トレーニングの時にも使えるインターバルタイマーとインターバルの時間

インターバルタイマー

トレーニングをされている方、「インターバルタイマー」を意識していますか?インターバルとは、トレーニング中のセットとセットの間の休憩時間ですが、特別意識をして体を休めていない方が多いのが特徴です。しかし実際には、インターバルを上手く活用することで、更に運動効果を高められます。今回紹介するインターバルに最適な時間などをしって、今まで以上に運動効果が高い筋力トレーニングを実践してみてはいかがでしょうか。

目的によって変わるインターバルの時間について

インターバル 時間
インターバルの時間設定は、目的によって大きく変わります。どのような時にどのようなインターバルを設けるのが良いのでしょうか。

短時間インターバルの場合は筋肥大や持久力アップ

筋肥大や持久力アップなどを目的とする場合には、短時間インターバルが良いとされています。短時間のインターバルですので、ほとんど休んだうちに入らないかもしれません。しかし筋肉にとっては貴重な休む時間となり、更に効率良く鍛えることができます。

中時間インターバルの場合は筋肥大

筋肥大 筋トレ
中時間インターバルの場合には、筋肥大を目的とした時に行うと良いでしょう。短時間インターバルほど短くないので、少し休憩時滝本を味わうことができます。あまり長く休んでしまいますと、次のセットに取り組む準備を整えることに時間が掛かってしまいます。中時間インターバルが、適度なインターバルとなります。

高時間インターバルの場合は筋力アップ

筋力アップに時におすすめの高時間インターバルは、しっかり休んで体も気持ちも一度リセットできるメリットがあります。長い時間休むことで体が動かなくなる方もいますが、その反対に休んだことでエネルギーが元に戻る方もいます。

インターバルを設けないとどうなる?

筋力トレーニングなどでインターバルを設けないとどうなるのでしょう。時間の短縮やより一層鍛えられるような気がして、あえてインターバルを設けないまま運動を続けてしまいますと、鍛えた効果が半減するだけでなく、スタミナが持たなくなって運動を持続できなくなります。たとえ短い時間でも少し休みだけで効果的なインターバルは、きちんと設けて正しい運動方法で体を動かしましょう。

オススメのインターバル

インターバル
インターバルを設ける時に欠かせないのが時間目安です。一体どのくらいの時間をインターンバルに使うことが理想なのでしょうか。

筋肥大をしたい方は30秒から60秒がオススメ

30秒から60秒と比較的短めのインターバルがおすすめなのは、筋肥大をしたい人です。筋肉が大きく育つことを目的とする筋肥大の時には、1分弱のインターバルが適しています。

持久力アップしたい方は30秒以下がオススメ

持久力アップを目的に運動をする際には、インターバルは30秒以下と短めで十分です。インターバルの意味や効果がないのでは?と思ってしまうような短さですが、持久力を高めるためには余分な休息は不要です。

筋力アップしたい方は2分から5分ぐらいがオススメ

筋力アップを望む場合には、2分から5分というインターバルがおすすめです。他の2つに比べて長く感じるインターバルですが、筋力アップにはしっかりとした休息が欠かせません。よく体を休めることで、効率良く筋力アップができます。

インターバルタイマーおすすめ商品

タイマー
インターバルを正確に計測するためには、便利なアイテムを使いますと間違えることなく、正しいインターバルを設定できます。一体どのようなものを使用すると良いのでしょうか。

セイコー ストップウオッチ インターバルタイマー

ソーラー機能が搭載されたストップウオッチは、タイムなどをはかるだけでなく、インターバルを計測する時にも便利です。本体が赤ですので、荷物が多い時でもカバンからすぐに取り出せる目立つデザインです。

カシオ スポーツウォッチ

腕時計型のストップウオッチで、インターバルだけでなく、あらゆるタイムの測定に活用できます。長時間使用しても電池が切れる心配がなく、水にも強い丈夫なつくりになっています。

デジタルタイマー 多機能防水100分タイマー

コンパクトサイズのデジタルタイマーですが、時間が表記される液晶画面が大きいのが特徴で、時間をよく見ることができます。インターバルと測定できるのは勿論ですが、100分タイマーなどの便利な機能が多数搭載されています。

インターバルの測定に良いタイマーは?

便利なタイマーを使いますと正確に測定できるのは勿論ですが、タイマー設定できることで、インターバルの即手にばかり気を配る必要がなくなります。丈夫で長持ちするものを選ぶと同時に、水に強い防水機能がありますと安心です。またインターバルの測定以外の目的でも利用できる多機能型がおすすめです。

購入先は?

時計専門店やホームセンター、スポーツ用品店などにも沢山販売されています。また便利なインターネット通販を利用しますと、忙しい方やゆっくり自宅で比較検討したい方におすすめです。また価格ばかりを気にして安価なタイマーを購入しますと、すぐ破損するなどのトラブルになる可能性があります。良く価格と品質の兼ね合いを考慮して、適切なタイマーを購入しましょう。

インターバルを上手く活かした筋力トレーニング


インターバル 筋トレ
セットとセットの間に休みを設けるインターバルは、様々な運動に利用できることが良く分かりました。その中でも筋力トレーニングに活用することで、更に運動効果が高められるとも言われています。今以上に理想的な体形に近づくためには、インターバルを活かして運動することが重要です。ここではインターバルに関する細かな疑問を解消していきます。

自宅でのトレーニングにもインターバルは必要?

筋力トレーニングは、自宅でもジムでもできるのが特徴です。ジムではインストラクターがいますので、インターバルの測定を含めて色々とケアが行われます。では自宅での筋力トレーニングはどうでしょう。全てを自分で行う必要があることから、インターバルは適当でも良いと思われてしまいますが、どこで鍛えてもインターバルは大切です。自宅での筋力トレーニングでも、しっかりタイマーで時間を計測して取り組みましょう。

インターバルで休む時何をしているのが良い?

短いインターバルですとあっという間ですが、中には数分間インターバルを設けるケースもあります。そのような時には何をしていればよいのか分からないかもしれませんが、体を休めることに集中することが理想です。そのためには、体だけでなく頭の中も空っぽにして一度自分をリセットさせましょう。

長いインターバルの時は寝ても良いの?

インターバル 寝る

中にはすぐに眠りにつける方もいて、座った途端に寝られるという方もいます。短いインターバルでは難しい睡眠ですが、数分間あるインターバルの場合は、座って目を閉じることも有効です。無理に寝る必要はありませんが、目を閉じて休みますと眠った時と同じくらいのリラックス効果が期待できます。インターバルは様々な使い方ができます。

トイレに行くことは可能?

長いインターバルの場合には、トイレに行く時間も十分あるでしょう、しかし筋肉を休ませるのがインターバルの目的ですので、できればじっとしているのが理想的です。しかし筋力トレーニング中に我慢ができなくなって集中力が途絶えることも問題になります。長めのインターバルの際には、トイレを済ませておいて次のセットでベストなパフォーマンスをするように心掛けましょう。

インターバルの時間設定を間違えた時の対処法

インターバルの時間設定は、目的によって長さが異なりますので、自分自身でも設定する際に間違えることは沢山あります。長く休み過ぎてしまうことや、その反対に休みが足りないなどという間違いもあるでしょう。しかし次のインターバル設定時に間違えないように気を付ける程度で問題はなく、それ程慌てることもありません。

筋力トレーニングはどこでやるのが良い?

筋力トレーニング
筋力トレーニングは自宅でもジムでもできる運動です。取り組む方の性格や生活環境によって、どちらを選択するのが良いのか変わります。ここでは、自宅と事務それぞれで鍛えるメリットを紹介します。これから運動を始めようと考えている方や、今のやり方に疑問を抱いている方など、是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。

自宅で鍛えるメリット

自宅で筋力トレーニングをする良さは、わざわざ出かけず鍛えられる手軽さです。またインストラクターなどがいないことで、自分のペーズで自由に鍛えることができるでしょう。しかしその分自分で自分自身を律する必要がありますが、まずは気軽に始めたいという初心者の方が選択することが多いのが、自宅で鍛えるパターンです。

ジムで鍛えるメリット

筋トレ ジム
一方のジムでのトレーニングはどうでしょう。お金と時間を掛けて鍛えるプレッシャーはありますが、その緊張感が良い刺激になって頑張れるという方もいます。飽きっぽい方や自分で自分に甘くしてしまう方は、初めからジム通いを選択して、厳しい環境を敢えて選ぶケースもあります。また自宅でのトレーニングが上手くいかず、結局ジムへ通うことを選択するなど、結果として両方経験して決断する方もいます。

自分に合う方法を選ぶと長続きする

自宅でもジムでも鍛えられるということで、選択する際になやむかもしれません。しかしどんなに評判が良いジムへ通っても、その人に合った方法でなければ意味がありません。できれば長く続けたい筋力トレーニングをする場合には、自分自身には度のやり方があっているのかを自己分析すると良いでしょう。

まとめ

体型 筋トレ
いかがでしたか。筋力トレーニングに欠かせないインターバルは、便利なアイテムを使って計測することで、さらに正確なインターバルを設けられます。目的に合ったインターバルを設定して、より理想的な体形を目指してみてはいかがでしょうか。