フリーウェイトとマシーントレーニングの違いまで一気にご紹介

トレーニング フリーウェイト

フリーウェイトとマシーントレーニングの違いはご存知ですか?筋力トレーニングを続ける上では、様々な聞き慣れない言葉や用語との出会いがあります。その中でも今回紹介するフリーウェイとは、良く見聞きする機会が多い言葉の一つです。マシーントレーニングとの違いなど、詳しい内容を把握して今後の運動に役立てると良いでしょう。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

フリーウェイトとは

筋力トレーニングでの鍛え方には様々なものがありますが、フリーウェイトとはどのようなものなのでしょうか。

フリーウェイトについて理解しよう

スミスマシーンやマシーンを使ったトレーニングではなく、パワーラックやペンチプレスのバーを用いたトレーニングであることフリーウェイトは、初心者からベテランとなる上級者まで幅広く活用できます。

マシーントレーニングよりも身近なフリーウェイト

大規模なマシーンを使うマシーントレーニングとは違うフリーウェイトは、自宅でも取り組みやすいメニューもあるので、より身近な筋力トレーニングとなります。特に初心者向けのメニューが多いので、女性や運動に慣れていない人にも最適です。

フリーウェイトの特徴や効果

フリーウェイトを行う場合に知っておきたいのは、その特徴や効果です。できる限り効率良く鍛えたいと願うのは誰も同じですが、特徴や効果を知っているだけで更に実践しやすくなります。一体どのような内容なのでしょうか。

自分自身でバランスをとりながら行うため、大きい筋肉から細かい筋肉まで鍛えることができる

フリーウェイトの特徴は、自分自身でバランスをとりながら進めるので、大きい筋肉だけでなく小さい筋肉まで鍛えることができます。全身を効果的に鍛えられるフリーウェイトは、多くの方が取り入れるべき運動です。

動きの微調整が可能

動きの微調整をしやすいフリーウェイトは、自分の習得度合いに合わせた鍛え方が可能です。つまり自分が鍛えたい部位だけを集中して鍛えるなど、理想的な筋力トレーニングを実現可能となります。

フリーウェイトの長所と短所

フリーウェイトの特徴や効果が分かりましたが、ここでは長所と短所も紹介します。フリーウェイトを実践する為には、良い面とマイナス面の両方を知っておくことが重要です。

全身をフルに使える

フリーウェイトは全身運動に最適で、体全体をフルに動かすことができます。このことはフリーウェイトの良い面となりますので、大きなメリットです。

個々の体に合わせたフォームによりしっかりと筋肉にきかせることができる

フリーウェイトは、個々の体に合わせたフォームを実践します。そのため筋肉にしっかり効果を与えることができますので、メリットとなります。

正しいフォームの習得が必要

フリーウェイトのマイナス面は、正しいフォームを覚える必要がある点です。正しいフォームができていないことで、せっかく時間を掛けて鍛えても運動効果が半減します。これはフリーウェイトのデメリットでしょう。

怪我の心配もある

怪我
フリーウェイトは怪我の心配があります。これはフリーウェイトに限った話ではありませんが、怪我のリスクが高いフリーウェイトは、マイナス面となる負傷には十分注意しましょう。

フリーウェイトができるまで

では実際にフリーウェイトができるようになるためには、どのような流れになっているのでしょうか。

フリーウェイトはどうすればできる?

フォームの習得が必要なフリーウェイトは、マシーントレーニングで慣れてフリーウェイトを行うと良いでしょう。もしくはバーソルトレーナーのレッスンをつけてから行うことがおすすめです。焦らずゆっくり習得しましょう。

パーソナルトレーナーって何?

パーソナルトレーナー
フリーウェイトのレッスン指導に適したパーソナルトレーナーとは、体づくりのインストラクターとして広く普及しています。数多くのパーソナルトレーナーが施設などで指導を行っていて、フローウェイトのレッスン時のアドバイザーとして最適です。

マシーントレーニングとは?


ではフリーウェイトとは異なるマシーントレーニングは、そのような内容になっているのでしょうか。

マシーントレーニングを理解しよう

一般的にチェストプレスやラットプルダウンなど、ジムに設置されている筋力トレーニングのマシーンのことを言います。特に決まった部位を鍛えたい時に有効で、理想の体形を目ますことができます。

自宅では無理?

ジムにあるようなマシーンを設置する場所が自宅にある場合は良いですが、ほとんどの場合はそのような環境が整っていないでしょう。自宅でのマシーントレーニングは難しいですが、マシーントレーニングの効果に近い運動をすることはできます。

マシーントレーニングの特徴や効果

マシーントレーニングには、どのような特徴や効果があるのでしょう。またフリーウェイトとは何が違うのでしょうか。

部位別に鍛えることができる

マシーントレーニングは部位別に鍛えることができるのが特徴で、自分自身でバランスを取りながら鍛えるフリーウェイトとは異なります。

しっかり確実に鍛えられる

マシーントレーニングは確実性が高い運動が可能で、しっかり鍛えられるのでより早く理想に近づくことができます。

マシーントレーニングの長所や短所

長所だけでなく短所もあるマシーントレーニングの様々な面を紹介します。良い所ばかりではなく、マイナス部分もあることを理解しますと、自分が望む運動がしやすくなります。

軌道が決まっているため、トレーニング初心者や女性にもオススメ

マシートレーニングのメリットは、すでに軌道がきまっていることが大きく、初心者や女性でも気軽に鍛えられます。マシーンは難しいイメージがありますが、実際には設定を済ませてしまえばあとは楽に操作できます。

安全性が高い

安全性が高い筋力トレーニングであるマシーントレーニングは、そのメリットを生かして多くの方が理想的に体を鍛えることができます。

全身が鍛えられず、トレーニングに慣れが生じる

しかしマシーントレーニングにもマイナスとなる面があります。それは、気になる部位を限定して鍛えることに特化しているため、全身を鍛えることが難しくなっています。また使用頻度が高まりますと、慣れてきてトレーニングが楽にできてしまう可能性があります。

マシーントレーニングがオススメな場合

ではフリーウェイトとマシーントレーニングで迷った場合、マシーントレーニングを選んだ方が良いのは、どのようなケースが該当するのでしょうか。

部位別に鍛える時に有効

全身を鍛えるのではなく、部分別に鍛えたい場合には、マシーントレーニングが有効です。例えば大胸筋だけを鍛えて立派な胸板をつくりたいなど、自分で自分をセルフコントロールできます。

初心者でも取り組みやすい

マシーントレーニングは初心者でも散り組みやすいので、フォームの習得が必要なフリーウェイトよりも適しています。特に普段運動の習慣がない方は、マシーントレーニングで体を動かすことに慣れるのがおすすめです。

筋力トレーニングをする時にあると便利なアイテム

自分自身の体に悩みやコンプレックスがある場合には、筋力トレーニングをして体に変化を与えることが有効です。辛く大変な運動ではなく、自分が楽しく取り組める内容がおすすめです。ではそのためには何があると役立つのでしょうか。

お気に入りのウエアやシューズ

ジムへ通う方はお洒落なウエアやシューズを用意しているかもしれませんが、自宅でのみ筋力トレーニングをしていますと、服装までこだわることがないかもしれません。しかしモチベーション維持に欠かせないウエアは、自分が好きなスポーツブランドのものにするなど、楽しみながら買い求められます。また通気性がよく着心地が良いものが沢山ありますので、上下1セット持っているだけでも役立ちます。

トレーニングマット

ヨガマットやピラティスのマットなど、様々な種類があるトレーニングマットですが、大きさやカラーだけでなく、厚みのバリエーションも豊富になっています。床に寝転んで鍛えることも多い筋力トレーニングの場合、体を保護するマットの存在は大きいでしょう。床を傷つけることも防げますが、騒音防止の効果も高く、集合住宅でも気兼ねなく自宅で筋力トレーニングが進められます。またジムへ通っている方でも、自宅で鍛える機会は沢山ありますので、トレーニングマットは人つっていると重宝します。

大きな鏡

筋力トレーニングに大きな鏡が必要であると想像しにくいかもしれませんが、正しいフォームの習得には、大きな鏡が役立ちます。実際に自分では上手く確認できないフォームをよく見ることができるのは、大きな鏡がある環境です。正しく動かしているつもりでも、だんだん崩れてしまう筋力トレーニングのフォームは、大きな鏡を用意していつでも確認できる環境を整えましょう。

ダンベルやバランスボールなどの器具

ダンベル バランスボール
筋力トレーニングをより身近に感じることができるダンベルやバランスボールは、自宅に用意していつでも体を鍛えられるようにすると安心です。負荷を変えることで自分仕様にできるダンベルや、柔軟な使い方ができるバランスボールは、男女年齢を問わず買うことが可能になります。筋力トレーニングにそれほど強い関心がなくても、ダンベルやバランスボールがありますと、体を動かす習慣が自然と身につきます。大きいものや重いものもあるので、無理をして買いに行くよりもオンラインショップなどで購入すれば、家まで届けてもらえるので安心です。スマートフォンに対応したサイトがほとんどですので、気軽に利用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか。フリーウェイトマシートレーニングは、それぞれの違いや特徴を理解して、長所や短所を知っておくことで、今後にしっかり活用することができます。フリーウェイトとマシーントレーニングに関心がある場合には、是非普段の運動時に取入れてみてはいかがでしょうか。