ぽっこりお腹解消!ドローインの正しいやり方と効果をご紹介

ぽっこり下腹を引き締める方法 自宅でできる筋トレを紹介

ドローインの正しいやり方を知りぽっこりお腹が解消できるかもしれません!腹部への悩みを抱える方は多いですが、思うような体形になれるダイエット法はなかなかありません。今回紹介するドローインは、ポッコリお腹が解消できる方法で、正しいやり方や効果を知っておくことで、いつでも理想の自分を目指せます。今まで何度も挫折した経験がある方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

ドローインの概要

お腹をへこませることができるドローインですが、一体どんな内容なのでしょう。実践するためには、詳しい状況を良く理解しておく必要があります。呼吸がポイントとなるドローインは、難しくないのでしょうか。

ドローインとは

テレビや雑誌などでも頻繁に特集されるドローインは、腹部をへこませることができるダイエット法です。お腹のたるみや脂肪の多さが気になるかたにおすすめで、余分な脂肪を減らしながら思い通りの体形に近づくことができます。

運動が苦手でもできる?

運動が苦手な方や嫌いな方もいますが、そのような方でも特別な運動神経や能力が求められるわけではないので、スムーズに始めることができます。ダイエットと聞くとどうしても運動や食事制限など、辛い思いを強いられるイメージがあります。しかしドローインは、初めての方でもその日から開始できる手軽さがあります。

柔軟性に自信がなくても取り組める

体が硬く柔軟性に乏しい方にとっては、ストレッチやヨガなども思うようにできないケースが多いです。しかしドローインは、体の柔らかさを求められる心配がありませんので、安心して始められます。ドローインの呼吸法を習得することで、自然と体に柔軟性が身につく可能性があります。

対象者は男女年齢を問わない

ドローインの良い所は男女年齢問わずできる点で、家族皆で同じ目的を持って楽しめます。特に高齢者の場合は、家でじっとしている時間が多くなってしまい、血流の悪さや足腰の老化が心配されます。しかし例え短時間でも体を動かすことで、体の内側から変身できるような気分になります。また家族で同じことをすることで、共通の話題が増えるなど、コミュニケーションツールとしてもドローインは役立ちます。

ジム通いに挫折した方におすすめ

お腹をへこませる目的で筋力トレーニングをするようになっても、思うように結果が結び付かずに、ジム通いに挫折した経験を持つ方も多いはずです。お腹周りは痩せにくく一度太ってしまいますと、思うように脂肪が落とせないのが現状です。しかしドローインを行うことで脂肪が燃焼しやすくなり、体の深部である体幹を鍛えることで腹筋を強化できます。

ドローインの効果とメリット

ドローインは手軽に始められるダイエットですが、どんな効果やメリットがあるのでしょう。内容や良さを理解して始めることは、長く継続させて美容や健康効果をいつまでも感じられる暮らしに繋がります。ドローインを行う効果とメリットを紹介します。

お金がかからない

特別な器具や道具がいらないドローインは、自宅にいながら効率良くダイエットができる方法です。今まで沢山のお金をダイエットに費やした方は、無料でできる簡単な方法に挑戦してみるのも良い経験です。またドローインはゆっくり効果が感じられる分、確実に体の脂肪を燃焼できるダイエットで、焦らずゆっくり取り組みたい方にピッタリな方法になります。

場所と時間を選ばずいつでもどこでもできる

ジムやエステに通うダイエットは、お金だけでなく時間を調整して通う手間があります。しかしドローインは自宅でできるダイエットですので、どこかへ出かける手間はありません。また好きな時間にできることから、スケジュール調整をして通う他の方法よりも気楽です。旅先や出張先など、自宅でない所でも継続してできることから、環境の変化によるストレスで太る心配がありません。

姿勢改善にも繋がり、腰痛の予防にも可能性がある

ドローインはダイエット効果だけではありません。姿勢が良くなることで腰痛予防にも繋がるメリットがあります。姿勢の悪さは見た目を老けた印象にするのは勿論ですが、腰への負担から腰痛になるリスクが高まります。しかしドローインを行いますと、姿勢を正すことで猫背が解消されて、腰痛予防に繋がります。ポッコリお腹以外に気なることがある場合は、特に実践する価値が高い方法です。

体幹周りの筋肉が鍛えられ、ダイエットに繋がる

体の中心部分であり深部となる体幹が鍛えられるドローインは、ダイエット効果が高い運動です。無理な食事制限などの不健康なダイエットは、体重が減少しても肝心な脂肪が燃焼しているとは限りません。体の内側から体質を変えて痩せたい場合は、手軽にスタートできるドローインが最適です。

新陳代謝が良くなって便秘解消が期待できる

最近では子供でも便秘で悩むケースがあるようで、男女年齢を問わず老廃物を上手く排泄できず悩んでいる場合があります。便秘が酷くなりますと食欲不振や吐き気のほか、肌荒れやニキビなど様々な部分に影響を与えます。しかし腹部を強化させるドローインを行うことで新陳代謝が活発になって、便通が促される可能性があります。不快な症状は、ドローンで改善するとあらゆる悩みを解消できるかもしれません。

ドローインでお腹を凹ます効果的な正しいやり方


お腹をへこませるドローインは、実際にどんなやり方で取り組めば良いのでしょう。自己流で進めるのも良いですが、正しい方法を知っておいた方が安心で確実です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドローインの基本的なやり方

基本を押さえてドローインをしっかり習得しましょう。お腹をへこませる動作の繰り返しであるドローインは、それほど難しい方法ではありません。背筋を伸ばした状態で立って、息を吐きながらお腹をへこませます。初めは上手くできないかもしれませんが、ゆっくり覚えましょう。

ゲッタマン式ドローインのやり方

ドローンにもいくつかの種類があります。ゲッタマン式のドローインは、腹式呼吸を取り入れた方法のドローインです。テレビなどでも多数紹介されたこのドローインは、ドローインの知名度を広めたきっかけのやり方です。

植森式ドローインのやり方

ゲッタマン式だけでなく、ドローインには植森式もあります。ドローインに関する著書を出版している植森美緒さんのやり方は、自身の腰痛改善をきっかけに考案された方法です。健康運動指導士の資格を持っている方が考えたものですので、安心して安全に取り組めます。

ドローインで腹横筋を鍛えるやり方

ドローインは腹横筋を鍛えることもできる運動です。腹横筋は腹部に位置する筋肉で、体幹を鍛える体幹トレーニングのような感覚でドローインをすることができます。腹横筋を鍛えることで、更に腹部を強化して理想の体形が目指せます。

座って行うドローインのやり方


立って行う印象があるドローインですが、座って鍛えることもできます。しかし立って行う時と特別違うことはありませんが、座っているということで安定性が高く、更に腹部を意識して鍛えることが可能です。時には気分を変えて座ってドローンに挑戦するのも良いでしょう。

ドローインを行う時間・期間・回数について

いつでもどこでもできる手軽さが特徴のドローインですが、行う時間や期間、回数についてはどのような決まりがあるのでしょう。基本的には自己流に進められる気軽な点が魅力ですが、ある程度の基本内容は把握しておいた方が安心です。是非今後に活用させていてはいかがでしょうか。

朝、昼、晩に分けて行うことがオススメ

ドローインは1日1回まとめて行うよりも、朝と昼と夜の3回に分けて行った方が効果的です。もちろん3回に分けることで1回あたりの負担が減るというメリットがありますが、それ以外にも1日中ドローインの効果を体内で発揮できるという良さがあります。それほど長い時間のトレーニングではないので、1日3回でも歯磨き感覚で継続できるはずです。1日のルーティーンの中にドローインを加えてみると良いでしょう。

最初は10秒から始め、徐々に時間を増やす

朝と昼と夜の3回に分けて行うことが理解できたドローインですが、1回の長さはどのようにすると良いのでしょう。初めから長い時間お腹をへこませるのは大変ですので、スタート時には10秒から開始して、徐々に増やすようにすると効果的です。しかし早く習得しようと無理をして進めるのではなく、自分のペースでドローインを生活に溶け込ませるのが理想です。ますは10秒お腹をへこませてみるのがおすすめです。

最初は1日1回から始め、徐々に回数を増やす

秒数と同時に回数も気になるドローインですが、こちらも徐々に回数を増やすのが理想ですので、初めは1回できただけで終了して構いません。しかし1回をしっかり行うことが大切で、しっかりお腹をへこませることで、例え回数が少なくても、体には変化が生まれる可能性があります。ゆっくり自分のペースで徐々に回数を増やして進めましょう。

すぐに効果を求めずとにかく続ける

静かに鍛えられるドローインですが、すぐに結果を求めてダイエットをしている方にとっては、頑張って我慢をするしかない場面が多いでしょう。即効性が期待できるダイエット法ではなく、体の内側から徐々に変化するドローインは、すぐに効果を期待してしまいますと、どうしても飽きて挫折してしまいます。お腹をへこませるだけの地味なダイエット方法であるドローインは、シンプルでも効果が期待できるやり方です。

フォームや姿勢を意識する

筋力トレーニングをする時のように正しいフォームがあるわけではありませんが、姿勢を正して行う点だけは意識した方が良いでしょう。背中が丸まった状態ですと、お腹をしっかりへこませても思い通りに効果が発揮されません。立って行う時も座って行う時も、姿勢を意識して取り組むのがベストなドローインのフォームとなります。

ドローインを成功させるポイント

せっかく始めたドローインで望み通りに腹部をへこませられるようになりますと、ダイエット以外のことにも挑戦しようという意欲が高まり、自分に自信が持てるはずです。ドローンを成功させるには、どのようなことに注意して取り組むと良いのでしょう。

丹田を意識する

丹田とは、へその下あたりにある筋肉で、丹田をつかって呼吸をしますと、脳内に神経伝達物質であるセロトニンが放出され、心が落ち着いて爽やかな気分になります。また集中力が高まるなどの効果が期待できるので、ドローンを行う際には丹田に意識を集中させて取り組むのがおすすめです。

ながらドローインを実践する

ドローインの最大のメリットは、何か違うことをしながらでも腹部を鍛えられる点です。いわゆるながらドローインが実践できますので、闇雲に必死になってダイエットをしている姿を周囲に知られることがなく、普段通りの生活をしながらお腹をへこませることができます。時間を有効利用できる点も大きなメリットで、仕事や家事をしている時だけでなく、車や自転車に乗っている時など、自分の活動時間を使って1日中腹部を鍛えることができます。

呼吸を止めずに行うこと

腹部をへこませることに意識を集中するドローインは、どうしても呼吸が疎かになってしまいます。しかし呼吸を止めずに腹部をへこませている時には息を吐く動作を繰り返すことで、理想的な腹部に変身できます。この時には呼吸だけでなく姿勢も意識して行いますと、基本に忠実な体勢でドローインを行うことが可能です。

1回ずつを丁寧に行う

初めは1回ずつ丁寧に行うドローインですが、慣れてきますとどうしても秒数や回数に意識が集中してしまい、1回ずつへの丁寧さがなくなってしまいます。回数や長く腹部をへこませることも大事ですが、それ以上に1回ずつをしっかり行う方が重要です。時々自分の取り組み方を振り返るようにして、見直しながらドローインを日常生活で続けてみましょう。

ドローインと腹筋運動との違い

腹部を鍛える運動と言えば、多くの方は腹筋運動を想像する方が多いのではないでしょうか。同じように腹部を鍛えるドローインと腹筋運動では、何がどのように違うのでしょう。それぞれの特徴を理解して、普段の生活に利用するのがおすすめの健康法です。

どこが違う?ドローインと腹筋運動

ドローインはインナーマッスル優位の運動で、腹筋運動はアウターマッスル優位の運動です。つまり、ドローインは体の深部や体幹を鍛えることができますが、腹筋運動は外側の部分を鍛えたい時に有効です。しっかり内容を把握しておくことで、自分に合ったトレーニング方法を見つけることができます。

ドローインと腹筋運動の両方やっても良い?

腹筋運動
ドローインと腹筋運動の違いが理解できましたかが、どちらの方法も実践して腹部を鍛えることが可能なのでしょうか。内側と外側のそれぞれ違う場所に働きかけるドローインと腹筋運動は、同時に行ってもそれぞれが鍛えられるだけですので、特別問題はないようです。興味がある方は、ドローインに腹筋運動を加えて更に腹部を強化させてみると良いでしょう。

どちらが効果的?ドローインと腹筋運動

ドローインも腹筋運動もそれぞれ異なる部分を鍛えていますので、比べてどちらに効果があるのかを決めることは難しいでしょう。目的に合わせて取り入れることができるトレーニングは、自分に合う方法ややり方を見つけて継続させることが、一番効果的とされています。なりたい体形や目指す自分を改めて想像してみるなど、腹部を鍛える意味を改めて考えてみるのも有効です。

ドローインと腹筋運動の違いを知っておこう

腹部を鍛えるのであれば、ドローインでも腹筋運動でも同じだろうと思ってしまいますが、実際にはインナーマッスルを鍛えるドローインと、アウターマッスルを鍛える腹筋運動に分類されます。違いを少しでも理解しておきますと、自分だけでなく周囲の人が同じような波を持っている場合に、適切な情報を提供できます。少しでも疑問に感じたことは自分で調べて、普段のドローイン生活に活用させるのがおすすめです。

ドローインを行う時の注意点

いつでもどこでも自由にできるドローインですが、取り組む際には注意事項を把握して、無理なく行うことが求められます。簡単にできるドローインだからこそ設けられているポイントを押さえて、楽しみながらドローインを継続させましょう。

無理をしない

気軽にできるドローインですが、自分自身がいつでも元気が良いとは言い切れません。たとえば、腰痛などがあるときは無理のない範囲で行うことが大事です。また気分が乗らない日もあるでしょう。そのような日も無理をして進めず、明日以降に頑張ろうとその日は休むことをおすすめします。義務的に進めてしまいますと、負担やストレスになってしまうドローインは、気軽に取り組む環境を自分なりに整えると良いでしょう。

体調が優れない時には回数を減らず

腰痛だけでなく日によっては付かれている場合や気分が悪い日など、休むほどではないけれど、何となく体が言うことを聞かないような日は、回数を減らしてドローインをするのがおすすめです。それでもダメだった日には、無理をせずやすむことで次の日以降にいつも通り行えるようになるはずです。

姿勢や体勢に注意する

ドローインはただお腹をへこませれば完成…というわけではありません。立って行う場合も座って行う場合も同じですが、背筋を伸ばすことが一つにポイントです。特に普段から背中が丸く猫背気味の方は、いつも以上に意識をして背筋を伸ばすのが大事になります。

回数を重ねるよりも1回を丁寧にする

沢山やることだけが目的ではないドローインは、1回ずつをしっかり丁寧に行う方が鍛えた効果が実感できます。長くお腹をへこませることや何度もお腹をへこませることも大事ですが、回数ばかりを意識することなく、1回に集中する要素が求められます。初めはそのようなスタイルでできていても、継続させている間に自分流に変更されてしまう部分があります。時々基本に戻って振り返ることも大事になります。

あると便利なドローインをする時のアイテム

特別な道具がいらないドローインですが、あると便利なアイテムはどのようなものなのでしょう。持っていることでより一層効果的に腹部をへこませることができますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

お気に入りのウエア

自宅でのトレーニングであっても、やはりスポーツウエアなどを着て行いますと気分が引き締まります。ドローインは腹部をへこませるだけの簡単な動きですが、継続させて理想の自分に変身するためには、実行する環境を整えることは大事です。お気に入りのトレーニングウエアを用意して、楽しくドローインを続けましょう。

ながらドローインに大切なウオーキングシューズ

違うことを行いながらできるドローインは、ウォーキングや買い物などで歩いている時間も無駄なく運動時間に使えます。そのためには、歩くのが楽しくなる運動時シューズがおすすめで、外に出る機会を増やして運動量を増やすこともできます。

水分補給も大事

大事な水分補給
夏場は喉が書くので頻繁に水分を摂取する方が多いでしょう。しかし涼しい時期や寒い季節になってしまいますと、水分補給を意識しないと行わなくなります。気が付くとほとんど水分を摂取しないで生活している場合もありますので、たとえドローインのような地味な運動でも、体を動かした後は水分を補給して喉を潤しましょう。この時には甘いジュースなどではなく、水やミネラルウォーターなどがおすすめです。

ドローインを実践した人の口コミ

ここでは実際にドローインを実践した方の口コミを紹介します。どんなダイエット方法やトレーニングなども同じですが、やはり実際に取り組んだ人の意見は忠実で、とても参考になります。これから実践する方だけでなく、現在ドローインを日常に取入れている方も、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考になる口コミ①

ドローインとかいうお腹凹ます運動と、米とか糖質控えてお菓子とジュースやめて鶏肉多めに食べる生活2週間続けてみたらウエスト2cm減った。そして体重が3kg減ったな…。
なんか痩せたっていうよりやつれた気がする。お腹がそこまで凹んでない。

参考になる口コミ②

久しぶりの、難波!運動がてらいっぱい歩きまーす!ドローインしながら歩くと結構くるからおすすめだよ!!

参考になる口コミ③

腰痛解消のトレーニングで最も重要なのはドローインです。ドローインとは簡単に言えばお腹を凹ませることです。普段の生活の中で常にお腹を凹ませておくことでインナーマッスルを鍛えることができ、腰の骨が安定し、痛みを発しないようになります。

実際にドローインを実践する人の意見は有効

SNSなどには数多くの口コミは掲載されているドローインですが、知名度だけでなく実践している人が多いことも良く分かります。口コミ①の方のように、食事制限と合わせて行うか方もいるようですが、あまり無理な食事制限は健康面に配慮する必要があります。また口コミ②の方は、いわゆるながらドローインで、歩きながらドローンを楽しく実践していることが良く分かります。

自分もSNSに投稿してドローイン仲間を増やそう

口コミの多くは、実際にドローインを実践した方の何気ない感想ですが、これから始めようとする方にはとても参考になります。もしもドローインを実践した感想を多くの方に表現したい場合は、SNSなどを使って自分の思いを表現して共通の仲間を増やすことも可能です。

とにかくドローインをやってみよう!

何も難しく考える必要もなく始められるドローインは、試して実践してみるのが一番良いでしょう。もしも自分に効果がないと感じた時には、やり方を改善するほかに違う方法でポッコリお腹を解消するしかありません。ドローインに興味がある場合は、とにかく開始してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。筋力トレーニングなどとは違い、腹部をへこませるだけで気になる部分の体形を変化させられるドローインは、初めてでも今すぐ始められる簡単さがポイントです。今まで何度もダイエットで辛い思いをしてきた方は、今度こそ理想の自分を手に入れるために、ドローインを開始することをおすすめします。是非挑戦してみてはいかがでしょうか。