腹筋を鍛えて痩せる身体を作ろう!おすすめのトレーニングメニュー

腹筋を鍛える 絶大的な効果 ドラゴンフラッグ 効果 やり方

腹筋を鍛えることで痩せる体が手に入るなら、ぜひやりたいと思いませんか。様々な目的で始める方が多い筋力トレーニングですが、腹筋を鍛える方の目的の多くは、スリムな体型を目指すダイエット志向の方が多いのではないでしょうか。理想の腹筋を手に入れる為には、鍛えるメリットや鍛え方を知っておく必要があります。是非参考にして下さい。

腹筋を鍛えるメリット

腹筋を鍛えるメリット 痩せるからだ

これから筋力トレーニングを本格的に開始しようと考える場合、腹筋を鍛えることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

内臓の働きが活発になる

腹筋ぐらいで…と思われる方もいますが、腹筋も正しいフォームや力加減で行うことで、高い運動効果が期待できるトレーニングになります。

内臓の働きが活発になりますと、老廃物が体内に溜まりにくくなりますので、便秘解消やむくみ解消に貢献します。

ウエスト周りや下腹部がスッキリします

ウエスト周りや下腹部がスッキリ 痩せるからだ
やはりこれが一番うれしいのではないでしょうか。継続は力なり…ということで、日々の腹筋のおかげで体が正直に頑張りに答えてくれます。
今まで着られなかった体にフィットする服が着られるようになるなど、日常生活も大きく変わります。

腹筋は痩せるのに必要なポイント

腹筋の効果として高く評価されている新陳代謝が活発になることは、痩せたい方にとって必要な条件となります。新陳代謝が活発になりますと、無駄な脂肪が燃焼しやすくなり、冷え性などが改善されますので、今まで燃焼できなかった脂肪が、腹筋の効果によって燃焼できるはずです。

腹筋はウエスト周辺にのみ効果があるイメージですが、全身運動にもなるようです。

腹筋を割るにはどうすればいい?

最近ではシックスパックなどと言う言葉も定番化していて、割れた腹筋を求める男女が増えています。やはりジムに通わないと無理なのでしょうか?初心者にもできる方法はあるのでしょうか?実際に腹筋を割るにはどうしたら良いか考えます。

4つに分かれた部位をそれぞれに意識して鍛える

腹筋と一言で言っても、腹直筋と腹横筋に加えて、内腹斜筋と外腹斜筋から構成されています

これら4つをそれぞれにバランス良く鍛える必要があります。特にインナーマッスルと呼ばれる腹横筋は、鍛えることで代謝アップに役立つ筋肉ですのでより注目した方が良いでしょう。

初心者でもやりやすいメニューが多くジムにこだわる必要無し

腹筋を割りたい場合には、基本に忠実にコツコツメニューを進めることが成功への近道です。1日や2日では成果が表れないかもしれませんが、1週間もすると大きく変わるはずです。

腹筋を鍛えて痩せる!おすすめの鍛え方

腹筋を鍛えて痩せたいのは女性だけでなく、男性でも希望する方は沢山います。ここでは男女別にトレーニング方法を紹介していますので、是非参考にして下さい。

腹筋の鍛え方の種類は?

腹筋の鍛え方にも様々な種類がありますが、体幹を鍛えられるフロントブリッジや割れた腹筋を目指しやすいレッグレイズ、インナーマッスルと呼ばれる腹横筋を鍛えるのに最適なドローインなど沢山あります。

腹筋を鍛えるトレーニング方法【女性編】

女性でも出来る簡単なトレーニング方法としてお勧めなのは、ダイエット目的の方にピッタリなツイストクランチやサイドクランチ、ブランクなどが効果的です。

腹筋を鍛えるトレーニング方法【男性編】

男性の場合には、自宅で簡単に行えるクランチがお勧めです。シンプルな動きですが、普段使用しない筋肉が動くので、大きく育ちやすいでしょう。

またジムでの鍛え方としては、初めはシットアップで体を慣らし慣れてきたころにアドミナブルクランチを使用しましょう。腹筋をより大きくできるマシーンですので、ジムならではのメニューとなります。

腹筋を鍛えてやせるのにおすすめの筋トレグッズ

それでは腹筋を鍛えてダイエットをする際にお勧めのグッツをいくつが紹介します。やはり道具が揃っていることでテンションが上がってやる気が出ます。是非参考にして下さい。

腹筋ローラー

これは買い揃えておきたいアイテムです。腹筋ローラーは、空いた時間に自宅で鍛えられる器具で、ローラーにハンドルがついていて、ハンドルを握りながら体を倒していくことによって腹筋を鍛えます。

トレーニングマットやヨガマット

腹筋を鍛えるためのトレーニングマットやヨガマット
バスタオルや布団などで代用する方もいますが、低価格で購入できる上に、先程紹介した腹筋ローラーなどをする場合には、車輪が回転しやすく使いやすいのは、やはりトレーニングマットやヨガマットです。
好きなカラーが選べるように豊富な色や素材の種類が揃っているので、自分の好みにあったものをえらんでみてください。

まとめ

いかがでしたか?腹筋について知っているようで知らないことも沢山あったのではないでしょうか。人目に触れることが少ない腹筋ですが、鍛えることでお腹周りだけでなく全身の健康にも大きく関わることが分かりました。
これから頑張って筋力トレーニングをしてみようと考えている方は、是非賢く活用してみてはいかがでしょうか。