体質改善。お悩みや対策ごとに自分の体の体質改善をしてみよう!

食事から体質改善しよう

今回は、お悩みや対策ごとに自分の体の体質改善をしてみよう!をテーマにお話しさせていただきたいと思います。

生まれつきの体質を変えることは難しいという印象がありますが、実際にはどうなのでしょう。何もしないで諦めてしまうよりも、少しの可能性やわずかな体質改善に掛けてみるのも良いのかもしれません。今回は、悩みに合わせて該当させられる対策ごとに分けて体質改善方法を紹介します。是非参考にしてください。

体質を改善することはできるの?

座禅
テレビや雑誌などでも頻繁に特集されることが多い体質改善ですが、一部の方には最適な方法でも全ての方に該当するとは限らないような印象があります。実際に体質を改善することができるのでしょうか。

体質改善することのメリット

悩みの種となっている体質改善ができることで、今まで服用していた薬を飲まなくてよくなるなど、生活そのものの負担が軽くなるのが一番のメリットでしょう。通院時間などもその分自由時間として使えるなど、体質改善することで日々の暮らしが大きく変わります。

色々な方法がある体質改善…どれもやるべき?

例えば花粉症で悩んでいる方が、良い改善方法があると聞いて複数の方法を同時に行うよりも、一つずつ行った方が効果の違いや自分にあっているか否かを判断できます。早く治したい気持ちも分かりますが、できれば一つずつ取り入れて様子を見るのがおすすめです。

本当にできる?体質改善

ストレス社会の現在であり食事内容も欧米化していることから、子供の時から既に様々なアレルギー症状などに悩むケースが増えています。遺伝や生まれつきで仕方がないと諦めるのも良いですが、ほんのわずかな可能性を信じて行ったことが、自分にとって最適な体質改善方法であることもあります。難しいことや続けにくいことはできませんが、日々の暮らしに少しの工夫をする努力は無駄ではないかもしれません。

何を改善すれば体質改善できるのか

では一体何をすることで体質改善に繋がるのでしょう。

体質改善方法①運動

体を動かすことは心身共に健康へと繋がる第一歩です。負担となるような激しい運動をする必要はありませんが、楽しみながらできる運動はストレス解消になります。

ランニングやウィーキングを日々の生活に取り入れよう!

外の空気を吸って体を動かすことはおすすめで、同じようなことをする仲間との出会いや新しい靴を買う楽しみができるなど、日常を大きく変えられるでしょう。決まった時間に出掛ける習慣をつけておくことで、休むと気持ち悪い感覚になり、毎日少しずつでも体を動かすことに繋がります。

ジムなどに通って筋トレをする習慣をつけてみよう!

筋力トレーニングは初心者には難しいイメージや若者が行う印象がありますが、最近のジムは年齢層が高めの設定で構成されていますので、シニア層や高齢者でも安心して出掛けられます。またジム仲間を増やすことで年齢や性別を問わない友人ができるメリットもあります。

体質改善方法②食事

人間が生きていく上で欠かせない食事は、体に直接取り入れる物ですので、体質改善には一番有効なのかもしれません。3つのおすすめメニューを紹介します。是非参考にしてください。

おすすめの体質改善の食事メニュー①

食事
子供の時から大人になっても改善しない方もいるアトピーは、多くの患者がいる疾患です。アトピーの方の食生活には、味が濃く油っぽい洋食よりも薄味でシンプルな和食がおすすめです。今回はご飯やみそ汁、煮魚などの和食メニューの付け合わせにおすすめのメニューを紹介します。

納豆とオクラのネバネバ和えは、家にある材料でいつでも作れる簡単な小鉢料理です。納豆1パックに付属のタレやからしを加えます。その後刻んだオクラと半分に切ったミニトマトを加えて全てをよく和えて完成です。赤と緑で彩りも良く、腸内環境を整える発酵食品によってアトピーに最適です。

おすすめの体質改善の食事メニュー②

続いては肥満の体質改善です。単純に過剰なカロリー摂取や暴飲暴食などが原因の場合もありますが、分かっていても急に変えられないのが食生活です。今回紹介する豚肉とこんにゃくのステーキは、肉の分量を抑えることで摂取カロリーを抑えられるメニューです

つくり方は、豚肉と薄く切ったこんにゃくを焼き肉のたれに漬け込みます。30分ほどして味がしみ込んだらフライパンで焼きます。この時にもやしや刻んだキャベツも加えますと、更にヘルシーになります。こんにゃくはお腹の掃除をしてくれる万能食材です。

おすすめの体質改善の食事メニュー③

最後は花粉症の方におすすめのレシピです。花粉症に良いとされる食材は沢山テレビや雑誌などで紹介されますが、今回はヨーグルトを使ったスイーツとしてヨーグルト入りのパンケーキを紹介します

作り方はパンケーキミックスに卵とプレーンヨーグルトを加えます。水分が足りない場合は牛乳を加えます。フライパンやホットプレートなどで焼きます。食べる際にはブルーベリー味などのジャムや生クリームを添えますと、一層美味しくなります。

体質改善方法③ダイエット

男女共に一番悩んでいる方が多いと言っても過言ではないダイエットは、場合によっては健康にも影響を与える可能性があります。一体どのようにして改善するのが良いのでしょう。

エクササイズやストレッチで体を動かそう!

重たい体を動かすことに抵抗があるかもしれませんが、激しいダンスなどではなくエクササイズやストレッチなど、ゆっくりの動作で高い運動効果があることを行いますと、余分な脂肪が減少してむくみが改善するなど、見た目にも変化が現れる可能性があります。

ヨガで体の中から綺麗に

ヨガは体だけでなく心や精神状態も落ち着けるメリットがあります。激しい動きはなくゆっくり動かすことでじんわり体の中から改善する作用があるので、体質に悩みがある方におすすめです。

悩みから体質改善していこう!

個人差がある症状や悩みは、体質改善することでその方の生き方や考え方まで変えることができます。

悩み①肌荒れや乾燥肌を体質改善で変えたい

肌荒れや乾燥肌に良い商品は多数販売されていますが、何を使用しても大きな変化がない場合があります。そのような時には体の内側から大きく体質改善するのがおすすめです。

汗をかいて代謝を上げよう!

汗をかくことでからだの余分な水分が排出されます。体の巡りも良くなるので代謝が上がり、ほんの少しの運動でも汗をかくようになって、肌荒れや乾燥肌を遠ざけることができるかもしれません。

手作りのホットタオルで肌を温める

肌荒れが乾燥は冷えが原因で起きている可能性もあります。ホットタオルは濡らしたタオルを電子レンジで30秒前後温めますと、程良い温かさの蒸しタオルが完成します。新陳代謝が良くなるので、特に顔の肌荒れや乾燥に悩む方におすすめです。

悩み②冷え性を体質改善で変えたい

男女年齢を問わず年間を通して冷えた状態でいる方が多くなっている現代では、体質改善によって体の内側から温めることが求められます。

体が温まる食材を必ず取り入れよう!

シンプルな方法ですが、食材選びがとても重要で、体を冷やす食材ではなく温める食材を選ぶだけで、普段食事から体質改善が自然とできます。おすすめはほうれん草やたまねぎ、フルーツなどを日々の食事に取り入れることで、負担なく血流を良くして体の芯から温めることに繋げられます。

白湯を一杯飲むのを心がける

寝起きに白湯を一杯飲むことで、眠っていた臓器たちが働きだすと同時に、余分なカロリーを摂取することなく、体を温められます。冬はできても夏になると冷たい水を飲んでしまう方が多いですが、夏こそ温かい白湯で体を温めることが大切です

悩み③アレルギーを体質改善で変えたい

アレルギーの症状にも様々なものがありますが、実際にはどのような方法で体質改善するのが良いのでしょう。

漢方薬を飲んでみる


漢方薬と聞くと苦くて飲みにくいイメージがありますが、大きく体質改善に繋げられる昔ながらの方法です。敷居が高く感じてなかなか相談をすることもできないかもしれませんが、薬局にいる薬剤師に自分の症状を話すだけで、様々な組み合わせの中から、その人個人に合わせた調合によって漢方薬は処方されます。最近では気軽に立ち寄れる雰囲気の漢方薬の専門店なども増えていますので、この機会に相談してみるとよいでしょう。

室内を清潔に保つように心がけよう

ダニやホコリが原因でアレルギー症状が出ていることもあり、部屋を綺麗にするだけで症状が改善するケースもあります。毎日掃除機を掛けて綺麗にしているつもりでも、実際には汚れが付着した状態の可能性が高く、あまりものを増やして掃除がしにくい環境にしないなど、普段の心掛けも大切です。

悩み④疲れやすさを体質改善で変えたい

忙しさやストレスによって疲れが蓄積した状態や些細なことですぐ心身共に疲れてしまうのも体質改善が必要な症状です。こういった時にはどのような方法をとれば良いのでしょう。

睡眠の質を上げる

眠る直前までテレビやパソコン、スマートフォンを見ていますと、自分ではよく眠ったつもりでも、質の良い睡眠であったと言えない状態になります。寝る時間が近づいた時には、アナログ生活に戻して心穏やかに過ごすのが大切です。

浴槽に入ってしっかりと温まる

冬だけでなく夏でも湯船にしっかり浸かるのが重要です。面倒だからと言ってシャワーだけで済ませることがないように、湯船につかってリラックスしてみるようにしましょう。

通勤や通学はウォーキングを心がける


激しい運動は長く続かず難しいですが、通勤や通学時間を利用したウォーキングは、無理して行う必要はなく、適度な疲労感がありますので夜もぐっすり眠れて、疲れやすい体質から少し遠ざけることができます

まとめ

いかがでしたか。体質改善で悩む方が多い現代では、個人の悩みに合わせた方法を選んで取り組むことが大切です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。