若いうちに筋トレをすることのメリットは?

若いうちに筋トレをすることのメリット

若いうちの筋トレは必要なのでしょうか。若い時は、身体が思うままに動きますので、筋トレの必要性を意識することは少ないかも知れません。しかし、年齢を重ねるにつれ筋肉量が減ってくると身体の衰えを感じるようになり、運動やストレッチなどを始める方が目立ってきます。では、筋トレはいつから始めると効果的なのでしょうか?今回は、そんな疑問を解消していきます。

若いうちに筋トレは必要?

若いうちの筋トレ
運動しているから大丈夫、若いから大丈夫と思っている方は少なくないですよね。しかし、運動しているからと言って、筋肉量が維持できているとは限りません。また、年齢と共に筋肉は増えにくくなってきますので、筋トレは若いうちから始めることが大切です。何故なら、筋肉が付きやすい若い時から運動や筋トレを行っておくと、マッスルメモリーと呼ばれる筋肉記憶が働き、運動のブランクがあっても再開した時に比較的容易に元のレベルまで戻せると言われているからです。

老後を活発に動いて楽しみたいなら、若いうちから筋トレを積極的に行っておきましょう。

年齢とともに筋肉は減っていく

若いうちはつやつやの肌や髪の毛が美しく、鍛えれば鍛える程筋肉量が増えていきます。しかし、年齢を重ねると共に肌がくすんできたり、髪の毛が細くなったりと老化現象が目立ち始め、筋肉量も減ってきます。その原因は、筋肉は筋繊維からできていますが、その筋繊維が老化によって委縮し始めるからと言われていて、その為に、歳を取ると機敏な動きができなくなってきます。筋肉量を維持することは、健康年齢を維持するのに欠かせないタスクですので、楽しくトレーニンを行えるように工夫することがポイントです。

筋肉の減少は中年太りの最大の原因

筋肉の減少は中年太りの最大の原因
筋肉は、基礎代謝を司る重要なものです。年齢を重ねると共に筋肉量が減ってきますので、必然的に基礎代謝が低下してきます。つまり、筋肉量の減少は基礎代謝量を減少させますので、中年太りの大きな原因の一つということになります。

筋肉量の減少だけでなく、女性の場合はホルモンの変化などが原因として挙げられ、代謝の低下や老化を加速させることにもなりますので、食事に気をつけたり運動を意識して取り入れるなど生活習慣を見直しましょう。

筋肉がつきやすい年齢は?

筋肉がつきやすい年齢
筋肉が付きやすい年齢はあるのでしょうか?一般的に成長期を終えた20歳前後がピークとされており、30歳を過ぎると年0.5~0.7%ほどの割合で筋肉が減少するといわれています。しかし、30歳を超えるとピーク時と比べて筋肉量の伸びは落ちていくものの、食事内容を見直すことに加え正しいトレーニング方法を取り入れれば、筋肉量を増やすのも夢ではありませんので、中年になったからと言って諦めないようにしましょう。

筋トレのメリットとは

筋トレのメリット
筋トレには多種多様な方法がありますが、ムキムキの筋肉を目指さなくても、毎日の筋トレには多彩な効果が期待できます。

ダイエットが成功しやすい

筋トレは、いつでも好きな時にできるのが最大のメリット。短時間でできるのも魅力の一つで、忙しい現代人にはうってつけです。有酸素運動であるウォーキングやジョギングに比べて消費カロリーが高いと言われていて、続けやすいという理由からダイエット効果が高まります。また、血流を促進しますので、むくみや体調不良の改善も期待できますので、健康維持には欠かせないといっても良いでしょう。

筋トレで隠れ肥満の解消

外見上は太って見えないのに、体脂肪率が高いことを隠れ肥満と言います。比較的女性に多いと言われ、筋肉量が少ないと脂肪が溜まりやすいとされていますので、隠れ肥満の解消には筋トレが最適です。食事に気を配るのは言うまでもありませんが、筋トレなどの運動をメインにすると筋力をアップさせながら肥満の解消にもなりますので、外見ポッチャリさんだけでなく、隠れポッチャリさんにもおすすめです。

筋トレは何歳から始めても問題ない!

筋トレは何歳から始めても問題ない
筋肉量が増える年齢のピークはあるものの、筋トレは何歳から始めても効果が期待できます。若いうちから行うとより効果がアップしますが、むしろ40代や50代以上の方こそ意識するべきであり何歳から始めても問題ないといっても良いでしょう。しかし、やみくもに筋トレを始めると痛みが出たり、けがをしたりと思わぬ障害が起こる可能性がありますので、自分の身体の状態を見究めながら少しずつ行うことをおすすめします。

身体に不安のある方は、ジムに通うなど専門家のアドバイスを受けながら行うのも一つの方法です。

まとめ

若いうちからの筋トレはメリットが沢山

いかがでしたか?筋トレは、若いうちから始めた方がメリットが多く、加齢に負けない手段として良いことは分かりましたが、年齢を重ねた方にとっても、健康維持には欠かせないものです。対象の筋肉をしっかり意識しながら、正しい方法で行うことが重要で、低負荷でスローなトレーニングでも十分効果が期待できますので、決して無理はしないようにしましょう。また、加齢による筋肉量の低下や衰えは、脚に現れやすいと言われていますので、歳だからと諦めずに、長く続けて行くことがポイントです。