ホットヨガで頭痛がする原因は?予防法をしっかり理解しておこう!

ホットヨガ 頭痛がする原因
Fitness asian female group doing warm up yoga pose in row at the yoga class. selective focus

ホットヨガで頭痛がすることがあるそうですが原因をご存知ですか?日常生活の中で身体を動かす機会が少ないという方は、運動不足が心配ですよね?デスクワークや立ち通しの仕事であれば同じ姿勢を長時間続けることになり、血流が低下して体調不良に陥る場合も少なくありません。そんな時におすすめなのがホットヨガですが、大量の汗をかくことで美容や健康増進、ダイエットまで様々な効果が期待できるとされています。しかし、ホットヨガをすると頭痛が起きるという方も見られますので、自分の体力と相談しながら楽しく行うことがポイントです。では、どうしてホットヨガをすると頭痛が起きるのでしょうか?今回はホットヨガと頭痛の原因、その予防法などを紹介します。

ホットヨガで頭痛がする原因

頭痛
ホットヨガは、室温35~40度前後、湿度60%前後に保たれた室内でエクササイズを行うヨガで、大量の汗をかきながら身体を動かすことで多くのメリットがあるとされています。しかし、ホットヨガを行った際に頭痛に悩まされる方も多く、決して珍しいわけではありません。一体なぜなのでしょうか?高温多湿の環境で行うのが特徴のホットヨガですので、一般のヨガとは別の対策を検討する必要があります。

水分補給不足の脱水症状

ホットヨガ
スポーツを行った時だけでなく、仕事などで汗をかいた時には水分補給が欠かせません。ホットヨガは、高温多湿でサウナのような環境で身体を動かしますので、思っているよりもハードな場合が殆どです。そのような室内で、1時間程身体を動かすのですから体内からどんどん水分が失われていき体内の水分が不足している状態となりますので、頭痛が起きやすくなるというわけです。何故、水分不足になるかといいますと、大量の汗をかくことに加えて湿度が高い環境で行いますので、喉の渇きが分かり難くなっている可能性もあります。

頭痛の原因として水分不足の脱水症状が挙げられ、水分を補給することで改善することも少なくありませんので、しっかりと水分補給しながら行いましょう。

ミネラル不足による不調

大量の汗をかくホットヨガでは、汗と一緒に体内にあるミネラルも排出されることになります。ミネラルの中でも、マグネシウムとナトリウムが不足すると頭痛が起こりやすくなるとされており、これらのミネラルは汗と一緒に排出される微量栄養素ですので、不足しないようにレッスン中は、水分と一緒にビタミンやミネラルを取るようにすると良いでしょう。ミネラル補給ができるスポーツドリンクなどを飲むようにすると頭痛が軽減されることもあります。ミネラル不足を補う方法として、普段からミネラルを意識して十分に摂取するように心掛けることが大切で、汗をかくとミネラル分だけでなく、様々な成分が排出されてしまいますので、栄養素をバランス良く摂ることがホットヨガでの頭痛を予防することに繋がります。また、水分補給の際には、水だけでなく少し塩分を摂ることがおすすめです。

浅い呼吸で酸素不足になっている

血流
ホットヨガは、高温多湿という特別な環境で行うことで、体力を消耗し浅い呼吸になりがちです。また、ヨガは一般的に深い呼吸を意識して行うものですが、初心者の場合は慣れていないせいもあり、ポーズばかりに気をとられ呼吸が浅くなるだけでなく、呼吸を止めてしまう方も見られます。浅い呼吸を続けると脳が酸素不足に陥る場合があり、頭痛だけでなくめまいを感じることもあることに加え、ホットヨガスタジオには同じ目的を持った多数の方が一緒にレッスンを受けますので、高温多湿の室内で多数の人がいる場合は、酸欠になっている可能性もあります。

偏頭痛をもっている

ホットヨガで起きる頭痛の多くは、片頭痛が大半の原因とされています。片頭痛とは、何らかの原因で頭の血管が急激に広がり、血管が脳や頭蓋骨を圧迫することで起こる痛みを指します。ホットヨガの場合は、暑い室内で行いますので全身の血管が広がり、血流が促進されます。その結果、頭の血管も拡張して片頭痛が起こるとされています。また、ヨガのポーズは頭を下にするポーズが少なくありませんので、暑さに加えそういったポーズをとることで頭に血流が集まり片頭痛を引き起こすと考えられます。

片頭痛を持っている方は、ホットヨガを行なうことで痛みが強くなる場合がりますので、あまり酷い時は、止めることも検討したほうがよいかもしれません。

ホットヨガの頭痛を予防する方法

ポイント
ホットヨガを行なうことで、頭痛やめまい、人によっては吐き気を感じるなど様々な症状を感じる方が少なくありません。そんな症状を引き起こす原因は、水分不足による脱水症状や浅い呼吸による酸欠、ミネラル不足などが挙げられますが、ホットヨガによる頭痛を予防するにはどんな方法があるのでしょう。

ミネラルウォーターでしっかりと水分補給

水分補給

汗をかいた時のミネラル補給には、ミネラルウォーターやスポーツドリンクがおすすめ。ミネラルウォーターやスポーツドリンクの場合は、汗と一緒に流れ出てしまうマグネシウムやナトリウムなどのミネラルや塩分がバランス良く含まれていますので、ホットヨガを行っている最中や終わった後の水分補給に最適です。

呼吸を止めずに深く深呼吸をする


暑い環境では呼吸が浅くなりがちです。ホットヨガは、高温であることに加えて湿度も高めに設定してありますので、どうしても呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると、脳に酸素が行きわたらなくなり頭痛を引き起こす場合がありますので、深く深呼吸してみるとよいでしょう。また、高温多湿の環境は圧迫感を感じることもありますので、頭痛を引き起こしやすい方は、入り口付近の場所を選んですぐに出られるようにしておくと安心です。

ダウンドックなどの逆さまポーズは短めにする

ホットヨガで起きる頭痛を防ぐには、脳の血管をできるだけ拡張させないような工夫をしてみることがおすすめです。例えば、ダウンワードドッグや立位の前屈のポーズなどは頭に血が上り血管が拡張しやすいポーズですので、頭痛が起きやすいという方はポーズのキープ時間を短めにすることも頭痛を避けるための一つの方法です。ホットヨガを含め、ヨガの目的は体調を整えることに加え心地よさに比重が置かれており、完璧を求めているわけではありませんので、絶対に無理は禁物です。

ヨガ後のカフェイン摂取で血管の拡張を緩和

コーヒー カフェイン
頭痛が起きている際には、ミネラルウォーターのほかコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料も効果が期待できます。カフェインは、血管を収縮させる作用があり、拡張した血管を縮めてくれますので頭痛の際には効果を発揮してくれます。それでも治らない場合は、一旦退席し頭を冷やすなどして横になって安静にしましょう。場合によっては、ヨガを中止することも大切です。

体調が悪い日はお休みする

体調はその日によってまちまちなのが一般的ですので、体調が悪い日にホットヨガを無理して行う必要はありません。無理をして行うと余計に頭痛を引き起こしかねませんので、体調が悪く何となくモチベーションが上がらない日は思い切ってお休みしましょう。体調がすぐれない日には呼吸の状態が浅い状態のこともありますので、体調が回復してから再チャレンジすることが一番です。

水分と呼吸に気をつけてホットヨガを楽しもう

ホットヨガ
いかがでしたか?身体にも精神的にもメリットが多いとされているホットヨガ。しかし、やみくもに行っていては、頭痛を引き起こしたり身体が不調になったりとトラブルが起こることにもなりかねません。ホットヨガは高温多湿の特別な環境で行うものということを念頭に、十分に頭痛対策を行いながら決して無理をせず水分補給と呼吸に気をつけて楽しみましょう。