BMI指数とは?自分のBMI指数を知って自分の体を理解しよう!

BMI指数とは

あなたはBMI指数をご存知ですか?BMI指数とはボディマス指数のことを言います!そもそもボディマスとはなにか??ダイエットにどうかかわりがあるか?あなたの疑問を一緒に解決していきます。

BMI指数って何?

何 BMI指数とは
最初に少し触れましたがBMIとはボディマス指数のことを言います。乳幼児期だとケトレー指数またはカウプ指数とも言われています。 ボディマス指数とは簡単に言うと体重と身長から見る肥満度を表す体格指数と言われています。この指数を出すことでわかることは肥満の度合いということですね!この数字は男女関係なく標準が決まっているのです!

BMIは高くても低くても危ないのはご存知ですか?死亡率が高いとされているBMIの数値は、BMI値が30以上もしくはBMI値が14‐19の人がこれを見てわかるように低すぎても高すぎてもなにかしら私たちの身体に影響があるということは間違いありませんね。

肥満になるとどんなことが起きるかご存知ですか?それは糖尿病や高血圧・脳血管障害や虚血性心疾患などの原因になるとも言われています。肥満の基準を作るにあたって体脂肪などの身体の内部の測定が必要です。しかしこれらを簡単に行う方法はなかなか難しいのが現状です。もちろん体重計の機能はどんどんよくなってはいますが…やはりそれだけではきちんとした数値が出ないこともあるのです。このために多くの人が簡単に判断出来る身長と体重を使った肥満度のBMIが用いられるようになったのです。

逆に痩せすぎな場合もとても危険なのです。がんの死亡率からわかったことがあるのです。それは男性BMI23以下の痩せている方はBMI25以上の肥満の人より高い数値が出ているということ!女性であればBMI14.0~18.9の人はそれ以上の数値の人に比べて1.12倍にもなっています。女性にとってはこれだけではないのです。BMIが17より下になってしまうと、生理不順や無月経、重度の生理痛などの女性特有の症状が出る場合が多いと言われています。これらは不妊などとも関係が深く、女性にとっては大きな問題ですよね。

BMIは低すぎても高すぎても危険なことがあるのはわかりましたでしょうか?

BMIの出し方は?

BMIの計算の仕方
まず自分の肥満度を知りたいと思いますよね!肥満度を表す指標として世界共通で用いられてい計算式は

BMI=体重kg÷身長mの2乗(身長はcmではなくmで計算)

で計算します。計算方法は世界共通ではあります!しかし肥満の度合いは国によって全く異なるのです。世界保健機構の定めたBMIの基準によると30以上を肥満と定められています。

日本肥満学会の基準では
肥満は25以上
普通が18.5以上25未満
低体重が18.5未満
と言われています。

肥満のなかでもさらに分類がされており肥満1~4に分けられています。
肥満1は25~30未満
肥満2は30~35未満
肥満3は35~40未満
肥満4は40以上とこの4段階に分類されています。

低体重の中でもさらに分類がされており1~3に分けらています。
痩せ気味は18.5未満
痩せは17~16未満
痩せすぎは16未満とされていのです。

BMIが22になるときの体重が一番病気になりにくいと言われている状態と言われており、25を超えてしまうとさまざま病気のリスクが2倍以上になる可能性が高いとされていま。BMIが30を超えているなると減量治療を必要とする過度な肥満という状態です。内臓脂肪とBMIは関わりがないため、メタボリックシンドロームの診断基準には入っていません。しかkしメタボリック予備軍を把握する意味で検診などの基準にBMIが使われているのです。

BMIからわかることは?

BMIからわかること 生活習慣
この数値でわかるのは生活習慣の見直しが必要かどうか!BMIごとに気を付けていかなればいけないことをみていきましょう。

■BMIが18.5未満だった人は
痩せと言われたあなたは、まずは胃腸がきちんと正常に働いてますか??いつも下痢気味だったりする場合、体内が元気ではありません。体重を増やすにはまず栄養を吸収する状態を作ってあげましょう。あまりにも下痢などの症状が続いている場合は胃腸障害やストレスの可能性もあります。専門機関などを受診し早めに治療や指導を受けてください!太るにはまず健康な胃と心が必要です。次に食事面で気を付けることは3食きちんと取る生活をしましょう。1日の動いて消費するカロリーよりたくさん食べなければ太れません。まず夕食の量を少しずつ増やしてみてくださいね。

■BMI18.5~25未満だった人は
標準と言われて安心していては危険です。25に近い人はなおさら注意が必要です。この状態をキープするように心がけましょう。ただこの数値で心配なのは隠れ肥満です。これについてはまた別で詳しくお話ししますね。生活習慣の見直しとしはあまり気にすることはないと思いますが、加齢とともに筋肉が落ちていくことで基礎代謝が下がり太りやすくなります。これは誰しも起こることです!そのために日ごろから運動することを心がけることが必要です!意識をするだけで筋肉量を下げずに基礎代謝を今のまま維持することを目指しましょう。

■BMI25以上の人は
基準値を超えてしまったので、肥満と分類されます。生活習慣の見直しが今すぐ必要です。食事はいつもお腹がいっぱいになるまで食べる・時間を気にせず食事をする・脂っこいもの甘いものをよく食べる・全く運動をしないなど当てはまる項目はありませんか??肥満は健康の大敵!健康になるにはまず今の生活習慣をきちんと見直していきましょう!詳しくはこのあと!!

正常なBMI数値になる近道は?

正常なBMI 健康への近道
BMIが高い!とわかったあなたがすることは、健康のためにまずBMIを正常範囲に戻すこと=ダイエットですね。あなたの今の身体は急に太ったりした訳ではありませんよね??徐々に太っていったという過程があります。急激に過酷なダイエットをすれば身体はボロボロになります。徐々に太った分痩せるのも少しずつでいいのです。まずは痩せる努力をする!ということを意識しましょう。結果がすぐ見たくなるのはわかります。ですがそこは焦らずゆっくりやることが、自分の身体の健康を害さずに痩せていくということなのです!
さてここから大事なポイントをいくつか挙げていきます。最初から全部をこなすのは難しいかもしれません。まずは1つでもいいので取り組みましょう。その1歩があなたの将来の健康の1歩だと思ってくださいね!それでは見ていきましょう。

■食生活の改善
■運動不足を解消
■サプリメントなどを有効に活用する

食事面で気を付けることは、3食バランスよく食べること!満腹まで食べないこと!食事の回数を減らすというのは体重の変化はすぐ出ますが。ストレスにより反動で食べ過ぎて太ってしまう可能性がるのでやめましょう。朝昼をしっかり食べて夜を少し軽く済ます程度のイメージ行い、よく噛むこと!もとても大事になってきます。また食べる順番はコース料理を思い出してください。前菜・スープ・主菜・主食などの順番で出てきますよね。これは血糖値を急にあげることなく、なおかつ満足感も得られる食べ方のです。順番としては野菜・お肉やお魚・ごはんと言ったイメージです!

ここで間食がやめられない…という人におすすめなおやつ!それはドライフルーツたミックスナッツ・ヨーグルトやチーズなどの栄養補給も兼ねられるものがおすすめです!だいたい200cal前後で済ましましょう。アイスやケーキなど食べたくなるときもきますよね。その場合は前日などのおやつを我慢して調節しながら食べましょう。食べれなくなることがストレスと感じてしまうとなかなか続かないので自分なりにご褒美を作りながら行うと続けやすいです。ただ毎日がご褒美になってはいけません!!

運動面では、まず普段運動をしていない方が急にジョギングなどをすると身体はついていけません。まずは簡単なところから。駅に行くまでの道のりを歩いてみる・エスカレーターを階段にしてみるそんなことから始めてください。そうすることで少しずつ今まで使われていなかった筋肉が使われます。徐々にそれを増やしていくのです。今まで駅まで遠いなと思っていたのが割とスタスタと歩けるようになってきたら休日など少し遠出のウォーキングを行っていきましょう。
もちろんジムなどを利用するのもいいでしょう。その時はきちんとトレーナーさんに聞きながら自分の筋力にあったトレーニングからはじめてください。心掛けとしては日ごろの中でここで少し運動できるなという所を探してみるのがいいでしょう。

最後にサプリなどの使用!これはとても手軽にはじめられますね。さまざまな会社から代謝をよくするものた脂肪燃焼を促進するものやカロリーカットしてくれるなどが販売されています。もちろん価格もバラバラです。購入するさいは成分や効果など口コミを参考にして自分に合ったものを探してみてくださいね!

隠れ肥満にご注意を!!

隠れ肥満とはBMI値では標準もしくは痩せとされているのに、体脂肪が多い人のことをさします。痩せていても血圧・血糖値・中性脂肪が高めの人は気を付けましょう。BMIは身長と体重から判断するものなので体内のこの3つとは関わりがないのです。隠れ肥満度を知るためには某大学病院の研究チームによる計算式ではウエスト÷身長でわかると言われています。この結果が0.45以上だと隠れ肥満の可能性が高いとうことになります。もちろん病院などの検査で血圧・血糖値・中性脂肪などの数値を計ってもらうことが正確な数値を知ることが出来るので、定期的にこの3つを検査してもらうというのもいいかもしれませんね。

BMIのことわかりましたか?

最後にあなたのBMIはどのぐらいでしたか??自分の身体のことは自分でしか改善が出来ません。BMIは高くても低くてもいいことはないとわかりましたよね。将来の自分の身体のことを考えて、今の自分がするべきことを考えてみてはいかがでしょうか??