ストレッチで疲労回復!疲れた体を回復させる簡単なストレッチとは?

疲労回復 ストレッチ

ストレッチで疲労回復はできるのでしょうか?疲労が蓄積した状態では思うように作業ができる集中力が維持できないなど、様々な弊害が訪れます。疲れを溜め込まないようにするためには、普段から疲労を回復させる方法を知っておくことが大事です。今回紹介する簡単なストレッチ方法は、その日の疲れをその日に解消したい時に役立つ回復法で、多くの方に役立つ内容です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

溜まった疲れにストレッチが効果的なわけ


疲れにも様々な種類がありますが、蓄積された疲れを効果的に解消するためには、ストレッチが有効です。激しい運動やスポーツで汗を流した方が効果を感じられる印象ですが、実際には自宅でできる簡単なストレッチのほうが疲労回復には良いとされています。ストレッチが効果的な理由はどこになるのでしょう。

リラックス効果がある

ストレッチは体の緊張をほぐす効果がありますので、心拍数が下がって心身共にリラックスできます。特に副交感神経の働きに効果的なストレッチは、就寝前に行いますと良質な睡眠を得られます。この時間帯に筋力トレーニングなどハードな運動をしてしまいますと、かえって眼が冴えてしまって質の良い睡眠が得られません。ストレッチにはリラックス効果がありますので、疲労を回復させるには最適です。

体が軽くなる

肩の痛みや腰の重みなど、疲労が蓄積される部分は人それぞれで度合いも異なります。しかしストレッチをすることで血流の促進が可能となり、体の柔軟性が保たれます。今まで重苦しかった肩や腰も軽くなって、気分も明るく前向きになります。ストレッチは体だけでなく心も軽くする効果が期待できます。

習慣化することで気持ち的に楽になれる

ストレッチをすることで何度も疲労が回復できた成功体験をもっていますと、ストレッチを少し行っただけで、精神的に安心して安定できる力があります。もちろんストレッチそのものの効果が大きいですが、ストレッチをした自分にはもう疲労感がないと脳が判断しますので、早い段階で疲労が回復できます。

こまめに体を動かす習慣は疲労物質を停滞させない

疲れすぎてしまうと体の動きが鈍くなって、更に体が疲れてしまうという悪循環に陥った経験を持つ方は多いでしょう。しかしこまめにストレッチで体を動かすことで、疲労に直接つながる体内の物質が停滞しなくなりますので、疲れが溜まらない体に少しずつ変えられます。疲れないように気を付ける…といっても難しいことですので、疲れてしまっても早めに対策できる知識や体制を整えておくことは大切です。

疲れた体を回復させる簡単なストレッチ

実際にストレッチをする場合には、どんな方法で取り組むと良いのでしょう。特別用意するものもなく、難しい動きもないストレッチは、運動神経に自信がない方でも体を動かすきっかけになります。疲れた体を回復させる簡単なストレッチには、どのようなものがあるのでしょう。

ベッドの上でできる全身のストレッチ


ベッドの上でできるストレッチです。就寝直前に行う入眠儀式として取り入れますと、質の良い睡眠を毎晩維持できます。やり方は、仰向けになって全身の力を抜きます。そのまま両腕を思いっきり頭の上に伸ばします。この時につま先は下に伸ばします。これだけ?と思う内容のストレッチですが、全身の緊張をほぐして安眠できることは確実です。

疲れた腰に効くストレッチ

疲労が腰に出やすい方におすすめのストレッチです。正座をして両手を前に伸ばして、床につけます。腰を後ろに引いて体を前へ倒し、背中と腰を伸ばします。長時間同じ姿勢でいる方や車の運転時間が長い方におすすめで、その日の疲れをその日の間に解消できます。

両足のストレッチ

立ち仕事の方や長い時間歩いた日に取り組むと良いストレッチです。やり方は、両足でつま先立ちを20秒します。片足ずつつま先立ちを20秒します。この時に壁に手をついてバランスをとっても構いません。無理をせずケガに注意して行いましょう。これを2セットずつ行いますと、足に溜まった疲労が解消されますので、むくみを防止できるでしょう。

デスクでできる肩のストレッチ

ストレッチは日常生活のあらゆる場面に組み込むことができます。デスクワークの方やパソコン操作が多く目の疲れが気になる方は、肩のストレッチをデスクで行う習慣を身につけましょう。まず肩をあげて3秒キープします。その後肩を後ろに回しながら下げます。これをセットで3セット行いますと、気分をリフレッシュして作業への集中力も回復できます。

首こりに効くストレッチ

肩だけでなく首も凝りやすい部分ですので、ストレッチ方法を覚えておきますと大変役立ちます。最初に右手を左耳のあたりに当てて、そのまま引くようにして右に傾けます。5個の状態を5秒から10秒ほどキープします。同様にして右や斜め前、前や手を変えて左斜め前、更に左の順で各方面へ傾けるようにしますと、左右バランス良く首のコリを解消できます。

ストレッチをするときのポイント

ストレッチは簡単に疲労を回復できる手段ですが、いくつかのポイントを押さえて行った方が更に効果的です。一体どんなことに注意すると良いのでしょうか。

ストレッチする時は息を吐きながら

ストレッチの時はどうしても体をほぐして伸ばすことなどに神経が集中しますが、呼吸についても意識をすることが大事です。息を吐きながらストレッチをしますと、緊張がほぐれて体の柔軟性が加わります。ストレッチの時には体の動きだけではなく、呼吸にも意識を傾けて疲労を回復させることが望ましいでしょう。

リラックスしやすい環境で行う

ストレッチは緊張をほぐして疲労を回復させるために有効な手段ですので、ストレッチをする場合はリラックスしやすい環境で行いましょう。例えば就寝前や入浴後など、これから何かをしなければいけないような緊張状態の時ではなく、あとはゆっくり過ごすだけ…という時間に行った方が効果的です。効率の良いストレッチは、取り組む時間帯にも配慮が必要です。

ストレッチグッズを上手に取り入れる

ストレッチは道具なしでできる手軽さが良い点ですが、時には便利なストレッチグッツを使って体をほぐしましょう。例えばバランスボールが1つ用視されているだけでも効果的で、楽しみながら体を動かして疲労を回復させられます。自宅にあるものを使用するのも良いですが、この機会に新しく買い求めるのもおすすめです。様々な種類があるストレッチグッズは、選ぶ楽しみもあるのでリラックス効果が高まります。

ストレッチでの疲労回復効果をさらにアップさせるコツ

スチレッチをすることで、溜まった疲労を解消できることや早い段階で疲労回復できることが分かりました。ではその効果を更に高めて日常に活かすためには、どんな工夫をすると良いのでしょうか。

専門のジムに通ってストレッチのスキルを高める

筋力トレーニングのジムとは違い、ストレッチ専門のジムが全国各地で運営されています。自己流でのストレッチでも十分効果的ですが、その人個人の症状に合わせて専門スタッフが指導してくれるストレッチ専門のジムは、更にストレッチに関する知識や技能を高めるきっかけになります。興味はある方は、自宅近くなど通いやすい範囲で施設を探してみてはいかがでしょうか。

1日の締めくくりに楽しみを残しておく


ストレッチで疲労が回復できるだけでも十分ですが、その日の夜に楽しみが残っているなどのワクワクする気持ちは、疲労を蓄積させることなく喜びの感情を大きくします。楽しみや喜びは人それぞれですが、好きなスイーツを食べるとかお酒を飲むなどのほか、好きな映画やドラマのDVDを見るなど、ささやかなことでも十分効果的です。ストレッチで疲労を回復させると共に、自分なりに疲労が溜まらないような生活の工夫が求められます。

あまり我慢をしすぎないようにする

疲れやすい方の特徴は、真面目で頑張り過ぎてしまう方に多く、自分にも厳しいためにどんなイ頑張ってみ自己評価がアップすることがなく、更に頑張ってしまうというスパイラルに陥ります。疲れた体のままですとストレッチの効果があまり浸透しなくなり、風邪などのウイルスに感染しやすくなりますので注意が必要です。時には思い切って休んでしまうなど、自分を解放させる時間をつくって自分自身を労わりましょう。

栄養面にも配慮して健康維持

ストレッチを食事面での関わりはそれほど深くなく、特に気にする必要はありません。しかし現代人は美容や健康への意識が高く、普段から健康に気を配った食生活をする方が多いです。そのため、栄養バランスに気を配る習慣が普段から身についている可能性が高いでしょう。無理な食事制限やカロリーカットなどはしないようにして、普段通りに食事を楽しみますと、溜まった疲れも解消できます。しかし暴飲暴食などの食生活が習慣化している方は、胃腸への負担が疲労に繋がりますので控えましょう。

憧れの人のまねをしてポジティブな考えを維持する

誰もが疲れずに生活できるわけではありません。いつでも前向きでポジティブな方の多くは、疲労との使い方が上手で適度な距離間で疲れと関わっています。そのようなことができるようになるのは難しいですが、いつも疲れを表に見せない憧れのあの人みたいになりたい!と思う気持ちは疲労感を打ち消すきっかけになります。この機会に疲れを溜め込まない工夫をして生活してみるのも良いでしょう。

まとめ:疲れた体をストレッチでリフレッシュ

いかがでしたか。ストレッチは疲労を蓄積させることなく、適度にリフレッシュできる行動であることが良く分かりました。今まで疲れがたまっていても、蓄積した疲労の回復方法が見出せずにいた方は、ストレッチの効果の大きさを自ら実行することで体感することをおすすめします。是非参考にして、ストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。