首の筋肉は鍛えることはできる?おすすめのトレーニング方法

首の筋肉 鍛える おすすめ トレーニング方法

首の筋肉を鍛えるにはどうするべきかをご存知ですか?首には沢山の筋肉が存在していて、人体に大切な筋肉が多くあります。大事な働きをする首の筋肉は、丈夫に鍛えることが有効です。今回は首の筋肉を鍛える方法やおすすめのトレーニング方法などを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

首の筋肉には種類はあるの?

首の筋肉 鍛える 種類
首の筋肉は顔を支える重要な働きを始め、人体に様々な貢献をする役割があります。斜角筋や胸鎖乳突筋などがあり、1種類の筋肉で構成されているわけではないことが分かります。首には人体に影響を与える様々な筋肉があるようです。

首を鍛えることは脳を守ることに繋がる

日常生活ではあまりないかもしれませんが、ボクシングなど格闘技をする方にとっては首を鍛えておいた方がよいでしょう。頭に衝撃が加わった時に首を鍛えておくことで、衝撃を首で吸収できます。大切な脳を損傷してしまうリスクを回避するため、格闘技をする方は首をしっかり鍛える傾向にあります。

肩こりと同じぐらい注意した方が良い首のコリ

不快症状の代表として取扱いされる肩こりがですが、実際には肩こりと同じように首のコリについても深く考えた方が良いでしょう。首には沢山の神経が集まっていて、首が凝ることで頭痛などその他の症状があらわれます。肩こりも大変な症状ですが首のコリにも注目した方が健康的な生活を送れます。

首は筋肉痛にもなる?

筋肉が存在する場所はトレーニングのやり方や急な運動などによって、筋肉痛になることはよくあります。首にも沢山の筋肉が存在していますので、筋肉痛になることは十分考えられます。首に痛みがありますと、日常生活にも不便さを感じますので、早めに不快な症状を取り除くようにしましょう。

ストレートネックを理解しよう

ストレートネックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。スマートフォンなどを操作する時の姿勢が正しくないことが影響していて、結果として骨盤のゆがみや猫背の原因などに繋がっています。ストレートネックは、若い方を中心に多くなっている症状ですが、年齢を問わず気を付けた方が良い症状です。

首を鍛えるとこんなにメリットがある!

首を鍛えるメリットにはどのようなことがあるのでしょう。内容を知っておきますと、鍛える時のモチベーション維持にも貢献します。

体のバランスを安定させることができる

上半身の中心に位置する首の筋肉は、顔を支える存在でありながら上半身ともつながっている重要性があります。人体の中でも中心的な役割がある首の筋肉は、体のバランスを安定させることができます。

運動機能も安定する

首の筋肉は体のバランスを安定させると共に、運動機能も安定します。運動機能を安定させることは、アスリートだけでなく一般人にも大きく影響するようです。首の筋肉は日常生活にも関わり、必要とされる機会も沢山あります。

呼吸器系にも効果的

首の筋肉は呼吸器系にも関わります。激しい運動をする場合などは、首にある筋肉である前斜角筋や中斜角筋、後斜角筋をしっかり鍛えておきますと、呼吸の質が向上しますので、すぐに元通りになれます。

首こりの解消にも繋がる

首のコリは肩こりと同じように日常生活に影響を与える症状です。沢山の筋肉があり神経が通っている首は、鍛えることで首のコリを解消できるようになります。首が凝ってしまうのは、筋力不足が大きく関係しています。首のコリが気になる方は、首を鍛えて症状緩和を目指すと良いでしょう。

たくましい印象になる

首を鍛えるということは筋肉量が増えますので、首が太くたくましい印象になります。男性にとっては肩周りや胸周りを鍛えても、首が貧相に見えて困っている方もいるでしょう。そのような場合は、首を鍛えてたくましく見える自分を演出するのがおすすめです。

首をトレーニングする方法は?

では実際に首を鍛えるのは、どのようにトレーニングをするのでしょう。

重りを使ったトレーニング方法

首を鍛える方法がどんな種類があるのか想像つかない方も多いでしょう。首を鍛える時には、重りを使って鍛えるのがおすすめです。首を鍛える専用の道具を使って鍛えますと、トレーニングベンチに横になって首の筋肉を強化できます。

ネックラテラルエクステンション


ネックラテラルエクステンションは、斜角筋群や胸鎖乳突筋を鍛えることができます。やり方は、レジスタンスバンドをセッティングして首を傾けて引っ張ります。抵抗に逆らって引っ張られる方向とは反対の方向に倒します。反対側も同じように行い、左右バランス良く強化します。

タオルを使ったトレーニング方法

首を鍛える時にはタオルを使用したトレーニング方法もあります。後頭部にタオルを回して、タオルの両端を引っ張って前方に倒します。抵抗力に耐えることで首の伸展を行って鍛える方法です。自宅でもできる簡単な方法で、特別な器具がない環境でも首の筋肉を強化できます。

どのくらいで成果が出る?

首の筋力トレーニングはどのくらい続けると成果が出るのでしょう。1日や2日ではすぐに成果が出ませんが、早ければ1か月ぐらい経過した段階で、首周りに変化が訪れるでしょう。短期的に結果を出したい時でも、無理をしてトレーニングを行わずに、気長にトレーニングの成果が出るように頑張るのがおすすめです。

毎日行う方が良い?

首に限らず筋力トレーニングをする場合には、同じ個所を毎日鍛えるというよりも、定期的に休息期間を設けるのがおすすめです。首を鍛える場合にも毎日行うのではなく、2日から3日おきに筋力トレーニングをした方が、休息期間中に筋肉量が増やせます。理想的な筋肉に育てたい場合は、間を空けて鍛えるメニュー構成をおすすめします。

日常生活から首を酷使しないようにする

現代は普段から首を酷使する生活する方が多くなっています。同じ姿勢で長時間作業をするデスクワークの方や、ゲームなどを長い時間楽しむ方など、夢中になることで首に大きな負担を掛けるような姿勢をしていることがあります。その時には特に症状がない場合でも、疲労が蓄積してある時に痛みや不快を感じるかもしれません。定期的に休憩時間をつくるなど自分で工夫をしながら首をケアすることが大切です。

首の筋肉はこることもある!おすすめのストレッチ方法


首の筋肉が凝ってしまった場合には、効果的なストレッチ方法を知っておきますと、その場で症状緩和ができます。

手で首の筋を伸ばそう!

首のストレッチは基本的に手軽に簡単に取り組めることがポイントです。首の筋を手で伸ばす方法は、凝った部分を柔軟にすることができます。痛みや不快を感じた時だけでなく、日常的にストレッチしておきますと、症状を感じにくくなります。

お風呂で温めながら首をほぐそう

入浴時間を有効に使って首をストレッチするのも良いでしょう。首が凝ってきますと肩回りまで重苦しくなるかもしれません。そのような時には、お風呂で体が温まった状態の時に首をストレッチするのがおすすめです。血行が良くなりますと、凝り固まった部分が柔軟になってきますので、気になる症状が軽くなります。

同じ姿勢を長時間しない習慣を!

正しいストレッチの仕方を覚えておくことも大切ですが、日常生活の習慣から変えていくことも大切です。特に首への負担が大きい同じ姿勢での作業は、定期的に休むことで症状を発症する可能性を低くできます。普段の生活で当たり前に行っていることを、自分なりに改めることも大切です。

空いた時間には首をマッサージ

首のコリを緩和することに有効なマッサージは、普段から行っておきますと疲れを蓄積しにくくなりますので、痛みや不快を感じにくくなります。そのためには症状を感じてから対策をするのではなく、日常的にもみほぐすような習慣を身につけましょう。

首は疲れが蓄積しやすい繊細な場所

沢山の筋肉や神経が集まる首は、疲れがたまりやすい繊細な箇所です。首の痛みぐらい別に問題ない…と軽視すること無く、普段の生活から首に負担を掛けないような生活をするのが大切です。あまり気にしない箇所であり、鍛えることやストレッチすることが少ない首ですが、人体の中心的な場所に位置する重要性があります。

首の筋肉痛ってどんな?

首の筋肉 筋肉痛
首が繊細な箇所であることは理解できましたが、首が筋肉痛になった場合にはどのように対処したら良いのでしょう。

ストレスから首の筋肉痛に?

肩や首に力を入れる作業は、想像以上に体に負担を掛けてストレスとなります。知らない間に首の筋肉痛になる仕草や姿勢は多くありますので、気を付けて生活することで症状を回避できます。

冷やす?温める?首の筋肉痛に良い方法

首は繊細な場所ですので自己判断で対策する時には悩んでしまいます。場合によっては症状を悪化させてしまう心配がありますが、少しでも早く症状を取り除きたい思いは誰も同じです。安静にすることで治れば一番良いのですが、湿布で冷やしてみることや入浴をして温まるなど、自分なりに対処して次に生かすことも大切です。

首の痛みで受診する時の診療科目は?

首の筋肉痛がいつまでも治らない時には、医療機関の受診を検討するのがおすすめです。しかし初めての受診では診療科目の判断が難しいかもしれません。首の筋肉痛ですので専門となるのは、骨や筋肉に関係する整形外科の受診が安心です。気になる症状がある場合には、近くの医療機関の利用を検討すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。首の筋肉を鍛えることやストレッチすることはとても大切で、日常生活の少しの工夫によって痛みや不快を回避できます。首には多くの筋肉や神経があることから、日頃のケアや過ごし方が重要になります。首や首周辺は疲れやすい場所ですが、しっかりとケアをしておけば、不快な思いをしなくても済みます。首の痛みで悩んでいる方はもちろん、意識したことのない方も今回の記事を、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。