ストレッチボードの効果と正しい使い方は?

ストレッチボード 効果 正しい使い方

あなたはストレッチボードの効果や正しい使い方をご存知でしょうか?

ストレッチボードで期待できる効果

ストレッチボート 効果 
ストレッチは道具がなくてもできる、筋肉や腱を伸ばす運動です。しかし、より効果的にストレッチをするためには、道具を使ってストレッチをすることもあります。ここではストレッチボードを使うことで期待できる効果を紹介したいと思います。

足のむくみが取れる

ストレッチボードの使い方は、簡単に言うとストレッチボードの上に乗るだけでただ真っ直ぐな角度で乗るわけではなく、角度がある程度つくので、足関節を柔らかくすることができます。また、アキレス腱からふくらはぎ、太ももまで下半身のストレッチになるので、血流が促進され、老廃物が排出されやすくなります。下半身は心臓から最も遠い位置にあるので、筋力が不足していたり、柔軟性が欠けていたりすれば、すぐにパンパンにむくんでしまうものです。そんな足のむくみに悩んでいるなら、簡単に下半身のストレッチができるストレッチボードを使えばむくみが解消されます。

下半身の柔軟性が高まる

ストレッチボード 下半身 柔軟性 効果
ストレッチボードに乗ることで、ふくらはぎや足首を中心とした、下半身の柔軟性が高まる効果が期待できます。下半身の柔軟性を高めると、体にとっていい効果ばかり期待できます。例えば、ケガの予防・冷え性改善・O脚やX脚の改善・腎臓の働きを促進・高血圧の緩和・血行改善などの効果です。こういった効果は下半身の柔軟性が高まったことで得られる効果になります。特にふくらはぎは第二の心臓とも言われていて、下半身の血液循環の要となる重要な場所です。緊張などで固まってしまったふくらはぎの場合、血液を押し返すポンプ機能が働きにくくなるので、柔軟性をアップさせることは重要なのです。

下半身ダイエットにもつながる

ふくらはぎを中心にストレッチをするストレッチボードは、足のむくみ改善・下半身の柔軟性アップなどの効果があることを説明しました。ふくらはぎは放っておけば筋委縮を起こしやすい筋肉ですが、ストレッチボードに乗ることで筋委縮を防ぐことが可能になります。さらにポンプ機能のふくらはぎを刺激することで、全身の血流促進、代謝アップにもつながります。つまり、下半身ダイエットをしたい人も、全身のダイエットをしたい人にも、オススメなストレッチの方法と言えます。ストレッチボードは小型で、他のフィットネス器具より安い価格で手に入れることができます。お金をかけずに下半身やせしたいなら、最適なアイテムなので、挑戦してみてください。

肩こりの軽減

ストレッチボード 効果 肩こり 解消
肩こりに悩まされている方は、かなり多くいます。そんな肩こりの軽減にもストレッチボードは役に立ちます。足を乗せて使う器具なのに、肩こりに効果があるのは理由があります。それはデスクワークなどで前かがみになって、猫背になった姿勢がよくなるからです。姿勢が悪い人は基本的に血流が悪く、体が固い人がほとんどです。ストレッチボードでストレッチを毎日続けていくことで、血流がよくなり、体のこりがほぐされていきます。さらに柔軟性も上がるので姿勢もよくなるという嬉しい効果が期待できるというわけです。姿勢がよくなると胸を張って呼吸を十分にすることができるので、常に頭はクリアな状態になります。

冷えの改善

冷えは万病の元とはよく聞きますが、筋肉にとっても冷えた状態はよくありません。人間の筋肉はゴムのようなもので、冷えれば筋肉が固まり縮こまり、温まれば筋肉は柔軟に伸縮性にも優れています。冷えた筋肉はこりの原因ともなるので、冷えを感じる人はストレッチをした方がいいと言われています。特にストレッチボードに乗ってストレッチをすることで、広範囲をストレッチできるので冷えの改善には最適です。その範囲はアキレス腱・ふくらはぎ・太もも・腰までで、一度にストレッチできて血流が促進されて、体を温める効果が期待できます。下半身だけでなく上半身も伸ばすことを意識すれば、全身の血行がよくなります。

ストレッチボード 効果 冷え性 改善

美脚とは反対にX脚やO脚で悩んでいるなら、ストレッチボードを使うことをオススメします。その理由は足のトラブルの原因となる症状を緩和できるからです。足のむくみ・下半身が固い・冷えは、美脚には大敵なものです。美脚を目指したいからといって、マッサージすることはいいのですが、マッサージは一時的にむくみや柔軟性、冷えを改善してくれるだけで、効果は長続きしません。ストレッチボードでストレッチをすれば、一気に足全体を効率よく伸ばすことができるので、ストレッチの方法を詳しく知らなくても美脚に近づけます。また、気軽にできる小型の器具なので、ながら運動もでき、毎日続けて行いやすい所が特徴です。

正しいストレッチボードの使い方とコツ

ストレッチボードを使いこなすには、正しい使い方とコツをマスターしておくことがオススメです。以下では、ふくらはぎに効果がある前屈、血流をよくする両膝の回転、ストレッチボードをするベストなタイミングについて、詳しく紹介していきます。基本的な使い方は、まず角度を調整していきます。この時の角度は、いきなり急な角度で設定しないということです。次に直立の姿勢でストレッチボードに、左右のバランスがよくなるように立ちます。その後は前屈や両膝の回転などのストレッチをするようになります。

ふくらはぎに効く「前屈」

ストレッチボード 方法 ふくらはぎ

1.ストレッチボードに乗る前に、地面や床などで準備運動として前屈を行います
2.ストレッチボードの角度を調整したら、1分くらいストレッチボードに立ちます(姿勢は左右にバランスを崩さないように、おしりを出さずに真っ直ぐに立つようにします)
3.息を吐きながら30秒前屈します(反動やいきおいをつけずに行い、体の固さに合わせて角度や秒数を加減します。また、膝は曲がらないように真っ直ぐにします)
4.手を伸ばした方の足を軽く曲げて、片方を伸ばしていきます。左右交互に10秒ずつするといいでしょう。

血流をよくする「両膝の回転」

ストレッチボード 使い方 血流良くする

1.ストレッチボードの角度を調整して上に乗ります
2.軽く膝を曲げて、左右に3回ずつ膝を回していきます
3.3セット行うことが目安です

簡単なストレッチ方法ですが、様々な方向から足を伸ばすことできる方法でもあります。平坦な地面でストレッチするのとは違い、結構つらい動きになります。そのため、最初は無理のない角度から挑戦していくといいでしょう。初心者はバランスを崩しやすいので、気を付けてストレッチしてみてください。

入浴後など体が温かい状態がベスト

筋肉が伸びやすい状態というのは、温まった状態になります。つまりストレッチボードに乗るベストなタイミングは、入浴後などの体が温まっている時になります。入浴はお湯で体を強制的に温めることができる効率がいい方法です。体を温めておけば血流がよくなり、代謝も上がります。さらにリンパ液の流れも自然とよくなるので、体にある老廃物を排出しやすくなります。筋肉が伸びやすい状態でもある入浴後は、より柔軟性を上げられるので、ストレッチするには最適と言えます。入浴後以外で体を温める方法と言えば、ウォーキングやジョギングになります。ストレッチボードに乗る時の自分の状態や都合に合わせて、なるべく入浴後・ウォーキング後・ジョギング後にするようにしてみてください。

使用時の注意点

ストレッチボード 正しい使い方 注意点
初めてストレッチボードに乗る人や、まだ慣れていない人に重要な使用時の注意点を紹介したいと思います。注意点を守ってストレッチボードに乗ることで、体にとっていい効果を期待できるので、効果を早く実感したいなら注意点を守りましょう。以下では、安定した床に置いて行う、呼吸は忘れずに行う、いきなり急な角度で行わないことについて紹介します。なお、ストレッチボードに慣れていない人は、バランスを崩して倒れやすいので、動きを全てゆっくり行うようにしてください。

安定している床に置いて行う

グラグラする場所や柔らかすぎる場所に、ストレッチボードを置いてストレッチをすることは非常に危険です。安全性はもちろんですが、体のバランスを崩してしまうので、安定してストレッチをすることが難しくなります。ただでさえストレッチボード初心者は、バランスを崩しやすいので、安定したかための床などに置いて使うようにしましょう。安定した場所なのか判断するためには、床にビー玉を転がして確認するといいです。不安定な場所に置くと危険なことは分かっていただけましたが、中にはストレッチボードを自分で作る人もいて、そのストレッチボードが不安定ということもあります。自分で作ったものに乗って効果を感じられないときは、市販のストレッチボードを購入した方が良いでしょう。

呼吸は忘れずに

辛い運動の時、慣れない人は呼吸を止めてしまうことがあります。ストレッチボードに乗る時も呼吸は忘れずにするようにしましょう。どんな呼吸が理想的なのかというと、腹式呼吸になります。鼻から息を吸って、口から吐いてという腹式呼吸は、吐く時に交感神経を活性化し、吸う時に副交感神経を活性化させます。副交感神経は体をリラックス状態にするものなので、ストレッチするには最適な呼吸というわけです。慣れないうちは腹式呼吸をすることが辛いかもしれませんが、慣れていくうちに自然とできますので、続けて習慣づけていきましょう。

いきなり急な角度で挑戦しない

ストレッチボード 注意点 使用方法
体が柔軟な人は、どんな動きにも対応できる筋肉を持っていることになります。逆に体が固い人は、筋肉を思う様に動かせず、どんな動きにも対応することが難しいです。ストレッチボードに乗る時は、いきなり急な角度で挑戦しないようにしてください。体が柔軟な人でもストレッチボードに乗ることが初めての場合は、アキレス腱断裂や転倒などの恐れもあるので、ケガ防止のために急な角度で始めることはやめましょう。

編集部厳選!ストレッチ ボード

体の健康増進のためにストレッチボードを使う方が増えています。特にお勧めのストレッチボードを紹介します。

アサヒ ストレッチングボードEV

アサヒ ストレッチングボードEV 【ストレッチグッズ】 【ストレッチボード】 柔軟体操 ストレッチ器具 体の固さに合わせて角度14段階調節可能は角度の設定を簡単に行うことができるストレッチボードです。クッションが付いていますのでかかとが痛くなってしまうこともありません。軽量サイズなので持ち運びにも便利です。

LINDSPORTS 柔軟ボードXO(ストレッチボード)

LINDSPORTS 柔軟ボードXO(ストレッチボード)[軽量/コンパクト/持ち運び楽々/柔軟/アキレス腱/ふくらはぎ]は、90秒間乗るだけでストレッチをすることができる仕様となっています。コンパクトな仕様ですので移動も簡単です。

シェイプストレッチャー 1台3役のストレッチャー ストレッチボード

シェイプストレッチャー 1台3役のストレッチャー ストレッチボード 柔軟体操 ストレッチ運動 ストレッチ体操は体の色々な部分のストレッチを可能にしてくれます。普段お世話になっている父の日のプレゼントに最適です。

げんきいちばん 木製 健康器具 リハビリ ストレッチングボード

げんきいちばん 木製 健康器具 リハビリ ストレッチングボード ストレッチボード ふくらはぎ アキレス腱 ストレッチ 器具 足 腰 グッズ ハイヒール ギフト モデル 立仕事 柔軟 腰痛 むくみ 解消は天然木で作られたストレッチ器具です。自宅の床を傷めにくい仕様です。

ストレッチボード / フィットネスクラブがつくったストレッチボードSB-100

ストレッチボード / フィットネスクラブがつくったストレッチボードSB-100【送料無料】はストレッチトレーナーがプロの観点から開発したストレッチ器具ですので十分なストレッチ効果を得ることができるようになります。

ラ・ヴィ のびちゃん

有名テレビ番組で特集されたことがあるストレッチボードが、ラ・ヴィ のびちゃんです。価格は3,000円ほどで購入しやすい設定で、角度は15度・25度・35度の3段階で調整することができます。角度が決まっているので、シンプルなストレッチボードを求めている人にも最適です。ラ・ヴィ のびちゃんは、裏返して使えば、背中をストレッチすることも可能です。見た目は鮮やかなライトグリーンでおしゃれな感じとなっています。部屋に置いておいても違和感がない所が女性ウケしています。何と言っても購入しやすい価格のため、ストレッチボードを始めようとしている初心者にもオススメです。

まとめ:ストレッチボードで下半身の柔軟性を高めよう

ストレッチボード 効果 下半身 柔軟性

傾きがあるボードに乗るだけなのに、体に様々ないい効果をもたらしてくれるものが、ストレッチボードです。ストレッチボードで、アキレス腱・ふくらはぎ・太もも・腰まで、気持ちよく伸ばして、下半身の柔軟性を効率よく上げてみてください。