口輪筋の鍛え方とは?おすすめグッズも紹介!

口輪筋 鍛え方 役割 おすすめグッズ

口輪筋は、顔の表情作りに欠かせない筋肉と言え、モデルや芸能人の方はここをしっかり鍛えている方が多いと言えます。その成果をTVや雑誌といったメディアにて存分に発揮しています。まさに「表情のプロ」と言っても過言ではないでしょう。そして、そんな姿に憧れを持つ人もたくさんいることでしょう。今回は、そんな口輪筋の魅力と鍛え方などについて紹介します。

口輪筋はどの部分?

口輪筋 鍛え方 役割 おすすめグッズ
口輪筋とは、一言で言えば口と鼻の下の周りにある筋肉のことです。

口輪筋の主な役割とは

口輪筋は口の動きに大きく関わってくる筋肉のため、食べ物を体内に取り入れること、呼吸をすること、発声をすること、唇を尖らせたり引っ込めたりすること、といった口のあらゆる動きに対応しています。これがまともに動かせないと食事も満足にとれないので生活する上では欠かせない役割を持っています。

口輪筋が弱くなるとどうなるのか

口輪筋は筋肉の一種のため、普段から使わないと弱くなっていきます。そして、それによる悪影響が下記の通りもたらされます。

口角が下がる

口角とは「唇の上と下の接合部分」を意味しますが、この部位が下がった場合、全体的に表情の覇気がなくなってしまいます。

口元のハリがなくなってたるんでしまう

口角の下がりによって、口元のはりがなくなり顔全体のたるみを引き起こしてしまいます。

口輪筋を鍛えよう!

口輪筋を鍛えないと表情が作りづらくなるだけでなく、たるみなど美容の天敵を引き起こします。当然、そうならないようにさまざまな鍛え方があるので紹介します。

ペットボトルを使った口輪筋の鍛え方

口輪筋 鍛え方 ペットボトル
空になったペットボトルを使って鍛える方法があります。具体的には、500mlの空となっているペットボトルに一定の水量を注入して重量をつけたペットボトルを口で咥えることで鍛えるというものです。使用するのが空になったペットボトルと水のみのため、コストパフォーマンスになること、場所を問わずにできること、他の作業をしながらでもできることといった利点があるのでおすすめです。

なお、下記の点に注意しながら行いましょう。

①はじめから500ml一杯にはしない
②注入する水量は個人差にもよるが100~150cc程度の範囲で考えるとよい
②歯を使わずに咥える
③個人差はあれども1セット当たり3回程度にしておくこと
④1セットにつきおおむね10秒程度咥える

舌回し運動

ほうれい線と呼ばれる鼻の両脇から唇にむかって見られる線があって、口輪筋に隣接していますが、舌を使って鍛えることで改善できる方法があります。

期待できる効果としては下記の通りです。

①ほうれい線を目立たなくさせて顔全体を引き締めることができる
②二重あごやしわ、顔のゆがみを予防

その他、唾液の分泌が促進される、噛み合わせが矯正されるといった効果も期待できます。

では、肝心のやり方ですが下記の通りです。

①口を閉じた状態で時計回りに舌を歯に沿ってゆっくりと回す
②反対の方向にも回す。
③どちらの方向に対しても概ね20回程度回す

ただし、一度にあまりやりすぎても効果が薄いので、おおむね1セットを1日3セットくらいといった適度な量でやることを意識しましょう。

口笛だけで鍛えられる?

口笛を吹く行為も口輪筋を鍛えられると言われています。口笛を吹く際は、口をとがらせるため口輪筋を使うことになるからです。また、唾液分泌の促進にも繋がるのでドライマウスの改善にも効果的です。

なお、口笛ができない場合は、口をすぼめて前面に突き出すという形で代行することも可能です。

口輪筋を鍛えるにはマッサージも大切!

口輪筋を鍛えることによりたるみ予防にはなりますが、マッサージによってもそれに繋がります。

おすすめのマッサージ方法

人差し指を使ったマッサージの方法があるので紹介します。

①最初に口輪筋に沿って行う
②最初は鼻の下を横にマッサージ、その次は左口角から右口角、その次は右口角から左口角といった感じで行う。
③唇の下も同様にマッサージします。
④マッサージはやさしく、気持ちよいと感じる圧力で行う

このやり方をする際に、指の滑りを良くするためにオイルやジェルを使用すること、また人差し指に限らず使いやすいと思った指で行うことは可能です。

なお、この方法以外にも、口を閉じて頬っぺたをリラックスの状態にして、接吻をするように頬っぺたに力を入れるという方法もあります。

口輪筋を鍛えるおすすめグッズ

それでは、口輪筋を鍛えるおすすめグッズをいくつか紹介します。

(1)表情筋エクササイズ プルトレ

「プルトレ」は、口に入れて使用するグッズです。

本商品の特徴としては下記の通りです。

①咥える、引っ張る、左右に動かすといった行為を行うことで表情筋を鍛えられる
②表情筋を鍛えることで口輪筋も自然と鍛えられる
③シリコーン製のため安全かつ衛生的である
④柔らかい感触でぷにぷにした柔らかい感触で触っているだけでも楽しめる
⑤保管用ケースが付いているため管理もしっかりとできる
⑥大きさが、(約)5.5×1.7×15.4cmとコンパクトである

目的を果たすための機能だけでなく見た目の可愛さを求める人にもうってつけな商品です。

(2)オーラルアカデミー とじろーくんM

口輪筋を鍛える人気商品「とじろーくん」が装いも新たに新発売されました。本商品を利用して、マウスピースを上下の唇でくわえ、3分間唇を上下に閉じる運動を繰り返すという動作を行うことで、口輪筋を鍛えることができます。

本商品の特徴としては下記の通りです。

①口輪筋を鍛えることに特化した仕様になっているが、顔や頬までも鍛えることができる
②3種類の強度からトレーニングを選べるなど、さまざまな利用者を想定している
③高齢者でも利用できるように配慮されている
④カラーデザインに関しても、安心感や安定感、リラックスや癒しといったイメージがあるグリーンを採用しているなどの工夫がされている

(3)フェイシャルフィットネス スリムホホ

口に咥える「スリムホホ」は、張りのある小顔とフェイスラインを求める人たちはもちろんのこと、正しい呼吸を考える人や子供の発育に関心がある人など、多くのニーズを持った人たちへの強い味方です。

本商品の特徴としては下記の通りです。

①フェイスラインを維持やほうれい線の防止などの効果が期待できる
②口呼吸から鼻呼吸と移行させられることでいびき防止にもなる
③サイズが9.0×11.2×1.4cmとコンパクトかつ重量も14gと非常に軽量である
④適用対象年齢が10歳以上の男女と、幅広い年代に利用することができる
⑤厚生労働省認可の樹脂(PP)を使用しているなど安全面に配慮した仕様となっている

美容だけでなく健康面に対して意識をする人たちは、一度は使用する価値が十分にある商品です。

まとめ

普段何気なく出している喜怒哀楽の表情をする際は口の動きが欠かせません。しかし、それを自由にコントロールするには口輪筋を始めとした筋肉を鍛える必要があります。また、単に表情豊かになるだけでなく、しわやたるみといった美容の天敵を防止、そして食事をする際によく噛んで食べるためなど、健康維持のためにも鍛えておくことは得策と言えます。
憧れのモデルや俳優みたいになりたいと思うのであれば、それらを意識して鍛えていきましょう。そのためにもおすすめグッズを使用して早く取り組んでみてください。