体脂肪率の計算方法はどうやって行うのか?

体脂肪率

体脂肪率の計算方法をご存知ですか?z最近では体組成計などが主流である体脂肪率の測定方法ですが、実際には計算式で算出する公式が存在しています。今回紹介する体脂肪の基礎知識は、美容や健康に大きく関わる内容ですので、知っておいて損がありません。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

体脂肪率の計算方法は?

体脂肪率を知りたい場合には、式を使って数値を算出することができます。測定する機器がない場合など、体脂肪の基礎を知る上でとても大切です。一体どのような計算をするのでしょうか。

計算方法を知ることで理解できる体脂肪率

体脂肪の計算方法は、体脂肪率(%) = 体脂肪(Kg) ÷ 体重(Kg) × 100となっていますが、基本的には体脂肪の重さがわからないと計測できない計算式になっています。つまり計算で算出する場合には、体脂肪の重さが分かっている時だけなので、日常的には体組成計を使うことをおすすめします。しかし計算式で算出できることを知っておきますと、いざという時に素早く数値を算出できます。

体脂肪率と体重…どちらを重視して健康管理するの?

最近では自宅で体脂肪率が測定できることが当たり前ですが、以前は体重計と呼ばれる体重のみを測定する機器が一般的でした。しかし健康志向が高くなるにつれて、健康診断などでしか体脂肪率が測定できなかった不便さを拐取するべく、各メーカーで体脂肪率も測定できる機器を続々と販売したようです。

便利な機器を使って体脂肪率を測定しよう

体脂肪率
体重や体脂肪率を始め、骨密度なども測定できる体組成計は、日々進化をして様々なメーカーから販売されています。家族全員分の測定記録が管理できるほか、測定結果のデータ管理ができるなど、生活に欠かせないアイテムとして体組成計は重宝します。立ったまま乗るだけで数値が出る便利さは大きく、数値の変化によってその日の行動や体調が管理できます。

体脂肪率は数値の変化を、毎日記録するべき?

体組成計がありますと、機械の中で測定記録が勝手にデータ化されるものもありますので、それ程手間なく数値の変化を記録できます。しかし機械によっては、測定記録がデータ化される機能がない場合もありますので、気になるようであれば手帳などにグラフを作成して奥と良いでしょう。中には医師に記録を指示されている方もいますので、数値の変化を残すことは無駄にはなりません。

体組成計の測定方法は?

体組成計は便利で機能的な商品が沢山販売されています。最近販売されている各メーカーの体組成計では、どのような測定方法を採用しているのでしょうか。

測定方法を知って体組成計を理解しよう

数多くの体組成計が商品化されて家電量販店などで販売されていますがインピーダンス方法を多くのメーカーは採用しています。このインピーダンス方法は、体脂肪と脂肪以外の除脂肪量の性質を用いて脂肪率を計測する方法を指します。より正確に測定できるインピーダンス方法は、オーソドックスでメジャーな方法です。

どんな体組成計が良い?

様々な商品が販売されている体組成計ですが、自分自身や家族が使いやすいのが一番でしょう。高性能で多機能な体組成計もありますが、中にはシンプルなものを求める方もいるはずです。購入する時には、より機能が充実したものを選びたくなります。しかし実際には決まった機能しか使いこなせないということもあります。高額な商品などもありますが、今の自分に必要な体組成計を選びましょう。

体組成計を日常で活用する方法

せっかく買った体組成計でも、ほとんど使わないのではもったいないので、日々の暮らしで活用すると良いでしょう。初めは自分の体重や体脂肪率にがっかりするかもしれません。しかしそれが今現在の自分であり、現実の数値であると認識しましょう。ダイエットをする方は特に知っておくべき数値である体重や体脂肪率は、痩せて綺麗になって数値を聞かれても答えられるのが理想です。

いつ測定するのが正しい数値なのか

体脂肪や体重は、いつ測定するのが良いのでしょう。お風呂に入るタイミングや朝着替える前など、個人によって測定のタイミングが異なります。しかし毎日同じ時間帯で測定すると決めておきますと、忘れる心配もなく数値も安定してみることができます。時に決まっているわけでは無い体重や体脂肪率の測定時間は、生活サイクルに合わせて自分なりに照準をあわせましょう。

男女別体脂肪率の目安

では実際の体脂肪率の目安はどのくらいなのでしょう。男女で異なりますので、自分の数値が該当するランクを知る良い機会となります。

男性の目安になる体脂肪率

男性の目安になる体脂肪率は、年齢によっても異なります。例えば40歳から59歳の標準は12%から17%ですが、15歳から17歳の若い学生の標準は8%から15%が標準とされています。年齢によって活動量も異なるうえに食事内容も違いますので、体脂肪率の標準も数値が変わります。

女性の目安になる体脂肪率

一方の女性はどうでしょう。女性は男性よりも皮下脂肪が多いこともあり、同じ年齢でも標準の体脂肪率が違います。40歳から59歳の標準体脂肪率は、22%から28%で男性よりも10%近く多いことが分かります。男女でも年齢でも違う体脂肪率の平均は、今の自分がどの値に該当するのかを知っておくことも大事です。

アスリートは体脂肪率が低い?

トップアスリートと呼ばれる様々な競技のスポーツ選手は、限界ギリギリまで体脂肪率を下げてストイックに体を鍛えます。よって一般人では考えられないような数値の体脂肪率を維持して競技に集中します。しかし多くは専属のトレーナーや栄養士などが徹底的に管理しておるので実現できる鍛え方です。自己流で同じことをしようとするのは危険ですので、無理をせず今のままの体脂肪率を維持しましょう。

引退後のアスリートが太る理由

しかしストイックに鍛えた反動が大きいという理由を始め、様々な事情が重なりますと、引退後のアスリートは太ってしまう傾向にあります。気の緩みや生活パターンの変化など、アスリートが現役を退いた後は危険です。自分自身で気を付けるしかないのかもしれませんが、競技に掛けていた情熱の大きさを改めて知ることになります。

BMIではなく体脂肪率が必要な理由

BMIではなく体脂肪率が支持されるのは、どのような理由からなのでしょう。

筋肉量や体脂肪率が反映されていないため

BMIでは筋肉量や体脂肪率が反映されていません。そのため現代に見合ったデータしては不足する部分が多く、BMIよりも体脂肪率をスムーズに調べられる環境が整備されています。

水分量が反映されていないため

BMIでは筋肉量や体脂肪だけではなく、水分量も反映されていません。人の体には多くの水分が含まれていて、その水分量にも個人差がありますので、体形に変化を与えます。しかし水分量が反映されないBMIでは、正確なデータが出されないことになります。そのため、体脂肪率が必要であるとされています。

身長の高い人ほどBMI値が高くなる

BMI値の特徴は、身長が高い人ほどBMI値も高くなる傾向がありますので、体重都のバランスよりも慎重に高さが数値に反映されてしまいます。最近の若い男女は高身長で細い方が多いですので、BMI値よりも体脂肪率が理解できた方がその人の本当の体形が理解できます。

あくまでも平均や標準であると認識しよう

BMI値や体脂肪率は簡単に自分の数値が算出できるだけでなく、平均よりも多いか少ないかを瞬時に判断できます。参考程度に調べることは良いですが、数値の高さを気にして無理なダイエットをするような発想は、健康を害する可能性があるのであまり好ましくありません。数値を参考に少し食事や運動に気を付けるなどという使い方をしますと、BMI値や体脂肪率も算出されている意味を成します。

体脂肪率の問題点

計算式でも体組成計でも数値が出せる体脂肪率ですが、問題点もいくつかあります。一体どのような点が問題なのでしょうか。

正確な数値が測定しにくい

体脂肪率の問題点として挙げられるのは、正確な数値が測定しにくいということです。もちろん計算式でも体組成計などでも数値が出せますが、体の重みがそのまま数値化される体重のような正確性がないと言われているのが体脂肪です。

体脂肪率と健康との関連性が明確化されにくい

体脂肪率が高いと健康上良くないようなイメージが強く、体の中に多くの脂肪があるというような印象になります。しかし実際には体脂肪率と健康との関連性が明確化できていないのが現状です。確かに数値や体形によっては、健康被害が心配される肥満タイプの方もいますので、そのような方は少しシェイプップをした方が体への負担が少なくできます。

細かく数値にこだわり過ぎないようにする

正確な数値が測定しにくい上に、体脂肪率と健康との関連性が見出せていない現状では、体脂肪率の数値を全てだと思い込んで、必要以上に意識するのはよくありません。自分の年齢と平均は合致しているのか否かを確認することは良いですが、あまり数値に振り回されてしまいますと、無理に食事を減らすダイエットをするような方向に話が進んでしまいます。体脂肪率にこだわり過ぎず、健康が維持できているということは、特別問題がないと認識しましょう。

ダイエットの際は参考にする程度にする

体重や体脂率をコントロールするようなダイエットをする場合、当然平均値や標準値を参考にして、減量する計画を立てるはずです。しかしあまり数字にこだわってしまいますと、ほとんど違いがない数値のわずかな違いが気になって、こだわりが強いダイエットをすることになります。自分自身の体形を気にして自分磨きをするのは良いことですが、あまり無理をしないで取り組むのがおすすめです。

健康的なダイエットをしよう

健康的にダイエット
体脂肪率や体重だけにこだわりますと、食事をカットして不健康に痩せるようなダイエットを計画することになります。そのような方法は一時的に痩せることができますが、多くはリバウンドをして、ダイエット前以上に太ることもあります。健康的なダイエットとは、どのような方法なのでしょうか。

体を動かす

体を動かしてダイエットをしますと、その分沢山食べてしまうイメージです。しかし実際には上手く気分転換ができたことで食欲がコントロールできるようになって、お腹いっぱい食べることなく満足できるようになります。その生活を続けていますと、胃袋自体が小さくなって満腹になるスピードが速まります。これは無理をして食事を我慢しておる訳ではないので、長く続けられます。もちろん体を動かして気分をリフレッシュしている影響が大きく、普段家や室内にいる時間が長い人にピッタリなダイエットです。

無理な食事制限はしない

食べることを我慢することはとても大きなストレスで、そのストレスが積み重なりますと突然イライラが爆発して、深夜に暴飲暴食をしてしまうような暴走行為が始まってしまいます。食事を減らしますと便となる食物が体に蓄積されませんので、便秘になってしまう可能性があり、肌荒れや吹き出物などほかの悩みを増やすことになります。しっかり食べてその分動く習慣を身につけておきますと、付き合いなどで外食が続いた場合にもすぐに対応できます。

短期的に結果を求めない

健康的なダイエットの基本は、すぐに結果が出ないということです。短期的に結果が出て痩せるような減量法の多くは、その分体重が戻ってしまうスピードが速く、結局頑張った成果が無駄になりやすいものが多いです。確かに早く理想の体形になれるのが誰もが思うことですが、ゆっくり体重や体脂肪率を落とした方が、自分自身の体にその体形を覚え込ませることができます。短いスパンでダイエットをしようと考えるのではなく、生活そのものを一度見直すと良いでしょう。

体重の減少にこだわらない

健康的なダイエットをする場合は、体重や体脂肪率の増減だけにこだわらずに、自分のお腹を触った時の脂肪の付き方や背中の脂肪、顔の輪郭などを良く見て判断するのもダイエットの方法です。またウエストをメジャーで測定するなど、体重や体脂肪とは異なる場所を数値で管理するのも良いでしょう。体重や体脂肪に変化がない場合でも、ウエストサイズだけがダウンしていることも十分あります。

今の自分を受け入れる寛容さが大事

痩せていることが綺麗であるという決めつけをする方が多く、最近の若い方は口癖のようにして痩せたいという願望を口に出します。しかしモデルや女優などではない一般女性が、無理をして痩せる必要はありません。今の自分が良いという気持ちをもっていますと、自分自身を認める寛容さが身につきます。その結果、周囲に人にも優しくできる心のゆとりが生まれるでしょう。痩せることを考えたことで、改めて自分自身を見つめ直すのもおすすめです。

何が必要?美しくスリムアップする秘策

ハードな運動や無理な食事制限は長く続きませんが、生活に密着した方法で綺麗に痩せることはできるのでしょうか。普段の生活にプラスアルファするだけで、体形を変化させる秘策を紹介します。

夏でも湯船に浸かって汗を流そう


シャワーで済ませてしまう方が多い入浴ですが、寒い冬だけでなく暑い夏でも湯船にしっかり浸かるのがおすすめです。冬は寒いので芯から温まることができるお風呂ですが、夏でもきちんと汗を流すことで、新陳代謝を活発にして気持よく汗をかけます。お風呂にはリラックス効果が高く、一日の疲れを取り除いて次の日も元気に過ごせるように、熟睡できる安眠効果も高いです。短時間のシャワーで済ませるのではなく、一年中湯船に浸かってゆっくり入浴時間を過ごしましょう。

掃除の時間こそエクササイズをしよう

掃除をする時間を無駄なく有効に利用するためには、ストレッチの時間と合わせて鍛えてしまうのがおすすめです。例えば、ただ雑巾で窓を拭くのではなく、屈伸運動を言い署に行いながら窓を拭くなど、掃除に加えてエクササイズをすることで、掃除をしながら体を来ることができて部屋も綺麗になります。しかし掃除そのものに既にエネルギーを消費する力がありますので心配いりません。

甘いおやつは早めの時間に楽しむのが良い

我慢するのが難しい甘いおやつは、夜食べるために取っておくのではなく、朝やお昼など早い時間帯に食べてしまいますと、体に蓄積されて余分な脂肪とならずに済みます。食べたいものを我慢するのは精神的にもストレスが増えて良くありませんので、食べる感や量を工夫するなどしますと、ダイエットをしている感覚がなくなります。

お酒を飲む時の工夫

お酒を飲む
甘いものと一緒に我慢ができないお酒は、お酒そのものよりもおつまみに工夫をすると良いでしょう。どうしても沢山食べたくなるから揚げなどではなく、キムチや冷ややっこなど、シンプルでもおつまみに適したものを選択しましょう。もちろんお酒の量にも注意が必要で、記憶がなくなるほど飲んでしまうようなことをせず、適度に楽しむことをおすすめします。

荷物が多い人ほど体重や体脂肪率も多い?

家やカバンの中を見ますと、住んでいる人や持ち主のことが良く理解できると言われていて、家やカバンの中に荷物やものが散乱しているような方は、体重や体脂肪率も多くなっていて、頭の中もスッキリ整理できていない傾向にあります。これは一体どう言うことでしょう。

何でも溜め込んでしまう人は注意

荷物と脂肪が連動している家やカバンの中身と自分自身の体の中身は、どちらも溜め込んで大切にしてしまうような傾向にあります。例えば家やカバン中に、既に使用しないものや何年も読んでいない雑誌などがずっとある方もいます。脂肪も同じで、何年も蓄積された古い脂肪を溜め込んだままでいますと、ますます痩せにくくなります。

もったいないと思うと手放せない

荷物も脂肪も溜め込んでしまう傾向にある方は、物を大切にし過ぎてしまう場合があります。例えば、プレゼントでもらったものを使わずにしまったままにするほか、お腹がいっぱいでも残すのがもったいないので、無理に食べるようなこともしてしまいます。このような生活では体に脂肪が蓄積されて、荷物も増える一方です。ものや食べものを大切にする気持ちは大事ですが、工夫をして関わる必要があります。

荷物を減らすと脂肪が減る?

では荷物を減らすと脂肪が本当に減るのでしょうか。まず余計なものを持たない暮らしを実現しますと、その分手間をかけて自分自身が動くことになります。例えば掃除に便利なものは沢山アイテムがありますが、それらを全てなくして雑巾のみで掃除をするとします。その結果、今まで便利アイテムで掃除をしていたにも関わらず、全て自分で雑巾がけをすることになります。このような発想で手荷物を減らしていきますと、家に余計なお菓子を買い置きしなくなるなど、明らかに行動が変わります。試す価値が高いダイエット方法です。

手持ちのものを減らして身軽に生活

身軽に生活することで手に入れられるものは沢山あります。現代は便利でものが溢れている時代ですが、その分余計な情報に振り回されることや、知らなくても良いことを知りやすい環境は整っているなど、物や脂肪だけでなく情報とも上手く関わることが求められます。手持ちのものを減らしますと、時には不便でも頭で考えて行動する習慣がつくなど、便利な時代でも自分自身を見失うこと無く生活できます。

引き出し一段から始めても大きな進歩

荷物を減らして脂肪を減らすことはとても難しいと思うかもしれませんが、やり始めることでコツを掴めるようになり、自分自身での取捨選択も早くなります。引き出し一段や小さなカバン一つでも良いので、不要なものを捨てる方法で脂肪を減らしてみてはいかがでしょうか。部屋もカバンも綺麗になって、自分自身の体形も確実に変わるはずです。

体脂肪率も気にならない?自分に自信を持つ方法とは

体重や体脂肪率に振り回されてしまいますと、上手くダイエットできない自分が嫌になって落ち込んでしまい、そのストレスで食べ過ぎてしまうという負のスパイラルに陥ります。では今の自分を好きになって自信を持てるようになるには、一体どうすればよいのでしょうか。

無心になって打ち込めるものを探す

自分が本当に好きなことや夢中になっていることを目の前にしますと、黙って黙々とその世界に入り込んでしまうでしょう。それは趣味や特技である場合が多いのかもしれませんが、何か人とは違う趣味や誰にも負けない好きなことがある人は、自分自身に誇りを持って生きていますので、体重や体脂肪率の小さな変化に一喜一憂することは少ないでしょう。ダイエットのことを忘れられるような、夢中で取り組める趣味を見つけましょう。

自分に完璧を求めない

真面目で完璧主義な方の場合には、自分にも他人にも厳しい面があります。それは決して悪いことではありませんが、時に周囲の人とトラブルになる場合や、自分で自分を許すことができないなど、苦しく感じる場面が多くなります。体重や体脂肪が気になってダイエットをした場合、少しの失敗が許せなくなってダイエット自体をやめてしまうようなことにもなり兼ねません。自分を追い込んで責めるのではなく、こんな感じでいいや…と少し諦めるような態度も大事です。

狭い視野ではなく広い視野で物事を見る

今の自分に自信が持てない場合には、ダイエットで痩せて綺麗になることも大事ですが、狭い範囲ではない広い視野で物事を見ましょう。今まで行ったことがない場所へ旅行に出かけるのも良いでしょう。国内でも良いですが海外旅行へ出掛けますと、今の自分が恵まれていることを実感できるだけでなく、柔軟な発想やものの考え方ができるようになるなど、普段の生活から大きく脱却できます。家族や友人とではなく、一人で掛けることで更に自分への自信を取り戻すことができます。

まとめ

いかがでしたか。体脂肪率の計算方法を知っておきますと、体組成計の便利さやありがたみを感じることができるだけでなく、計算によって算出できるという知識を増やすことができます。様々なダイエットを経験してきた方は、この機会に体重や体脂肪について更に良く考えてみてはいかがでしょうか。