女性の平均身長や平均体重は?理想・美容・モデル体重の計算法も紹介

女性の平均身長や体重

女性の平均身長や標準体重はご存知ですか?女性であれば一度は気にする「自分の体重」。友人や同年代の女性と比べて太っている?痩せている?という比較は、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?今回は、女性の平均身長に近い「156cm」の女性の場合の標準体重と、身長から割り出す美容(理想)・モデル体重の計算方法を紹介します!体重管理の参考にどうぞ!

身長156cmの女性の標準体重

体重計

標準体重とは、「統計結果により、身長から割り出された、病気になりにくく健康に生活できると考えられる適正体重」です。痩せすぎず太りすぎず、健康的な体重といったところでしょうか。自分が太っているか痩せているか、最も分かりやすい基準となる体重ですね。

標準体重の計算方法としては、「BMI(body mass index)法」「ローレル(Rohrer)指数」などが挙げられます。

この記事を読んでいる方にも、小学校の身体検査で「痩せすぎ」「太りすぎ」など書かれていた方がいるのではないでしょうか?これも上記のような計算を利用した判定の場合が多いようです。

標準体重 BMI法の計算方法

BMI計算方法

BMI(body mass index)法は、成人の標準体重を計算するのに適した計算方法です。成人していない方は、後述の「ローレル指数による計算方法」を使用してください。

BMI法は、次のような計算式で標準体重を計算できます。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22

「22」は標準的な体重の場合のBMI(指標)で、この値で計算した場合の標準体重であれば高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常等の有病率が最も低くなるとされています。

ちなみにこのBMIを他の数字に変えると、痩せ、肥満の場合の体重も計算できます。

・低体重(痩せ型):18.5以下
・普通体重:18.5以上、25未満
・肥満(1度):25以上、30未満
・肥満(2度):30以上、35未満
・肥満(3度):35以上、40未満
・肥満(4度):40以上

156cmの女性の場合、普通体重の指標で計算した場合の標準体重は

1.56 × 1.56 × 22 = 53.5392 kg

となり、54kg前後であれば標準体重となります。

標準体重 ローレル指数による計算方法

身長計測

ローレル(Rohrer)指数は、成人していない、特に学童の標準体重を計算するのに適した計算方法です。

標準体重の計算には、次の計算式で行います。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 身長(m) × 13

「13」は標準体重の場合の指標で、16以上で計算した場合の体重より重い場合は、肥満となってしまいます。

156cmの女性の場合、上記の計算式を用いて計算した場合の標準体重は

1.56 × 1.56 × 1.56 × 13 = 49.353408 kg

となり、49kg前後であれば標準体重となります。

あくまで学童向けなので、成人女性ではやや痩せ型の体重となってしまいます。成人の方は、前述のBMI法で計算するようにご注意ください!

美容(理想)・モデル体重の計算方法

計算

BMI法やローレル指数で計算した標準体重では、あくまで健康的な体型となる体重が計算されます。ダイエットなどの美容目的でスレンダーな見た目を目指している女性からすると、少し重めに感じてしまう場合がほとんどです。

よりよい見た目を目指してダイエットなどする方には次に挙げる2種類の計算方法をおススメします。

美容(理想)体重とは

見た目の良いすっきりとした印象の体型を目指す場合は、美容(理想)体重を利用するようにしましょう。

BMI法で美容(理想)体重を計算する場合は、BMIを18.5~20で計算します。普通体重よりもやや痩せ型といったところでしょうか。156cmの女性で計算すると、次のようになります。

1.56 × 1.56 × 20(←ここが18.5~20) = 48.672 kg

48.6kg以下の体重を目指せば、すっきり痩せた体型となるということですね。ダイエット中の方は、この体重を目指してみましょう!

モデル体重とは

モデル体型

どうせダイエットするならモデルのようなほっそりとした体型を目指したい!そんなあなたはモデル体重を利用するとよいかもしれません。

BMI法でモデル体重を計算する場合は、BMIを18で計算します。標準体重からすれば、低体重のBMIになりますね。このBMIで156cmの女性で計算すると、次のようになります。

1.56 × 1.56 × 18 = 43.8048 kg

43.8kgを目指せば、かなりスレンダーな体型となることができます!

ただし、体重・体脂肪を落としすぎると健康を損なってしまう危険性が出てきます。健康的に痩せたい場合は美容(理想)体重程度でとどめておくことをおススメします。

身長から計算した体重の欠点

BMI法、ローレル指数のどちらも、身長がわかれば標準体重を計算で簡単に求めることができ、ダイエットなどの体型維持では手軽で便利な目標になります。しかし、計算に身長しか用いないため次のような欠点があります。

筋肉量・体脂肪率の考慮がない

驚く

筋肉と脂肪の重さを比べた場合、筋肉の方が重く、脂肪の方が軽くなります。

身長のみで標準体重を計算した場合、運動によってダイエットした方は筋肉が多くなり比較的体重が重くなるので、見た目が痩せていても「肥満」と判定されることになったり、逆に隠れ肥満のような体脂肪率が高くても体重が低い場合には「痩せ型」と判定されてしまいます。

このように、筋肉量、体脂肪率の考慮がないため、体型によっては当てはまらない体重が計算結果となってしまうことがあります。

加齢や性別による水分量の違い、身長の変化が考慮されていない

基本的に年齢の若い人ほど水分含有量が多く、女性の方が水分含有量が多いとされています。同じ体重であっても水分含有量が多いほうが見た目が重く見えます。

また、加齢によって腰が曲がったり背骨が圧迫されて身長が低くなった場合、低くなった分だけ身長に対する標準体重も軽くなります。加齢によって腰が曲がっただけで体重を落とさないと標準体重にならないというのは、妙な話ですね。

標準体重の活用方法

筋肉

このように、標準体重はダイエットなどするうえで、手軽な指標になる体重です。しかし「体重が重い = 肥満」となる計算方法なので、運動で痩せて筋肉質な体型だと「見た目は痩せているのに肥満」というような計算結果となってしまいます。

せっかく運動して痩せようとしているのに、いつまでも標準体重に近づくことができないと、モチベーションが下がってしまうかもしれません…。

標準体重はあくまで指標と考え、ウエストやヒップなどの見た目のサイズや、体脂肪率も気にして体型維持を行いましょう!