体を柔らかくするには?柔軟性を促すストレッチメニューと方法

体を柔らかくするストレッチメニュー

体を柔らかくするストレッチメニューがあるのをご存知ですか?体の硬い人と柔らかい人が存在しますが、生まれつきの体質なのでしょうか。仕方がないと諦めてしまう前に、少しでも体を柔らかくする方法を知っておきますと、今まで諦めたいたことが実現できるかもしれません。今回紹介する柔軟性を促すストレッチメニューと方法は、体を自然に柔らかくすることに繋げられるはずです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ストレッチによる柔軟の必要性

実際に体を柔らかくする方法には様々なものがありますが、その一つにはストレッチをすることで体を柔らかくすることができます。ストレッチによる柔軟の必要性はどのような点にあるのでしょう。

筋肉をほぐして代謝をよくする

ストレッチで体を柔軟にしますと、筋肉をほぐして代謝を良くできます。筋肉をほぐせるストレッチには、リラックス効果もありますので、体に柔軟性を与えて代謝が活発になります。代謝が活発になりますと、冷え性の改善や便秘の解消が期待できます。

姿勢を正して心身のバランスを保つ

ストレッチで体を柔軟にしますと、姿勢を正しい位置で保つことができます。姿勢が悪い猫背気味の方が多い現代は、パソコンやスマートフォンを長時間操作することによって、背中が丸まった姿勢が通常になってしまいます。しかしストレッチで姿勢を正しくしますと、体だけでなく心のバランスも維持できるようになります。心身共に健康で美しくなれるストレッチでの柔軟は、日常生活での必要性が高く多くのメリットがあります。

体幹に働きかけて筋肉をつくる

ストレッチはただ単に体を動かしているわけではなく、インナーマッスルと呼ばれる体の深部を鍛える役割があります。ストレッチをすることで体幹を鍛えますと、筋肉量を増やして脂肪を減らすことができるので、引き締まった印象の体つきが実現します。

柔軟性を促すストレッチメニューと方法


体を柔らかくすることができるストレッチは、柔軟性を促すメニューや方法を取り入れて活用しますと、体が硬くて悩んでいた方でも柔軟な動きができるようになります。一体どのようなことをするのがよいのでしょう。

股関節のストレッチメニューを行う

股関節には様々な神経やリンパが通っていますので、ストレッチで筋肉をほぐすことで体が柔らかくなります。やり方は、両足の裏を合わせた状態であぐらをかきます。その足を両手でつかんで前方に体を倒します。痛みを感じる少し前でとめて15秒程度キープします。

前屈のストレッチメニューを行う

前屈を行うストレッチメニューは、体の柔軟性を確かめる一番分かりやすい方法です。前屈が苦に感じずにできるようになりますと、様々な運動効果にも繋げられる期待があります。やり方は、息を吐きながら背中を伸ばし前屈します。行けるところで30秒キープします。最後は息を吸いながら身体を起こします。

肩甲骨のストレッチを行う

疲れが蓄積しやすい肩甲骨は、ストレッチで柔軟性を保ちますと、疲労感を取り除いて素早く普段通りの自分を取り戻せます。また肩甲骨や肩こりや首のコリなど、日常生活でも影響がある商用に大きく関わりますので、いつでも健康な状態を維持するようにしましょう。やり方は、後ろで手を組んで、息を吸いながら肘を伸ばします。その後息を吐きながら肘を緩めていきます。

ストレッチの柔軟性を高めるコツ


ストレッチを取り入れて体に柔軟性を加えるためには、どのようなことをポイントとして取り組むのが良いのでしょう。ストレッチの柔軟性を高めるコツを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

呼吸を意識して無理な負荷をかけない

呼吸のことを忘れてストレッチをしてしまうことが多いかもしれませんが、呼吸を意識して取り組んだ方が、体に柔軟性を与えることができます。その理由は呼吸を意識的に行うことで肩の力が抜けて、自然と体が柔らかく動かせるようになります。無理な負担を掛けずに体が動かせますので、柔軟性を効率良く高められます。

継続して行うように心がける

ストレッチは継続させることが重要です。即結果が出ない日には三日坊主になってしまうかもしれません。しかしストレッチは少しずつ体に変化が現れます。すぐに諦めずに継続させることが大事です。しかし無理は禁物で、体調や気分が優れない日に行っても効果は期待できません。長く継続させる為にも、1日5分などの短時間でも良いので取り組む習慣を身につけましょう。

筋肉が温まっている時に行う

ストレッチはいつ行っても同じ…というわけではありません。特に柔軟性を求めるストレッチの場合は、筋肉が温まっている状態の時に行うのがおすすめです。例えばお風呂上りなどに行いますと、入浴時のリラックス効果も加わって体がほぐれた状態になっています。入浴のストレッチで、体を柔らかくするように運動をしますと、睡眠の質も向上するでしょう。

成果が出てきたことを首位に確認してもらう

柔軟性を高めるためにストレッチを行っていますと、どうしても以前と比較して体が柔らかくなったことを確認したくなります。もちろん自己評価でも良いですが、家族や友人に確かめもらいますと、励ましの言葉やアドバイスが受けられますのでおすすめです。自分一人で頑張って柔軟性を高めるストレッチをするのも良いですが、周囲を巻き込んで一緒に頑張るのも長続きさせるコツです。また鏡の前でストレッチする習慣を身につけますと、一でも自分自身で自分の柔軟性を高められます。体の柔らかさは心も柔らかくしますので、今までできなかったことができるようになり、自分に自信がもてるようになります。

ストレッチと柔軟体操の違い

ストレッチと似たような形で柔軟体操があります。同じように体を柔らかくする行動ですが、ストレッチと柔軟体操にはそれぞれ違いがあります。それぞれどのようになっているのでしょう。

ストレッチは筋肉をゆっくり伸ばす

筋肉をゆっくり伸ばすストレッチは、筋力トレーニングの後にも取り入れられる方法で、筋肉をほぐして支ラックスさせることが大事です。

柔軟体操は反動で筋肉を伸ばす

一方の柔軟体操は反動で筋肉を伸ばしますので、ストレッチのようにゆっくり筋肉を伸ばす方法とは違います。一見すると区別がつきにくいストレッチと柔軟体操ですが、それぞれに違いがありますので、目的にあわせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

お酢で体が柔らかくなるは本当?


酸っぱい味わいから苦手な方も多いお酢ですが、体を柔らかくできるので積極的に摂取した方が良いという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。酢の物などで少量摂取する程度でも満足できるお酢ですが、体を柔らかくするために過剰に取り入れるのは注意が必要です。刺激が強めのお酢は、多く取り過ぎますと人によっては胃が痛くなることがあります。味のアクセントの少量使うようにするなど、自分なりに工夫をすることが大事です。

こんなことに注意!ストレッチで柔軟性を高める時のコツ

1日わずかな時間でもストレッチをすることで、体が硬い人でも柔らかくできることは分かりました。ここでは頑張って柔軟性を求めるのもよいですが、注意点やコツを把握しておいた方が、今後のストレッチ時間をより有効にできます。一体どんなことに気を付けると良いのでしょう。

自己流でのやり方の注意しよう

ストレッチは簡単にできるメニューが多いですが、見た感覚で真似をしたつもりでも、きちんとできていない場合があります。自分流に行うのも良いですが、筋を痛くすることや体に不快な症状が出た場合には、早めに中止して専門家にストレッチのやり方を学びましょう。

有効なアイテムの活用法

道具な無くてもできるのがストレッチの良さですが、時にはフィットネスアイテムを使ってストレッチするのも良いでしょう。例えばバランスボールです。自宅にありながら上手く使用できずに飾られていることも多いバランスボールは、ストレッチにも使用できる優れモノで、体を柔らかくほぐして普段のストレッチとは違う感覚で柔軟性を養うことができます。普段のストレッチに変化を与えたい場合は、バランスボールなどのアイテムを用いて楽しく体を動かしましょう。

利用する価値が高いストレッチ専門のジム

筋力トレーニングのジムは想像がつきますが、最近増えているストレッチ専門のジムとはどのようになっているのでしょう。専門のトレーナーから直接ストレッチの指導が受けられるのは勿論ですが、症状に合わせてその人個人に最適なストレッチをしてくれます。専門知識が豊富なスタッフに相談できる環境は安心で、美容や健康目的で使用する方から、アスリートなどがケガ防止やベストなパフォーマンスをするために通います。自己流でのやり方に不安を感じる方は、利用を検討することをおすすめします。

他の人に合っていても自分に合うとは限らない?

ストレッチには沢山の種類やバリエーションがありますので、同じような症状でもその人によって改善のスピードや効果の違いがあります。他の人の情報を多く仕入れて参考にするのは良いですが、自分と比較して比べてばかりいるのでは疲れてしまいます。同じストレッチでもそれぞれ合うメニューと合わないメニューがあるかもしれません。色々と試しながら自分にとってベストなストレッチメニューを構成してみてはいかがでしょうか。

まとめ:ストレッチを継続して柔軟で健康的な身体に

いかがでしたか。っストレッチで体を柔軟にしますと、今まで体が硬いことで悩んで諦めていたことが解消されて、できずにいたことがクリアできるようになります。体の柔軟性はけんこうだけでなく美容にも効果的で、運動時のベストなパフォーマンスを手助けするしなやかさも加えられます。現在普段の生活にストレッチを取り入れている方は、是非今後も継続して行っていってみてはいかがでしょうか。