理想の体重は?身長との密な関係とは?

理想の体重

女性にとっての理想と男性にとっての理想が一致しないことはよくありますよね。女性にとって体重は軽ければ軽いほどいい!男性はもちろん好みもありますが、少し丸みを帯びているぐらいがちょうどいいと言う意見も少なくありません。少し前までは女性も痩せてれば痩せているほどスタイルがいいとされてきましたが、最近では引き締まった体を目指す女性も多く見かけます。さて理想の体重とはどんなものか?一緒にみていきましょう。

理想の体重を表すBMIの出し方

理想体型
BMIの計算式は

体重kg÷身長mの2乗(身長はcmではなくmで計算)

となります。
BMIとは肥満度を表す指標として世界共通で用いられている体格指数のことをBMIと言います。

計算方法は世界共通でどの国も同じ計算式を使ってBMIを出しています。しかし肥満の基準はそれぞれの国によります。世界保健機構の定めた基準によるとBMIが30以上の場合を肥満と設定されていますが、日本肥満学会による肥満の基準はBMIが25以上と正解の基準より少し下に設定されています。日本での基準となる数値をみていくと、ごく一般的な人の数値は18.5以上25未満と定められており、低体重の人の場合が18.5未満という数値になっています。

日本のBMIの基準にについては、BMIが22のときの体重が一番病気になりにくい健康体重であると言われています。BMI25を超えてしまうと病気のリスクが2倍以上になるとも言わ、BMIが30を超えると減量を指導されるレベルで危険とういう数値になります!このBMIの指数を頭にいれておきましょう。

BMIの落とし穴があるって知っていた??

BMI
体重は目でみえるものではありませんよね?ここが問題なのです! BMIによる理想体重や美容体重は体脂肪率や筋肉量が全く関係ないということ!簡単に説明するとBMIが18であろうが22であろうが見た目に差が出ないということ。体重はあまりないのにお腹だけが出ている。そんな状態は正直男性はがっくりです。ダイエットをするならば、自分の全体をみてバランスの取れた体型を目指してみるのもいいでしょう。

BMIについてもう少し詳しくお話ししていくと、気を付けなればいけないのが隠れ肥満の人です。筋肉量は少ないので体重も軽くBMIだけを見ると痩せている部類に分類される人もいます。ただこれが落とし穴!痩せているから大丈夫と思いがちなのですが、そこは違います。

女性に多いとされているのが皮下脂肪の多い隠れ肥満。筋肉が少なく体脂肪量が多いのに、体重が軽い人です。また内脂肪が多い隠れ肥満もあります。目には見えない部分に脂肪がついてしまい、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となる脂肪です。内臓脂肪は付きやすく落ちやすいのが特徴なので割とすぐに改善出来ます。BMIが高くても体脂肪が少なければ、肥満とは分類されず、BMIが低くても体脂肪が高ければ肥満になるということもお忘れなく!

標準体重とは?

女性 ウェスト 理想
実際にどこがどのような基準で標準体重が決められているのか?割と女性はなんとなくのシルエットで太い細いを決めますよね。意外なのが細いのに意外と体重がある!どこがそんなに重いの?なんて思う子もいますよね。細くてもしっかり体重がある子は筋肉量が多いとも言えます。筋肉は脂肪と比べえてはるかに重くて細いのが特徴です。逆に脂肪は軽くて大きいとも言えます。

少し話は脱線してしまいましたが、自分が標準体重かどうかを知る方法は身長です!身長さえわかれば標準体重を出すことが出来ます。この計算式には年齢は関係ないことを頭にいれておきましょう。年齢の違いで大きく標準の数値が変わるわけではないので、今回は身長から標準体重を出していきましょう。それでは早速計算式をみていきましょう。

標準体重の計算方法

標準体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 21.75(BMI)

自分が標準より重いのか軽いのかドキドキしますね。さてここからは身長別で標準体重を見ていきましょう。

ここでなぜBMIが21.75なのか?不思議に思いますよね。先ほどの話を少し思い出してくださいね。日本のBMIの健康基準ではBMI22という数値が最も健康と言われていましたよね。この健康的と言われる指数の厳密なものがこの21.75にあたるのです。

身長別の標準体重

身長別の標準体重は下記になります。
身長が150cm の場合の標準体重は、49.0Kg
身長が155cm の場合の標準体重は、52.9kg
身長が160cm の場合の標準体重は、56.3kg
身長が165cm の場合の標準体重は、56.9kg
身長が170cm の場合の標準体重は、62.8Kg

美容体重とは?

美容体重
簡単にいうと1番スタイルが良く見える体型と言いっていいでしょう。この美容体重は視覚的な部分が重視されているといえます。さてどのぐらいの感じかというと、男性がもっとも好きな体型のメリハリのある体型と思っているといいでしょう。きちんと丸みを帯びた曲線美がある体型ですね。、美容体重のBMI基準は20!標準体重よりも約5%少ない体重とも言われています。

美容体重の計算方法

美容体重の計算方法は

美容体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 20(BMI)

となります

身長別の美容体重

身長が150cm の場合の美容体重は、45.0Kg
身長が155cm の場合の美容体重は、48.1Kg
身長が160cm の場合の美容体重は、51.2Kg
身長が165cm の場合の美容体重は、54.5Kg
身長が170cm の場合の美容体重は、57.8Kg

モデル体重とは?

モデル体重
雑誌の中のモデルさんレベル!! 雑誌などで見るモデルさんの細さと言ったら一般人とは比べ物にならない細さですよね。もちろん洋服を可愛く着こなしたりするお仕事なので、どんな服も似合う体型にならなければいけないですよね。それが健康的なのかと問われると難しい部分でもあります。

女性にとってやはり周囲の目は気になるもの。ましてや痩せている子が近くにいると「私も痩せなきゃ!」と思う気持ちもわかります。ただ痩せること=綺麗になることではないということを忘れてはいけません。ひたすら痩せることだけを目標にして危険なダイエットを行うと、後で取り返しの使いない事にもなりかねません。特に若いうちは特に周りと比べてしまうのもわかりますが、あなたの将来の体は今の自分が作っていっていることを忘れないでくださいね。健康で美しくいれる自分のBMIはどのぐらいかをしっかり覚えておきましょう。

さて痩せている人がほとんんどのモデル体重のBMIがいくつか気になりますよね。モデル体重のBMI基準はなんと19!!ここからは計算を見ていきましょう。

モデル体重の計算方法

モデル体重の計算方法は

モデル体型体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 19(BMI)

となります。

身長別のモデル体重

身長が150cm の場合のモデル体重は、42.7Kg
身長が155cm の場合のモデル体重は、45.6Kg
身長が160cm の場合のモデル体重は、48.6Kg
身長が165cm の場合のモデル体重は、51.7Kg
身長が170cm の場合のモデル体重は、54.9Kg

自分の身長から理想の体重に近づけるためのコツ

理想の体重 体重計
自分の身長から理想の体重を割り出したのがBMI。身長の高さには関わらない数値ですが、この理想の体重に近づけるために、毎日努力しているという方も多いのではないでしょうか?今回は、理想の体重に近づけるためのコツを紹介します。

体重は毎日測って記録する

理想の体重は人それぞれですが、体重に無頓着では理想に近づくことは難しくなってしまいます。体重計に毎日乗ってその日の体重を測り、記録を取っておくことで体重の管理をするのがおすすめです。体重の管理は、ダイエットだけでなく健康観察にも役立ちますので、億劫がらずにきちんと毎日体重を測りましょう。数値が気になっても、痩せすぎは健康を害する恐れもありますので注意しましょう。

水を飲む量を増やす

水分摂取 ダイエット
一日の水分摂取量は一般的に2ℓが理想とされていますが、実は体重によって違いがあると言われています。水の摂取を心掛けることによるメリットは、便通が良くなることに加え食欲も抑えられ血液がサラサラになることで血行が促進されますので、ダイエットだけでなく美肌効果も期待できます。また、溜まった水分が水を摂取することによって排出が促進され、循環サイクルが改善されるため、むくみの解消にも繋がり体重減少効果が期待できます。ただ、短時間の間に飲み過ぎると頭痛やむくみなどが起こる場合もありますので、飲み過ぎには十分注意し、一度に飲まず何回かに分けてこまめに摂取するようにしましょう。

食生活を見直してバランスの良い食事を心掛ける

バランス良い食事 スムージー
何と言っても、理想の体重に近づけるためのコツとして忘れてはならないのが食生活の改善です。理想の体重にするためには、食事のバランスに目を向けることは欠かせないポイントで、様々な食材をできるだけまんべんなく摂ることが大切です。また、メニューや食べるタイミングにも気を配るのも重要で、食べる順番は食物繊維を最初に摂ることで急激な血糖値の上昇が抑えられると言われています。様々な工夫をして理想の体重に近づいたとしても、健康を害しては本末転倒ですので、日常生活の中に無理にならない程度の運動を取り入れ、バランスの良い食事を心掛けましょう。

運動を定期的に行う

理想の体重に近づけるために欠かせないのが運動。運動により消費カロリーを増やすことで脂肪が燃焼しやすい体質に徐々に変化していくと言われています。ただし、運動といっても瞬発力や筋力を要する無酸素運動ではなく、酸素をゆっくり取り入れながら行う有酸素運動がおすすめです。有酸素運動には、ウォーキングをはじめジョギングや水泳などがあり、歩くことが面倒という方は気軽にできるサイクリングなどが続けやすいでしょう。運動を定期的に行なうことによって基礎代謝を上げると、理想の体重に近づきやすくなります。

女性は特に注意が必要!過激なダイエットは引き起こす問題は??

女性 悩み 問題

なぜ女性に注目されるかというと、女性ホルモンは脂肪細胞が大事な役割をもっているのです。過激なダイエットをして陥りがちなのが、脂質をとらなくなること。これにより脂肪細胞の機能は低下していきます。この脂肪細胞の機能の低下は、機能を正常に戻すまでには時間がかかると言う点です。では具体的に過激なダイエットで起きる体の変化をみていきましょう。

・ホルモンバランスの崩れから肌荒れなどが起きる
・生理不順から無月経になることも

若いころは生理が止まってもさほど気にはとめないでそのまま放置してしまうと、将来不妊症に繋がるとも言われています。完全に生理が来なくなる前に必ず生理不順という症状が出るはずです。その時点で体は悲鳴を上げていることを忘れないでくださいね。子どもを作ろうと思ったときに自分の今までの行動がまさかこんな風に自分に返ってくるなんてと後悔しないように自分の体の声をしっかり聞いてあげてくださいね??

健康的に痩せていくダイエット方法は??

ダイエットが一概に危険というわけではありません。健康的にバランスよく食べて、運動をすることが1番綺麗に痩せていく方法です。まずは食生活を見直し、基礎代謝を上げていくことで摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えることが出来ます。消費カロリーが必ず摂取カロリーを下回るようにすることで、必ず痩せていきます。また基礎代謝が上がれば食べたものが脂肪にならずにどんどん使われていけば、脂肪を溜め込みにくい体になれますね。カロリーの減らし方も極端に減らすのではなく、脂肪を溜め込みやすい夕食のメニューを見直す程度いいのです。なにかに偏った食事方法などは必ず体に支障をきたすのでやめましょう。

ただ気を付けなければいけないのが、体重の落とし方です。リバウンドのことも考え1ヶ月に落としていい体重は、今の体重の5%までにしましょう! その範囲であれば健康かつ体調を崩すことなく安心してダイエットに取り組めますね。

細かい数字でみていくと
45kgの人の場合は2.25kg
50kgの人の場合は2.5kg
55kgの人の場合は2.75kg
60kgの人の場合は3kgになります。

すぐに結果を出したいと思う人が多いですが、少しずつ体重を落とすことで、そのあとの苦労が減ると考えればゆっくり進めていく方がいいですよね。

まとめ

女性 ハート 無理無い気持ち
女性としての魅力が1番発揮されるのはBMIが20がベストですね! あくまでもこれは目安なので、目標として掲げるのはいいのですが、無理のないようなダイエット方法を選んでくださいね。あなたの体はひとつしかありません。決して無茶な危険なダイエットはやめましょう。