おすすめのストレッチ方法!寝る前のストレッチで快眠とダイエット効果を!

寝る前にストレッチをしてからベッドに入ることで、質の良い眠りが得られるだけでなくダイエット効果も期待できるようです。今回紹介する睡眠前のストレッチは、美容や健康効果が高くおすすめの方法になります。楽をして健康で美しくなりたい方必見のストレッチ方法は、どのようなものなのでしょう。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

寝る前にストレッチで快眠とダイエット


寝る間に何かをすると興奮して眼が冴えてしまう…という話を聞きますが、ストレッチの場合は良い睡眠を得られる方法になります。また睡眠の質が高まることでダイエット効果も期待できますので、興味がある方は早速実践してみてはいかがでしょうか。

足痩せのストレッチの方法


足のむくみを解消して足痩せが期待できるストレッチは、ふくらはぎを中心にストレッチすることです。立っている時間や椅子に座っている時間が長い場合、どうしても老廃物や余分な水分がふくらはぎに滞留してしまいます。体を動かすことで再び滞りが解消されますが、多くは体の中に蓄積された状態になってしまうため、体がむくんで重苦しくなってしまいます。足痩せを望む場合は、ふくらはぎを中心にストレッチすると良いでしょう。

お腹痩せストレッチの方法


お腹をスリムにしてお腹痩せを実現させるためには、腹筋をつけることです。就寝前ですのでそれほど激しいストレッチは興奮してしまいますが、スタンダードな腹筋運動ならそれほど負担になりません。腹部を鍛えることで筋力がアップして腸の働きも活発になります。腹筋運動による外側からの刺激と腸の働きが活発になって便秘が解消される内側からの刺激によって、腹部のスリム化が実現します。

快眠できるストレッチの方法

良質な睡眠とはただ長い時間眠れば良いというわけではありません。どんなに長い時間眠っても体のだるさが抜けていないのでは意味があります。その一方で短時間でもしっかり眠って寝起きがスッキリしていることもあります。質の良い睡眠は眠った時間の長さではなく、内容が重要視されます。快眠できるストレッチをすることで質の良い睡眠は手に入ります。眠る前なので簡単な方法のストレッチがおすすめになります。例えばベッドの上で仰向けになって手足をぶらぶらさせるだけでも十分効果があります。緊張をほぐして血流を良くしますので、自然な入眠が実現します。

背中の肉を落とすストレッチの方法

ストレッチはダイエット目的でも活用できます。背中の肉を落とすストレッチは、脂肪がつきやすいけれど落としにくい部分を集中的に鍛えます。食事制限などのダイエットでは落としにくい背中の肉は、後ろから見た姿を印象づける重要性があります。ストレッチのやり方は様々ありますが、短時間でスッキリできる方法は、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんのようなポーズで背中の脂肪を落とすストレッチです。仰向けになって床に寝た状態から手足を曲げて体を丸めます。その状態から再び手足を伸ばして背中を伸ばします。子のストレッチ方法は、短時間でできますので寝る前の安眠ストレッチとしてもおすすめです。

食欲を抑えることのできるストレッチ方法

美味しいものを食べることが大好きな方に朗報です。食べたいものを我慢することなく、ストレッチで食欲を抑えることができます。食欲を抑えられるようになりますと、食べ過ぎた罪悪感から再び食べ過ぎてしまうという悪循環から解放されます。様々な方法がありますうが、腰をひねるやり方や横になって上半身をひねるなど、胃腸がある部分をストレッチで刺激するのが効果的です。日常的に行っておくと共に、食事前にストレッチするようにしますと、より一層効果が実感しやすくなるでしょう。

ストレッチダイエットの効果

ストレッチでダイエットをすることは、どのような効果があるのでしょう。ダイエットには数多くの種類があり、時代と共に流行するものやブームとなるものもあります。しかし一時的に痩せるだけの方法や体重が減るだけのダイエットでは意味がありません。体の内側から綺麗に美しく痩せられるストレッチダイエットはどのような内容なのでしょう。

ストレッチで痩せやすい体作り

ストレッチは激しい筋力トレーニングや汗をかく運動ではないので、体力や運動能力に自信がない方でもできます。こまめに体を動かす習慣が自然と身につきますので、脂肪燃焼しやすい体づくりが実現します。脂肪が燃焼しやすいということは、日常的に脂肪が燃えている状態が維持されて、少しに運動でも簡単に脂肪が燃焼される体質になれなす。体の内側から変えられるのは、食事を減らしや不健康なダイエットでは難しく、見た目が細くなるだけで終わってしまいます。体質自体を変えてダイエットしたい場合は、ストレッチがおすすめです。

血行を良くして美肌効果もアップ

新陳代謝が活発になるストレッチは、血行促進効果がありますので冷え性を改善できます。夏でも冷えた状態の方が多い現代では、一日中冷房の部屋にいて汗をかかずに過ごすなど、血の巡りが悪くなる生活が習慣になっているケースも珍しくありません。しかしストレッチで血行を良くしておきますと、肌の色も綺麗になって美肌が保たれます。お化粧などで誤魔化そうとすることで、かえって肌の状態を悪くしてしまうこともあります。美肌をキープしたい場合には、ストレッチで肌の調子を整えてみましょう。

むくみを解消してセルライトの原因をなくそう

セルライトはむくみや脂肪の増減などによって肌の表面にできるひび割れのような症状で、太ももなどにできることから、洋服に隠れてしまうのでそれほど目たちません。しかしセルライトができるということは、体の中がむくんでいる証拠になります。しかし体のむくみもストレッチで解消できますので、気になるセルライトも少しずつ気にならなくなります。またむくんだまま放置しておきますと、下半身だけでなく体全体が重苦しく感じてしまい、日常生活にも影響がでます。むくみはストレッチで蓄積させないようにしましょう。

不快なコリを解消してストレスフリーに

ストレスの原因にもなる肩こりや腰痛は、ストレッチで上半身の血流を良くして腰回りの動きを柔軟にしますと、不快な症状から解放されます。不快な症状がいつまでもあることで体の動きがにぶくなり、結果として肩や腰が凝り固まってしまうという悪循環が生まれます。ストレッチによって凝りやすい箇所である肩や首、腰などを柔らかくしておきますと、痛みや不快な症状とは無縁の時間が過ごせるようになります。

呼吸が楽になり代謝もよくなる

ストレッチでは呼吸にも注目して取り組むことから、日常生活でも代謝に効果的な呼吸ができる習慣が身につきます。呼吸はストレッチダイエットの効果を高める大きなポイントで、基礎代謝の向上や新陳代謝の活発化など、特別なことをしなくても体の内側から自然とダイエットできる体質に改善可能です。

ダイエットをすることで得られるメリット

男女年齢を問わず注目されることが多いダイエット法ですが、多くの方がダイエットをすることで得られるメリットはどこになるのでしょう。これから何か新しいことを始める予定の方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

なりたい自分になれる


目指す目標がある場合や今の自分から脱却したいなど、ダイエットをする目的の多くは、目指す自分がある場合がほとんどです。ダイエットをすることで少しでも近づけるようになりますと、それだけでもダイエットをした意味が加わります。理想は高すぎるぐらいがちょうどよく、モチベーションを維持してダイエットができるはずです。

目標を達成する満足感が得られる

自分は立てた目標通りに行動できた時の達成感や満足感は大きく、ダイエットはそのような感情を存分に体験できる可能性があります。何か一つのことに取り組む姿勢は重要で、たとえ目標を達成するまでに時間が掛かっても、必ず自分にプラスとなる出来事が沢山あるはずです。

ダイエットをとして知識が増やせる

スチレッチでのダイエットをはじめ、数多くのダイエット法があります。仮にこれからダイエットを使用と考えた場合、ダイエットに関する情報取集から始まります。その中から自分に合う方法を選んで、選んだダイエット法について更に詳しく調べます。自分で興味を持って調べたことは、自然と記憶に残って知識として人に教えられるくらいまで詳しくなるかもしれません。いざ新しいことを学ぼうと思っても難しいですが、ダイエットをすることでダイエットそのものだけでなく、栄養に関することにも詳しくなれます。

洋服選びが楽しくなる

体がスリムになれるダイエットに成功すると、服装の選び方が変わります。今まで体形をカバーする洋服選びをしていた方でも、自分が本当に着たいものを身につけられます。また今まで選ばなかったような明るい色の洋服に挑戦する勇気がもてるなど、生活そのものにも様々な変化が生まれます。

出掛けることが楽しくなってアクティブに行動できる

ダイエット前はインドア派だった方でも、ダイエットをして変われた自分に自信が持てるようになります。その結果、好きな洋服を着て外に出掛けることが楽しくなり、行動範囲や交友関係まで大きく変わることもあります。ダイエットはその人自身の生活や人生を大きく変える可能性を持った強い影響力の持ち主です。

まとめ:ストレッチで痩せやすい体を作ろう

いかがでしたか。ストレッチを日常生活に取り入れますと、安眠やダイエットなど様々なことに良い影響を与えることが分かりました。無理な食事制限や運動など、今までどんなダイエットをしても痩せずにいた方は、ストレッチを普段から行う生活習慣にシフトチェンジすることをおすすめします。痩せたいと考えている方は継続して続けてみてはいかがでしょうか。