前鋸筋はどこにある?肩甲骨との密接な関わりがある!トレーニングでさらに鍛えよう!

大胸筋の上部 鍛え方 大胸筋上部の役割 鍛える方法

筋力トレーニングをする方にとっては、自分が鍛えたい筋肉の名前や働きなどの情報をある程度知っておきたいのが本音でしょう。今回はあまり馴染みがない前鋸筋について紹介すると共に、どの位置に存在する筋肉でどのようなトレーニングが良いのかが理解できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

前鋸筋はどの部分?


前鋸筋は上半身にある筋肉で、鋸の文字が使用されている筋肉ということもあり、鋸の歯の様な形状が特徴となっています。肩甲骨に関わる筋肉でありながら、上部と下部に繊維が分かれていて、その多くは大胸筋や小胸筋に覆われています。

前鋸筋はインナーマッスル

前鋸筋は脇の下近くにあるインナーマッスルです。通称ボクサー筋と呼ばれる筋肉で、大きさがそれほどある筋肉ではありませんが、深部を鍛えることによって脇の下周辺を引き締めてスタイルアップや運動時の俊敏な動きに貢献します。

鍛えるメリットの紹介

前鋸筋を鍛えるメリットはどんな点にあるのでしょう。上半身にある前鋸筋は、インナーマッスルですので表立って存在する筋肉ではありませんが、胸に繋がる位置にあることから、胸板を厚くしたい時やより良い呼吸の体勢を整えたい時に有効です。またボクサー筋と呼ばれることもあり、ボクシングなどの競技で押し出すような動作をしたい時には、前鋸筋を鍛えると良いでしょう。

前鋸筋はあまり知られていない筋肉でも重要性が高い

名前そのものも有名ではない前鋸筋ですが、上半身の様々な働きに関係することもあり、その働きは大きくなっています。肩甲骨や胸などに関わる前鋸筋は、日々のトレーニングで地道に鍛えることでよい成果に繋がります。

どんな症状?前鋸筋機能障害

前鋸筋期の言う障害という言葉をしているでしょうか。表記通り前鋸筋に機能に障害が出てくることが分かりますが、長胸神経麻痺との関わりもある症状で、肩を酷使するスポーツ選手にとってはとても関わりが深い症状となります。

自宅で鍛える方法

前鋸筋は自宅で鍛えることができるのでしょうか。筋力トレーニングをする方の多くは、ジムへ通うというイメージがありますが、中には自宅での自己流トレーニングで満足している方もいます。上半身を鍛える前鋸筋は、自宅でのトレーニングでも十分強化できます。

前鋸筋の役割とは?

前鋸筋 場所 役割
脇の下近くにある前鋸筋はどのような役割がある筋肉なのでしょう。

肩甲骨との関わり方

前鋸筋は肩甲骨と大きく関わる筋肉です。また僧帽筋との関わりも深く肩甲骨の上方回旋に貢献します。更に1から9の肋骨にあることから、肩甲骨と胸郭の間を通って付着する幅が広い筋肉となります。

日常や運動時にはどんな役割がある?

前鋸筋は上半身にあることから日常生活だけでなく、俊敏な動きが求められるスポーツにも関わります。胸周辺にあることから呼吸を助ける働きや、腕を押し出す動作にも働きかけます。またボクサー筋という別名があるように、ボクシングや空手をする際の手の動きにも役立つ筋肉です。

前鋸筋は疲れが蓄積しやすい筋肉

前鋸筋は疲労が溜まることで、痛みや不快を感じる可能性があります。肩甲骨に違和感を覚える方もいる疲労時ですが、肩甲骨との繋がりが深い前鋸筋にも影響がある場合があります。多くは同じ姿勢で過したことで筋肉が凝り固まってしまうことがあるようで、ストレッチをして動かすようにしますと再び元に戻ります。

鍛えやすい?鍛えにくい?

筋力トレーニングをする場合、鍛えやすい場所と鍛えにくい場所があるかもしれません。しかし前鋸筋は、自宅でも簡単にトレーニングできる筋肉であり、頻繁に動かく上半身のインナーマッスルですので、しっかり鍛えますと高い満足感と運動効果が得られる場所です。

前鋸筋が痛い時の対策

前鋸筋が痛い場合はどのようなことが考えられるのでしょう。筋力トレーニングを行いますと、普段使用しない筋肉を動かしたことが影響して筋肉痛になる場合があります。この症状は初心者だけでなくベテランの方でもなる可能性があり、新しい箇所を鍛えることで筋肉が大きくなろうとしている証拠でもあります。痛みが気になる場合には、他の箇所を鍛えることに専念して、前鋸筋の痛みがなくなってからトレーニングを再開するのがおすすめです。

前鋸筋の主なトレーニング方法!

インナーマッスルである前鋸筋は、筋力トレーニングで鍛えることで、理想の体形を目指すことや運動時に思ったパフォーマンスを実現できます。一体どのようなトレーニングが有効なのでしょう。

チューブを使ったトレーニング方法


前鋸筋をチューブで鍛える方法は、ボクサーのパンチの動きにチューブを使用することです。チューブの負荷を使用することで胸にある大胸筋にも良い効果があります。チューブを使った筋力トレーニングは、自宅では勿論ですが旅行先や出張先でも鍛えられるのがメリットで、荷物の負担にならずにチューブを異動先へ持参して鍛えられます。

ダンベルを使ったトレーニング方法

前鋸筋はダンベルを使って鍛えることもできます。ダンベルを筋力トレーニングに欠かせない必須アイテムですので、自宅に1セット用意しておくことをおすすめします。

ショルダーフロート

前鋸筋を鍛える筋力トレーニングの代表であるショルダーフロートのやり方は、仰向けに横になって両手でダンベルを持ちます。下にさげた状態のダンベルを上に持ち上げます。この時肩甲骨をよく動かすようにしてゆっくり動作させるのがポイントです。

ダンベルプルオーバー

ショルダーフロートに似たダンベルプルオーバーですが、どちらも前鋸筋を鍛える筋力トレーニングとして有効です。やり方は、仰向けになって両手にダンベルを持ちます。そのまま腕を伸ばしてダンベル同士を合わせ、縦にした状態で胸元に引き寄せます。この時胸の上にダンベルを完全に乗せてしまわないように気を付けましょう。

バランスボールを使ったトレーニング方法

前鋸筋は様々なトレーニング器具を用いて鍛えることができますが、バランスボールを使って鍛えることも可能です。バランスボールの上に横になって、柔軟な動きに対応しながら前鋸筋をストレッチするようにして伸ばします。あまり動き過ぎますと転倒の危険性がありますが、左右上下に自由に動かすことで筋力アップが望めます。自分が使いやすいバランスボールを用意して取り組みましょう。

腕立て伏せ

腕立て伏せも前鋸筋を鍛えることができる運動です。簡単そうに見える腕立て伏せですが、正しいフォームをマスターして行わないと、思ったような筋力アップが期待できない場合があります。回数やセット数にこだわって急いで取り組むよりも、力任せにせずゆっくり腕の曲げ伸ばしをして鍛えるのがおすすめです。

筋トレ後はストレッチも大切!

筋力トレーニングをしっかり行っても、その後のストレッチをせず放置してしまうのでは、せっかく鍛えた筋肉の効果が半減してしまいます。どのような方法でケアをするのが良いのでしょう。

おすすめのストレッチ方法!

前鋸筋 場所 肩甲骨との密接な関わり ストレッチ方法
前鋸筋をストレッチする場合には、ヨガでいう猫のポーズがおすすめです。このストレッチはとても前鋸筋が伸びる上に、前鋸筋以外にも背面の筋肉全般がリラックスします。例えばデスクワークの方などは試す価値が高いストレッチです。やり方は猫が伸びをしたようなポーズで、両手をついた状態で両足もしっかり伸ばして三角形のような形を体でつくります。またリバースプッシュアップもおすすめです。ベンチなどに後ろ向きで手を掛けて、腕の力のみで体を上下させます。筋力トレーニングの一種であるリバースプッシュアップですが、ゆっくり動作しますと良いストレッチになります。

ほぐすことで筋力アップを更に増加

前鋸筋の筋肉を理想的にするために筋力トレーニングで鍛えることばかりに集中してしまいますが、ほぐしてストレッチすることもとても大切です。動かして鍛えてばかりでも大きく育たない筋肉は、目に見えない存在であることでどのように接したら良いか分からないこともあります。前鋸筋を鍛えて理想の体形を目指す際には、ストレッチでほぐすことも忘れずに行いましょう。

ストレッチと共に休息も大切

筋力トレーニングに欠かせない項目であるストレッチですが、そのストレッチと同じぐらい大切なのは休息です。早く結果を出したいと考えますと、毎日闇雲に鍛えようと考えてしまうかもしれませんが、実際には休息期間を設けてしっかり筋肉を休ませることが重要とされています。実際に筋力トレーニングをする方の多くは、1週間の中で2日から3日程度しかジムに通っていない場合がほとんどです。中には鍛える場所をローテーションさせることで毎日のようにトレーニングをする方もいますが、そのような場合でも同じ場所を毎日鍛えるようなスケジュールを組むケースはほとんどありません。

前鋸筋を鍛えた効果を実感するのはどんな時?

前鋸筋はボクサー筋と呼ばれていますので、やはりボクシングや空手を行う方にとっては、競技中や練習中に効果を実感できるはずです。また呼吸をしやすく整える効果もある前鋸筋の筋力トレーニングは、アスリートだけでなくあまり運動をしない方でも、日常生活で筋力トレーニングの効果を時間できる筋肉です。

まとめ

いかがでしたか。筋力トレーニングをする方の中でも知らない場合が多い前鋸筋は、様々な役割や働きがあることが分かりました。また身近なトレーニングアイテムで鍛えられることから、初心者でも女性でも簡単に始められる良さがあります。前鋸筋は思うように鍛えられない場合があるかもしれませんが、地道にトレーニングをすることで、脇周辺が引き締まった理想的な体形を手に入れられます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。