ストレッチの種類と効果を解説!

ストレッチの種類
Womam doing Yoga exercises in Tokyo park, outdoor activities in the morning.

ストレッチの種類や効果についても理解しておきますと、ストレッチをする場合には、更に効果を高められます。今回紹介するストレッチの種類と効果を参考にして、自分に合ったストレッチを選んで取り入れるのがおすすめです。是非普段の生活に賢く取り入れてみてはいかがでしょうか。

ストレッチの種類と名前


ストレッチに違いや種類があるのはあまり知られていませんが、必要に応じて自分にあうものを選んで取り入れますと、気になる症状を改善できる可能性があります。一体どのような種類が存在しているのでしょう。

ゆっくり伸ばすスタティックストレッチ


静的ストレッチとも呼ばれるスタティックストレッチは、ゆっくり伸ばして一定時間静止する方法で、多くの方が経験したことがあるストレッチ法です。代表的な動きは前屈で、あまり痛くない程度の気持ちが良い位置を維持してストレッチします。

収縮して伸張するダイナミックストレッチ


ダイナミックストレッチは、静的ストレッチであるスタティックストレッチとは真逆で、動的ストレッチと呼ばれています。運動前のストレッチなどで体を温めて、より良いパフォーマンスができるように心拍数を上げるのがダイナミックストレッチの良さです。

反動をつけるバリスティックストレッチ

反動をつけるバリスティックストレッチは動的ストレッチになります。脱力して小さな反動を繰り返し、だんだん反動を大きくすることでストレッチを深めていきます。この反動に頼るだけのストレッチは、故障のリスクが高いという認識が広がっていますので、現代ではあまり推奨されていません。しかし前屈などでは反動を小刻みに繰り返すことでストレッチを促しますと、より遠くに手が届くようになります。

伸張反射機能に働きかけるPNFストレッチ

PNFストレッチは伸張反射機能に働きかけるストレッチで、体幹を強化することができます。柔軟性を高めるほか神経を刺激して運動効果を高めるなど、日常生活から運動をする時まで幅広く取り入れられています。

ストレッチの種類別による効果

種類が豊富なストレッチですが、種類別になっていることにはどのような意味があるのでしょう。ただ単純に体を動かしていればよいのではなく、目的に合わせてストレッチを取り入れるのがおすすめです。一体どのような効果があるのでしょうか。

ウォーミングアップしてケガを予防する

ストレッチは準備体操のような効果があります。運動をする前には欠かせない体を運動体勢に整える準備体操は、徐々に体を温めてウォーミングアップすることで、ケガを防止してベストなパフォーマンスができるようにします。ストレッチを有効利用して、思い通りに体を動かせるようにしましょう。

クールダウンして筋肉をリラックスさせる

ウォーミングアップも大事ですが、クールダウンも重要です。全身の筋肉を使って運動をした場合、全身が温まった状態になっています。次の日に筋肉痛になることを回避するだけでなく、筋肉疲労を残さずに快適な目覚めが実現します。ストレッチは、筋肉をリラックスさせる働きもあります。

PNFストレッチで体幹を強化する

体が硬く柔軟性に自信がなくてもできるPNFストレッチは、体幹を強化することもできます。運動の前後に行ってもベストなパフォーマンスに繋げられるPNFストレッチですが、体の深部であるインナーマッスルを鍛えて、体幹を強化することができます。

ストレッチの方法とポイント

様々な種類があるストレッチですが、どのような方法で取り組むのが良いのでしょう。ポイントを押さえて上手に普段の生活に取り入れることがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

痛い気持ちいい程度に行う

ストレッチは痛みを我慢して行うようなものではありません。伸ばすと気持ちが良いというちょうど良い程度でストレッチをして体をほぐすのがコツです。無理に動かすのではなく、程よい痛みと気持ち良さが維持できる状態がおすすめになります。

自然な呼吸で継続して行う

ストレッチの時に忘れてはいけないのは呼吸です。夢中で体を動かしてしまいますと、どうしても呼吸にまで気持ちが進まないことがあります。しかし呼吸は止めてしまうのではなく、自然な形で呼吸を継続して行いますと、体の柔軟性がさらに増してストレッチの効果が高まります。

寝る前のストレッチは寝付きやすくなるのでおすすめ

ストレッチは適度な運動になる体の動かし方になりますので、就寝前に取入れますと安眠効果が得られて良いでしょう。寝る前に体を動かしますと興奮状態になる印象ですが、筋力トレーニングではないので、ほんのり体が温まって自然な入眠が期待できます。

ストレッチがジムでもできるってホント?

ストレッチ専用のジムがあることで多くの利用者から支持されている施設があります。中には全国展開している場所もありますので、地域差を感じること無く多くの方が満足できます。一体どのようなシステムになっているのでしょう。

詳しく知りたい!ストレッチ専用のジムについて

専門スタッフからマンツーマンでストレッチしてもらえる専用のジムは、多くの方の要望が叶えられる施設です。自己流で進めてしまう場合が多いストレッチですが、適切な指導受けることによって、美容や健康だけでなく運動時にも大きく貢献します。

ストレッチ専用のジムって高そう…

筋力トレーニングのジムと同じで、通うことになった場合には費用面が気になるのは、ストレッチ専用のジムでも変わりません。料金のプランや金額には差がありますが、それほど高額な施設は少なく、月額の費用だけでなく1回の金額で料金設定されているものもあります。予算に合わせて利用先を決めるのも良いでしょう。

どんな人が通っているの?

ストレッチは幅広い用途や目的に用いることができますので、男女年齢を問わず利用されています。例えば運動やスポーツのパフォーマンス向上を目的とする場合、若い学生も通ってストレッチします。また美容目的になりますとOLや主婦など、女性の方が多く利用します。更に健康に関する目的でストレッチをする場合には、サラリーマンやシニア層など、多くの方が利用できるストレッチ専用のジムになります。

自宅でもできるストレッチ…専用ジムへ通うメリットは?

ストレッチは気軽に自宅でもできるのが良さの一つになっていますが、専用ジムが施設として成立しているということは、多くの方が必要としていることになります。専用ジムへ通うメリットは、自己流では得られない満足度の高いストレッチが可能で、早い段階で効果が期待できる点です。ストレッチは自分でもできますが、専門スタッフに相談しながら進められることで、自分では気づかなかった症状の原因を知ることができます。費用を掛けて通うメリットは大きいようです。

ストレッチをする時に知っておいた方が良いこと

ストレッチは幅広い方が取り組める運動ですが、継続させるためには知っておいた方が良いことがいくつかあります。一体どんなことに配慮してストレッチをすると良いのでしょう。これから行う方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

体に柔軟性がなくてもできる?

ストレッチは体が硬く柔軟性に自信がない方が行うと更に効果が得られます。初めは思うように体が動かないかもしれません。しかしストレッチの効果は、確実に体に現れますので継続させることが大事です。呼吸を自然に行うなど、あまり体に力を入れすぎないで行った方が柔軟性を極められます。

ストレッチをする時にあると便利なものは?

特別な道具がいらないストレッチですが、ヨガマットやトレーニングマットがあると便利です。思い通りに体が動かせるだけでなく、騒音防止の効果もありますので、早朝や夜間のスチレッチでも周囲を気にすることがありません。またバランスボールなどのフィットネスアイテムがありますと、飽きずに変化を加えながら日常生活にストレッチを加えられます。

ストレッチポールってどんなもの?


ストレッチポールは文字通りストレッチで使用するポールで、丸太型のストレッチポールは、初心者でも体をより柔軟にできるアイテムです。背中に挟むようにしてストレッチポールの上に仰向けになる使い方を始め、様々な用途にあわせて利用できます。興味がある方は、購入を検討してみても良いでしょう。

ストレッチは毎日必要?

義務的に毎日行う必要ないストレッチですが、1日5分でも良いストレッチは空いた時間にサッと取り組める特徴があります。義務と感じてやるのではなく、自分の体が必要と感じた場合に楽しみながら行いましょう。しかし気分が優れない日や体調が悪い日には無理をせず、普段の自分に回復してからストレッチを再開させましょう。

ストレッチでダイエットできる?

無理な食事制限をしたダイエットは不健康に痩せてしまう危険性がありますが、ストレッチを加えて多少の食事制限をする場合には有効です。極端な減量は一時的には体重が減って痩せたような気持ちになりますが、実際には減らしたい脂肪が減らせていない場合があります。しかしストレッチを並行して行いますと、体の内側からだけでなく外側からからのケアもできます。改善したい体形の悩みがある場合は、ストレッチと食事制限の並行を是非検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:目的に合わせて種類別にストレッチを行おう

いかがでしたか。ストレッチには様々な種類があり、それぞれの目的に合わせて選ぶことでより一層思い通りに効果が得られることが分かりました。体の悩みや不調は多くの方が抱えているストレスですが、できるだけ早くストレッチを行うことによって解消することが可能です。さらにストレッチによって、精神的な部分もより良い状態になります。ストレッチに関心がある方は、是非今後の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。