ストレッチでダイエット!毎日続けて痩せる体質に!

ストレッチ ダイエット 毎日続ける 痩せる体質

男女年齢を問わず関心が高いダイエットは、できれば簡単な方法でスリムになれるのが理想です今回紹介するストレッチでのダイエット方法は、毎日続けることで痩せやすく太りにくい体質に変えられるような、真似しやすいストレッチを多数紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

ストレッチでダイエット

ストレッチでダイエットをすることは、どんな効果やメリットがあるのでしょうか。継続させるためには、より良い方法を導入して痩せるのが理想です。是非役立てることをおすすめします。

体力や時間のない人もできる

ストレッチはきつい運動や大変なスポーツをすることとは違いますので、忙しい方や運動への苦手意識が強い方でも取り組めます。またゆっくり体を動かしながら基礎代謝を向上させる効果がありますので、真剣に行うことで心身共にリラックスできます。短期的に結果が出る訳ではありませんが、確実に体の内側から体質改善することが可能です。

毎日続けると効果が大きい

継続させることは結果として一番効果的に体に変化を与えます。その場での動きは地味でシンプルであるストレッチですが、体が引き締まることを実感しやすいのが特徴です。空いた時間やテレビを見ながらなど、日常生活に取入れやすく継続させやすい点もポイントとなります。

自宅で取り組むので継続しやすい

わざわざジムへ出掛ける筋力トレーニングや、ジョギングやランニングなどのように屋外で行う訳ではないストレッチは、三日坊主にならずに続けやすいのがメリットとなります。天候や気候にされずに部屋の片隅で取り組めるストレッチは、家事や仕事などで忙しい方でも安心です。

早い段階で効果が実感できる

どうしても効果が実感できないと続けにくくなるのがダイエットですが、ストレッチは早い段階で体の変化が実感できます。無理に食事制限をして痩せる方法のように体重が激減するようなことはありませんが、体が引き締まった感覚やたるみがなくなった感覚は、本人にしか理解できない状態です。早めに効果が感じ取れることで、その後も頑張って続けようとモチベーションが維持できます。

健康的に痩せられる

体の余分な脂肪をゆっくり燃焼させるストレッチは、健康的に痩せられる方法です。体重ばかりを気にしたダイエットではなく、美容と健康に気を配りながら痩せられる方法で、初めてストレッチでダイエットをした方でも、効果を得やすいので安心してスタートできるでしょう。

気になる部分だけを引き締めることも可能

体重だけを減らすようなダイエットの場合、気になる部分の脂肪ではないところから痩せてしまう傾向があります。特に女性の場合は胸から痩せることが多く、思い通りのスタイルを維持できません。しかしストレッチダイエットでは、気になる下半身だけを引き締めるなどの方法が可能で、いわゆる部分痩せが実現します。

ストレッチダイエットをする時間帯

では実際にストレッチでダイエットをする場合には、どの時間帯に行うのが良いのでしょう。同じように行うのであれば、少しでも効果的に成果が出る環境で行いたいと考えるのは多くのダイエットをする方の共通することです。

基本は自分の好きな時間に

ストレッチダイエットを取り組む時間帯は、基本的には自分がやりやすい時間帯がおすすめです。毎日の流れで続けられるように、ルーティーン化させてしまうと良いでしょう。例えば好きなテレビ番組の放送時間に合わせて行うなどと決めておきますと、忘れずにできるというメリットもあります。また疲れた時に行うのも有効なストレッチは、体を軽く動かすことで疲れが蓄積されるのを軽減します。

ウォーキング30分の後

脂肪の燃焼効果が大きいのは、ウォーキングをした30分後です。有酸素運動であるウォーキングは、合わせてストレッチを行うことで、更に余分な脂肪を燃焼させるでしょう。ウォーキングはそれほど長い時間行う必要もなく、30分程度でも十分効果が実感できます。

入浴後に10分

体が温まっている入浴後に10分程度ストレッチするのもおすすめです。新陳代謝が活発に働いている状態であり、筋肉が伸びやすい状態ですので、ストレッチ効果が大きくなります。普段体が硬い方でも、入浴後には思うように体が動かせる場合が多いので、柔軟性を高めたい方には最適な時間帯です。

寝る前に5分~10分

就寝前もストレッチの時間帯としておすすめです筋力トレーニングのようなハードな動きではないので、安眠効果が高まりやすいストレッチは、快適な眠りを維持できる入眠儀式としても取り入れやすいでしょう。

ストレッチをしたらいけない時間帯と理由

一方でストレッチには不向きな時間帯があります。せっかく運動をしてもあまり適さない時間に行うことで、より良い効果が時間できないのでは意味がありません。不向きな時間帯とその理由も含めて紹介しますので、是非ストレッチをする際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

消化のための「食後の30分間」

食事のすぐ後に体を動かすのは危険で、消化不良によって腹痛や吐き気などの症状を感じてしまいます。食後の30分間はストレッチには不向きですので、内臓をしっかり休息させるように食休みをしてから取り組むうようにしましょう。

まだ体が硬い「起床の直後」

朝早起きをして自分の好きなことをするのは、健康にも良さそうな気がします。しかし起床直後は体が硬いので、ストレッチの時間帯としては不向きです。朝の時間帯にストレッチをするのは良いですが、起床の直後は控えるようにした方が安心でしょう。

時間を上手に使ってストレッチを続けよう

ストレッチを継続させようとするのは大切なことですが、時間帯を選んでより効果的に実践した方が結果として、ダイエットの効果が高いはずです。少しでも早く理想の体形に近づくためには、減量効果が高い方法を実行した方が時間を有効に活用できます。限られた時間帯でしかストレッチができない方こそ、時間の使い方を改めて考えるのがおすすめです。

気分や体調が優れない日は控える

毎日ストレッチでダイエットをしていますと、体調や気分が優れない不調な日が現れるかもしれません。しかしそのような日にも無理をしてストレッチをしようとせず、時には休息することも大切です。ダイエットの成功には完璧主義者になって自分を追い込まないことも重要になります。自分自身の体調に耳を傾けて、楽しみながらストレッチでダイエットを続けましょう。

適度な食事管理も合わせると有効

過度な食事制限は不要ですが、遅い時間の暴飲暴食を控えるなどの心掛けは、ストレッチでのダイエットを更に効果的に進めるケアとなります。無理に食べたいものを我慢するようなやり方は危険性が高いですが、少しの心構えが良い結果に繋がりますので、食事の管理への意識も高めましょう。

各部位のストレッチダイエット


各部位に効果的なストレッチダイエット法を紹介します。コリをほぐして痛みや不快症状を取り除く効果も高く、ダイエット以外のメリットも大きいのが特徴です。

首のためのストレッチ

まずは肩の線で水平になるように両腕を上げて伸ばします。次に、手の平が外側に向くように手首を立てます。最後に肩の前後で腕を8の字を描くように回すのが、首の為のストレッチです。パソコンなどのデスクワークで疲れた時にも効果的となります。

背中のためのストレッチ

床にマットなどを敷いて、四つ這いになって肘を床に着けます。次に伸びをするように、両手の平で床をつたって頭の上まで伸ばしていきます。背中が伸びたところで静止して、10秒から20秒そのままの状態で背中を伸ばします。最後にゆっくり元に戻して背中のためのストレッチは終了です。就寝前に布団やベッドの上で行いますと、マットを用意する手間が省けます。このストレッチはダイエット効果だけでなく、適度に繰り返すことでバストアップの効果も期待できます。

二の腕のためのストレッチ

たるみが気になる二の腕は、引き締め効果が高いストレッチでコンプレックスを解消できます。まず両腕を背中の後ろに向かって伸ばします。そのままの状態で両腕を外側から内側に向かって回転させるように振ります。二の腕はダイエットすることで、着られる洋服の幅も広がることからおすすめのストレッチダイエットです。

ウエストのためのストレッチ

まず仰向けに寝て、両手を楽に広げます。この時手の平は上向きにします。両足をそろえて上にゆっくり上げます。次に、両足をそろえた状態でそのままゆっくり右側に倒します。その後体の正面に戻します。続けて反対の左側に同じようにゆっくり倒します。最後に体の正面に戻してウエストのためのストレッチは終了です。くびれにも繋がるウエストのダイエットは、腹部を刺激することで便通を促して便秘解消後悔も期待できます。

腰とお尻のためのストレッチ

腰とお尻のためのストレッチは、まず床に軽く膝を立てて座ります。次に右足をクロスさせるように左足の太ももに乗せます。乗せた右足の膝を両手で抱えるように持ち、胸の方に引き付けます。そのまま10秒間キープしてゆっくり普通に呼吸をします。次に両手を離して 体を後方で支えるように移動します。左膝をもう少し曲げて、右足は組んだままお尻を前方に移動させて、そのまま10秒間キープします。足を組み替えて反対側も同様に行うのが、腰とお尻の為のストレッチです。どちらの部位も下半身を支える重要な役割がありますので、是非日々のダイエットに加えたい種目となります。

足と足首のためのストレッチ

足と足首をストレッチする方法は、床に仰向けになって両足を天井に向けて上げます。この時に背中が痛くならないように、トレーニングマットなどを敷きますと、思った通りのパフォーマンスができます。次にふくらはぎの伸びを感じながら、足首をゆっくり曲げたり伸ばしたりを繰り返します。この動きを10回から20回行って、足を下ろして元の仰向けに戻します。次に両手を横に広げて両足を上に伸ばします。そのまま開脚をして5秒間キープさせます。次に両足のかかとの内側をくっつけて力を入れ5秒間キープします。最後に足を元の体勢に戻してリラックスさせます。この一連の動作を10回程度繰り返しますと、足や足首に効果的です。

ストレッチダイエットは誰でもできる?

ストレッチダイエットを行う場合、どのような方が行うとより効果が得られるのでしょう。誰が取り組んでも効果を得ることは可能なのでしょうか。

男女年齢を問わず取り組みやすい

ダイエットに関する関心は若い女性に限ったことではありません。男女年齢を問わず行えるストレッチダイエットは、家族皆でできる減量法です。本格的なダイエットをするほど体形が気になる方でなくても、気軽に始められるのが大きなメリットとなります。

面倒なダイエットが嫌いな方におすすめ

辛い運動や食事制限をするダイエットには限界がありますが、ストレッチダイエットは面倒なこともなく短時間のストレッチで効果が得られます。今まで様々な方法を試しても長く続かなかった方にこそおすすめで、生活リズムに合わせてルーティーン化できるのが特徴です。三日坊主で嫌になることもなく、良い結果が出るまでコツコツ続けられる楽しさがあります。

リバウンドで痩せにくくなっていても効果が得られる?

ダイエットの仕方は沢山ありますが、何度も痩せることと太ることを繰り返していますと、リバウンドによって痩せにくい体質に変化している場合があります。しかしストレッチダイエットはそのような方の脂肪も燃焼しやすくなり、劇的な変化がなくても体の内側から変化することを実感できます。もう二度とダイエットでリバウンドしたくない方におすすめの方法です。

体質改善にも有効

基礎代謝が向上して脂肪が燃焼しやすくなるストレッチダイエットは、冷え性の改善や便秘解消のほか、気なる姿勢の悪さを正すことができるなど、ダイエット以外の効果が期待できます。普段の生活にストレッチを加えるだけの簡単な方法ですので、特別な時間を設けることもなく進められるのがポイントです。気になる症状や不快感がある方は、ストレッチダイエットで体質改善することをおすすめします。

楽しみながら痩せられるストレッチダイエット

義務的に行う減量は長く続きません。その点ストレッチダイエットは、楽しみながら続けられることから、今まで何度も挫折した方や、ダイエットと無縁だったにも関わらず、急に太ってしまって場合など、その人の用途や目的に合わせて取り入れられるのがメリットです。良い減量方法を探している場合は、ストレッチダイエットで見た目に変化を与えると良いでしょう。

自宅でストレッチダイエットを進めるためにあると便利なもの

ストレッチダイエットは自宅で行う減量方法ですが、自分一人で孤独に頑張るには限界があります。少しでもモチベーションをアップさせながら成果を達成するためには、どのような方法で取り組むのが良いのでしょう。あると便利なものをいくつか紹介しますので、是非揃えてからスタートしてみてはいかがでしょうか。

トレーニングウエア

自宅でのストレッチに専門のトレーニングウエアは必要無いと思われますが、実際には服装を整えてから開始した方が、結果としてより良い方向に繋がるとされています。特に女性の場合は服装こそ重要なポイントで、最近では機能的でお洒落なトレーニングウエアも沢山販売されています。複数揃える必要はありませんが、上下1セットを試しに購入することをおすすめします。

ヨガマットやトレーニングマット

ストレッチは床の上で寝転がりながら行うことも多いので、体が痛くなるのを防ぐために、ヨガマットやトレーニングマットがあると便利です。勿論バスタオルや布団などでも代用可能ですが、滑り止めがあって便利な点や気分的にも鍛えている実感がわくのは、やはり正規品のマットでしょう。ホームセンターなどでも安く購入できますので、ストレッチダイエットをする際には好きなカラーで一つ用意しておくと安心です。

全身がうつる鏡

ストレッチのポージングの確認や、体がスリムになっていく自分を再確認できるのは、自分自身の今をうつす鏡です。全身がうつる大きな鏡がありますと、常に自分の体形を意識して日常生活を送れますので、体形や姿勢に注意を配ることができます。

理想や目標となる人物

ダイエットをする場合には、どのような方法で行う際にも具体的な目標を決めておくと良いでしょう。いわゆる減量目的の場合には目標体重を決められます。しかしストレッチダイエットの場合は、理想となる有名人や目標とする芸能人などを決めておくことで、より自分自身の今後をイメージしやすくなります。

情報を共有できるストレッチ仲間

ダイエットのことを話し合って分け合える仲間がいることは、長くストレッチを継続させる秘訣です。家族や友人と一緒にスタートさせて励まし合うのも良いですが、SNSなどを活用してストレッチダイエットの仲間を増やすのもおすすめです。良い情報を教えてもらえるなどの良い効果が期待できます。

マニュアルやDVD

自己流でストレッチダイエットをするだけでも十分効果がありますが、最近では様々なマニュアル本やDVDが販売されています。何も知識がない初心者でも始めやすく、特にDVDは動画による動きが加わりますので、分かりやすくのが特徴です。沢山の種類を買い集める必要はありませんが、試しに何か用意してみるのもおすすめとなります。

おすすめの「ストレッチダイエット」の本

では実際にストレッチダイエットを継続させるためには、使いやすく分かりやすいストレッチダイエットの本があると便利ですので、ここで紹介します。まだ購入していない方は、是非この機会に検討してみると良いでしょう。

DVD付 姿勢を正してキレイになる 美やせストレッチ 単行本(ソフトカバー)

レッスンを受講するのが難しい人気講師のストレッチが、DVDによって自宅で簡単に再現できるレッスン本です。ほんの付録とは思えない充実した内容のDVDで、本だけでは理化しにくい細かな動きなどもしっかり習得できます。姿勢を正しくしながら綺麗な体形になりたい方におすすめです。

5秒! ストレッチ・ダイエット 日経BPムック 雑誌 2005/4/19

テレビやマスコミでの紹介が多数ある人気のストレッチダイエットで、文字通り1ポーズ5秒だけで簡単に体の柔軟性を高められます。DVD付きの本なので、自宅でも思い通りにストレッチできるのが魅力です。

キレイとかがやきをつくる 美ツイスト・ストレッチ 単行本(ソフトカバー)

短時間捻る動きを取り入れるだけで、簡単に理想の体が手に入ります。DVDは付属されていませんが、見やすく分かりやすい説明が行われていることから、日々のストレッチダイエットで簡単に真似ができるでしょう。

自分に合った本を選んでストレッチダイエットをしよう

様々な種類の商品が販売されているストレッチダイエットの本ですが、最近ではDVD付きの物が多くなっています。購入時にはDVDの有無をしっかり確認して、自分にはDVDが必要であるかを良く考えてから買い求めましょう。本のみでも十分理解できると判断する方がいる一方で、どうしても動画で確認したいという方もいます。自分は必要とする内容が揃っていることを確認してから、ストレッチダイエットの本を手に入れると安心です。

おすすめの入手方法

書店などに自分が気に入ったストレッチダイエットの本がない場合には、店緒で取り寄せをしてもらうとよいでしょう。また便利なインターネット通販で初めから購入してしまうのも一つの手段で、簡単に商品検索や購入手続きができます。是非買い求める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:ストレッチダイエットで無理なくきれいに

いかがでしたか。無理なダイエットは長く続きませんが、ストレッチダイエットは毛一族させやすい気軽さや楽しみながら取り組める内容が凝縮されています。現在の体形に満足していない方は、理想の自分に変身するために是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。