有酸素運動と筋トレの関係性。順番を間違えないように心がけよう!

ダイエット 有酸素運動 無酸素運動 効果的な順番

有酸素運動と筋トレの関係性をご存知ですか?並行して行う際に、順番を間違えないように心がけましょう!有酸素運動と筋力トレーニングを同時に行う場合、どちらを先に行うのがよいのでしょう。順番は関係ないのでは?と思ってしまいますが、実際にはどちらが正しいのかを一度考える価値は十分あります。今回は筋力トレーニングと有酸素運動の順番について紹介します。現在取り組んでいる方から、これから始める方まで是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

有酸素運動とは?

有酸素運動
よく耳にする有酸素運動について紹介します。

有酸素運動のことを理解しよう

有酸素運動とは、継続的で弱い力が筋肉にかかり続ける時は、エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させます。燃焼材料として酸素が必要になります。20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こるとされていて、ダイエットにおすすめです。

無酸素運動って何?

無酸素運動
瞬間的に強い力が必要な時は、筋肉に貯めておいた糖質であるグリコーゲンを主原料として使います。文字通り酸素を必要としないので、短時間しか運動できませんが筋肉を鍛えることができます。よって筋力トレーニングは無酸素運動に分類されます。

ダイエット向きはどっち?

有酸素運動は脂肪を燃焼させて、無酸素運動は基礎代謝を向上させますので、どちらの運動もダイエットには欠かせません。どちらか一方でも効果的ですが、両方行うことで効率良く脂肪を燃焼させることや筋肉を増やすことができます。

有酸素運動のメリットとは?

有酸素運動をするメリットはどのようなところにあるのでしょう。

脂肪燃焼効果がある

有酸素運動には脂肪を燃焼させる効果がありますので、頑張ることで気になる部位をシャープに引き締めることが可能です。どんなに頑張っても成果が出ないのでは嫌気がさしますが、有酸素運動は早い段階で効果を実感できるのも特徴です。

筋トレと有酸素運動をすることが大切

無酸素運動である筋力トレーニングと有酸素運動をすることで、より効率良く理想的な体形を目指すことができます。どちらか一方を頑張って取り組む方は多いですが、両方同時に行うことで脂肪を減らしながら筋肉が鍛えられます。男女年齢を問わず取り組みやすいメニューがあるはずです。

負担を掛けずに運動できる

筋力トレーニングや短距離走などの無酸素運動に比べますと、有酸素運動はウォーキングなどそれほどきつい運動ではないので、体への負担が少ないことで集中力が維持できますので、ケガのリスクもありません。

有酸素運動をするデメリット

有酸素運動は脂肪を燃焼するなどメリットがある一方で、デメリットが考えられます。一体どんなマイナス面があるのでしょう。

脂肪燃焼の即効性が一時的

脂肪燃焼の即効性が一時的であるとされていて、継続した脂肪燃焼が期待できるわけではありません。よって理想の体形を目指す為には、かなりの有酸素運動を継続的に行うことになります。

燃焼する脂肪量が少ない

頑張って有酸素運動をしても、燃焼する脂肪の量は思ったよりも少ないというデメリットがあります。これではモチベーションを維持するのが難しく、ダイエット目的での有酸素運動では挫折してしまう危険性があります。

運動をしても筋力アップは望めない

脂肪を燃焼する有酸素運動では、筋力トレーニングのような無酸素運動とは違うので、どんなに運動を頑張っても筋力がアップしてムキムキになるということは考えられません。

有酸素運動をやるタイミングはいつ?

では筋力トレーニング期間中には、有酸素運動をどのタイミングに行うと良いのでしょう。

筋トレをした後有酸素運動をしよう!

無酸素運動である筋力トレーニングをした後に、有酸素運動を行うと効果的です。この理由は無酸素運動をした後には基礎代謝が向上していますので、その状態で脂肪を燃焼する有酸素運動を行った方が自分の努力が成果となって表れやすいはずです。

今まで反対で行っていました…何か問題は?

特に順番が関係無いと思われる有酸素運動と筋力トレーニングの関係ですが、正しい順番の方がよいというだけで、特に間違えたからと言って健康被害があるわけではありません。しかしせっかく時間を掛けて行っている筋力トレーニングと有酸素運動ですので、正しい順番を把握して取り組みましょう。

筋力トレーニングのあと続けて有酸素運動?休憩は?

筋力トレーニングによって基礎代謝が向上した良い環境です。長く休憩してしまいますと、場合によってはもう動くのが嫌になってしまうかもしれません。水分補給などの休憩をはさんで、なるべく早く有酸素運動を開始するのがおすすめです。

有酸素運動と筋トレのコツ

有酸素運動と筋力トレーニングのバランスについて考えてみましょう。長く続けた方が健康的な肉体を目指せる黄金の組み合わせです。

脂肪燃焼したいなら筋トレの後、有酸素運動

脂肪を燃焼させる効果がある有酸素運動は、有酸素運動のみをするよりも、先に無酸素運動で筋力トレーニングを行った方がより無駄な脂肪を燃焼させられます。有酸素運動だけでは限られた分量の脂肪しか燃焼できませんが、無酸素運動を行った後で基礎代謝が向上した体の状態ですと、いつも以上に脂肪が燃焼できます。

体重を落としたいときは有酸素運動を多めに行なう

現実的な数値として表現される体重は、できれば少しでも減らして計測時の負担を減らしたいものです。体重を落としたい場合は、無酸素運動である筋力トレーニングよりも有酸素運動を多めに行うのがよいでしょう。筋肉量が増える無酸素運動の筋力トレーニングよりも、脂肪を燃焼させる有酸素運動を多く行った方が、体重の数値としては少なく表示されます。

有酸素運動は例えばどんなこと?

有酸素運動
よく耳にする有酸素運動ですが、どのようなものが含まれているのでしょう。

ウォーキング

有酸素運動の代表であるウォーキングは、気軽に始められる有酸素運動です。自分一人で行うのも良いですが、よりモチベーションを高めるために、家族や友人と一緒に始めるのがおすすめです。時には天候が悪くできないこともあるでしょう。そのような時でも無理せず、天候が良くなるまで休息期間と考えると長続きします。

水泳

水泳
水泳も有酸素運動になります。泳ぎに自信がない方は短時間でも十分効果があります。また休憩をはさみながら長く続けるなど、工夫次第で様々な取り組みができるのが水泳です。場合によっては水の中で冷えて体に良くないとも言われる水泳ですが、現在のプールはそれほど水が冷たいような環境でもなく、温水であるケースがほとんどですので安心です。プールへ通う際には、運動を兼ねて車で行くのではなくウォーキングや自転車で向かうのがおすすめです。

自転車

日常生活に一番取り入れやすいのが自転車です。最近は通勤に自転車を使う方も珍しくありません。数キロ先の勤務先まで自転車で通うことで、あえて運動の時間を設けることなく、通勤や通学の時間を使って体を動かすことができます。しかし自転車の運転は、時にスピードが出過ぎることもあります。安全運転で楽しみながら使ってみましょう。

室内でできる有酸素運動ってある?

有酸素運動は外で行うイメージがありますが、室内でもできますと天気が悪い日や忙しい日でも、家で運動する時間を設けられます。どのようなものがあるのでしょう。

ヨガ

室内でできる有酸素運動はヨガがおすすめです。一見すると簡単そうに見えるヨガですが、実際には正しいポーズや呼吸が求められる奥深さがあります。自宅で一人でもできるDVDや動画なども数多くあります。

ラジオ体操

ラジオ体操は何か運動をする際の準備運動と言う位置づけにされることが多いですが、ラジオ体操のみを一生懸命するだけでも、しっかり脂肪が燃焼できる運動となります。一度真剣に取り組みますと、普段自分がいい加減なラジオ体操をしていたかよくわかるはずです。

ストレッチ

ヨガやラジオ体操と同じように、簡単そうな動きでもしっかり柔軟できるのがストレッチです。メニューが豊富にあるので飽きずに続けられるのがストレッチの良さです。有酸素運動としての効果と共に、継続することで体が柔らかくなる可能性があります。

道具を揃えて満足?筋力トレーニングと有酸素運動に必要なアイテム

形から入ることも大切で、有酸素運動や筋力トレーニングを継続して頑張る為には、モチベーションを高める道具が必要です。何があると良いのでしょう。

トレーニングウエア

筋力トレーニングと有酸素運動をする場合には、普段着よりもトレーニングウエアを着た方が気分を高められます。服装から揃えるのは大切で、外へ出ることが楽しくなるはずです。今はカラーやデザインが豊富ですので、自分好みのトレーニングウエアを買い揃えると良いでしょう。

ランニングシューズ

ウォーキングをする際や筋力トレーニングをするジムへ行く際など、靴を履いて行うことが沢山ありますので、テンションが高くなるようなランニングシューズは一つ持っていると便利です。色やデザインでお気に入りのものを買って使うだけでもモチベーションが上がります。

マット

ヨガやストレッチをする時は勿論ですが、自宅で筋力トレーニングをする時にも使用します。安く購入できるものなので、好きなカラーバリエーションを選んで使用することがおすすめです。自分の体を守る目的と同時に、集合住宅などの場合は騒音防止にも役立つので、集合住宅にすんでいる方はトレーニング前に購入するのを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。有酸素運動と筋力トレーニングの関係性を知ることで、どちらを先に行う方がよいかなど、今まで知らなかったことやあまり意識しなかったことが分かったはずです。健康で適度に引き締まった理想的な肉体美を目指して努力を続ける方は、有酸素運動と筋力トレーニングの関係をしっかりと覚えておくのがおすすめです。是非今後のトレーニングに役立つようにしてみてはいかがでしょうか。