短距離と筋トレ。おすすめの短距離方法で筋トレの効果をさらにアップしよう!

短距離と筋トレ おすすめの短距離方法で筋トレの効果をさらにアップしよう

筋力トレーニングと短距離を走ることを組み合わせると筋トレの効果をあげることができます。筋力トレーニングをする上で、より効果が得られる方法を実践しますと、楽しみながら取り組めるようになり、長く続けられる趣味や生活習慣となります。短距離で走ることと筋力トレーニングの関係にはどのような効果やメリットがあるのでしょう。詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

短距離で筋トレの効果をアップしよう!

短距離で筋トレの効果をアップ
短距離走で筋力アップを図れることを知っていましたか。頑張って筋力トレーニングをしていても思うような結果に結び付かないなど、悩みや苛立ちを抱えて取り組むケースも少なくありません。ここでは、なぜ筋力トレーニングに短距離がよいのか紹介します。

短距離がなぜ筋トレにいいの?

長距離の方が長い時間走っていることから、筋力トレーニングには良い効果を発揮するイメージですが、短距離が良い理由にはインナーマッスルと呼ばれる鍛えにくく表面上が確認しにくい筋肉が大きく鍛えられるからです。筋力トレーニングと短距離の関係を密接にすることで、想像以上の筋力アップが望めます。

体幹を鍛えよう

体幹を鍛えると言っても、そもそも体幹とはどの部分を指すか知っていますか。背中の骨や骨盤を支えている筋肉で、人間の体の中心であり土台となっている部分です。体幹を鍛えることで、トップアスリートの様な俊敏で軽やかな動きができるようになります。

体幹を鍛えるおすすめ筋力トレーニング

では実際に体感を鍛える筋力トレーニングにはどのような運動が良いのでしょう。シンプルで地味な筋力トレーニングと印象付けられるスクワットですが、体幹を鍛える運動としてはおすすめの動作になります。正しく行わないと意味がなく、せっかく時間を掛けて鍛えていても、実際には筋力アップをしていないこともあります。ポイントはつま先より前に膝を出さないようにすることで、お尻を突き出すイメージで猫背にならないように気を付けましょう。

体幹を鍛えると足が速くなる?

筋力がアップすることで当然スピード感がある走りが実現します。年齢を重ねてきますと、早く走ることを必要としない生活に慣れてしまいますが、せっかく筋力トレーニングの相乗効果を期待して短距離の世界にも足を踏み入れたのですから、試してみるのも良いでしょう。

短距離の効果とメリット

短距離走を取り入れて筋力トレーニングをする効果とメリットについて紹介します。一体どのようなメリットがあり、効果が期待できるか是非参考にしてください。

短距離で全力疾走するのが効果的

短距離で全力疾走するのが効果的
子供の頃や学生の頃は全力疾走をする機会が多く、体が柔軟だったため無理なく自然に行うことができました。しかし大人になりますと短距離を全力で走る機会はなくなってくる方がほとんどです。全身運動である短距離走は、筋力トレーニングの効果を存分に発揮できる競技です。

瞬発力の向上で筋肉がアップ

スタートと同時に飛び出す勢いやタイミングは、瞬発力以外の何物でもありません。陸上選手などトップアスリートのような瞬発力を身につけるのは大変ですが、短距離走で培った瞬発力は、筋力トレーニングをする上で欠かせない存在です。

下半身の筋肉肥大化ができる

筋力トレーニングのみで下半身を強化するのは難しく、時間が掛かりますが、短距離走にも取り組むようになりますと、筋力トレーニングだけでは限界がある筋肉肥大化に成功します

筋肉の持久力がつく

持久力を鍛えることができるのは長距離のイメージですが、短距離でも十分鍛えられます。筋力トレーニングを効率良く進めるためには持久力が必要不可欠です。

▼関連記事はこちら

筋力トレーニング以外の楽しみができる

自宅とジムで頑張って筋力トレーニングだけを行うのもよいですが、違う動作の短距離走が加わることで、今まで意識しなかった筋肉について調べるなど、知識を増やす機会にもなります。

同じメニューに飽きない

筋肉がマンネリ化してしまうと鍛えても大きく育つことをやめてしまう可能性がありますが、短距離と筋力トレーニングの双方の良さが相乗効果となり良い結果につながることで、気分的にも飽きずに続けられます。

短距離で筋肉をつけるおすすめの方法

短距離で筋肉をつけるためには、様々な良い方法があります。その日の気分で変えるのもよいですが、生活に上手く取り入れながら無理なく続けられる方法から試してみてはいかがでしょうか。

全力疾走トレーニングで筋力をつけよう!

慣れるまでは辛く苦しい全力疾走トレーニングですが、タイムを計測してモチベーションをアップさせながら行いますと、より楽しみながら取り組めます。全身の筋肉を使う全力疾走は、筋力を向上させながら正しいフォームも身に付きます

回数で区切って短距離を実践してみよう!

短距離だからと言って何回も制限を決めずに走るよりも、回数で区切りをつけて行うことで、より全力で走ることができます。慣れない間には特にこの方法はおすすめで、少ない回数からスタートさせて、筋力トレーニングの効果が実感できるようになってきた時に、だんだん区切る回数を増やすなど、自分なりの鍛え方ができます。

階段を使ってダッシュしてみよう!

階段を使ってダッシュ
周囲の人の迷惑にならない範囲で行うのがおすすめなのが階段でのトレーニングです。早朝など人通りが少ない時間を狙ってトレーニングしましょう。また日常的に階段を使用する習慣を身につけますと、自然とタイムを縮められるようになるなど、目に見えた成果が期待できます。

坂道をダッシュしてみよう!

階段よりも簡単そうに感じる坂道ですが、始めてみますと高い運動量を誇る動作が多いのでおすすめです。階段のダッシュと同様に、周囲の方の迷惑にならない範囲で、人通りが少ない時間や場所を選んで行いましょう。

実際に競技場のトラックで走ってみよう!

自宅近くに競技場がある場合ですが、勝手に使用するのが難しい時でも、トラック開放日などの日を狙って、実際に正式な競技場で走ることでモチベーションが上がります。また他の方の走りを見て研究するなど、新たな楽しみ方ができるのも良い点です。

大会出場など目標を見つけてみよう!

短距離走の大会を見つけるのが難しい場合、地域の運動会など何か目標を持って鍛える方が頑張れるはずです。また人前で走ることで気づくことやもっと鍛えた方が良い部位などを見つけられる可能性は十分あります。

筋力トレーニングと合わせて短距離を行う際の注意点

筋力トレーニングと短距離トレーニングに取り組む上で、気をつけた方が良い点を紹介します。

水分補給をしながらトレーニング

夢中で走っていますと、休憩や水分補給のタイミングを逃してしまいます。張り切って頑張ることも大切ですが、その日の天候や体調に合わせたトレーニングメニューを取り入れましょう

短距離のトレーニングができない日が続いた場合の対処法

筋力トレーニングと合わせて短距離走を行うのは、スケジュール上でも上手く進められないこともあります。また外で行う可能性が高い短距離は天候にも左右されます。その際にはバランス良く筋力トレーニングと合わせて短距離を進めるため、走れない時が続いても筋力トレーニングは継続して、いつでも走れる準備を整えておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。短距離走ることと筋力トレーニングの関係を知れば知るほど、どちらも重要な運動であることが分かります。現在の筋力トレーニングに是非短距離を加えてみてはいかがでしょうか。