ピラティスで効果的にダイエット!ヨガよりダイエット効果は高いかも!?

Young attractive woman practicing yoga, stretching in Wild Thing, Flip-the-Dog exercise, Camatkarasana pose, working out wearing sportswear, indoor full length, isolated against grey studio background

ピラティスで効果的にダイエットができる方法をご存知ですか?ピラティスやヨガ、筋力トレーニングなど、自宅でも施設でも自分自身の美容や健康を高めて維持するために行われる様々なものは、目的に合ったものを選んで取り組むのが理想です。今回紹介するピラティスは、ヨガと比較されることが多いですが、知名度が高いヨガよりもピラティスの方が状況によっては合っている可能性も十分考えられます。効果的なピラティスでダイエットをすることは可能なのでしょう。是非今後に役立てることをおすすめします。

ピラティスに期待できる効果



ピラティスはヨガと同じようにマットの上で体を動かしますが、ヨガとは違う目的や効果などのメリットがあります。自分が何を望んでいるのかが明確になっている方は、今の自分画ピラティスを必要としているか否かがはっきりします。ここではピラティスに期待できる効果について紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

インナーマッスルが強化できて引き締まる

ピラティスの期待できる効果で一番大きいのは、体を引き締められるダイエット効果でしょう。体重を減少させられる食事制限などは、無理や我慢を強いられる可能性があり、不健康に痩せてしまいます。体重だけが減少して肝心な脂肪が燃焼されていないケースも多いようです。その点ピラティスは、体の体幹部分となる深部に存在するインナーマッスルが強化できますので、メリハリのある体つきが実現します。実際には体重の増減は人には伝わりにくく、見た目の印象の方が重視されますので、ピラティスで体を引き締められることは大きな意味があります。

基礎代謝が上がって痩せやすくなる


見た目だけを痩せた印象にするダイエットとは違うピラティスは、体の内側から綺麗に変身できる良さがあります。体の深部となるインナーマッスルが強化できるピラティスは、基礎代謝が上昇して、自然と痩せやすい体になります。基礎代謝量は若い20代をピークに減少するとされていて、昔と同じような食生活のまま年齢を重ねた結果、エネルギー消費が昔ほど行われなくなり、結果として太ってしまうケースもあるようです。しかしピラティスを行っていますと、基礎代謝量が増えていつでも脂肪が燃焼されるように体の中で準備が整います。そのため痩せやすい体質に変えられることや戻すことができます。

姿勢がよくなって体のラインがキレイになる

姿勢の悪い状態は人を老けた印象にさせます。しかしピラティスを行いますと、綺麗な姿勢を自然と維持できるようになり、体のラインが綺麗になります。自己確認が難しく自覚症状もない姿勢の悪さは、人から猫背を指摘されるなどしないと気づかない場合があります。また現代人はパソコンやスマートフォンに触れる機会が多く、背中を丸めてうつむく姿勢になる時間が多いため、どうしても猫背になりやすい生活習慣が身についてしまっています。ピラティスは背筋を伸ばして行うポーズが多いので、自然と正しい姿勢を思い出すきっかけを手に入れられます。

柔軟性が上がって怪我をしにくくなる

体の柔らかさも手に入れられるピラティスは、ケガが防止できるメリットがあります。アスリートやスポーツをする人にだけ関係があるような気がするケガの防止ですが、日常生活でも少しの段差でつまずいてしまうことや、ささいなきっかけがケガに繋がるケースが多くあります。その時に役立つのが柔軟性で、年齢を重ねてから自宅で骨折するケガをするケースが増えるのは、この柔軟性が年齢を重ねるごとに減少してしまう為です。ピラティスをおこなっていますと、普段の生活でのケガ防止や体が硬い方が前屈をできるようになるなど、あらゆる部分の柔軟性が維持されます。

効果的なピラティスダイエットの方法

ピラティスには様々な効果があることが理解できましたが、実際にダイエットとして日常に取入れる場合、どのようにして進めるのが良いのでしょう。せっかく行うのであれば、効果的に取り組むのが理想です。初めてピラティスをする方でもスムーズにスタートできる内容になっていますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

胸式呼吸を徹底する

ヨガやピラティス、ストレッチや筋力トレーニングなど、気軽に体を動かせる手段は沢山ありますが、これらの種目に共通しているのは呼吸への意識です。ポーズやフォームに集中してしまうことで、呼吸にまで気を配ることができない場合がありますが、ピラティスに限らずどの分野でも効果が半減してしまう悪い例になります。ピラティスの場合には腹式呼吸が求められますが、呼吸を徹底して行いますと短時間でも大きな効果が得られます。日常生活でもあまり意識しない呼吸ですが、ピラティスをする場合は腹式呼吸を徹底することがおすすめです。

食後2時間以内には行わない

ピラティスをする場合には、いつでも好きな時にできるわけではありません。タイミングが重要になるピラティスは、食後2時間以内には行わないようにするのが理想です。食後すぐの運動はピラティスに限らずあまり良い行動とは言えませんが、ピラティスの場合は特に注意した方が良いでしょう。例えば夜ご飯が午後7時だった場合には、午後9時まではピラティスはできません。9時以降にヨガを行うことになりますが、その時間だと都合が悪いなど、様々な弊害が出てくるはずです。しかしそのような状況でも慌てる必要はなく、夜ご飯の時間を早めるなどの工夫をすることで改善できます。

DVDを見ながら自分のペースで進める


ピラティスは教室に通って習うことができるものですが、自宅でDVDを見ながら進めることも可能です。どちらの方法もピラティスを習得にできる手段ですので、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。空いた時間に取り組めるピラティスは、自宅でDVDを見ながら進める方が多く、時間や費用をできるだけ抑えて習得したいと考えた場合に、一番良い方法であることは確かです。本などの写真とは違い、実際に体の動きが動画で確認できるDVDは、仮に教室へ通ってピラティスを習う場合にも一つ持っていると役立ちます。自分が使いやすいソフトを探してみてはいかがでしょうか。

運動前後にしっかり水分補給する


ピラティスをする際に忘れてはいけないのは水分補給です。喉が渇きにくいタイプの方や、寒い時期にはあまり喉が渇かずに水分を摂取する機会が減少してしまいます。しかし意識的に水分補給を行いませんと、体が渇いた状態になって潤いがなくなります。体に多くに水分を維持する人間は、いつでも水分補給が行われることで余分な水分や老廃物が排泄されます。こまめな水分補給は利尿作用を促す効果も期待できます。ピラティスの前後には、例え喉が渇いていなくても、水やミネラルウォーターで体の中を潤すことが大事です。

頻度は毎日~1日おきでOK

では実際にピラティスを行う場合、どのくらいの頻度で行うと良いのでしょう。基本的には毎日行うのが理想のピラティスですが、その時の体調やスケジュールによっては無理かもしれません。その場合にはピラティスのために予定を変更する必要はなく、1日おき程度でも問題ないでしょう。あまり義務的に考えてピラティスと向きあうのではなく、自分の体が必要としているので取り組むような姿勢が理想です。また1日8分間程度のピラティスで十分効果が期待できます。無理に長い時間進めることや、前日できなかった分を取り戻すように長い時間取り組む必要はありません。

厚めのヨガマットを使う

ピラティスをする場合に用意した方が良いアイテムはマットです。ヨガマットやピラティスマット、トレーニングマットなど様々な商品名で販売されていますが、カラーや大きさの違いだけではなく、厚みも商品によって異なります。マット類を選ぶ際にはどうしても色や長さ、横幅などの大きさばかりを気にしてしまいますが、ピラティスで使用する時には厚みがあるクッション性が高いマットがおすすめです。薄くても問題ないのでは?と疑問を抱く方も多いでしょう。しかしマットの上で行うピラティスは、安定感がある厚さが維持された商品が使いやすいとされています。新しく買う予定の方や買い替えを検討している方は、表向きもデザインや大きさだけでなく、厚みにも注目して商品選びをしましょう。

事前にストレッチをしてから始める

すぐに始めてしまうケースが多いピラティスですが、事前のストレッチが重要で、体を温めてしっかり準備をする時間をつくるのがポイントです。水泳なども含めたスポーツ全般を行う場合、ほとんどの種目が準備運動を必要とします。これは体にこれから体を動かすことを教えると共に、柔軟性を高めてケガをしないようにする目的があります。ストレッチをする際も同じで、思い通りに体が動くように準備をするとともに、ケガを防止するストレッチが求められます。すぐに開始せずにストレッチをして体をほぐす時間をしっかり設けましょう。

ピラティスのヨガとの違い

多くの方が疑問を抱くヨガとピラティスの違いについても紹介します。どちらもマットの上でポーズをすることから、明確な違いが理解されていないケースやどちらも同じものであると勘違いされるなど、ヨガとピラティスの違いには様々な認識があります。一体どんな違いが両者にはあるのでしょう。今後自分の日常生活に取り入れる際の判断基準となりますので、しっかり把握しておくことが重要です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

負傷回復のために作成されたもの

ピラティスは元々ケガの回復ために作成されたもので、精神を安定させる目的に行われるヨガとは内容が異なります。リハビリ目的でつくられているピラティスは、ケガをしてしまった方が元通りになれるように治療の過程で取り入れるなどしますと、一層高い効果が得られます。

体幹や体の歪みを整えるのが目的

ピラティスは体幹を鍛えて体に歪みを整えるのが目的です。メンタル面を重視して鍛えるヨガとは内容が異なりますので覚えておきましょう。しかし体幹を鍛えて体の歪みを整えるということは、結果として物事に対する見方や考え方が変わる可能性も十分あります。

ポーズはヨガを参考にしている

しかしピラティスで行われるポーズは、ヨガを参考にして作成されてとも言われています。また呼吸を整えて取り組み点など、相違点だけではなく、共通点が多いのもヨガとピラティスです。中には両方とも経験したことがある方も多いヨガとピラティスは、その時の自分の精神状態や体調によって必要と感じるものが変わります。今の自分に何が必要なのかを判断できるようにしておきましょう。

ピラティス教室に通うメリットとデメリット

自宅でも習得できるピラティスですが、教室に通って習うことも可能です。最近ではヨガ教室と同じく、ピラティスも多くの場所で学べるようになっています。ここでは全国に教室が増えているピラティス教室に通うメリットとデメリットについて紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ピラティス教室に通うメリットは?

費用を掛けてでも通う効果がありピラティス教室は、専門のインストラクターから直接指導が受けられる良さがあります。また一緒に習うピラティス仲間との交流が増えるなど、ピラティスを学ぶ以外にも様々な経験ができるのは教室に通う大きなメリットでしょう。また三日坊主ならず、継続させやすいのもピラティス教室の良さです。

ピラティス教室に通うデメリットは?

自宅でもできるピラティスの習得を外部の施設で行うということは、それなりに費用が掛かります。レッスン料は勿論ですが、遠くの教室に通う場合は交通費も必要になります。また忙しい方にとっては、レッスンの日に合わせてスケジュール調整をするなど、手間が掛かることが多く負担が増えるのが現状です。

自分に合ったピラティスの習得環境を整えよう

メリットとデメリットがあるピラティス教室ですが、自宅でも教室でも自分がどんな目的でピラティスを学ぼうとしているのかがはっきりしていますと、習得方法を選ぶ際の基準が明確になります。自分に合った方法でピラティスを日常に取入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ:ピラティスで体幹を鍛えてくびれを作ろう

いかがでしたか。ヨガとは異なるピラティスは、体幹を鍛えてメリハリのある体つきが手に入るなど、しっかり学ぶことで得られるメリットは沢山あります。運動神経の有無にかかわらず始められるピラティスは、体の中から綺麗になりたい方におすすめの内容です。興味がある方は、早速挑戦してみてはいかがでしょうか。