背中のコリに効くおすすめのストレッチ!

背中のコリに効くストレッチ

背中のコリに効くストレッチをご存知ですか?肩こりや首のコリと同じように背中が凝ることはあまり知られていません。しかし背中のコリを安易に考えますと、様々な健康や美容への影響が考えられます。あまり馴染みがない背中のコリですが、今回紹介するお勧めのストレッチを参考にして、是非気になる症状に役立ててみてはいかがでしょうか。

背中のコリを放っておいて起きること

安易に考えられえて放置されやすい首のコリですが、放っておいて自然に治るのなら問題ないのですが、多くは他の様々な症状を引き起こすきっかけになります。一体どのようなことが体の中で起こるのでしょう。

老廃物がたまってゆく

背中には様々なリンパや神経が通っていますので、凝り固まった状態が長く続きますと老廃物が溜まってむくみなどの原因に繋がります。背中がむくみの原因を引き起こすことは想像できませんが、老廃物は早く体の外に排泄できるように体調を整えておくのが正常です。背中残りは、むくみだけでなく血行不良にも繋がります。血流が悪くなりますと冷えの症状が進みますので、手や足先がいつも冷たい状態になり、寒いことで体を動かす機会やいっかけを持たなくなります。そのまま消費カロリー以上に摂取カロリーが多くなるなど、太りやすい悪循環が発生します。

眠りが浅くなる可能性も

背中のコリは眠りにも影響します。背中が凝ったままの状態ですと、眠りが浅い状態が続き、疲れが思うように取れなくなります。しっかり眠ることで日々の疲れが解消される人間にとっては、思った眠りの時間が維持できない環境はあまり好ましくありません。背中のコリをほぐして質の良い睡眠を確保しましょう。

背中に効くおすすめのストレッチ


疲れが蓄積しやすい背中ですが、思ったようにケアできていない方が多いようです。ここでは背中に効くお勧めのストレッチ方法を紹介します。自宅で簡単にできるメニューばかりですので、気になる症状がある方は是非参考にして、背中ノコリをほぐしてみてはいかがでしょうか。

猫背解消のアッパーバックエクステンション


背中の凝りは勿論ですが、猫背解消にも効果的なアッパーバックエクステンションは、おすすめのストレッチです。長時間同じ作業をする方や長い時間勉強をする学生にも最適な方法になります。やり方は、背中に枕やクッションをあてて、それを支点に背中を反らします。
その際膝は必ず立てるようにします。30秒から2分行って背中をしっかりのばします。この動きを2セット行うのが、アッパーバックエクステンションです。背中が伸びてとても気持ち良くなれるストレッチで、初めてでもスムーズにマスターできるでしょう。

肩甲骨を動かすウォールプッシュアップ


肩甲骨を動かすウォールプッシュアップは、疲れがたまりやすい部分を刺激できるストレッチです。壁に手をついた状態の腕立て伏せの要領で腕を曲げ伸ばしするウォールプッシュアップは、様々なリンパや神経が通っている肩甲骨をしっかりストレッチできます。肩甲骨を動かしておきますと、背中のコリをほぐして疲労を回復できるでしょう。空いた時間に取り組みやすいストレッチであるウォールプッシュアップは、作業中のリフレッシュタイムに行うことで疲労の蓄積を回避できます。

背中に広く効く広背筋ストレッチ

背中には様々な筋肉がありますが、その中でも広く大きい広背筋に効果的なストレッチです。やり方は、四つん這いになってひじを床につけます。床に肘下を着けたまま腕を伸ばして、おしりを尽きだすようなポーズをとります。そのままの姿勢で20秒数え、もとの四つん這いにもどります。背中をストレッチする方法は沢山ありますが、面積が広い広背筋をストレッチする方法をしておきますと、疲れを感じた時や疲れが溜まりそうになる前の予防として取り入れられます。

じっくり背中をゆるめる猫のポーズ

背中のコリに効果的なのは、じっくり背中をゆるめることです。良く知られたストレッチ方法でもある猫のポーズは、気になる症状を軽減できる可能性が高まります。猫のポーズのやり方は、まず四つん這いになって、おへそを見るようにして背中を丸めます。その後ゆっくり背中を反らせていきます。最後に丸めたり反ったりの移り変わりをゆっくり繰り返すのが猫のポーズです。上手く背中を反らすことができない場合は、自分が猫になったことをイメージしますと、本当の猫みたいに背中を丸くして気になる症状を軽減できます。

背中ストレッチのメリット

背中のストレッチをして凝り固まった筋肉をほぐすことは、どんなメリットがあるのでしょう。表立って見える部分ではない背中ですが、肩甲骨を始め上半身を支える重要な役割がある部位が沢山あります。背中のストレッチには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

猫背の改善

後ろ姿の印象にも大きく関わる背中は、姿勢の悪い状態が長く続きますと、その姿勢が正しい姿勢であると勘違いしてしまいます。しかし背中のストレッチをして猫背を改善しますと、丸まった印象の背中が背筋を伸場せるようになることで、背が高くなった印象を与えます。下を向いて作業をすることが多いパソコンやスマートフォンの普及によって、背中のコリを感じる方や猫背の若者が多くなっています。背中が丸まった後ろ姿は老けた印象を与えますので、損をしてしまいます。普段から背中のストレッチをおこなって、緊張状態から解放しましょう。

バストアップに期待

背中のコリをほぐして姿勢が良くなりますと、バストアップ効果も期待できます。これは胸そのものが大きくなるというよりも、姿勢が良くなることで自然とバストのトップの位置が上昇することでバストアップしたような印象になります。姿勢はバストとも大きく関わり、胸が大きすぎる方の場合は、重みによって背中が丸くなってしまうほか、肩こりもひどくなるようです。背中のコリを解消してバストの悩みを解消することもできます。

肩こりの改善にも


背中のコリを解消することで肩こりの症状を和らげることができます。人によっては、肩こりの原因が背中のコリである場合もあるほど密接な関係である肩と背中は、どちらも凝りやすくどちらも症状が悪化することで日常生活にも影響を与えます。肩こりで悩んでいる方は多く、辛い症状を緩和するために試行錯誤している方は珍しくありません。目の疲れが肩こりに影響することもあることから、様々な要因で上半身が凝りやすくなっていることが分かります。肩こりを早く治したい方は、背中のコリを解消するストレッチを試すのがおすすめです。

基礎代謝アップ

背中のコリを解消するストレッチをしますと、基礎代謝がアップします。広背筋を始め様々な筋肉で構成されている背中は、全身の様々な健康に関わる機能が備わっています。基礎代謝をアップさせられますと、脂肪が燃焼されやすい状態になりますので、いつでも体がポカポカとしてエネルギッシュな活動はできるようになります。基礎代謝は年齢と共に減少してしまいますので、背中のストレッチをして筋力アップさせることで、コリをほぐすだけでなく健康的な生活が送れるようになるので、風邪を引きにくくなるなどのメリットもあります。

背中のコリをほぐすストレッチのポイント

背中のストレッチをする場合、初めは上手くできないことがあるかもしれません。しかし諦めずに毎日続けますと、美容や健康にも役立てられます。背中のコリをほぐすストレッチには、どのようなポイントがあるのでしょう。

リラックスできる時間帯に行う

背中のコリをほぐすスチレッチは、特に時間帯に決まりがあるわけではあります。自分が好きな時間や症状が気になった時にいつでもできるのがメリットですが、更に効果を高めて行いたい場合には、お風呂上りや就寝前などのリラックスする時間帯を選んで取り組むのがおすすめです。緊張した状態をほぐす背中のストレッチは、体が温まっている入浴後や、眠る直前の就寝前の方がより緊張した状態から離れているはずです。

とにかく緊張状態から解放する

数多くの神経やリンパが通る背中は、1日に疲れが蓄積しやすい場所です。それと同時にその時々に疲れを解消しないと、ますます疲労が溜まってしまいます。気づかない間にストレスなどが負担となっている背中は、こまめにストレッチをして緊張状態を緩和さえる習慣を身につけましょう。そのためには、背中を酷使しないようにすると共に、その日の疲れはその日のうちに解消してしまいましょう。

痛みを感じる前から予防策としてストレッチする

背中のストレッチはコリをほぐす有効策ですが、痛くなってから行うのも良いですが、痛みや不快症状を予防する手段としてストレッチをおこなうのも良いでしょう。背中のコリに限ったことではありませんが、気になる症状を抱えた生活は辛くなる時があります。場合によっては仕事や学業に大きな影響を与えることを考えますと、痛くなる前の予防を優先した方が良いのかもしれません。背中のコリをほぐすストレッチを、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでもコリが治らない時は病院へ

様々な解消方法を紹介しましたが、何を試しても背中のコリが解消されない方もいるはずです。背中が凝ったままの状態では健康上もあまり良くありませんので、早めに症状を和らげるのが理想です。しかしストレッチでは改善されない場合や痛みがひどくなって日常生活に影響が出る場合には、専門の医療機関での受診をおすすめします。

まとめ:すっきりした背中で美しい姿勢に

いかがでしたか。背中のコリを解消できるストレッチの方法を知っておきますと、今まで悩んでいた不快な症状を素早く緩和できるようになります。スッキリした背中で姿勢を正した後ろ姿は、若々しい印象を与えます。姿勢の悪さは背中のコリが気になる方は、是非この機会にストレッチ生活を始めてみてはいかがでしょうか。