ストレッチチューブを使って肩の凝りを解消!

ストレッチチューブを使って肩の凝りを解消

ストレッチチューブで肩の凝りが解消できるということをご存知ですか?運動、健康、ダイエットのために使われる補助器具はたくさんの種類があります。その中でもストレッチチューブというものがあるのはご存知ですか?最近は雑誌の付録となったり百円ショップなどでも売られたりしているのを見かけるようになった、結構身近なアイテムなのです。では実際、ストレッチチューブとはどういったものなのか紹介していきましょう。ぜひ運動補助器具を選ぶ際の参考にしてみてください。

ストレッチチューブの特徴


ストレッチチューブはトレーニングチューブやストレッチバンドなどとも呼ばれており、主にストレッチ運動や筋トレに使用されます。使い方、得られる効果に合わせて様々な形状、強度(硬さ)のものがあり、チューブという名前の通り細長い一本の筒状であったり、握りやすいハンドルがついたもの、輪になっているものであったり、中には薄く平らでタオルのような形状であるものなど、たくさんの種類があります。それぞれに共通しているのはシリコンやラバーなどの弾力性、伸縮性のある素材でできているということ。その素材と形状を活かし、手や足で引っ張ったり体に巻き付けたりひっかけたりして使います。そうすることで、何も使わないで運動をする時よりも高い負荷や効果を得ることができるのです。

全身まんべんなくストレッチできる

ストレッチ運動は一人で行うよりも誰かに手伝ってもらいながら行うほうがより体が伸ばせますが、誰かと一緒というのはなかなか頻繁に行えるものではないかと思います。そこでストレッチチューブを足や手にひっかけたり巻いたりして使うことで、誰かに手伝ってもらわなくとも自分で自分の体をしっかりと伸ばすことができるため、十分なストレッチ運動を行うことが可能になります。ポーズを変えていけばまんべんなく全身をストレッチさせることもできます。

インナーマッスルを鍛える

ストレッチチューブは体をストレッチさせるだけでなく、インナーマッスルを鍛えるのにも適しています。ストレッチチューブ自体は軽い素材でできていますが、踏んで引っ張ったりすることで重さを使った運動と同じような負荷を体にかけることが可能になります。重いダンベルなどを使って落としてしまったりぶつけてしまったりする心配もなく、安全に使用できるのもうれしい特徴です。その軽さを活かして使用しながら身軽に動くこともできるため、インナーマッスルを効果的に鍛えられる体をひねる動作も行いやすいといえます。

伸縮性が高く楽にストレッチできる


ラバーやシリコンなど良く伸びる素材でできているストレッチチューブは、特に運動であることを意識せず両腕で引っ張っているだけでも面白いアイテムです。高い伸縮性のおかげで無理な負担がかかることも少なく済み、そのためケガの危険性も減りますから、様々なポーズや力加減を楽しみながらストレッチ運動ができるでしょう。

体が硬くても楽にできる

ストレッチ運動というと体が硬い人にとってはきついイメージがあるかもしれません。しかしそういった体の柔らかさに自信がない人でも、まずは長めのストレッチチューブから使うことで簡単にしっかりとストレッチ運動をすることができます。もし長いチューブでは物足りなくなった時も、チューブを持つ長さを変えたり、はさみでカットしたりするだけで簡単にかかる負荷を変えることができますから、その日、その人の体の調子に合わせて楽にストレッチ運動ができるようになります。

束ね方で強度が変えられる

柔らかく長いチューブでも二重、三重にたたんで束ねることでその強度をぐっと高められることもストレッチチューブの特徴の一つです。より効果を高めたい、負荷をかけたい部位やポーズであっても、反対にゆっくり軽めに体を伸ばしたいときであっても、同じチューブ一つでできるのです。

手軽に持ち運べる

大きくて重い運動補助器具は、たとえ家の中での持ち運びでもおっくうになりがちですが、ストレッチチューブは軽くてかさばらず持ち運びも簡単です。もちろん場所も取らないので収納に困ることも少ないでしょう。長いものであれば壁やハンガーラックにかけておくなんてこともできますね。短くコンパクトなものも用意しておけば、鞄に入れて外出先に持っていくことも可能です。このようにストレッチチューブは場所を選ばす、またストレスも少なく使うことができるのが大きな利点なのです。

ストレッチチューブを使う理由

以上のようにストレッチチューブは手軽で簡単に使うことが可能な運動補助器具のひとつであることがお分かりいただけたでしょうか。では、同じように軽さ、手軽さを宣伝文句にしている運動補助器具がたくさんある中で、ストレッチチューブだからこそ感じられる魅力をさらに紹介します。

肩と肩甲骨のこりの解消


パソコンやスマホを使う現代人の悩みとして肩こりはつきものです。ストレッチチューブは伸ばしている間は負荷がかかり続けますから、負荷がかかっている部分を意識しやすくなり、狙った部分へしっかりと負荷をかけることができます。つまり専用の器具でなくとも、肩や肩甲骨のこりを重点的に狙って解消させることが簡単にできるということです。またストレッチチューブなら場所も問わずほんの少しの空き時間でも効果を感じることができますから、例えば仕事用デスクの引き出しに入れておき、休憩中などにストレッチチューブを使って背伸びをするといったことも可能です。ぎゅっとチューブを引っ張って体を伸ばせば気分転換にもなりますね。このように肩や肩甲骨だけでなく、太ももや下腹など気になる部分へのアプローチがストレッチチューブですと簡単にできるのでおススメです。

筋肉を鍛え基礎代謝をあげる

筋肉量を増やし基礎代謝を上げると消費カロリーが増えるため、筋トレはダイエットにかかせない大切な要素です。とはいえ筋トレというだけできついイメージが先行しがちではないでしょうか。ストレッチチューブなら難しい使用方法ということもなく、楽しく気軽に筋トレに取り組むことが可能です。もちろん筋肉が付きすぎたりすることもないですから、しなやかで健康的な体を目指すためにぴったりな運動量を得られます。何よりチューブ自体が重くないので、筋トレへのおっくうさも少なくなるのではないでしょうか。またアスリートが体幹トレーニングのためにストレッチチューブを使うこともあるそうです。運動初心者向けの簡単なものから本格的なものまで、様々な筋トレに対応できるのもストレッチチューブの魅力ですね。

費用が安く効果がでやすい


運動補助器具に限らず、高価なものというのはなんとなくもったいない気持ちになってしまい思い切って使うことができない、といった経験はないでしょうか。ストレッチチューブは冒頭にも挙げたように、百円ショップでも購入することができる安価で手軽なアイテムです。ホームセンターやディスカウントストアでも数百~数千円で販売されていることが多いので、手に取りやすく気軽にどんどん運動に取り組むことができ、結果的に効果がでやすいと言えるでしょう。種類も多いストレッチチューブですが、いくつかそろえても大きな負担にはなりにくいというのはとてもありがたい点です。

まとめ:ストレッチチューブで全身の柔軟性を高めよう

いかがでしたでしょうか?ストレッチ運動や筋トレに補助器具を取り入れることでさらに高い効果を得ることはできますが、たくさんある中から自分に合ったものを選ぶのはなかなか難しいかと思います。ストレッチチューブなら手軽で安価、楽しむこともできて効果も出やすいですから、まずは試してみるつもりでぜひ使ってみてはいかがでしょうか。