縫工筋の役割は?さまざまな筋肉をサポートする縫工筋の鍛え方とは?

縫工筋の役割 さまざまな筋肉をサポート 鍛え方

縫工筋という筋肉をどれだけの人が知っているでしょうか?体の中には様々な筋肉が存在していますが、その中には良く知っている筋肉から、あまり知らない筋肉まで様々です。今回紹介する縫工筋は、どちらかと言うとあまり名前が知られていない存在でしょう。縫工筋の鍛え方や役割を紹介すると共に、縫工筋がどのような働きをする筋肉であるかよく分かります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

縫工筋はどの部分?


工筋は太ももにある筋肉で、人体にある筋肉で最も長いと言われています。股関節と膝関節の両方の働きに関与する縫工筋は、様々な動きに貢献する特徴があります。縫工筋という聞き慣れない言葉に、体のどこにある筋育であるのかイメージしにくいですが、下半身にある他方面の筋肉と共に働く筋肉であると覚えておきましょう。

縫工筋を日常生活で使うのはどんな時?

縫工筋は日常生活でどのような働きをするのでしょう。有名な働き方としてはあぐらをかく際に役立てられています。縫工筋の名づけの由来に持っているあぐらは、股関節の屈曲を始め膝の屈曲にも関与するため、縫工筋の働きなくしては存在できません。あぐら以外の行動では、バイクや自転車を降りる際など膝を曲げる動きに役立てられます。普段の生活の何気ない行動で動かす縫工筋は、細長い筋肉ですがとても重要性があります。

運動をする時の縫工筋の働きは?

ではスポーツをする時にはどうでしょう。縫工筋はサッカーや水泳で平泳ぎをする際など、下半身の細やかな動きに働きます。その他にはボクシングや空手など格闘技をする時にも宝庫菌は必要とされます。膝や股関節の柔軟性が求められるスポーツをする際には、瞬間的な動きに対応できる縫工筋が役立ちます。

ストレッチをする時には動画で確認

縫工筋をストレッチする場合には、自己流で適当に進めてしまうのではなく、細かな動きがチェックできる動画を活用するのがおすすめです。言葉での説明や文章でやり方を読み解くよりもしっかりやり方が分かりますので安心して利用できます。同じような動画に見えても内容には差がある場合があります。自分で確かめて見やすい動画を探すのも楽しい時間となります。

縫工筋は人体で最も長い筋肉

あまり名前が知られていない筋肉である縫工筋ですが、人体にある筋肉の中で最も長さがある筋肉とされています。その長さを活かして股関節だけでなく膝の動きにも関与します。しかし長さは人体で最大でも幅は2センチ程度とそれほど太い訳ではない縫工筋は、日常でも運動時でも様々な働きに貢献する筋肉です。

縫工筋の特徴や役割は?

縫工筋の特徴や役割をどのようになっているのでしょう。ただ筋肉の名前だけを覚えているよりも、どこの筋肉がどのような特徴や役割があるのか知っておくことは大切です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

他の筋肉のサポートとして働く機能がある

縫工筋は縫工筋のみで働くという筋肉ではなく、他の筋肉と連動することでより良い働きをする特徴があります。例えば股関節の屈曲に貢献する際には、腸腰筋が働くことが有名ですが、腸腰筋と同時に働きをサポートしているのが縫工筋です。他の筋肉のように、縫工筋のみを鍛えてストレッチをするのではない特徴があることを、改めて覚えておくことをおすすめします。

あぐらをかく際に必要な筋肉

縫工筋の役割 さまざまな筋肉をサポート あぐら
椅子での生活が多い現代人はあまりあぐらをかくような機会がないかもしれません。しかし縫工筋はあぐらをかく時に役立つ筋肉です。股関節と膝関節の両方に働きかける縫工筋は、日常の何気ない動きに必要となります。

自転車をこぐ時などの膝を曲げるときに必要な筋肉

自転車をこぐ時やバイクを降りる時には、膝を曲げて自転車を動かす上にバイクを降ります。膝関節の屈曲に関わることもあり、パワーよりも柔軟性が求められる筋肉です。筋力トレーニングで強靭に鍛えるというよりも、必要に応じてしなやかな動きができる柔らかさが求められます。

縫工筋は触診することができる

縫工筋は触診できる筋肉です。触診とは肌の上から筋肉の存在を触れて確かめられることで、基本的には医療機関で医師や理学療法士などの専門スタッフが行うことですが、自己触診もできます。痛みや違和感がある場合など、触診を必要とする時があるかもしれません。慣れるまでは不思議な感触に驚くかもしれませんが、回数を重ねる間にスムーズにできるようになります。

縫工筋の鍛え方とは

では縫工筋を鍛える際にはどのようにすると良いのでしょう。それほど難しいトレーニングはなく、普段の生活時間の中から取り組む環境を設けられる手軽なものばかりです。パワーを増すことよりも柔軟性が期待される縫工筋は、どのようにして鍛えるのが良いか紹介します。

ステップアップで膝を使った筋トレ方法

ステップアップは踏み台や階段などの上り下りで縫工筋を鍛える方法です。階段の場合はそれほど段差がないので、踏み台を使って取り組んだ方が高い運動効果が得られます。たまに両手にダンベルを持って行いますと、より負荷を掛けて縫工筋を鍛えられるでしょう。

レッグレイズで下半身を一緒に強化しよう


レッグレイズは縫工筋を鍛えるトレーニングとしておすすめです。やり方は、トレーニングマットをして仰向けで横になります。そのままの状態で下半身をできる限り90度に近い状態まで持ち上げ、床につくギリギリのところまでおろします。その後また下半身を持ち上げる動作をするのがレッグレイズです。縫工筋が関わる膝関節や股関節を柔軟にする働きがあります。

縫工筋は単体ではなく他の筋肉と一緒に鍛える

一般的な他の筋肉と異なる特徴が多い縫工筋は、単体で働くというよりも、その他の筋肉との働きによって動きます。よってしっかり鍛えてパワーを増すというよりも、他の筋肉を陰で支える存在として大きな働きがポイントです。

下半身を鍛えるとダイエット効果が高まる

下半身の強化は下半身のみがしっかり働ける筋力が備わる印象がありますが、実際には全身の健康にも大きく関係します。筋肉量が多く体を支える存在である下半身の筋肉は、鍛えることで基礎代謝が向上して、脂肪が燃焼しやすい体に体質改善されます。今まで冷え性で悩んでいた方にとっても、下半身の強化は悩みを解消する手段の一つとなります。

縫工筋が痛むときの原因と対処法は?

縫工筋 痛む 対処法
細く長い縫工筋ですが、日常生活や運動をする中で、場合によっては痛みを感じる時があります。縫工筋が傷む原因とどのような方法で治すのが良いのか紹介します。

痛むときの原因は?

縫工筋が傷む場合、膝の内側の付着部付近に痛みが出るようになります。指で押すと圧痛があるのが特徴です。股関節を90度以上に曲げて長時間座っていることが困難になります。あぐらや体育座りを続けることが困難な場合は縫工筋の機能障害の可能性が考えられるでしょう。また縫工筋は、妊娠や産後の腰痛の原因となっている筋肉の一つでもあります。太ももの前面から外側にかけて過敏になり、他人に太ももを触られて非常にくすぐったい過敏な状態は縫工筋が関係している場合があります。縫工筋の反応点を調整してくすぐったさが軽減すれば縫工筋が傷害されていると考えられます。縫工筋は股関節や膝の動きをサポートする筋肉であるため、機能低下がおきると他の筋肉に過大なストレスがかかるようになり、腰痛や膝の痛みの原因になります。

どうすれば治る?

ではどうすれば症状が改善するのでしょう。どのような箇所が痛い場合でも日常生活に影響がありますが、縫工筋の場合は股関節や膝関節に関係することから、快適な環境が保たれていない状態は不都合が多いかもしれません。痛みを完全に取り除くことが難しい場合でも、症状を軽減できるのはマッサージです。気になる症状が出てきたら自分でできるマッサージは、とても便利な改善方法となります。インターネットなどで調べますと、良いマッサージ方法が紹介されていますので、参考にするのがおすすめです。

縫工筋に良いマッサージ方法

縫工筋が凝り固まっている場合には、痛みや不快を生じてマッサージが必要になります。自分で行うのが難しい場合は、家族やパートナー、友人などにお願いをしましょう。仰向けの状態なって、施術者は施術を受ける人の足元に立ちます。膝から指四本分ぐらい上の位置から脛の付け根にある縫工筋の停止部に向かって親指を使ってもみほぐします。特に膝の内側にある膨らんだ部分と脛の内側にある縫工筋の停止部はしっかりと圧を掛け入念にもみほぐしましょう。またうつぶせになって施術を受けることも可能です。やり方はうつ伏せに寝て片方の脚を持ち上げ膝を曲げます。そのまま脚を施術者の膝の上に乗せる感じで固定し四指を使って縫工筋をマッサージします。この体勢は縫工筋が緩んだ状態で行えるマッサージなので軽い力でもほぐれやすく、仰向けの状態でのマッサージより即効性があるのが特徴です。但し、マッサージをする際の姿勢が慣れるまで難しく、高齢者にはこの姿勢を取ること自体ができない場合があります。無理のない範囲で行いましょう。

心配な時は医療機関を利用する

どうしても縫工筋の痛みや不快な症状が治らない場合は、我慢せず医療機関やマッサージの施術を受けられる整体院などを利用することをおすすめします。少しの痛みなので問題ないと自己判断してしまうことが多いですが、膝や股関節に関わる縫工筋の場合は、日常生活に支障をきたす可能性があるので油断は禁物です。通院しやすい医療機関や整体院を探すことで症状緩和が期待できます。

まとめ

いかがでしたか。縫工筋の役割は他の筋肉との関わりによって働きによって、日常生活から運動をする時まで幅広く活用されます。縫工筋という筋肉の名前はあまり知られた存在ではありませんが、人体にある筋肉の中で一番長さがある筋肉であることは、覚えておいて損がない知識となります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。