ヨガ猫のポーズの効果と正しいやり方!

ヨガ  効果 正しいやり方!

ヨガ猫のポーズの効果と正しいやり方をご存知ですか?本当の猫になったつもりで取り組むとより効果的なヨガ猫のポーズは、簡単であっても様々なメリットが期待できる内容です。難しく奥が深いと感じるヨガですが、1ポーズずつ集中して覚えることで、それぞれの意味をスムーズに理解できます。今回は比較的良く知られているヨガ猫ポーズの効果や、正しいやり方について紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ヨガ猫のポーズの効果

見た目には簡単そうに見えるヨガ猫のポーズですが、単調な動きの中にも意味や効果が沢山凝縮されています。気軽に始められるヨガの猫ポーズには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

冷え性の改善

全身の血流が悪くなることで引き起こされる冷え性は、悩む方が多い症状の一つです。寒い冬に強い冷えを感じるのが一般的ですが、最近では夏場でも冷えを感じてしまう方が多く、一年中冷えと戦う方が増えています。その理由は冷房がきいた室内に一日いるような環境で働く方や勉強する方に多く、体を動かす機会が減ることも加わって一層冷えが進みます。しかし猫のポーズを普段の生活に取りいれることで、冷えの症状を軽減できます。

肩こりを改善する


目の疲れや同じ姿勢での作業による負担など、肩こりで悩む方も多いのが現代人の取靴応です。その理由は、目を酷使するパソコンやスマートフォンの操作に他に、長時間のテレビゲームなど、長い時間姿勢を変えること無く同じことをする機会が増えたことが要因とされています。それらの作業自体が良くないのではなく、途中で休憩をするなどの工夫がないことで症状が悪化します。肩こりは放置しておきますと、朝ベッドから起き上がることも難しくなってしまいます。ひどい症状になる前に、ヨガ猫のポーズをしっかり習得しておきますと、肩こりの予防にも繋げられます。

骨盤が正しい位置に戻る

骨盤の開きや歪みの原因は、加齢や出産の経験などがあり、姿勢が悪いことで骨盤がずれてしまうこともあります。下半身を支える重要な役割があると共に、上半身とにつなぎ目部分に位置する骨盤は、全身の中心部分に位置する大切な役割があります。ヨガ猫のポーズには、骨盤を元の正し位置に戻す力がありますので、今まで様々な症状で悩んできた理由が骨盤にある可能性を考えますと、改善すること気になる症状も改善できます。ヨガ猫のポーズは、骨盤の働きにも大きく関わります。

ウエストが引き締まる


ウエスト部分に悩みを持つ方は多いですが、ヨガ猫のポーズをすることで腹部を引き締める効果があります。洋服に隠れてしまうウエストですが、痩せたい部位や鍛えたい部位として常に支持されます。確かに洋服に隠れる場所ではありますが、服装によってはウエスト部分が際立つ服装もあります。例えばオフィスの制服を着る女性の場合、タイトスカートにブラウスのようなデザインが多く、ウエストが引き締まっていることで着こなした姿が大きく変わります。ヨガ猫のポーズをすることでウエストにくびれを与えられますので、体形を隠すような服装を選ぶ必要がなくなります。

ヒップラインが綺麗になる

お尻を突き出すようなポーズをするヨガ猫のポーズは、ヒップラインを綺麗に仕上げます。お尻の脂肪は年齢と共に垂れ下がってきますので、自分でケアをして後ろ姿にも気を配った体形維持が重要です。誰もが簡単にできるヨガ猫のポーズは、パンツスタイルで下半身が強調されても、自信をもって履きこなせるでしょう。ヒップラインを綺麗にする方法が分からずに、今まで何も対策をしていなかった方は、この機会に取り組む決断をするのがおすすめです。

ホルモンが活性化される

体の中から美しく変身できるヨガ猫のポーズは、ホルモンを活性化することにも貢献します。肌の調子から精神の安定まで幅広い内容に関わるホルモンは、ヨガ猫のポーズで活性化させることでイライラしにくくなります。ホルモンバランスは目に見えるものではありませんが、日常生活の感情にも深く関係する重要性があります。何かにイライラすることで暴飲暴食をしてしまい、寝不足によって肌の調子が悪くなるなど、ホルモンが関わることで悪循環のスパイラルに陥ります。しかしヨガ猫のポーズを取り入れますと、ホルモンが活性化しますので、心身共に安定した普段通りの生活が送れます。

猫のポーズの手順とポイント


では実際に猫のポーズを行う場合にはどのようにすればよいのでしょう。手順やポイントを押さえておきますと、初めての方でもスムーズに開始できます。是非参考にして様々な効果やメリットを実感してみてはいかがでしょうか。

猫のポーズのやり方

ヨガ猫のポーズのやり方を紹介します。まず床にマットなどを敷いて四つん這いになります。その後息を吐きながら背中を丸めおへそを覗き込みます。その状態で深呼吸しながら30秒キープします。次に息を吸いながらゆっくりと背中を反らせます。この時に「目線は天井に向けるのがポイントで、深呼吸しながら30秒キープします。この流れの手順を5回前後行うのが、ヨガ猫のポーズです。慣れるまでは呼吸と動きを上手く連動させるのが大変かもしれませんが、回数を重ねるごとに思い通りに体が動くようになるでしょう。

ゆっくりポーズをとる

ヨガ猫のポーズの特徴はゆっくりポーズをとることです。慣れてきますとどうしても早く終わらせようとする気持ちが働き、動きが早くなってしまいます。また動きを習得したことで、順調に体が動かせてしまうのも理由の一つでしょう。しかし実際の猫を想像しますと、とてものんびりマイペースに動作していること分かります。動かす部位をそれぞれ意識して、ゆっくり呼吸をしながら取り組むのがヨガ猫のポーズのコツです。

甲状腺を意識する

ヨガ猫のポーズの特徴は、甲状腺を意識して進めることです。首周りには沢山の神経やリンパが通っていて、とても繊細な部分でもあります。ヨガ猫のポーズは甲状腺を意識して進めることで、美容や健康にも大きく貢献させることが可能です。視線や首の位置にも注目して意識しながらヨガ猫のポーズを行いましょう。

腹式呼吸をする

ヨガをする際にはポーズも重要ですが、呼吸の仕方も大事です。腹式呼吸でヨガ猫のポーズを行いますと、リラクゼーション効果やダイエット効果を高めて、心身ともに安定した気分で過せます。どうしてもポーズに意識が傾きやすい初心者の場合は、普段から腹式呼吸を取り入れておきますと、実際にヨガ猫のポーズをする際に、ポーズのみに集中しても呼吸法は自然とできるようになっているのでスムーズです。より効率良く進めるためには、ポーズと呼吸の連動にも注目してマスターしましょう。

猫をイメージして行う

ヨガのポーズには多くン動物名が使用されています。その多くはポーズの形とその動物が似ているという発想から名づけられていること多く、ポーズの名前を聞いただけでおおよその形が連想できます。ヨガ猫のポーズもその一つで、ポーズの名前のように猫をイメージして行いますと、体を動かしやすくなります。ヨガ猫のポーズは、本当に猫が伸びをするようなしぐさに似ていますので、猫のようにしなやかで柔軟な動きができることを目指しましょう。またヨガはゆっくり動作させるというポイントがありますので、のんびり屋の猫のようにゆっくり動く点も真似して取り組むことをおすすめします。

猫のポーズをする際の注意点

簡単にできそうなイメージのヨガ猫のポーズは、実際にやってみますと思ったようにポージングできてないことがあります。一体どのようなことに注意すると良いのでしょう。

呼吸に動きを合わせる

ヨガは腹式呼吸で行うのが基本ですが、呼吸と動きを合わせてヨガ猫のポーズをしますと、体も動かしやすく、呼吸の効果で柔軟でやわらかい動きが実現します。しかし慣れるまでは動きを優先して呼吸のことを意識で着なくなる場合や、その反対で呼吸に気を取られてしまった結果、連動して体が動かせないなど、思い通りにできないこともあるでしょう。ヨガ猫のポーズは、初心者でもやりやすいメニューですので、焦らず徐々にマスターした方が飽きずに長く続けられます。

腰を反らせすぎない

猫のようにして背中を反らせる動きがあるヨガ猫のポーズは、腰を反らせすぎないように注意しましょう。自分の感覚と実際のポーズが違う場合がありますので、ちゃんとできているのか時々確認をして修正しながらマスターしましょう。あまり腰を反らせすぎますと、腰や背中を痛くする可能性があります。猫のように反らせることが求められるヨガ猫のポーズは、適度な角度まで腰を反らせる程度でも十分効果があります。

不快を感じたら中止する

ゆっくり動作するヨガ猫のポーズは、時には体の痛みに繋がる場合があります。筋を痛くする場合や腰を痛くするほか、背中に違和感を覚えるかもしれません。少しでも普段とは違う症状を感じた場合は、ヨガ猫のポーズはすぐに中止して様子を見ましょう。不快がある部分や痛む度合いによっても変わりますが、自宅での安静や応急処置では改善できないこともあります。万が一ヨガ猫のポーズによって不快な症状がいつまでも治らない場合は、専門の医療機関での治療をおすすめします。

ヨガ猫のポーズをマスターする為にあると良いもの

ヨガ猫のポーズは自宅で簡単にできるヨガですが、特別なものを用意する必要がない手軽さが人気ですが、あると重宝するものをいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

使いやすいヨガマット

ヨガマットはヨガをする際にあると便利なアイテムです。ピラティスマッドほど厚みがなくても問題がなく、カラーや大きさなど自分が好きなものを選んで使用するのがおすすめです。ヨガ猫のポーズのように、膝をついて四つん這いになる場合などは、体を痛くすることがなく床の上で思い通りのポーズができます。そのため集中してヨガに取り組めるのがメリットです。

お洒落で機能的なヨガウエア

自宅で行うヨガに専用ウエアが必要?と思うかもしれませんが、気分を高めてモチベーションを維持してヨガ猫のポーズをするためには、専用のウエアが一つあると便利です。わざわざ着替えるのが面倒…と感じる方もいるでしょう。しかしオンとオフを区別する感覚で、ヨガの時間とそうでない時間を分けるのが特徴です。ヨガのウエアは、見た目もお洒落でスタイリッシュなものが沢山あります。自宅でのヨガ時間をより充実させるためには、着心地が良いヨガウエアを用意してヨガの時間を満喫することをおすすめします。

共に頑張るヨガ仲間

自宅でのヨガを継続させるコツは、ヨガでつながった共通の仲間です。レッスンなどを受けてヨガをしている方は、自然と同じクラスの仲間と仲良くあることが可能です。しかし自宅でヨガを学んでいる方の場合、身近な存在でヨガをやっている人を見つけるなど、今までの人間関係の中からヨガを楽しむ人を探すしかありません。しかし最近はSNSの普及によって、共通のことに興味がある世界中の人と気軽に仲良くなれる良さがあります。SNSでつながったヨガ仲間であっても、時に励まし合うことやアドバイスし合うことができますので、自分一人ではない…と今まで以上に頑張れるはずです。

ポーズが確認できる鏡

ヨガ猫のポーズを始め、自分が思っていることを体で表現するのは至難の業ですが、ポーズが確認できる鏡がありますと、実際にどの段階まで自分ができているのか確認することが可能です。ヨガはポーズと呼吸を連動させることが重要で、腹式呼吸がマスターできてもポーズができていない場合は効果が半減します。自分の習得度合いを確認できる全身がうつるサイズの鏡があると役立ちます。

時にはヨガのセミナーなどを利用する

ヨガは多くの方が関心を寄せていることもあり、地域の公民館などでも無料で講習会やセミナーなどを開催している可能性が高い分野です。自宅でヨガ猫のポーズを学ぶのも良いですが、たまには違った環境でヨガに触れることもよいでしょう。そのような時に、自宅では特に必要性を感じなかったマットやウエアなどのヨガグッズが役立ちます。身近な情報にも関心を寄せて、今まで以上にヨガと関わってみるのもおすすめです。

まとめ:心地よく猫のポーズをしよう

いかがでしたか。本当の猫の気持ちになって全身をストレッチできるヨガ猫のポーズは、今まで抱えていた体の不調などを取り除ける可能性があります。たった1ポーズでも毎日継続させることが大事ですので、興味がある方はヨガ猫のポーズを日常生活に取入れて、美容や健康に貢献させてみてはいかがでしょうか。