ジャンプ力を筋トレでアップしよう!おすすめのトレーニング方法とは

トランポリンダイエット

筋力トレーニングでジャンプ力をアップさせることはできるのでしょうか。今回紹介するおすすめのトレーニング方法を実践しますと、初心者でもジャンプ力を鍛えてベストなパフォーマンスができるようになります。一体どのような方法で取り組むのが良いのでしょうか。是非参考にすることをおすすめします。

ジャンプ力を鍛えるとどんなメリットがある?

ジャンプ力 筋トレでアップ メリット
高く上に飛び上がるジャンプ力は、鍛えることでどのようなメリットがあるのでしょう。今後役立てるために詳しい内容を紹介します。運動をする方も苦手な方も是非鍛えてみてはいかがでしょうか。

スポーツには欠かせないジャンプ力

ジャンプ力は運動をする方にとって欠かせない力です。例えばバレーボールやバスケットボールをする方にとっては、ジャンプ力を鍛えることで思い通りの競技スタイルが維持できます。また陸上競技をする方にとっても重要で、高跳びやハードルなどの跳躍競技では、ジャンプ力を鍛えることで思い通りの動きが実現できます。

スポーツ力が上昇

ジャンプ力は飛ぶことばかりを中心にした競技でなくても必要とされます。どのような競技でも飛ぶ力は求められますが、瞬発力を求められるサッカーや野球などをする方にとってもジャンプ力は有効で、スポーツをする際に役立つスポーツ力が上昇します。

道具や器具があった方が良い?

ジャンプ力を鍛えるために特別な道具や器具は必要なのでしょうか。ジャンプをする力を鍛えるためには、体一つあれば鍛えられるという手軽さがあります。確かに便利な道具や器具を用いることで効率良く鍛えられることもあるでしょう。しかし無くても鍛えられるのがジャンプ力を鍛えるメリットとなります。

子供でも鍛えられる?

ジャンプ力 筋トレでアップ 子ども 鍛える
成長段階にある子供こそジャンプ力を鍛える力が沢山あります。身長や体重が大人よりも少ない分、より身軽ですので鍛えやすくなります。また全ての面において成長段階にある子供は、吸収する力が大きいのでジャンプ力を鍛えるベストなタイミングです。

ジャンプ力に使う筋肉は?

ジャンプ力には下半身だけでなく上半身も大きく関わります。全身を鍛えておくことが求められるジャンプ力ですが、どの部位を鍛えておくと役に立つのでしょう。

ハムストリングス

太ももの裏側に位置するハムストリングスは、高く力強いジャンプをする際に重要な役割を果たします。たくましい太ももは、高くジャンプするだけでなく、自分が飛びたい位置に飛べる正確さも鍛えられます。女性は太ももを鍛えることを避ける傾向にありますが、引き締まった印象になる程度の筋力アップですと問題ないでしょう。

僧帽筋

肩に位置する僧帽筋は、ジャンプ力にはあまり関係がない筋肉のような印象ですが、上半身も重要な筋肉としてジャンプをする力に貢献します。上半身を鍛えておきますと、下半身を使ってジャンプをした時に体が高く持ち上がりやすく、思い通りの動きができます。

三角筋

三角筋は肩や上腕近くにある三角形のような筋肉で、スポーツをする方にとっては鍛える価値が高い筋肉です。また鍛えた効果が出やすい筋肉ですので、初心者でも思い通りの体形がつくり出せます。

腹筋

筋力トレーニングをする方の多くが鍛える腹筋は、ジャンプ力を強化する時にも欠かせない筋肉です。腹部は全身の中心にある筋肉で、上半身と下半身を繋ぐ重要性があります。理想のジャンプをしたい場合には、腹筋を鍛えるのがおすすめ
です。

広背筋

広背筋は文字通り背中にある筋肉です。背中の筋肉は後ろ姿を象徴する重要性がありますので、鍛える方が多い部位の一つとなっています。ジャンプ力を高めるためには、広背筋も大切な働きをしますので、鍛えにくい部位ですが工夫をして筋力アップしておくと良いでしょう。

ジャンプ力が上がるおすすめの筋トレ方法


ジャンプ力は筋力トレーニングで鍛えるのがおすすめです。一体どのような方法で筋肉量を増やすのが適しているのでしょうか。

目標を決めてひたすらジャンプ!

ジャンプ力を鍛えるためには、当然ですがジャンプをすることで大きな力が備わります。ジャンプ力をより手軽に鍛えるためには、目標回数を決めてとにかくジャンプする時間を設けるのがおすすめです。

片足でジャンプ力を鍛える

両足で飛ぶのも良いですが、片足でジャンプすることで更にジャンプ力を鍛えられます。また片足で動くということは、同時にバランス感覚を強化することもできます。

ジャンプ力には瞬発力も大切!

ジャンプ力は高く飛ぶ力と言う印象がありますが、スポーツをする時には瞬間的に判断をして身体を動かす瞬発力も大切です。ジャンプ力と同時に瞬発力も鍛えておきますと、競技中にも思い通りのプレイが実現するはずです。

ジャンピングスクワット


文字通りジャンプをしながらスクワットをするジャンピングスクワットは、下半身強化を始め、全身を鍛えて余分な脂肪を燃焼することができます。やり方は、スクワットする体勢をとって手を頭に後ろに回して、膝を曲げて腰を下げます。そのまま足を伸ばしてジャンプするのがジャンピングスクワットで、ダイエット効果も高いトレーニングです。

縄飛びを使ってジャンプ力を鍛えよう

ただ単にジャンプをするよりも縄跳びを使ってジャンプ力を鍛えることもできます。縄跳びは子供が遊びで使う物というイメージが強いですが、筋力トレーニングとしても有効に利用できるアイテムです。自宅に一つは置いてあるという方も多いでしょう。一体どのように活用するのが適しているのか紹介します。

ダイエット効果もある?

縄跳びはダイエットにも活用される便利さがあります。ボクサーが減量をする際に用いることでも知られているように、ジャンプ力を強化しながらダイエットにも役立ちます。より頻繁に行いますと更に効果的で、こまめな運動習慣によって脂肪が燃焼しやすくなることから、新陳代謝の活性化や基礎代謝の上昇なども期待できます。

縄跳びの選び方も大事

縄跳びはどのようなものが良いのでしょう。実際に使用する縄跳びはそれほど高級なものでなくても大丈夫で、自分が使いやすいものがおすすめです。長さが調整できるものですと、体形に合わせて変更できるので最適です。また足が引っ掛かった時に痛みを感じにくいような素材を選びますと、苦痛を感じずに練習できます。

回数や頻度は?

縄跳びの回数や頻度に特別な決まりはありませんが、例えば一度に100回行うよりも、分割して朝晩50回ずつなどにしますと、時間を短縮できるだけでなくこまめな運動習慣が身につきますので、ジャンプ力の強化に最適です。慣れてきた段階で回数を増やすことや、分割する回数を減らして取り組めるようになります。

筋力トレーニングと合わせて行うと更に効果的

縄跳びだけでジャンプ力を強化することもできますが、ジャンピングスクワットなどの筋力トレーニングを並行して行いますと、更に短い期間で理想の跳躍ができるようになります。その日のスケジュールや体調に合わせて、無理のない範囲で並行して行うことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。筋力トレーニングでジャンプ力を高めるためには、様々な方法や手段があることが良く分かりました。実際に取り組む際には、自分が目標とするレベルを決めて行いますと、いつまでもダラダラ時間を掛けること無く、短期的にマスターすることができます。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。