意外と知られていないホットヨガのデメリットとは?

ホットヨガ デメリット
A multi-ethnic group of adult women are taking a dance fitness class indoors. They are wearing casual, colourful sports wear. They have their backs to the camera while dancing.

ホットヨガにもデメリットはあるのでしょうか?ホットヨガは非常に汗をかきます。通常のヨガよりも何倍も暑い空間でおこなうために、たくさんの汗をかいてしまうのです。その分、体に大きな負担がかかり消耗が激しくなってしまいます。しかし、ホットヨガの特徴は、この発汗作用によって通常のヨガの何倍ものデトックス作用が期待できるのです。大量の発汗作用には、新陳代謝がアップして美しく健康的になれるという事も期待できます。ホットヨガの魅力に注目してみましょう。

ホットヨガの特徴



ホットヨガの特徴としてまず挙げられるのは、ホットヨガを行う環境です。名称からも想像できるように、ホットヨガは室温が38~40度、湿度が60%前後に設定された室内で行います。高い室温と湿度のある空間で運動を行うことにより、身体がほぐされて筋肉も伸び縮みしやすくなり、ヨガのポーズをとりやすくなるのです。また、身体が柔軟になることは、腰痛や肩・首の凝りの改善にもつながります。ホットヨガについて、詳しく説明しましょう。

新陳代謝を促進する

ヨガはポーズを行う事によって柔軟性を高め、体の歪みを矯正し、内臓へのアプローチをすると共に深い呼吸法による集中力で体と心のリラックスを得ることが目的です。ホットヨガは室温38度以上、湿度65%以上という環境で行うことにより、体温が上昇し自然と体の柔軟性が増します。そのためヨガのポーズも取りやすくなり、より深く体に刺激を入れることが可能です。また体の芯から温まるため血液やリンパの流れが良くなり、大量の汗をかくために新陳代謝が活性化される効果が高くなるのです。

デトックス効果がある

ホットヨガは高温多湿の環境でおこなうため、毛穴が開き大量の汗をかきます。この汗は皮脂腺という部分から分泌され、老廃物を含んでいます。毛穴に詰まった汚れや、蓄積された毒素が汗と共に排出されるのです。また、リンパ液の流れもよくなる効果があります。リンパ液は老廃物・毒素・死んだ細胞・脂肪などを体から排出する液体です。リンパ液の流れをスムーズにし、毒素の排出を促します。ホットヨガは体の中にたまった老廃物を排出するので、デトックス効果も得られるのです。

ホットヨガのデメリット

メリットが多いと人気のホットヨガですが、そんなホットヨガにもデメリットはあります。
ホットヨガは高温多湿の室内で行う運動です。負荷の高い環境で運動しているのですから、体調管理にはくれぐれも気を付けなければなりません。ホットヨガは正しく実施すれば心も体も健康になれますが、無理をすると逆に健康を害してしまいます。今回はホットヨガのデメリットに焦点を当てて解説をしてみましょう。デメリットを理解することが重要なのです。

自律神経の働きが乱れる

ホットヨガを行うと、自律神経に悪い影響を与えてしまうことがあるのです。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は気持ちが高ぶっている時に機能し、副交感神経はリラックスした状態の時に優位になります。ホットヨガのスタジオのように高温で湿気が多い場所から、冷房の室内へ移動した時、その温度差によって自律神経への負担が大きくなってしまいます。この時に交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、自律神経に悪い影響を与えてしまうことがあるのです。

脱水症状になりやすい

ホットヨガを行うと大量の汗をかきます。身体の中の水分が失われるので、こまめな水分補給が必要です。ホットヨガをしている最中は、インストラクターが水分補給をするように声かけしてくれるので、必ず水分を補給するようにしてください。水分補給しないままホットヨガを続けてしまうと、脱水症になってしまうこともあります。高温多湿の環境で行うので水分補給が大切なのです。しかし、水分補給をきちんと行えば、これらの症状を心配する必要はありません。こまめに水分補給をすることが大切です。

大きな体重の変化を感じにくい


ヨガにはダイエット効果があります。ただしその効果は、太りにくい身体に整えていくという効果です。ヨガは有酸素運動とはいえ、大量にカロリーを消費するわけではありません。ホットヨガは体質を改善していくものです。体質を変えるには時間がかかってしまいます。
しかし、ヨガで鍛えられるのは脂肪燃焼効率の高いインナーマッスルであり、基礎代謝を底上げすることができます。短期的に見れば効果は感じにくいのですが、長期的に見れば徐々に効果が感じられます。ゆっくりゆっくり自分の体を変えていきましょう。

ホットヨガをする際のポイント

ホットヨガは、室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行います。このような環境でホットヨガをおこなうと、身体が温まりデトックス効果や免疫力アップなど身体に良い影響をもたらすのです。また、体の柔軟性が高まるので筋肉への負担が軽くなり、ポーズをとりやすくなります。発汗や汗の蒸発も行われやすいためダイエットにも適しているでしょう。一般的にホットヨガはどのくらいの頻度で行うのが理想的なのかご紹介します。

こまめに水分補給をする


レッスン開始前に水分を摂取するようにしましょう。コップ一杯分くらいが良いです。体内に水分がないと汗をかけないため、老廃物の排出ができません。これではホットヨガの効果が半減してしまうでしょう。発汗は体温調節の役割もあります。高温の環境で行うホットヨガは、常に汗をかいて体温調節をしているのです。こまめに水分補給して、汗をかきやすい状態を作り出しましょう。また、ホットヨガ中の水分補給は、こまめに行ってください。喉の渇きを感じたら水分補給をするようにしましょう。

動きやすさに加えて汗の吸収のよい服装を選ぶ

ホットヨガは動きが激しく、ポーズが複雑です。そのため、伸縮性のある素材を選ぶことが重要になってきます。ストレッチ素材や動きやすいデザインを選ぶことで、動きがスムーズになり、思い通りにホットヨガを楽しむことができるでしょう。また、ホットヨガは体温よりも高い39度前後の高温多湿の環境で行われます。汗を常にかいているため吸水性に優れ、速乾性のある素材を選ぶことがポイントです。これらのことを考慮して、化学繊維素材の吸汗速乾性の高いヨガウェアをおすすめします。

1日2レッスン以上は行わない

高温多湿という慣れない環境下での運動は、時に思いがけず体に負担をかけてしまいます。体調が万全のときでさえ、気を付けないと熱中症や脱水を起こすことがあるため、自分の体調をしっかり確認するようにしましょう。最初のうちはまだ体がホットヨガに慣れていません。体調がよくても無理は禁物です。しばらくは1日に受けるレッスンを1回に抑えておきましょう。十分体が慣れてきたなと感じたら、頻度を少しずつ上げてみてください。無理をせずに行うことが、長続きさせるために必要なのです。

初心者は週1からスタートする

ヨガを効果的に行うのに、絶対という頻度はありません。ヨガはライフワークとして生活の中に取り込むのがとても大事なので、続けられるように無理なく付き合っていくという視点も重要です。初心者の方は頻度として、週に1回のペースで続けるのがよいでしょう。徐々に体を慣らすことが大切です。これ以上の間隔が開いてしまうと、身体への効果が薄れてしまいます。ヨガを毎日の習慣に少しずつ取り入れれば、肉体への意識も徐々に変化していくでしょう。長く続けることに意味があるのです。

デメリットを知ってホットヨガの効果を最大限に得よう

ホットヨガは本来、大きな動きと深い呼吸法で、自律神経を整える効果があります。ホットヨガを行う時には、体調が万全であることや、十分な睡眠時間の確保をしていること、長時間のレッスンを避けることを心がけましょう。水分補給が足りず無理なヨガポーズを続けてしまうと、自律神経に悪影響を及ぼしてしまいますが、常に水分補給をすることで安全におこなうことができるのです。ホットヨガで大量の汗と共に老廃物を流し、新陳代謝を上げてみてはいかがでしょうか。