体を鍛えるにはなにが必要?初心者でもできる筋トレ方法とは

体を鍛える 初心者 トレーニング 筋トレ方法 肩甲骨

健康や美容への関心が高い方が多い現代では、体を鍛えて心身共に元気齟齬している方が多くなっています。しかし実際に体を鍛えるためには、どのようなことが必要なのでしょう。今回紹介する内容は、初心者必見の筋力トレーニング方法などが充実しています。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

体を鍛える必要性はなにか

体を鍛える 必要性
体を鍛えて健康や美容に貢献させるためには、どんな必要性を感じて多くの方が取り組んでいるのでしょう。

身体機能を高める

身体機能を高めることは、体を鍛えることで得られる力です。特に運動が苦手な方や普段体を動かす機会が少ない方にとっては、とても必要性が高くなる項目となります。また年齢を重ねてからも元気に過ごせるのは、身体機能が充実している方が多いのも特徴です。

体力の維持

体力は年を重ねるたびに弱ってくるとされています。しかし普段から鍛えておきますと、それ以上体力が落ちてしまう危険性からは回避されるでしょう。

普段の生活をより豊かにする

体を鍛える楽しみがあるということは、普段の生活に潤いを与える効果があります。特に筋力トレーニングやジョギング、ウォーキングなどシンプルでもしっかりとした手ごたえがある運動は、継続させることで仲間が増えるなどもメリットも多数あるようです。

気分転換の方法として楽しむ

体を鍛えることを義務的に感じてしまいますと楽しめなくなりますが、気分転換やストレス解消法の一つと考えますと、気軽に普段の生活に取り入れることができます。無理のない範囲で体を鍛えることは、程よい緊張感を加える効果もあります。

体を鍛えるメリットはなに?

体を鍛える 初心者 トレーニング メリット
現代は楽をして生きることができる便利な世の中で、自分で意識をして身体を動かそうとしない限りは、全て機械がその場で行ってくれるような状況になりつつあります。体を鍛えることでどのようなメリットがあるのでしょう。

ストレス解消

体を動かすのがあまり好きではない方にとっては、運動することの方がストレスになるのかもしれません。しかしそれは激しい運動をする時で、軽いストレッチや散歩程度ですと、多くの方にとってストレス解消の意味として加わります。また違った景色を見ることができる散歩やウォーキングなどは、車や自転車では気づかなかった街並みの変化などが感じ取れます。

パワーの増進

シンプルで地味な運動は何も鍛える効果がないように思われますが、実際にはゆっくり動く時の方が体に大きな負荷がかかっている場合もあります。例えばヨガのように、静かな動きであっても体の内側にしっかりと効果が期待できる変化があります。

健康的な体を維持できる

運動の習慣がある方と何もしない方では、やはりカロリー消費量も変わります。そのため、少し過剰にカロリーを摂取してしまった時であっても、こまめに体を動かす方は、すぐに消化することができます。しかし動く主幹がない方の場合、そのまま脂肪として蓄積されてしまいます。食べないダイエットをする必要はありませんが、食べ過ぎたと感じた時には、早い段階で余分なエネルギーを消費してしまった方が、肥満などを解消できるはずです。

自分に対する自信がつく

体を動かす習慣は日常にも様々な変化が起こります。まずこまめに出歩くようになりますと、運動に相応しいウエアが必要になり、その洋服を無駄にしないように頑張って運動するでしょう。その結果健康維持が継続できることで自分に自信が持てるようになり、考え方も悲観的ではなく楽観的になります。無理な運動よりも短時間でも頻繁に体を動かして、心身共に健康になれるのは運動習慣の大きなメリットです。

初心者でもできる体を鍛えるおすすめの方法


初心者の方や運動があまり好きでない方は、どんなメニューから始めるとそのまま継続させることができるのでしょう。三日坊主という言葉がありますが、とにかく1週間頑張って続けますと、いつの間にか習慣化されて楽しみになります。早速挑戦してみてはいかがでしょうか。

ジョギング

体を鍛える 初心者 ジョギング
ジョギングと聞きますと、マラソン選手のように長距離を走るイメージですが、そんなに長く走る必要もなく、早く走ることもありません。慣れるまでは早歩きとジョギングを交互に行うなど、自分なりに工夫をすることで楽しみながら体を動かせます。普段履いている慣れた靴を使用することで、足が疲れる心配がありません。

ウォーキング

体を鍛える 初心者 トレーニング ウォーキング
多くの方が運動習慣に取入れているウォーキングは、おすすめのメニューです。一人で始めるのが寂しい場合は、友人や家族と一緒に行いますと楽しく会話をしながら歩くことができます。季節の変化なども自分自身で感じ取れるウォーキングは、初心者でも挫折する心配がないでしょう。天候が悪い日や気分が優れない日は、無理をせず休むようにするのは継続させる秘訣です。

筋トレ


筋力トレーニングと聞きますと、大きなマシンや重たいバーベルをイメージするかもしれません。確かに筋力トレーニングを行っているという満足感はありますが、初心者が急に難しいことを行いますと、思うように体が動かずに苦労して筋力トレーニング自体が嫌になってしまいます。初心者の場合は、自宅でダンベルを使った簡単な筋力トレーニングなどから徐々に始めますと、少しずつ体に変化が訪れて楽しくなるはずです。

腹筋・背筋

腹筋や背筋を鍛えることも良いでしょう。腹筋は自力で鍛えることもできますが、便利な腹筋ローラーを購入して鍛えますと、更にモチベーションをアップさせて運動できます。初めからノルマを高く設定するのではなく、10回や15回から開始してきちんとクリアできる喜びを体感するのも大切なポイントです。

体を鍛えるときの注意点

では実際に体を鍛える時にはどのようなことに注意すると良いのでしょう。

無理をしすぎない

無理をして鍛えても何も意味がなく、かえってストレスを増やすだけになります。目標に向かって頑張ることは大切ですが、自分自身が楽しめる範囲で取り組むのが大切です。習得できるようになってからレベルを上げるなど、自分のペースで進める工夫も導入しましょう。

継続できるようにする

せっかく始めた運動習慣は、できれば継続させたいものです。三日坊主で終わってしまいそうな方は、家族に宣言をしてサボりそうなときには声を掛けてもらうなどの対策をすると安心です。しかし運動自体が辛くなってきた時には無理をせず、少し休みを与えて様子を見る余裕も大事になります

自分ができることから始めてみる

年齢などから勝手に自分の基準を判断してしまうのではなく、個人差がある運動習慣は自分ができそうなメニューから始めますと楽しく続けられます。特にジョギングやウォーキングなどは、ウエアや靴などを新調して気分を高めることも良い方法です。

仲間を増やして情報共有する

体を鍛える 初心者 仲間 
自分一人で孤独に頑張るのも良いですが、運動習慣が身につくようになりますと、同じ時間帯に運動をする仲間や友人が増えてくるでしょう。積極的に話かけることが苦手な方は、挨拶だけでもしっかり行っておきますと、お互いに気分も良いはずです。

まとめ

いかがでしたか。体を鍛えることは大変なことではなく、習慣化させてしまうことで無理なく続けられるでしょう。運動をする機会が少ないことに悩んでいた方は、是非この機会に何か新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。継続をすることが何よりも大切で、継続することによって成果を実感できます。