ストレッチマットのメリットとは?選び方やおすすめ商品を紹介

ストレッチマット メリット

ストレッチマットはストレッチをスムーズに進めるために一つは欲しいフィットネスアイテムです。自宅で体を動かす時には、少しでもモチベーションを維持させるためには、必要なアイテムをしっかり揃えて進めるのが理想です。今回紹介するストレッチマットは、使用するメリットや選び方を知っておきますと、優れた商品を使って満足な運動ができるはずです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ストレッチマットのメリット

ストレッチをする時に床に敷くストレッチマットは、バスタオルなどで代用することも可能な気がしますが、実際には滑りやすくなってしまって思うように体が動かせないなど、代用品にはマイナス面があります。ではストレッチマットを使用するメリットはどこにあるのでしょう。

身体への負担を減らす

クッション性が高いストレッチマットは、使用することで体への負担を減らします。ストレッチをしやすくすると共に、どんな体勢でも体に余分な力を入れることなく、スムーズに硬さをほぐせるようになります。またふんわりと柔らかいストレッチマットは、居心地が良いのが特徴です。

床を傷から守る

床に直接座る場合や、寝転がって体を動かすことが多いストレッチは、ストレッチマットを使用しないままですと、床を傷つける危険性があります。特に賃貸住宅の方は注意が必要で、契約仕方によっては退去時に費用を請求されてしまいます。また分譲住宅の方でも、フローリングを傷つけて得なことはなく、丈夫で長持ちさせる必要がある床を大事に使うことはどんな家でも同じです。

運動しやすくする

ベストなパフォーマンスがしやすくなるストレッチマットは、滑り止め防止の効果も高いので、ストレッチマットがずれてしまう心配もなく思い通りに体が動かせます。運動がしやすい状態でストレッチをするということは、短い時間でもしっかり柔軟性を高めることができるので、美容や健康への貢献度は大きくなります。

気分が高まってやる気が出る

必要な道具を揃えてストレッチをすることは、それだけで気分が高まって効果的です。代用品や床で直接行って体を痛くしてしまうよりも、少し費用を掛けてでも本格的なストレッチマットがあった方が気分を高められます。継続できそうなら買うという方もいますが、先に買ってしまって、無理やりにでも継続させる環境を自ら作り上げてしまうのも良いでしょう。

ストレッチマットの違い

では実際にストレッチマットを揃える場合、どのような違に注目すると良いのでしょう。様々な種理があるストレッチマットは、自分が使いやすいものを探して買い求めるのが理想です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

素材の違い

クッション性に優れたストレッチマットは、ヨガマットと似た部分が多く、素材自体はほとんど同じです。薄めのヨガマットに比べて厚みがあるストレッチマットは、丈夫そうな印象がありますが、どちらも長く使用できる点は共通しています。

厚さの違い

中には2㎝近い厚みがあるものもあるストレッチマットは、衝撃をしっかり吸収して騒音防止にも役立ちます。ヨガマットを2枚重ねて騒音を減らす努力をする方もいますが、厚みが充実しているストレッチマットが1枚ありますと色々な面で重宝します。

形状の違い

素材や厚みだけでなく形状にも違いがあります。マットレスのように折りたたみできるようなものや、ヨガマットと同じように丸めて収納できるものまで様々です。しかし使う際には広げてしまいますので、実際には形状の違いにそれほど大きな差はありません。自分が使いやすいことを最優先して選びますと、自然と欲しいストレッチマットが見えてくるでしょう。

色の違い

好みの色を選んで購入できるストレッチマットは、スタンダードな色味からカラフルなものまで多数あります。様々なメーカーから販売されているストレッチマットですが、どのメーカーの物を購入しても色の展開は豊富で、バリエーションが豊かになっています。自分が好きな色やラッキーカラーなどを選んで、気分が高揚するような環境を整えることをおすすめします。

ストレッチマットの選び方

ストレッチマットは見た目だけで判断して買うのではなく、自分が使用する頻度や目的を明確にして購入しましょう。そのためには、自分がどうしてストレッチマットを必要としているのか、きちんと明確にする必要があります。どのストレッチマットでも同じ…ということではなく、買う前の準備がポイントです。一体どのようにして選ぶと良いのでしょうか。

身長に合った大きさを選ぶ

使用する方の体形が大きく影響するストレッチマットは、大きな体型の方と小柄な方では、同じサイズのストレッチマットを使用していても、一方ではちょうど良い大きさでも、もう一方では大きすぎる場合や小さすぎるなどの不都合があります。そのため、使用する方の体形に合わせてストレッチマットを買いますと、ちょうど良い使い心地が実現します。

目的別に選ぶ

目的も重要なストレッチマット選びは、自分がどんな目標を立ててストレッチマットを必要としているのかを考えると明らかです。例えばダイエット目的でストレッチマットを用意したい場合や、体の柔軟性を固めるためなど、ストレッチをする方の目的は個々に変わります。目的に合わせてストレッチマットを買いますと、使い勝手が良く頻繁に使用することが可能です。

運動量に合わせて選ぶ

人によっては毎日ストレッチをする方もいますが、中には気まぐれに取り組む方もいるでしょう。また長い時間行う方から短時間で済ませる方まで幅広く、運動量にも個人差があります。ストレッチマットを買う際には、使う頻度や運動量も重要な情報の一つとなります。例えば頻繁に使用する方は、厚みがあって丈夫で耐久性に優れたものを選びますと、コストパフォーマンス的にも得ができます。自分がどの程度運動する予定であるかを明確にしましょう。

複数所有して使い分けしても良い

また一つに絞り切れない場合や、自宅用だけでなく職場や実家にも用意したいと考えている方は、無理に一つしか買わないのではなく、複数用意するのもおすすめです。利用する場所に合わせて素材や厚み、カラーなどを変えてセレクトするなど、バリエーション豊かに買い揃えて、ストレッチマットのコレクションを楽しむこともできます。また持ち運び用にコンパクトタイプのストレッチマットを買うなど、自由な使い方が実現しやすいでしょう。

おすすめのストレッチマット

ストレッチマットは、スポーツ用品店やインターネット通販など、様々な豊富で購入することができます。大きさや色の違いに加えて、価格にも違いがありますので良く比較検知宇をして購入しましょう。4つのおすすめストレッチマットを紹介しますので、購入時には是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

フィットネスクラブがつくったストレッチマット

落ち着いたカラー展開で大人っぽい印象になるこの商品は、コンパクトに折りたたみができるストレッチマットです。クッション性に優れていますので、体を痛くすることも床を傷つける心配もなくストレッチができます。

8ミリでクッション性が高いヨガマット

通気性に優れた素材で汗がべたつく心配がないストレッチマットは、ヨガマットとして販売されているものです。丸めてコンパクトに収納できる便利さは、部屋のスペースを有効に使用できる他に、持ち運びする際にも邪魔になりません。気分が明るくなるようなカラー展開の豊富さは、複数買いをしたくなるほど魅力的です。

専用ケース付き 15ミリのヨガマット

厚みがしっかりしたヨガマットですので、ストレッチマットとしても十分使用可能な丈夫さがあります。専用ケースがあることで、見た目にもスタイリッシュな印象のままストレッチマットを持ち運ぶことができます。明るいピンクからシックなブラックまでありますので、好みの色を選んで入手可能です。

アディダス フィットネスマット 専用ケース付き

スポーツブランドの代表的な存在であり、多くのファンや支持者を持つアディダスでは、ストレッチマットとして十分使用できるフィットネスマットを販売しています。マットにもアディダスのロゴが大きくプリントされていますので、気分を高めてストレッチに集中できます。アディダスのロゴ入りで便利な専用ケースは、スポーティな印象を維持してストレッチマットの保管や持ち運びができます。

ストレッチマットの保管方法

ストレッチマットの保管方法については、あまり深く考えたことがないかもしれませんが、使う時以上に保管の仕方によって、長持ちさせられるか否かが変わります。どのようなことに注意しながらストレッチマットを保管すると良いのでしょうか。

日陰干しをする

ストレッチマットの上でストレッチをしますので、当然ですが汗や汚れが付着しています。特に夏場には注意が必要で、不衛生な状態のまま長い期間丸めて保管しておきますと、汗の臭いやばい菌が付着してしまいます。軽く汚れを拭き取ってから日陰干しをすることを習慣にしますと、次に使用する時にも気分良くストレッチができます。また始めようとしてから汚れを落とす掃除などをしていますと、いつまでもストレッチが開始できません。使用後には綺麗にしてから片づけるなどの習慣を自分で身につけましょう。

除菌消臭スプレーを使う

洋服や布製品などに使用できる除菌消臭スプレーは、汗のにおいなども取り除いてくれる優れモノです。ストレッチマットを衛生的に保管するためには、除菌消臭スプレーを使っていつでも気持ち良く快適な使い心地を維持するのが理想です。除菌消臭スプレーはストレッチマット以外にも使用できますので、自宅に無い場合にはこの機会に一つ購入しておくと重宝します。

持ち運びや保管の際はコンパクトにできる

折り畳み式や丸めるタイプなど、商品によって保管の仕方が異なるストレッチマットですが、自宅に保管しておく時だけでなく持ち歩く場合にも、コンパクトにまとめられて便利です。押し入れや戸棚の奥底にしまい込んでしまうのではなく、いつでも使えるようにしておきますと、ストレッチを開始する際にもスムーズです。

劣化が進んだ時には早めに買い替えをしよう

どんなものも長持ちさせることは大事ですが、ストレッチマットは年数の経過と共に劣化が進む可能性があります。これは低価格のものだけでなく高額なストレッチマットでも同じで、使用する頻度や使用環境によっては早い段階で劣化してしまうかもしれません。自宅で使う物はそのままでも良いですが、外へ持ち出すストレッチマットが劣化した場合には、早めに買い替えることをおすすめします。

自分に合ったマット選びをしよう

ストレッチマットはどの商品でも同じではなく、選ぶ商品によって様々な違いがあることが分かりました。マット選びによってストレッチの運動効果も変化するといっても過言ではなく、自分に合うものをセレクトすることが大事です。ここでは、ストレッチマットを買う際の注意点を紹介します。

価格だけで判断しない

高額なストレッチマットが全て優れているとは限りませんが、あまり安価なストレッチマットの場合には、早く劣化してしまうなどのデメリットが心配されます。しかし短期的に必要なだけなので、安いもので十分であるというような方ですと、安い商品でも問題ありません。価格と使いやすさ、品質などを考慮してストレッチマットを選びましょう。

選ぶマットでその人のセンスが出る?

好みの色を選んで買うストレッチマットは、その人自身の現在の心境や考えなどのほか、センスが問われる洋服選びに似た感覚があります。カラフルな色遣いのストレッチマットも沢山ありますので、用途や目的に合わせてテンションがアップするような、普段は選ばない明るい色を選ぶのも良いでしょう。それほど高額な商品ではないので、思い切ったデザインに挑戦できる良いチャンスです。

まとめ

いかがでしたか。ストレッチマットにそれほど重要性を感じていなかった方でも、この機会に新しいものを買い求めるのも良いチャンスです。道具一つで気分を高めて体を動かせるようになりますと、義務的に行っていたストレッチでもマットの存在によって、楽しみながら運動できるようになる可能性があります。良いストレッチマットを探して、美容や健康に有効なストレッチを長く続けてみてはいかがでしょうか。