筋トレでガリガリ体型を克服しよう!

筋トレでガリガリ体型を克服

筋トレは肥満体型だけではなく、ガリガリ体系の克服にも有効です。美しいスタイルは、痩せていれば良いというわけではありません。脚や腕をとってみても細いだけでなく適度に筋肉が付いていると、バランスが良く魅力的ですよね。しかし、努力しても痩せ型体形が克服できずに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?今回は、ガリガリ体形の克服法を紹介します。

ガリガリ体型は筋トレで克服できる?

ガリガリ体型は筋トレで克服では実際に筋トレすることでガリガチ体系は克服できるのでしょうか?筋トレをしても効果が見えなかった方もいるかと思いますが、筋トレの方法や頻度、食事など正しく理解する必要があります。筋肉を付けるためのポイントを見ていきましょう。

筋トレしても効果が出ない原因

一生懸命努力して筋トレしているつもりなのになかなか効果が出ないという方は、一体何が原因なのでしょうか?その原因を探ってみましょう。

栄養不足

栄養不足に注意 バランスの良い食事
筋トレは、体重を増やすのに効果が期待できる方法の一つですが、それ以上に重要なのが食事。一日の摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなってしまっては、太れないのは当たり前ですよね。体重を増やしたいなら、栄養のバランスと食べる量にも目を向ける必要があります。

やり方が間違っている

筋トレをしても思うように筋肉が付かないのは、やり方が間違っているのかも知れません。

せっかく筋トレをしても鍛えたい筋肉に適切な負荷が掛かっていなかったり、効率的に鍛えていないなどの理由が考えられますので、正しい方法で行うことがより高い効果を導く為には重要なポイントです。

頻度が足りていない

筋トレの効果がいまひとつ実感できない方は、トレーニングの方法や回数が足りていないのかも知れません。筋トレは、正しく行わないとせっかくの努力が水の泡になりかねませんので、正しく負荷をかけ続けることを意識しましょう。再度、方法や行う頻度などを確認してみることが大切です。

筋トレに食事は大切

筋トレで筋肉を付ける際に、基本且つ重要な位置を占めるのが食事です。バランスを考えて様々な食材を摂取するのは勿論のこと、筋肉を付けるのに重要であると言われているタンパク質に目を向けるのがポイントです。また、栄養の吸収を良くすることもタスクですので、胃腸の強化も図りましょう。食事もトレーニングの一つと位置付けて、献立を検討してみると良いでしょう。炭水化物を増やすのも大きなポイントです。

基礎代謝を考える

ガリガリ体形を克服するには、しっかりと食べることも重要です。多めの食事を心掛けることがポイントで、摂取すべきカロリーや自分の基礎代謝量を把握しておくと目標体重に近づけやすくなります。

タンパク質の摂取

筋トレの効果を上げるには、摂取するカロリーと栄養素が要となります。特に、筋肉を付ける為にマストと言える栄養素がタンパク質で、多めに摂ることが重要です。タンパク質が不足すると、筋肉量が減ってしまう場合もありますので意識して摂りましょう。

プロテインを摂取しよう

ガリガリ体型を克服するためにプロテインを摂取
日常の食事も含めて、筋トレを行った後はプロテインを摂取しましょう。プロテインとは、一般的にタンパク質のことを指しますが、筋トレ後に摂ることで筋肉肥大効果が期待できる栄養素で、積極的に摂ることで効果が表れやすくなります。

ガリガリを克服!おすすめ筋トレ

ガリガリ体形の克服におすすめの筋トレには、どんなものがあるのか紹介します。

デッドリフト

デッドリフトとは、下背部や臀部、脚部を鍛えるのに最適なトレーニング方法の一つです。バーベルやダンベルを持ち上げる動作を行うもので、かなり負荷の大きなトレーニング法です。正しく行わないと腰を痛めやすい方法ですので、トレーナーなどの指導を受けると安心です。

ベンチプレス

ベンチプレスとは、大胸筋や三角筋など主に上半身の筋肉を強化するトレーニング方法です。ベンチに横たわった状態で、バーベルを持ち上げたりおろしたりする動作を繰り返すもので、その際には呼吸も意識して行うのがポイントです。バーベルの他、ダンベルを用いて行うバリエーションもあり、グリップの幅を変えたり重量を変化させることで効果アップが図れます。

バックスクワット

スクワットは、太ももや臀部、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに効果的な筋トレで、下半身全体の筋肉をバランス良く鍛えられるメリットがありますので、筋トレをして体重を増やしたい方には最適。その中でもバックスクワットは、バーベルを肩の後ろに乗せて行うスクワットですので、太ももの裏側やお尻の筋肉に高い効果が期待でき、美尻や美脚など美しい下半身を作る際におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?ガリガリ体形を克服するには、筋トレと食事がポイントとなりますが、筋トレに力を入れても、必要な栄養素や摂取カロリーが少なくては効果が上がりません。また、栄養分を吸収する消化器官の強化も忘れてはならないポイントですので、筋トレと食事の改善を併用しながらガリガリ体形にサヨナラしましょう。