ストレッチローラーとは?おすすめのストレッチローラーを紹介

ストレッチローラー
Young man and woman doing pilates on support roller at modern gym

ストレッチローラーが最近話題ですよね。体の筋肉を良好な状態にするストレッチ。世界の名だたるトップアスリートのウォーミングアップから一般的な健康管理まで、幅広い目的で行われているストレッチは、子供から年配の方まで行える身近な存在です。特に決まった道具を必要としないところが魅力である一方で、適した道具を使用することによって、より集中的に筋肉に働きかけるストレッチもあります。近年では、ストレッチローラーというアイテムが幅広い分野で注目されていて、色々なところで目にするようになりました。そこで今回は、ストレッチローラーの特徴や期待できる効果、おすすめのストレッチローラーなどをご紹介します。

ストレッチ時に使うストレッチローラーの特徴

ストレッチローラーは、名前にある通りストレッチのときに使用する道具です。名前のよく似たものとして、ストレッチポールやヨガポール、フォームローラーやヨガローラーなどがあります。名前だけではなく形も似ているので、どれを使ったら良いのか迷ってしまう方や、どれを使っても同じなのではないかと考える方もいるでしょう。明確に決まっている違いはこれと言ってありませんが、ざっくりと述べるとすれば「長さ」が違っています。ストレッチポールやヨガポールは、細身で長い棒状のものがほとんどです。ミニと先頭につくものもありますが、細身で長い棒状であることは変わりません。フォームローラーやヨガローラーは、短めの棒状のものを言います。ストレッチポールなどは体の背筋などに沿って縦に使用し、フォームローラーなどは体の色々な部分で横に使用する、と考えると覚えやすいでしょう。ストレッチローラーは、フォームローラーやヨガローラーと呼ばれているものと同様です。短めの棒状であることが特徴で、体の色々な部分で横にして使われることが多く、一つ持っていれば色々な部分のストレッチができる優れものですよ。

ストレッチローラーはどんなもの

ストレッチローラーの特徴は、短めの棒状で横にして使用できることはわかりましたが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。短めの棒状と言いましたが、メーカーや商品の目的などによって色々なサイズがあり、中には長めのものもあります。標準的なサイズをあげるとしたら、長さはだいたい30cm、直径は15cmくらいのようです。全体的な形は棒状のものや筒状のものがあり、表面はボコボコしているものや、カバーがかかってなめらかなものがあります。ストレッチローラーの素材によって、クッション性や表面のボコボコの硬さなどが変わるので、選ぶときは使用されている素材や硬さなどをチェックすることが大切です。また、ボコボコの形や大きさで刺激が変わるので、表面の形にも注目するようにしましょう。価格もサイズと同様、メーカーや商品などによって異なりますが、数千円から販売されているので購入しやすいと言えます。メンテナンスが難しくなく、ストレッチなどを行う器具の中ではさほど大きくないので、保管場所や使用場所を考えなくて済みそうです。ホームセンター、デパート、インターネットなど、身近な色々なところで販売されているので、見てみたい方でも購入したい方でも簡単に手にすることができますね。

ストレッチローラーの効果は?


ストレッチローラーが注目されている理由は、購入しやすくコンパクトなアイテムであることだけではありません。ストレッチローラーの効果は見た目以上と言われていますので、期待できる効果を具体的にいくつかあげてみましょう。
・筋膜リリースが簡単にできる
・運動前のウォーミングアップとして筋肉の緊張を和らげる
・筋肉の柔軟性が改善されて関節可動域が広がる
・パフォーマンスやトレーニング効果が向上する
・運動後のクーリングダウンとして血管内の老廃物の排出を助ける
・血液循環やリンパの流れを促進・向上させる
・セルフマッサージで痛みの引き金になるポイントを除去できる
・リラクゼーション効果や疼痛軽減効果が期待できる
・姿勢や内臓の位置を正常化させる
など

ストレッチローラーを使うとどうなるのか

ストレッチローラーは、主に筋膜リリースというストレッチに使用されます。人間の体は、まるでボディースーツのように筋膜で包まれていて、筋膜に不具合が生じると体に悪影響を及ぼしてしまうのです。筋膜の不具合は、何気ない日常生活を送っている状態で引き起こされ、日々の生活でたまってしまった筋膜の慢性化したストレスが、不具合となって現れます。ストレッチローラーを使って筋膜リリースをすることにより、筋膜の不具合を回復させたり、不具合が生じる前に予防したりすることができるのです。具体的な例をあげながら、ストレッチローラーを使うとどうなるのかをご紹介します。

筋肉の可動域が広くなり代謝アップ

ストレッチローラーを使うことで、「筋肉の柔軟性が改善されて関節可動域が広がる」効果が期待できるとありましたね。硬くなってしまった筋膜に、ストレッチローラーをあててローリングし、程良い刺激と適度な圧をかけます。刺激や圧をかけられた筋膜は解きほぐされ、血流やリンパの流れが促進して筋肉が回復し、結果的に筋肉や関節の可動域が広くなるのです。ストレッチ効果だけではなく、代謝アップにも繋がりますので、健康やダイエット効果、アンチエイジング効果も期待できます。基礎代謝や新陳代謝は年々衰えてしまうものですが、ストレッチローラーを使って代謝をアップさせることで、美肌効果や便秘改善なども期待できるそうですよ。

筋膜リリースで肩こり改善や腰痛予防になる


ストレッチローラーは、筋肉または筋膜にダイレクトでアプローチできるので、筋膜リリースに使用することで効果が期待できます。筋膜リリースは、一般的なストレッチでは伸びないような、または伸びが足りないような部分を直接的に刺激して、じわじわと立体的な刺激を与えられることがポイントです。筋膜リリースの効果が期待できるのは、筋膜の癒着などが原因で硬くなってしまった筋肉。筋肉は、日常生活の中で何気なく繰り返している行動により、慢性化したストレスとなってたまってしまいます。例えば、長時間のパソコンなどの作業や車の運転などでの体に悪い姿勢、肩掛けカバンや頬杖などでの非対称の偏った姿勢などです。ちょっとしたことに感じるかもしれませんが、そのちょっとしたことが積み重なることで、コリやハリなどを誘発する筋膜の癒着に繋がります。ストレッチローラーを使い、筋膜リリースで癒着を解きほぐすことにより、肩こりや腰痛などを改善できるばかりか、事前に予防することも可能になるのです。肩こりや腰痛などに長年にわたり悩まされている方や、どうしても悪い姿勢や偏った姿勢を繰り返してしまう方は、ストレッチローラーを使って定期的にケアすることをおすすめします。

おすすめのストレッチローラー

ストレッチローラーの特徴や効果についてご紹介してきましたが、メーカーや商品によって色々なものがあるため、どれを選んだら良いのか迷ってしまうという方もいるでしょう。ストレッチローラーを使った筋膜リリースの基本は、痛みを感じない気持ち良い程度と言われていますので、刺激が強ければ良いというわけではありません。表面がボコボコしているタイプのストレッチローラーは、硬くボコボコしているほど刺激が強いことが考えられます。刺激の強さは自分の体重のかけ方次第で調整できますが、ストレッチローラーを使った筋膜リリースが初めてという方にはなかなか難しいことです。手頃な価格のものを選べば複数の購入も可能ですので、まずは表面のボコボコが小さくてクッション性のあるストレッチローラーを選ぶことをおすすめします。使用する体の部位や目的などによって刺激の強さを調整したいので、複数持っていて損をするということはありませんよ。おすすめのストレッチローラーをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

○ショートヨガポール

長さ33cm、直径14cm、厚さ2.5cmで、材質はEVA。2種類のデコボコがあるので、用途や好みに合った刺激が得られます。名前はヨガポールですが、ショートなので見た目はストレッチローラーと変わらず、収納場所に困りません。カラーバリエーションは、ピンク、オレンジ、グリーン、ブルー、パープルの全5種類あり、選べる楽しさがあります。100kgまで対応可能。
ショートヨガポールを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■普段使っていない筋肉あたりが刺激される
■体があたたまって疲れがとれてぐっすりと眠れる
■大小のデコボコが硬くてイタ気持ちいい
■ぎっくり腰のストレッチとしてお気に入り
■転がすだけで血行が良くなるのがわかる
■仕事の疲れも運動の後もたくさん使え、コリのほぐれを実感できる
■整体や接骨院に通わなくてもすごく楽になった
■安いのに適度な硬さと心地良い刺激が得られる
など
<ネガティブ意見>
■数回で中心が潰れた
■硬くて痛い
など

○GronGフォームローラー

長さ33cm、直径14cm、重量900gで、材質はEVA樹脂。2種類のデコボコがあり、手のひらのような平らな面はマッサージの優しい刺激、指先のようなデコボコの面はコリをほぐす刺激が得られます。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、オレンジ、ピンクの全4種類。筋膜リリースを目的としたストレッチローラーです。
GronGフォームローラーを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■練習のし過ぎで走れなくなって体重が増えたが、4日で1kg減らせた
■指圧効果で足のつりがなくなった
■脇腹のストレッチに本当に効いた
■毎日気軽に使える
■各社EVAの弾力が違うのは心得ていたが、きちんと硬めのEVAで満足できた
■トレーニング後に使用すると体が軽くなる感じで、翌日の疲労がたまりにくい
■硬すぎず便利で、たまった疲れがとれる
■気持ちいい
など
<ネガティブ意見>
■腰骨の下や背骨のあたりをゴロゴロすると痛める
■最初はマットを下にしかないと痛い
■思ったよりもゴツゴツしている
■硬くて腰や背中には加減が難しい
■思った以上に硬くて使いこなせない
など

○FIELDOORストレッチローラーシャープ

長さ33.5cm、直径14cm、重量710gで、材質はEVA樹脂とABS樹脂。3種類のデコボコがあり、指先、指全体、手のひらをイメージさせる感触を再現しています。耐久性に優れているので安心して使用でき、コンパクトサイズで軽いので持ち運びが楽です。カラーバリエーションは、黒とオレンジの全2種類。筋膜リリースに特化していて、スポーツやトレーニングで体を使う方や、無理な姿勢や偏った姿勢をする方などに、セルフケア器具としておすすめですよ。FIELDOORストレッチローラーは、シャープの他にもハードがありますので、連続した特殊突起の刺激が好みという方はハードがおすすめ。
FIELDOORストレッチローラーシャープを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■パソコンで長時間固まった体がほぐれて気持ち良い
■安いけど品質が良く、変な臭いもないし大満足
■ジムに置いてあって気持ち良かったので自宅で使う用を購入
■トレーニング後の筋肉疲労にかなり効いている
■整体治療の先生に聞き、セルフケアで上手にほぐせるようになった
■使い終わると頭が空っぽになって爽快なほど気持ちいい
■大きさや硬さがちょうど良い
■肩こりにも腰痛にもいい
■使いわけられるデコボコがお気に入り
など
<ネガティブ意見>
■腰が悪い方にはおすすめできない
■ちょっと痛い
■ちょっと硬すぎて痛い
など

○KAWASEミニストレッチローラー

長さ30cm、直径10cm、重量70gで、材質はEVA。デコボコとした突起がないタイプのストレッチローラーで、全身のストレッチとリラックスに使用します。とてもコンパクトで、なんと言ってもとても軽いのが魅力です。持ち運びや収納が便利で、無理なく手軽に続けられるストレッチローラーと言えます。
KAWASEミニストレッチローラーを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■思っていたよりも少し硬めでいい感じ
■丈夫で軽く、買って正解
■睡眠前に使うと安眠できる
■風邪で体がこったときに大活躍だった
■価格と収納が良い
■軽いのに潰れない
■デコボコがない分、色々な使い方ができる
■持ち運びが最高
■細くて軽くて使いやすい
■部活のストレッチにはコストもサイズも十分
など
<ネガティブ意見>
■新品による程度だが臭いがある
など

まとめ

いかがでしたか?ストレッチローラーは、手軽に効果的なストレッチやリラックスができる優れたアイテムであることがわかりましたね。手頃な価格で購入できるので、ちょっと興味がある程度からでも気軽に始められるのがポイントです。どんなに良いものでも、なかなか一歩を踏み出せないようなアイテムでは意味がありません。気軽に初めて続けられることを知れば、自分に合ったストレッチローラーを探してみたり、目的に合わせたストレッチローラーの使い方を覚えたりできます。ストレッチローラーには色々な種類がありますので、こだわりのストレッチローラーを探してみるのも良いかもしれませんね。