腕を太くするには?腕を太くしてたくましい体を手に入れよう!

上腕三頭筋 ダンベル 鍛える ゴリマッチョ パンプアップ

たくましさの象徴である腕の太さは、どのようにして作り上げることができるのでしょう。今回紹介する腕をたくましくする方法は、多くの方が憧れる体形を手に入れるために役立つ内容です。是非活用させてみてはいかがでしょうか。

腕を太くするにはどうすればいい?

腕を太くする 方法 トレーニング 
腕を太くしてたくましい印象を演出するには、どのような対策をすると良いのでしょう。

上腕三頭筋を鍛えることで太くできる


上腕三頭筋は上腕二頭筋の裏側に位置します。名前があまり知られた存在ではない上腕三頭筋ですが、上腕二頭筋以上に腕を太くすることに貢献する役割があります。上腕三頭筋はダンベルを使用することで鍛えられますので、鍛えたい部分を意識してより理想的な形に仕上げるのがおすすめです。

追い込む

筋力トレーニングで追い込むということは、限界まで追い込んで筋肥大を狙うということになります。筋力トレーニングは回数やセット数も大事ですが、正しいフォームで極限まで追い込んで初めて体に変化がうまれます。腕を太くしたい場合は、運動時に追い込むことが重要です。

超回復を利用する

超回復は筋力トレーニングに欠かせない時間です。闇雲に鍛える時間ばかりを設けるのではなく、休息させる時間をつくってその間に筋肉が大きく成長するのを待つことを超回復と言います。そのため、毎日腕を鍛える筋力トレーニングをする必要はなく、2日から3日程度休ませてから、次の筋力トレーニングをする日にちにします。しかし全ての筋力トレーニングを休むのではなく、腕を一度鍛えて次の鍛える日までの間は、他の部位を鍛える日にちにあてることが可能です。時間を有効にして筋力トレーニングを行いましょう。

体重を増やす

腕を太くする トレーニング 体重増やす
腕を太くして筋力アップを図るためには、体重を増やすことも重要です。しかし余分な脂肪を増やして単純に太るということではなく、筋力を増やして体重を増やすようにしますと、たくましい上半身が実現しますので、自然と腕も太くなります。

鍛える方法とは

腕を鍛えるためには、ダンベルを用いるのが良い方法です。筋力トレーニングをする方の多くは、自宅に専用のダンベルを用意している方も多いでしょう。一体どのようにして鍛えると効果的なのでしょう。

ダンベルで鍛える


ダンベルを使った筋力トレーニングの方法は沢山あり、比較的簡単にできメニューが多いので、初心者でも安心です。毎日同じメニューで行うのも良いですが、気分転換も兼ねて色々な種目に挑戦してみるのも良いでしょう。

ポイントは?

ダンベルで腕を鍛えるポイントは、鍛えたい部分を意識して行うことです。腕は洋服に隠れてしまうことが多いですが、薄着の夏ですと鍛えたことが良く分かる部分になり、周囲からも注目される機会が増えます。モチベーションを上げて鍛えるためには、人からの視線も有効に利用して、よりたくましい印象になる腕を目指しましょう。

いつもより重いダンベルで筋トレをする

筋力トレーニングでは負荷や重量との関わり方は重要で、無理をして重たい負荷を掛けるのは良くない印象があります。しかし腕を太くしたい場合は、普段よりも少し重いダンベルで鍛えるようにしますと、早い段階で腕に筋肉を付けることができますそれほど極端に重くするのは良くありませんが、ワンランクアップくらいの範囲で重くしますと、適度な負荷が掛かるので効果的です。

握力を鍛える

腕を太くする トレーニング 握力
握力と腕の筋肉はあまり関係がない印象ですが、腕の先に手があるということで筋肉同士が繋がっています、よって握力を鍛えることで腕が太くなり、腕を鍛えることで握力も強化できます。握力を鍛えるアイテムを使用するほか、懸垂などを行うことで握力が強化できます。

食べ物でも腕を太くすることはできる?

腕を太くするためには、食事面ではどのようなフォローをすると良いのでしょう。毎日行う食事から腕に良い行動ができますと、無理なく継続して腕を太くできるようになります。

おすすめの食材とは

腕を太くするということは、腕の筋肉量を増やすということになります。筋肉を大きく育てるためには、質の良いタンパク質やビタミンがおすすめです。卵や肉には豊富なたんぱく質が含まれていて、スーパーなどで手軽に購入できる食材は、毎日の食事に取入れやすいものばかりになります。そのほか野菜や果物、わかめなどの海藻類も大切で、ビタミンやミネラルもバランス良く摂取することで、腕の筋肉量を増やせます。

どんな調理法が良い?

腕の筋肉に良いからといって、過剰に摂取するのは良くありません。しかししっかり食べることも大切なので、調理法にもこだわって少ない量でも確実に必要な栄養素を吸収できます。焼く場合やゆでる場合でも十分満足できる調理法ですが、おすすめは蒸し料理となります。必要な栄養素が逃げ出さない最適な調理方法で、油を使用しないことから非常にヘルシーです。

味付けにも注意

せっかく蒸してヘルシーな料理にしたにも関わらず、たっぷりドレッシングなどを掛けてしまっては本末転倒です。もちろん多少の味付けがないと美味しく食べられませんが、素材の味が分からなくなるような味付けをする必要はありません。ダイエットの目的も兼ねて、基本的には薄味になれるようにしましょう。ポン酢はさっぱりしていますので特におすすめで、そのほかコショウを振りかけてスパイシーにすることもできます。

食べるタイミングも大事

仕事や学校でどうしても帰宅時間が遅い場合には仕方がありませんが、あまり遅い時間の食事が習慣化してしまいますと、腕を太くする前にお腹周りに脂肪がつくなども弊害がうまれます。夜間の暴飲暴食などは特に注意しましょう。

腕を太くするメリット

メリットがあるから多くの方が憧れる腕が太いことですが、一体どんな良いことが待っているのでしょう。

たくましい印象になる

男性の場合は上半身の大きさがたくましさを象徴できるような感覚があり、特に腕を太くすることで一層力強さが増します。強くたくましい印象はヒーローになったような気分が味わえ、大切な人をいざという時に守るためにも役立ちます。中には腕だけ鍛える方や、鍛え始めたきっかけが腕である方も多く、大切な部位となっています。

良く見える場所なので鍛えた成果が分かりやすい

半袖の季節でなくても洋服の上から太さが分かる腕は、鍛える価値が高い部位です。鍛えた成果がいつでも確認できるので、自分だけで満足したい時や周囲に注目されて満足したい時まで、大いに活用されるのが太く鍛えた腕です。

力仕事がスムーズになる

腕が太いことでのメリットは見た目だけではありません。筋肉量がアップしていますので、当然ですが力が増しています。重いものを持つ場合やそのまま運ぶ場合にも便利で、得に仕事で力を使う機会が多い方は最適です。

強さを表現できる

上半身の強靭な肉体は強さをアピールすることができます。例えば身長が低めの方や太れないやせ型の方は、少しでも男らしさを表現するために腕を鍛えて上半身だけでも鍛える方がいます。そのような場合にも腕が太くなりますと、それだけでも今までとは違う印象を周囲に与えられるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。腕を太くしてたくましい印象になるためには、ただ単に鍛えただけでは難しいことが良く理解できました。食事でのフォローも含めて、様々な工夫を重ねて理想の上に仕上げることがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。