インクラインベンチやダンベルの方法から効果までご紹介

筋肥大 筋トレ方法 食事 注意点

インクラインベンチやダンベルの効果をご存知ですか?筋力トレーニングは、自分が鍛えたい部位に集中して筋力アップをすることができます。今回紹介するインクラインは、大胸筋を鍛えることができる筋力トレーニングの代表で、理想的な体形に改善することができます。初めての方でもスムーズに運動ができるようにするためには、どのように理解すると良いのでしょうか。

大胸筋上部を鍛えるインクラインの種類

インクラインベンチやダンベル 筋トレ
大胸筋上部を鍛えるインクラインには、様々な種類があります。大胸筋上部を鍛えますと、男女共に理想の体形に一歩近づくようになります。色々ある鍛え方の中から自分ができそうなものややってみたいものを探して、今後のトレーニングに活用してみてはいかがでしょうか。

インクラインペンチ


インクラインペンチは、トレーニングベンチを斜めにして使用する筋力トレーニングです。重たいバーベルを胸元付近で上下させることで、大胸筋上部をしっかり鍛えることができます。トレーニングベンチの傾斜によって強度が変わりますので、今の自分の習得度合いに合った角度を探して運動をしましょう。

インクラインダンベルプレス


インクラインダンベルプレスは、ベンチに横になって行うダンベルプレスで、大胸筋上部をしっかり鍛えられる筋力トレーニングです。ベンチを斜めにすることなくそのまま使用しますので、より胸を大きく広げて鍛えることができます。初心者でも取り組みやすい筋力トレーニングです。

インクラインダンベルフライ


インクラインダンベルフライは、トレーニングベンチに傾斜をつけてダンベルフライを行います。大きく腕を広げて大胸筋上部を鍛えるインクラインダンベルフライは、腕をゆっくり動かすことがポイントで、勢いで動かさないようにしますと、一層大胸筋上部を鍛えられます。

インクラインプッシュアップ

インクラインプッシュアップは、ベンチを土台にしてプッシュアップを行います。腰への負担が少なくプッシュアップができるこの筋力トレーニングは、腕の曲げ伸ばしをしっかり行って大胸筋上部を鍛えるのがコツです。

インクラインベンチやダンベルプレス、フライまで一気に効果のご紹介

インクラインベンチやインクラインダンベルプレス、インクラインダンベルフライやインクラインプッシュアップが、大胸筋上部を中心に鍛えられる筋力トレーニングであることが理解できました。ではこれらのインクラインメニューを取り入れるメリットや効果はどこにあるのでしょうか。

厚い胸板が作れる

インクラインメニューをそれぞれに行いますと、厚い胸板を創ることができます。厚い胸板の男性は、たくまし印象を与えることができます。また実際に力強さを増すことができるので、見た目と中身を兼ね備えた男らしさを演出できます。洋服の上から見ても鍛えていることが分かる厚い胸板は、上半身にあるので人目につきやすく、鍛える価値が高いでしょう。

バストアップ効果

男性厚い胸板をつくれるインクラインメニューは、女性が行いますとバストアップ効果が期待できます。年齢と共に垂れ下がるバストを持ち上げるだけでなく、元々バストサイズが大きい方は垂れやすい傾向にありますので、そのような方がインクラインメニューを取り組むことで、バストアップをしながらバストサイズを維持します。

基礎代謝量がアップし、太りにくい體づくりができる

あまり関係がないと思われる基礎代謝量をアップさせる効果があるインクラインメニューは、筋力トレーニングとして普段から行うことで太りにくい体質に変えることができます。体質だから仕方がないと思っていた基礎代謝量ですが、生活に少し変化を加えることで新陳代謝を活発にして体の冷えを取り除きます。今の体質そのものを変えたいと思っている方は、インクラインメメニューを積極的に行いましょう。

インクラインペンチのやり方


筋力トレーニングメニューに加えやすいインクラインペンチですが、初めてでもすむーにできるやり方について紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

インクラインペンチのやり方を知ろう

インクラインペンチは、まずトレーニングベンチを斜めにして、自分が座りやすい角度に調整します。あまり傾斜がきつくてもやりにくいインクラインペンチですが、あまり緩すぎてもフラットな状態と大差がなくなってしまいます。適度な傾斜に設定をして、バーベルを肩幅より広げて手の位置を維持します。この段階でバーベルの負荷も自分仕様に設定しておきます。そのまま胸の上部からバーベルを上下させますが、勢いで早く腕を伸縮させて上下させるのではなく、大胸筋を意識して鍛えるのがコツです。

初心者でもできる?

インクラインペンチは、初心者でもできるオーソドックスな筋力トレーニングです。しかし無理やり重たいバーベルをしようするなど、無茶なやり方をしないようすることでしっかり鍛えることができます。またベンチの角度も自分に合うちょうど良い角度を見つけるまで、色々な傾斜で試すのも良いでしょう。

自宅でもできる?

道具が揃っていますと自宅でもできますので、いつでもインクラインペンチを行える環境を整えたい場合には、必要な道具を買い揃えて準備しましょう。その際、バーベルの取り扱いやベンチの設置場所の確保などもしっかり行うのがおすすめです。

用意するものは?

インクラインペンチはバーベルとトレーニングベンチがあればできる筋力トレーニングです。ジムでも自宅でもできるメニューで、初心者からベテランの方まで満足できる基礎的な筋力トレーニングメニューとなります。また騒音を防止する目的と床を傷つけないようにするために、マットを敷いてインクラインペンチをすると安心です。

インクラインダンベルプレスのやり方


インクラインダンベルプレスは、ダンベルを使って大胸筋を鍛えることができます。ダンベルはバーベルよりも取扱いがしやすく、初心者や女性でもスムーズに使うことができます。また自宅での運動に欠かせないアイテムであるダンベルは、インクラインダンベルプレスを行いやすくします。一体どのようにするのでしょうか。

インクラインダンベルプレスのやり方を知ろう

インクラインダンベルプレスは、ベンチを斜めにするのではなく、フラットな状態にして行います。ベンチの上に仰向けで横になって、膝から下はベンチの下に置くようにします。少し膝と膝の間隔を広げるようにしますと、足を踏ん張る形が維持できます。ダンベルは片方の手に一つずつ横向きに持って、頭の上まで腕をそのまましっかり伸ばします。胸を開くようにして、肘を曲げて腕を上下させてダンベルを動かします。急いで伸縮させるよりも、ゆっくり大胸筋を意識した方が運動効果を高めることができます。

初心者でもできる?

ダンベル自体が初心者でも使いやすいフィットネスアイテムですので、インクラインダンベルプレスは、初心者向けの筋力トレーニングです。ダンベルの負荷設定を変えることで、更に強度を増して大胸筋を鍛えることができます。

自宅でもできる?

自宅でも取り組みやすいインクラインダンベルプレスは、道具が揃っている可能性が高いスタンダードな筋力トレーニングですので、今すぐできる可能性も高いでしょう。空いた時間を使って鍛えるなど、短時間で効率良く筋力アップすることが可能です。

用意するものは?

ダンベルとベンチ、騒音や床の傷防止にマットがあると重宝します。自宅でもジムでもできるインクラインダンベルプレスは、おすすめの大胸筋インクラインメニューです。

インクラインダンベルフライのやり方


インクラインダンベルフライはどのようにして行うのでしょう。用意するものなども合わせて紹介します。

インクラインダンベルフライのやり方を知ろう

ベンチを斜めにして座ることから始まるインクラインダンベルフライは、腕をしっかり真っすぐ伸ばして大きぃう金を鍛えることがポイントです。ダンベルを両手に持つので左右バランス良く鍛えられます。ベンチの傾斜やダンベルの負荷に注意して、徐々に体を慣らしましょう。

初心者でもできる?

初心者でも行いやすいインクラインダンベルフライは、手軽にできるにも関わらず運動効果が高くなっています。大腰筋を鍛えたい初心者に適した運動です。

自宅でもできる?

道具を揃えやすいインクラインダンベルフライは、自宅でもできるインクラインメニューです。ベンチの設置場所を広めに確保しますと、腕を思い切り伸ばして運動できます。

用意するものは?

ダンベルとベンチとマットがあればできるので、他のインクラインメニューと同様にして、今すぐ始められる手軽さがあります。

インクラインプッシュアップのやり方

インクラインプッシュアップは、どのようにして取り組むのが良いのでしょう。

インクラインプッシュアップのやり方を知ろう

インクラインプッシュアップは、ベンチの高低差を使ってプッシュアップをする運動です。腕を鍛えるイメージがあるインクラインプッシュアップですが、実際には大胸筋を理想の形にすることができます。ベンチに手を掛けてプッシュアップをしますが、背筋をしっかり伸ばすのがコツです。

初心者でもできる?

筋力トレーニングの基本となるプッシュアップを行うインクラインプッシュアップは、初心者に最適な筋力トレーニングです。他のインクラインメニューに比べても特に進めやすく、初めてでも安心です。

自宅でもできる?

自宅でもできるインクラインプッシュアップは、ベンチ一つの手軽さが特徴です。自宅で空いた時間を使って空いたスペースでできるインクラインメニューとして、日頃の運動に利用することをおすすめします。

用意するものは?

トレーニングベンチ一つでできるインクラインプッシュアップは、バーベルもダンベルも不要となります。とにかく大胸筋を鍛えたい方は、今すぐインクラインプッシュアップを始めると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今まで大胸筋を鍛える良い方法が分からなかった方は、インクラインメニューを取り入れて理想的な体形を目指すのがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。