ストレッチは毎日続けたほうがいい?効果的な時間とやり方!

計画 継続 ストレッチ

ストレッチは毎日続けた方がいいの?そんなことを疑問に思ったことはありませんか?ストレッチをすることは、美容目的や健康維持に他にダイエットのためと様々ですが、思うように継続できない場合もあります。しかし毎日続けることでより効果が得られるストレッチは、どのようにして生活に溶け込ませることができるのでしょう。今回はストレッチの効果的な時間の取り方を紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ストレッチを毎日続けたときの効果


毎日続けることで効果が高まるとされているストレッチですが、一体どんなメリットがあるのでしょう。これからもモチベーションを維持して継続させるためには、知っておいて損がない内容です。是非今後に活用させることをおすすめします。

体が柔らかくなる

継続は力なり…という言葉がありますが、毎日続けますと、その言葉通りにストレッチは体を柔らかくする効果があります。元々それほど硬くない方だけでなく、体が硬いことが悩みやコンプレックスだった方でも、柔軟性を維持した体つきになれるのが毎日のストレッチです。時々行うのも何もしないよりは高い効果が期待できますが、やはり毎日コンスタントに続けることは一番効果的になります。ストレッチをする目的は人それぞれですが、体を柔軟にしたい場合には特に毎日行うのがおすすめです。

睡眠の質が向上して健康な体作り


スチレッチは体を外側から改善するだけのものではありません。睡眠の質を向上させる効果があるストレッチは、質の良い眠りを手に入れられる安眠効果が期待できます。不眠気味の方や寝つきが普段から良くない方など、睡眠に関する悩みの解消法はあまり知られていません。しかしストレッチを就寝前に軽く行いますと、ぐっすり眠れることが期待できますので、入眠儀式としておすすめです。また睡眠の質が高まることは、何よりも健康維持に貢献します。どんな鋭意サプリメントよりも効果的な質の良い睡眠は、毎日のストレッチで手に入れて、健康的な体づくりを心掛けましょう。

リラクゼーション効果

ストレッチには心身共に癒されるリラクゼーション効果があります。人それぞれ癒しのポイントやリラックスできる環境は違いますが、緊張がほぐれてリラックスできるストレッチは、毎日継続させることでその日1日を締めくくる儀式のようなものになります。特別変わった環境に身を置かなくても、多くの人が普段の生活で想像以上に緊張した状態で生活しています。そのため1日をリセットして疲れを癒して楽になるためには、ストレッチのリラクゼーション効果を大いに活用することをおすすめします。

毎日のストレッチの効果的な時間とやり方


ストレッチを毎日続けるためには、自分なりに継続できる工夫をすることが重要です。自分の生活パターンを考えて設定しますと、無理なく生活の一部にストレッチを加えられます。今まで思うように継続させられずに座質した経験がある方は、是非この機会に最適なメニュー作成方法を学んでみてはいかがでしょうか。

簡単にできる朝ストレッチのメニュー

忙しい朝ですがストレッチをする時間の余裕があるのが理想です。毎日継続させるためには、やることを増やさずに忙しい時間でもサッと取り組めるストレッチを入れると良いでしょう。長い時間眠っていたことを考えますと、体のしっかり伸ばして目覚めを良くした方が効果的です。布団やベッドの上に寝たまま、両手を掴んで思い切り上に伸びるような動作をします。この時同時に両足も下に伸ばすようにしてストレッチしましょう。朝は慌ただしいのでこのストレッチだけでも十分効果的です。慣れてきて継続できるような場合や、休日で時間に余裕がある場合には、もう少しストレッチのメニューを増やしても良いでしょう。

リラックスできる夜ストレッチのメニュー

生活パターンにもよりますが、多くの方がリラックスできるのは夜でしょう。仕事夜学校から帰宅して、家事がひと段落するなど、落ち着いた気持で過せる夜はゆっくりストレッチに時間を費やせます。お風呂上りや就寝前など、体が温まっている状態でストレッチをしますと体がほぐれやすくなって、一層効果的です。前屈などのストレッチが特におすすめで、深呼吸をしっかり行いますと、体が硬い方でも前屈しやすくなります。特に就寝前にストレッチをする習慣を身につけておきますと、寝つきが悪い方でも毎日ストレッチをするという入眠儀式によって、スムーズに深い眠りに入れます。眠りに関する悩みがある方は、夜のストレッチメニューに工夫をするのがおすすめです。

フェイスラインのストレッチメニュー

ストレッチは上半身や下半身などの体に関する内容だけではありません。気になるフェイスラインにストレッチにも効果的で、今まで骨格のせいだと諦めていたフェイスラインを引き締めることができます。顔の大きさが明らかになるフェイスラインは、見た目の印象を変えるのは勿論ですが、自分自身の顔写真を撮影する機会が多い現代人にとっては、写真写りも左右する重要性があります。フェイスラインのストレッチ方法は、あいうえおと大きく口を開けて顔の筋肉を動かします。日常生活では思った以上に動かしていない表情筋を鍛えて、たるんだフェイスラインや左右のバランスが悪いフェイスラインを整えます。また舌回しもおすすめで、口を大きく開けて舌を左右や上下などに自由に動かします。

毎日ストレッチの注意点

では実際に毎日ストレッチをする場合みは、どのようなことに注意すると良いのでしょう。注意点をしっかり押さえてから行った方が効率良く進められますので、時間を無駄にせずストレッチと向き合って充実させられます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

反動をつけたストレッチをしない

ストレッチをする場合の注意点として基本となるのが、反動をつけたストレッチをしないということです。体を動かすストレッチの場合、どうしても勢いや反動で体を動かしてしまいます。しかし息を吐きながら行うことで体の柔軟性が維持されますので、勢いや反動がなくても思い通りに体が動きます。ストレッチは体の動かし方にも注意が必要です。

強く痛いストレッチをしない

ストレッチは痛くなってしまうような頑張りは不要です。多少の痛みは必要ですが、痛いと気持ち良い感覚の中間ぐらいまでが基本で、強くて痛いストレッチは効果が半減するどころか、あまり期待できません。せっかく時間を掛けてストレッチしたにも関わらず、正しい方法でできていないのでは意味がありません。強さや痛みの加減に注意してストレッチしましょう。

こまめな水分補給


ストレッチをする時に忘れてはいけないのは水分補給です。これは夏場など暑い時期だけではなく、年間を通してストレッチをする時には欠かせないアイテムとして考えましょう。喉が渇いていない状態でもこまめに水分を補給することは重要で、利尿作用が高まりますので余分な水分や老廃物が排泄されやすくなります。その結果むくみの予防や改善にも繋げられますので、ストレッチをする際には水分を用意して体を動かしましょう。おすすめは水やミネラルウォーターで、甘いジュースなどは適していません。

硬いところだけのストレッチをしない

毎日ストレッチをする場合、硬い部分だけをストレッチする方がいますが、それではあまり良い効果が期待できません。硬い部分を早く柔らかくして柔軟性を高めたい気持ちは分かりますが、硬い部分以外もトータルでストレッチして初めて良い効果に繋がります。気になる硬い部分をストレッチしたい場合は、それ以外の部位も含めてストレッチで柔らかくしましょう。

あると便利なアイテムを揃えてストレッチを毎日続けよう

ストレッチを毎日続けるコツは、自分が気に入ったアイテムを買い揃えて取り組むことです。一体どんなものあることで、モチベーションを維持してストレッチができるのでしょう。

クッション性が高いストレッチマット

ヨガマットのような見た目のストレッチマットは、ヨガマットよりも厚みがしっかりしていてクッション性が高く、安心して使用できるおすすめのアイテムです。就寝前にストレッチをする方の場合、ベッドの上や布団の上で行うので必要ないと思うかもしれませんが、今後様々なメニューを増やす可能性を想定しますと、ストレッチマットは一つ用意しておくと重宝します。

水分補給用のボトル

こまめな水分補給が大事なストレッチの際には、集中力を遮らないで水分補給ができる専用ボトルがあると便利です。コップの場合には中身をこぼす危険性があり、ペットボトルですと蓋の開閉に時間が掛かります。そのためストロー型のボトルをストレッチ専用に用意しておきますと、コップのようにこぼす心配がなく、ペットボトルのように蓋の開閉に時間を掛けず素早く水分補給できます。ストレッチの際にはこまめな水分補給は欠かせませんので、ボトルにもこだわって環境を整えましょう。

全身がうつる鏡


姿勢を正しくする目的でも使用されるストレッチは、今の自分を客観的に把握できる鏡の存在がポイントです。小さな鏡では分からない全身が見られることで、改善すべき点や良くなってきた点をきちんと確認できます。ヨガなどとは違いポーズを確認しながらストレッチする必要はありませんが、普段から全身がうつる鏡で自分の姿勢を確認する習慣は大事です。もしまだ持っていない場合には、今後も様々な用途で使用できますので、この機会に安い姿見を用意することをおすすめします。

まとめ:ストレッチは毎日続けることが効果的

いかがでしたか。毎日続けることで確実に効果が得られるストレッチは、様々な注意点やポイントに気を付けながら取り組むのがおすすめです。これから始めようとする方だけでなく、現在ストレッチをおこなっている方にとっても役立つ内容だったと思われます。美容や健康に効果的なストレッチに興味がある場合は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。