にも良い効果をもたらしてくれます。赤ちゃんに出会えるまでの期間を健やかに過ごし、気分を落ち着かせるためには身体を適度に動かすことが必要ですので、多くの妊婦さんが取り入れて実践しています。今回は、妊婦さんに話題のマタニティヨガについて紹介します。

マタニティヨガはいつから始められる?



妊婦さんに話題のマタニティヨガとは、一体どんなヨガなのでしょうか?マタニティヨガとは、妊婦さんでも無理なく続けやすい有酸素運動で、ゆっくりとした動きが中心となりますので、お腹が膨らむことで運動不足になりがちな身体の筋肉を解すことが目的です。特に妊娠後期は、お腹が大きくなり腰や脚など下半身を中心に負担が掛かりやすくなりますので、そのような部分の緊張を解すことで心身のバランスを整えていきます。マタニティヨガを始める時期としては、安定期に入る5ヶ月以降からがおすすめですが、身体の状況に応じて無理をしないことが重要です。自分で判断するのではなく、かかりつけの医師に相談してから始めると安心ですね。

マタニティヨガの安産効果

出産は、誰でも安産であることを願うものです。陣痛の強さや長さなど、出産が初めての初心者ママにとっては大変不安が大きく、精神的にも不安定になりがちです。妊娠中の運動不足解消や血行促進、骨盤の強化などに加えて、リラックス効果などメンタル面でもメリットが期待できるマタニティヨガですが、安産効果もあると言われています。骨盤低を鍛えることをはじめ、陣痛に役に立つ効果なども期待できるとされていますので、マタニティヨガの安産効果について詳しく見ていきます。

柔軟性があがりお産が楽になる

妊娠中でもある程度身体を動かし筋肉を鍛えておくことで、身体に柔軟性が生まれます。特に骨盤低を鍛えることは大切で、骨盤低を安定させることでだんだん大きくなっていく赤ちゃんをしっかり支えることができるようになっていきます。骨盤低は、破損しやすい部分でもあり、安定性が悪いと流産や早産の危険性も考えられますので、できる範囲で解し筋力を付けておきましょう。身体に柔軟性があると、陣痛の時のいきみにも力が入りやすくなりますし、マタニティヨガには陣痛を和らげてくれるポーズもありますので、陣痛を和らげる方法として使ってみるとお産が楽になることが期待できます。

産前産後の体型を整える

妊娠中は、赤ちゃんにも栄養を与えなくてはならないという理由から、食べ過ぎで体重が増加して悩むママも少なくありません。また、妊娠中はお腹が膨らみますので、出産後にお腹周りがたるんだり、お尻に脂肪が付いたりと以前のスマートなスタイルとは程遠くなる場合もあります。しかし、マタニティヨガを行うことで産前だけでなく産後にも様々な効果に繋がり、特に出産後は骨盤が歪みやすくなっていますので、ヨガを行うことによって引き締め効果が期待でき体形を整えてくれます。

基礎代謝をあげて体重増加を予防できる


マタニティヨガは、運動不足で固まった筋肉やお腹が大きいことで負荷がかかっている部分のストレッチに効果が期待できることに加え、身体を無理なく動かすことによって基礎代謝を上げてくれますので、とかく食べる量が多くなりがちな妊娠中の体重増加に対しての予防にも繋がります。出産後でも妊娠中に増えた体重は、なかなか元通りとはいきませんので、マタニティヨガを利用して身体全体をリラックスさせ、鍛えることで妊娠前の体形に近づけることが可能となります。

出産に向けた体力づくりに役立つ

妊娠・出産を経験したことがある女性ならうなずくところですが、出産はとにかく体力を消耗するもの。マタニティヨガは、妊娠中の運動不足を解消してくれ骨盤もしっかりとケアできるメリットがありますので、体力維持にも力を発揮して安産にも繋がりやすくなります。また、妊婦中は身体に負担が掛かるため、貧血や腰痛、むくみや便秘など様々な身体的なトラブルが起きやすくなりますので、身体の不調を軽減して健康維持にも一役買ってくれます。

ヨガの呼吸法が出産に応用できる

一般的なヨガも同様ですが、マタニティヨガも呼吸法がキーポイントとなります。出産時も陣痛の痛みを逃す時やいきむ時などに呼吸法が用いられますので、ヨガの独自の呼吸法は出産の時にも応用でき、精神的にも心強いサポートになります。

マタニティヨガで防げるマイナートラブル

妊娠中は、身体的にも精神的にも大きな負担がかかりますので、思わぬマイナートラブルが起きることもあります。マイナートラブルとは、妊娠中に起こる治療の必要がない不快な症状のことを指し、身体だけでなく精神的な面でも様々な症状が起こる場合があります。そんなトラブルを解消してくれるのがマタニティヨガで、様々なマイナートラブル予防効果が期待できると言われています。どんな効果が期待できるのか詳しく紹介していきます。

血行がよくなりこむら返りを予防

マタニティヨガは、呼吸法を取り入れながら身体を柔軟にして出産に向けた準備ができることが大きな魅力です。妊娠中は、身体が思うように動かせないという理由から、外出する機会も減りがちになることで血行も低下していきます。しかし、ヨガを取り入れ身体を動かすことによって血行が良くなり、妊婦さんに多いこむら返りの予防にも繋がります。血行が良くなることで、お腹の赤ちゃんにも栄養が運ばれやすくなりますよ。

運動不足を解消し肩こりや腰痛を緩和


運動不足になりがちな妊娠中は、血行不良に陥り冷えや便秘などを引き起こしやすくなります。また、妊娠期間が後期に入ると赤ちゃんも大きくなり肩や腰にも負担がかかるようになりますので、肩こりや腰痛に悩む妊婦さんも少なくありません。マタニティヨガは、妊娠期間に合わせて様々なポーズがありますので、肩こりや腰痛を緩和するのに効果的です。

リンパを流して脚のむくみを解消

妊娠中は、腰や脚など主に下半身に大きな負担がかかりやすい状態になっています。マタニティヨガを取り入れることによって、足首などを始めとしたリンパや筋肉を解してくれますので、リンパの流れをスムーズにして脚のむくみ解消に繋がります。また、腰回りやお尻周辺、お腹周りなどの緊張もとけますのでリラックス効果も期待できることに加え、免疫力もアップさせることにも一役買ってくれます。お腹の赤ちゃんと一緒に動けばママの元気が伝わり、元気に動いてくれるかもしれませんね。

ヨガのポーズで内蔵を刺激して便秘改善

ヨガのポーズには、内臓を刺激するポーズもあります。内臓を刺激することによって、機能を高めてくれる効果が期待できますので、食欲増進や便秘改善に繋がります。お腹が大きくなることで、内臓が圧迫され思うように食事がとれなかったり、頻尿になったりと便秘以外にも様々な不調が出やすくなりますので、ゆっくりとした動作で十分に酸素を取り入れましょう。リラックスと同時に身体のリフレッシュもできますよ。

無理なく体を動かせて安産効果にも期待できる

いかがでしたか?出産は、女性にとって大仕事。身体への負担も大きく様々なマイナートラブルを引き起こす場合もあります。そんな時には、マタニティヨガを取り入れることで、辛い症状の改善にも繋がりやすくなります。身体を適度に動かすことによって、出産に対する不安を取り除いてくれるメリットもありますので、決して無理をせず上手に取り入れて安産を目指しましょう。