ヨガとピラティスの違いは?自分に合うのはどっち?

ヨガとピラティスの違い
Athletic woman exercising with ball in gym

ヨガとピラティスの違いをご存知ですか?自宅で体を動かすことができるヨガやピラティスは、多くの方が趣味を極める形で取り組んでいます。それぞれに違いがあることは理解できるヨガとピラティスですが、言葉で上手く説明できるほど理解できている方は限られているはずです。今回紹介するヨガとピラティスの違いを知って、どちらが自分に合っているのかを検証するのがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヨガとピラティスの比較



どちらも自宅でも教室でもできるヨガとピラティスですが、マットの上で体を動かすという共通点があることから、違いがあると理解されているケースが少ないかもしれません。今後どちらを自分の日常に取入れるのか検討する場合には、ヨガとピラティスの違いを知っておくことは大切です。早速比較してみましょう。

精神重視か肉体重視か

ヨガは修行として取り入れられることが多く、ピラティスはリハビリという考えがあります。つまり今の自分が精神的なものと肉体的なことのどちらに重点をおいているのかによって、ヨガとピラティスの選択が明らかになります。

静のヨガ動のピラティス

静かな環境で精神を集中させてヨガのポーズをするヨガは、瞑想の時間など設けて心身共にリラックスさせることが重要視されます。その反対として動き続けるピラティスは、tリハビリ目的で取り入れられることも多いことから、とにかく流れに合わせて体を動かし続けます。これだけでもヨガとピラティスには大きな違いがあります。

ピラティスはマシンを使うときも

静のヨガとは正反対に動のピラティスでは、マシンを使用して体を動かすこともあります。メンタルを鍛えるためにストレッチをするほか、インナーマッスルを意識して体を動かすなど、筋力トレーニングに近いことをイメージした方がよいかもしれません。

腹式呼吸と胸式呼吸

ヨガとピラティスは呼吸の仕方も変わります。ヨガは腹式呼吸で副交感神経を安定させます。一方のピラティスは胸式呼吸で交感神経を安定させます。どちらも呼吸を意識して取り組むという共通項がありますが、そもそもの目的や刺激する部分には違いがあるようです。

リラクゼーションかエクササイズか

一番分かりやすい違いの基準はリラックス目的であるのか、エクササイズを目的とするかでしょう。ヨガをすることで気持ちがリラックスして精神的に安定することで、結果としてダイエットに繋がるような食生活の変化が起こるようなことはあるかもしれません。しかしヨガは基本的には精神を安定させるリラクゼーション効果が高いので、直接的にダイエット効果を求める場合には、ピラティスのエクササイズが期待できる内容を利用した方が良いでしょう。

自分に合うのはピラティスかヨガか

実際にどちらかを始める場合、自分い合っているのはヨガかピラティスのどちらになるのでしょう。自分が改善したい項目とは違うことをして取り組んでも、効果が半減するどころか全く効果が期待できなくなってしまいます。ここでは判断に迷った時に、すぐに決断ができるきっかけとなるように、更に詳しくヨガとピラティスの違いを紹介します。

ダイエット目的で始めるなら

ダイエットを目的にヨガとピラティスを比較する方も多いでしょう。しかしダイエットにも様々な理由や目的があり、気になる体の部位や症状は異なります。例えば体がむくんでいるのであればヨガがおすすめです。その理由は体に溜まった老廃物などをスムーズに排泄させる効果が期待できるヨガは、心身のリラックスによって不調な面を改善します。更に筋肉太りしているならピラティスがおすすめです。その理由は、エクササイズ目的活用されることが多いピラティスの場合、とにかく動き続けるという特徴がありますので、確実にスリムアップできます。

ストレス解消にはヨガ

現代社会は様々なストレスを抱えて生活する方が多く、またストレスに弱い方が増えているのも現状です。我慢のし過ぎや頑張り過ぎは、いずれ無理が続かなくなって精神疾患へと繋がります。そのように合ってしまう前に、早い段階でリラクゼーション効果が高いヨガを行っておきますと、ストレスとの使い方や気持ちの切り替え方など、時間が掛かって徐々に習得できます。

体の不調が気になる人は

心の不調にはヨガが最適ですが、体の不調を訴える場合にはピラティスがおすすめです。ピラティスはリバビリ効果もあることから、体が言うことをきかない場合や思うようにならない場合には、ヨガよりもピラティスを行った方が効果を期待できます。現在の自分自身を知ることが求められるヨガとピラティスの選択は、自分を理解する良いきっかけにもなります。気になる症状がある場合は、今の自分を見つめ直す時間をつくるのがおすすめです。

ヨガとピラティスのグッズの違いは

ヨガとピラティスの選択をする時には、グッズの違いも気になります。同じようなものを使用するヨガとピラティスですが、共用させることは可能なのでしょうか。どちらを行うか決める前に、使用するグッズについて紹介します。

ピラティスには厚めのマットを

ヨガマットとピラティスマットはどちらも同じ商品であるような印象ですが、厳密には少し違いがあります。ピラティスマットはクッション性が高く、8mm以上の厚みが維持されたものが主流となっています。どちらもマットの上で体を動かしますが、薄めのヨガマットに比べて、厚みが求められるピラティスマットは安心して体を預けられる安定感があります。しかしどちらも丸めて持ち運びできるコンパクト収納が可能で、ベルト付きのものやマットを入れるケースが個別で販売されているのも共通です。

ウェアの差はない

ヨガでもピラティスでも、専用ウェアがあります。最近ではおしゃれでも動きやすく、汗をかいても着心地が悪くなりにくく吸湿性に優れたウェアが人気です。このウェアの場合は、ヨガでもピラティスでも違いがありません。自宅で行うのにウェアは必要?と思うかもしれませんが、モチベーションを維持して取り組むためには、1セット持っているととても重宝するでしょう。

自宅派?教室派?ヨガとピラティスの関わり方

ヨガとピラティスの共通項と言えば、どちらも自宅でもできますが、全国各地に多くのスクールが存在している人気の分野でもあります。ヨガとピラティスを選択することも大事ですが、どちらかに決めた後に考えることは、自宅での習得と教室へ通って習得することに選択です。それぞれに良い面とマイナスな面がありますが、何を基準の決めるのが良いのでしょう。

空いた時間にいつでもできる

自宅でのヨガやピラティスは、自分が好きな時にいつでも自由に取り組める良さがあります。家事や仕事、学校などは時間が決まった中で行動するしかありませんが、ヨガやピラティスを自宅でおこなう場合には、それらのやるべきことの合間や終わった後にできる気軽さがあります。

仲間ができないまま一人で取り組む

一人ということは自由できままな印象ですが、その分自分で自分を管理する力が求められます。また教室へ通いますと、毎週同じ人と会う機会が増えて、自然と話をするようになって仲良くなります。このような交流は自宅でのヨガやピラティスでは難しく、その人の性格によっては飽きて挫折するきっかけにもなり兼ねません。

費用面も重要です


自宅で行うことができるヨガやピラティスは、自宅ではDVDなどを買って繰り返し見ることができます。しかし教室でレッスンを受けますと、質の高いヨガやピラティスが実現しますが、その分レッスン料や月謝などの負担が大きくなります。また遠くの教室へ通う場合には、公共交通機関の運賃やガソリン代など、細かな出費があります。限られた予算でヨガやピラティスを行う場合には、良く検討してから決めた方が良いでしょう。

それぞれの経験者に話を聞く

ヨガやピラティスに限らず、経験者に話を聞くことは重要です。自宅でヨガやピラティスを行っている方と、実際に教室を利用して通うヨガやピラティスのレッスン生の両方から話を聞いて、自分に合っている方を選ぶのも良いでしょう。どちらが正しいということもなく、どちらが間違っているということもない自宅派と教室派は、実際に取り組む方の性格やライフスタイルによっても大きく変わります。自分がどんな性格で、どちらを選んだ方が長く続けられるのかを考えますと、自然と答えが見えてくるでしょう。

自分が本当に望むことを再優先する

様々な条件をクリアさせて自宅でのヨガやピラティスにするのか、または教室へ通ってヨガやピラティスを習得するのかを決めることになります。しかし最終的には自分で決めて判断するしかありません。例えば今すぐ気になる症状を改善したい…という思いが最優先の場合には、自己流でのんびり学んでいる暇はなく、専門のインストラクターがいる教室へ通うことが決められます。このように、今の自分が何を一番望んでいるのかを明確にしますと決断が早まるかもしれません。

難しく考えずに両方試してみる

ヨガやピラティスを習得する環境について、自宅と教室でどちらが良いか判断できない場合は、期限を決めるなどして短期的に両方体験してみるのも一つの方法です。百聞は一見に如かず…という言葉があるように、実践して初めて分かることもあるでしょう。教室の費用が気になる場合は、無料体験を利用するなど自分なりに工夫してみてはいかがでしょうか。

まとめ:ヨガとピラティスの違いを知って自分あった選択を

いかがでしたか。ヨガとピラティスに違いを知りますと、どちらが今の自分に必要なものであるかが瞬時に把握できます。また自宅でも教室でも学べるヨガとピラティスは、自分に合った習得方法で学ぶのがおすすめです。興味がある方は、今どちらが自分に必要なのかを考えてみた上で始めてみてははいかがでしょうか。