内腹斜筋を鍛えよう!おすすめの鍛え方と効果を紹介

腹筋を鍛えて素敵なくびれを

今回は、内腹斜筋を鍛えよう!をテーマにお話しさせていただきたいと思います。おすすめの鍛え方と効果をご紹介します。

筋肉の名前は細分化されているため全て覚えるのは大変ですが、内腹斜筋という筋肉の名前は覚えておいて損がないかもしれません。今回は内腹斜筋のおすすめの鍛え方や効果を紹介して、今まで以上に筋力トレーニングが楽しく取り組める内容です。是非参考にしてください。

内腹斜筋はどの部分?

内腹斜筋がどの部分であるか知っていますか。

内腹斜筋の働き

内腹斜筋は外腹斜筋よりも内側に存在していて、内臓や骨盤など人間の大切な臓器を包み込むようにしてある筋肉です。体をねじる動作やしゃがむ時など、日常生活でも頻繁に利用するのが特徴となります。

腹斜筋はどのように構成されているのか

内腹斜筋と外腹斜筋の他に、腹横筋という筋肉も存在していて、腹筋は構成されています。この腹横筋は、内腹斜筋よりもさらに内側に存在している筋肉です。しかし内腹斜筋とは異なり、体をねじる時などに活用されるのではなく、肋骨を下に下げると同時に腹腔の内圧を広げるのが主な働きです。

内腹斜筋と外腹斜筋ではなにが違うの?

では同じ腹部にある筋肉である内腹斜筋と外腹斜筋には、どのような違いがあるのでしょう。

違いを比べてみよう!内腹斜筋と外腹斜筋

内腹斜筋は骨盤や内臓を包み込むように存在する内側の筋肉で、体をねじる動きやしゃがむ動作に活用されます。一方の外腹斜筋は外側に位置している筋肉で、肋骨側から骨盤側に向けて斜め下方向に存在します。

筋肉の位置からして鍛えた効果が分かりやすいのは外腹斜筋

内腹斜筋も外腹斜筋も体をねじる際やしゃがむ際に欠かせない筋肉ですが、腹部の外側にある外腹斜筋は、鍛えた時の効果が分かりやすいのが特徴です。

内腹斜筋を鍛えるメリットや効果は?

内腹斜筋と外腹斜筋の違いが分かりましたが、外腹斜筋を鍛えるメリットはどのような点にあるのでしょう。メリットを知って筋力トレーニングをすることで、より一層やりがいが生まれるはずです。是非参考にしてください。

ぽっこりお腹の解消

ポッコリおなか

腹筋を鍛えることで期待できるぽっこりお腹の解消は、体の内側の筋肉である内腹斜筋の場合は、更に効果が期待できます。腹部を動かすことで腸の働きも良くなり、体の内側から綺麗になって気になる下腹部やウエストが細くなるはずです。

スポーツをする上ですべてに関わる筋肉

体の中人部分であるお腹周りを鍛えますと、運動の種類に関わらず大切な筋肉を鍛えてパフォーマンス能力の向上が期待できます。その時に鍛えるのが内腹斜筋です。骨盤や内臓を覆うように筋肉が位置していることから、お腹の圧力を高めた運動によって今まで以上に優れた運動効果を発揮します。またケガを回避して安全性が高い運動が実現できるのも、内腹斜筋を鍛えるメリットです。

女性には嬉しいくびれができる

くびれ

ウエストのくびれを手に入れるには、どのような鍛え方が良いか分からない方もいるのではないでしょうか。動かしにくく鍛えるのが難しい内腹斜筋は、正しいフォームで鍛えることによって、ウエストがきっちりとくびれた理想のスタイルを手に入れることができます。

内腹斜筋の正しい鍛え方

では実際に内腹斜筋を鍛えてみましょう。男女年齢を問わず取り組みやすい筋力トレーニングばかリで、初心者でも安心して始められます。是非挑戦してみるのがおすすめです。

サイドブランク

 

サイドブランクとはどのような筋力トレーニングなのでしょうか。

ツイストクランチ

続いてはツイストクランチです。一体どのような筋力トレーニングなのでしょう。

ツイストクランチの方法ですが、仰向けで横になり、手を耳に添えます。膝を90度くらいに曲げて、上体を丸めるようにして起き上がります。この時に腰をひねりながら片足もひねります。ひねった片足をお腹に引き寄せて、もう片方の足を伸ばします。同時に肘と膝を交互に軽くタッチして、ウエストのくびれを意識するのがツイストクランチです。勢いで左右の足を動かしてしまわずに、ゆっくり交互に動かすことで内腹斜筋が鍛えられます。

内腹斜筋にはダンベルも必要な道具

様々な筋肉を鍛えることに有効なダンベルですが、内腹斜筋を鍛える際にも活用できます。ここではダンベルと使うことで得られる効果と共に、おすすめのダンベルを紹介していきますので、是非参考にしてください。

ダンベルを使う効果

ダンベル

ダンベルを使用する効果は、やはり使用しない時に比べて負荷のかかり方が異なりますので、自然と効率良く鍛えることができます。しかし内腹斜筋を鍛える際にダンベルを用いて鍛えますと、より効果が早く得られることもありますので、内腹斜筋と同時にその他の筋肉を鍛えることでバランス良く全身の筋肉を育てることができます。

実店舗?ネット通販?どちらで買うべき?

ダンベルを購入する際には、実際に手に持って感触を確かめたい方もいるでしょう。そのような方は実際に店舗へ行って、店員やスタッフに話を聞きながら買い求めるのがおすすめです。一方で便利なネット通販は、実際に手に持つことはできませんが、口コミを参考にして買う商品を探すなど、時間がなくて店舗へ行けない方におすすめの方法です。また、重いダンベルでも家まで届けてもらえるので、車で買い物ができない方などにもオススメの方法でしょう。どちらが良いということも悪いということもありませんが、自分が納得したダンベルを買うようにしてください。

ダンベルと一緒に買うと良い筋力トレーニンググッズ

トレーニングマット

筋力トレーニングを始める際には、トレーニングマットやトレーニングウエアがあると良いでしょう。トレーニングマットは、ヨガマットのように体を守るだけでなく、器具を使う際に床への傷や騒音を防ぐ効果があります。またトレーニングウエアは、筋力トレーニングを頑張る際に服装から気持ちを高められる効果も期待できます。ダンベルを探す際には、トレーニングマットやトレーニングウエアが販売されているコーナーも是非見てみましょう。

まとめ

いかがでしたか。内腹斜筋を鍛えることで様々なメリットがあることが分かったと同時に、手軽に始められる筋力トレーニングメニューによって筋肉を大きくできることが分かりました。筋肉の名前を全て覚えるのは大変ですが、体の中心にある内腹斜筋については是非覚えておいて、今後の筋力トレーニングのメニューに加えてみることをおすすめします。