顔の筋肉を鍛えよう!おすすめのトレーニング方法とは

表情筋 顔 鍛え方
Young Asian woman beauty image

今回は顔の筋肉を鍛える方法をお伝えします。おすすめのトレーニング方法にはどういったものがあるのでしょうか?

初めて会う人と対面するときに重要なのは第一印象です。これは「話の内容が7%、声の出しや早さが38%、そして見た目が55%」と、見た目だけで人の印象を無意識に決めてしまうというメラビアンの法則という考え方でも確立されています。この法則が、就職活動の面接対策にも使われているため、ご存知な方は多いかと思います。その見た目の決め手になる部分の一つが「顔」です。

人は相手の顔を見て、第一印象を持つことがありますが、がっかりする印象を持ったとしても、その後のコミュニケーションの中で、明るい表情で接してくれていれば、「この人と接すると楽しそう」と良い印象に変わることもあったりします。よって「顔の表情が豊かであれば第一印象を少しずつでも変えて行ける要素になり得る」ということです。そのためには、日頃から顔のトレーニングする方法を知っておき、顔の表情を良くする取り組みに真剣に向き合うことをオススメします。今回は、その顔に関する基本的なことと共に誰でも簡単に手短にできるトレーニングを紹介します。

顔の筋肉をつけるにはどうすればいい?

顔にも多くの筋肉があります。その筋肉を鍛えることで、印象を変える効果を得ることができます。まずは、その筋肉のつけるときの基本をご紹介しますので目をとおして下さい。

表情筋を鍛えよう!

まず顔の筋肉についてですが、そこは「表情筋」とも呼ばれていて、目と口、鼻といった顔を構成する部分を動かしたりする役割があります。くしゃみ、会話、臭いをかぐ、表情を変えるといった顔の動作を無意識に動かしている部分だと言えば、おおよそイメージがつきやすいでしょう。

ただし、実はこの筋肉は普段半分も使っていません。それどころか使用割合はなんと3割程度というから驚きです。そして、加齢によって衰えていき、顔のはりの低下、しわやたるみなどを引き起こします。加齢だから致し方ないことですが、少しでも年を感じさせない印象は持たれたいと思っているのであれば、後述にその方法を記述してあるので実践に移してみましょう。

顔の筋肉をつけるメリット

顔の筋肉は普段から動かさないと衰えていきます。その結果、感情豊かな表情が普段の生活で出せなくなる恐れがあります。それでは色々と損してしまいますよね。筋肉をつけることのメリットをご紹介しますので、日頃から意識してみると良いかもしれません。

たるみ解消

たるみとは引き締まっていたものが緩むことですが、主な発生原因は肌の弾力低下です。それもコラーゲンやヒアルロン酸といった肌の弾力を支える成分が、紫外線によるダメージ、不規則な生活習慣による栄養素の不足、その他にも加齢や乾燥といった要件が重なって徐々に失われていくことで発生します。ただ、発生する原因が判明している以上、三食しっかりと摂取すること、規則正しい生活を送ること、UVカットをしっかりすること、といった対策を施すことで少しでも進行を遅らせることはできます。

小顔効果

表情筋
TVなどでもたびたび取り上げられる小顔ブームですが、前述の表情筋を鍛えることにも繋がるのでぜひ意識した方がいいでしょう。というのも、顔が小さくなるということは顔についている脂肪が取れてしわなどなどが目立たなくなるということです。余計な部分がなくなれば、顔全体が引き締まって凛々しい印象も持たれます。また、自分がしたいと思った表情もはっきりと出しやすくなるでしょう。笑顔が他の人よりも眩しく出せたら、対面している相手の印象に残ることは間違いありません。

くま・くすみ予防

くま・くすみは、疲労の蓄積によって血液やリンパの流れが悪くなって起きる現象です。美顔関係の化粧品でも完全にはごまかせない厄介な存在です。この対策としては、適度な睡眠をとること、血液の流れを良くするためマッサージをすること、軽いストレッチ体操をすることなどが良いでしょう。さらに、それらの栄養素であるビタミンや鉄分を摂取することです。

たとえどんなに美人顔でも、くま・くすみが目立つようではマイナスイメージを持たれがちです。仮にビジネスの場であったらそんな些細なことが原因でビジネスチャンスを逃してしまうこともあります。ですから、しっかりと対策を打っておきましょう。

おすすめの顔の筋肉をトレーニングするコツ

そこでおすすめしたい顔の筋肉のトレーニング方法について見ていきたいと思います。

朝晩必ず行う

まず、トレーニングする時間帯ですが主に朝と晩に行う習慣をつけましょう。自分に喝を入れる意味でも化粧のセット前に笑顔を作る練習をしましょう。朝は忙しくなかなか時間が取れないと言う方は、夜寝る前にトレーニングしても良いでしょう。ただし、朝ほど取り組めば、ウォーミングアップになって寝られなくなる恐れもあるので、リラックスしながら少しやるくらいの感覚にしておきましょう。

舌回しで鍛える

発音をする時、口だけではなく舌も使う必要がありますが、この部分を使ってトレーニングすることもできます。やり方は、「舌を上下左右に何回か口から出して動かす」というものです。最初は早く動かしてみて慣れてきたらゆっくりと動かしてみましょう。また、飽きないためにも逆に動かすといった工夫をすることも一つです。舌回しのトレーニングは、表情筋だけでなく活舌の悪さへの改善にも繋がります。はっきりとした発音もまた、第二の顔であるというくらい相手の印象にも残ると考えると、大切なトレーニングとなるでしょう。

口を大きく動かしながら「あいうえお」運動

「あいうえお」の発音練習は、よくアナウンサーの研修などでも取り上げられることがありますが、日本語の母音であるこの5つの発音時は、口を中心に顔全体が結構動きます。よって、表情筋のトレーニングに繋がります。そのトレーニングは、一日3分程度一文字ずつ区切りながら口をしっかり動かすことです。普段あまり使わない筋肉を使うことは意外と疲れて大変です。一セットにつき2秒程度なので、3分行うと90回行う計算になります。とても簡単な顔のトレーニングなので、継続して取り組んでみると良いでしょう。表情筋のトレーニングだけでなく、滑舌が良くなる効果もあるので、コミュニケーション能力の向上にも繋がります。

目を開いて閉じてを繰り返す

表情筋
目の周辺にある筋肉を眼輪筋といいますが、ここが衰えることでたるみが発生します。それを防ぐためにも、瞼を使ったトレーニングをしましょう。やり方は、「目線を全方向に回してみる」というものです。ただし、眉を動かさないようにしながら行ってください。無理せず力まない程度で大丈夫です。最初は、ゆっくりと左斜め上から始めて左、左斜め下と丁寧に動かします。それが早くできるようになったら、10回くらい早く動かしてみましょう。もちろん、それより少し多くやっても問題ありません。

まとめ

顔の表情を豊かにするためのトレーニング、難しそうとか面倒だなとか思っていたかもしれませんが、意外とそのプロセスを知ればそうでもなかったのではないでしょうか。このトレーニングを少しずつやっていけば、きっと初めて会う人の第一印象も変わり、人間関係が円滑になることでしょう。無理せず自分のペースで行っていくことで、ストレスを感じることなく長く続けることができますので、是非他のトレーニングが続かなかった方もチャレンジしてみてください。