筋トレで痩せるメカニズムは?毎週の日課に筋トレを行って体脂肪を減らそう!

綺麗な腹筋 くびれ 腹斜筋の鍛え方 筋トレ 、

筋力トレーニングで痩せることや体脂肪を減らすことが可能なのでしょうか。今回紹介するのは筋力トレーニングでの痩せるメカニズムで、習慣化した運動で体脂肪を減らす仕組みなど充実した内容です。興味がある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

筋トレで痩せるメカニズム

筋トレ トレーニング 痩せる メカニズム
筋肉量が増えて太るイメージがある筋力トレーニングですが、いったい筋力トレーニングを行って痩せることができるのでしょうか。

なぜ筋トレで痩せるのか?

筋肉量が増える筋力トレーニングですが、余分な脂肪が燃焼されてから筋肉は大きく育ちます。つまり筋肉がつくということは、脂肪が燃焼されたことが証明されていて、筋力トレーニングで脂肪を燃焼させて筋肉がつけられるということが理解できます。

ジム通いが有効?

筋力トレーニングはジムに通って行う方もいますが、自宅でしっかり鍛えて満足する方もいます。その方の性格や生活習慣によっても異なりますが、自分一人では怠けてしまう心配がある方や仲間と楽しみたい方は、ジムの利用がおすすめです。また費用が気になるなど自宅での筋力トレーニングが良いという方は、少し様子を見てからでも遅くはないので、慌てて申し込みする必要はありません。

男女や年齢によって痩せるタイミングに差がある?

筋力トレーニングで痩せる場合、新陳代謝や基礎代謝が活発な若い人のほうが、比較的早く結果が出ているようです。また女性は冷え性の方が多く、若くても新陳代謝や腰代謝が低下していますと、少し減量までに時間が掛かるようです。体質など個人差がありますが、それほど大きな違いはありません。

筋トレで痩せるメリットとは

筋トレ トレーニング 痩せる メリット
筋力トレーニングで痩せるメリットは、どのような点にあるのでしょう。

有酸素運動を取り入れるのは大変

有酸素運動=辛い運動をイメージする方も多いですが、長く続ける運動としては不向きです。また天候にも左右されやすい外での運動は、だんだん天気や体調を理由にしてサボる傾向にあります。その点自宅でできる筋力トレーニングは、テレビを見ながらでも取り組める手軽さがあります。

ジョギングが苦手な人は続かない

運動は得意な方がいる一方で、苦手な方が多いのも現実です。学生時代は体育が好きだった方でも、年齢を重ねてしまうことで運動習慣がなくなり、ジョギングなどで痩せようとしても難しくなります。筋力トレーニングは運動が苦手でもできることから、誰もが体を動かす喜びをもう一度思い出すことが可能です。

室内で短い時間で鍛えられる

筋力トレーニングはそれほど長く行う必要はありません。回数やセット数を重ねることよりも、正しいフォームでしっかり鍛えることが重要です。忙しい方でも短時間で運動できる筋力トレーニングは気軽に始められることから、自然とダイエットに繋がっていることもある運動となります。

筋トレで痩せるためには

では実際に筋力トレーニングで痩せるためには、どのような工夫をすることが求められるのでしょう。今まで何度も挫折した経験がある方や、リバウンドの繰り返しで痩せにくくなっている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

筋トレ後の有酸素運動が効果的

筋力トレーニングだけで痩せることも可能ですが、その後に有酸素運動を行いますと、更に効果が高まるとされています。筋力トレーニングの後で疲れていて無理なのでは?と思う方も多いでしょう。しかしそれほど長い時間有酸素運動をする必要はなく、クールダウンをする感覚で取り組むだけですので、是非試してみることをおすすめします。

始めやすいウォーキングから

筋トレ トレーニング ウォーキング
しかし有酸素運動にも様々なものがあります。しかし継続しやすく始めやすいメニューでないと難しいので、一番気軽なウオーキングが最適です。筋力トレーニングを自宅でおこなった方は、そのまま近くを歩きに行くだけでも十分効果的となります。またジム通いの方は帰りに徒歩で帰宅するなどしますと、筋力トレーニングの疲労感を解消しながら減量に貢献できます。

ジョギングもおすすめ

ウォーキングも良いですが、少し慣れてきた場合にはジョギングもおすすめです。筋力トレーニング後に走るのは無理…と思わず、試しに挑戦してみると良いでしょう。初めは辛いかもしれませんが、だんだん習慣化されて気持ち良くなるはずです。筋力トレーニング後の有酸素運動は、自分が好きなメニューを組み合わせることで、楽しみながら取り組めます。

筋トレで痩せるためにはどのくらいの期間が必要か

筋トレ トレーニング 痩せる 期間
筋力トレーニングで痩せるためには、短期的に結果が得られるとは思えません。一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか。

一週間のメニューは?

筋力トレーニングで痩せるためには、毎日鍛えた方が良いのでしょうか。しかし実際に毎日闇雲に鍛えるよりも、1日おきぐらいに筋力トレーニングを行った方が効率良く痩せるようです。ストレスとも大きく関わる減量は、無理でタイトなスケジュールは、かえって減量の妨げになります。1日おきぐらいに様子を見ながら取り組んだ方が、結果として早く効果が得られるようです。

一日どのくらいの時間行えばいいか

あまり長時間の筋力トレーニングは心身共に大きな負担となります。沢山頑張った方が痩せる…というイメージもありますが、あまり無理をせず30分程度の運動で十分でしょう。またこまめに水分補給や休憩を入れるなど、工夫をしながら筋力トレーニングに励むのが大事です。

休息も大切にする

筋肉は休息している間に大きく育つとされています。しっかり眠ることも大事な筋力トレーニング期間は、減量目的で行っている場合はより眠気が襲う可能性があります。無理をせず仮眠や昼寝をするなど、夜の睡眠だけでなく日中の休息にも気を配りましょう。

筋トレと食事管理の必要性

筋トレ トレーニング 食事管理 
筋力トレーニングでの減量には、食事の管理が必要不可欠です。無理な食事制限は不健康に痩せてしまうのでおすすめできません。一体どのような食事が理想なのでしょう。

筋トレ前後は何を食べればいい?

筋力トレーニングをしますと、運動をすることで様々な栄養素が消耗されてしまいます。タンパク質が重要な筋力トレーニングには、卵や肉など方法なたんぱく質をしっかり補給することが大切です。茹で卵や茹でた鶏肉など、いつでも体に補えるように持ち歩いていますととても重宝します。

おすすめの食事メニュー

カレーライスやパスタ料理も美味しいですが、定食のようにご飯とみそ汁が用意されていて、肉や魚、野菜や果物、大豆製品や卵料理などが少しずつ食べられるようなメニューがおすすめです。無理に糖質カットをして炭水化物を削減してしまいますと、スタミナ不足になってしまうので注意が必要です。

便利なプロテインも活用

筋トレ トレーニング プロテイン
筋力トレーニングをする際にはプロテインは欠かせません。就寝前や起床時、空腹時やトレーニング前後など、自分が好きなタイミングで飲むと良いでしょう。最近では飲みやすい商品が増えていますので、色々な味のものを試してみて楽しんでみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしかたか。筋力トレーニングで痩せるためには、運動だけでなく食事など様々な面からのフォローが必要であることが良く分かりました。今まで何度もダイエットに失敗してきて、リバウンドしやすくなってしまっている方は、是非この機会にリベンジを検討するのも良いでしょう。是非今後に活用してみてはいかがでしょうか