筋トレ後のお酒をオススメしない理由&賢い飲み方をご紹介

筋トレ後 お酒 オススメしない理由 賢い飲み方

筋トレでたくさん汗を流した後に、ちょっと1杯飲みたいと思う人もいるのではないでしょうか?運動後に飲むお酒と言うのは、乾いた喉が潤ってとても美味しく感じられるものです。しかし、運動後のお酒は実は体にとって大きな負担が掛かっており、知らずにお酒を飲み続けてしまうと体を壊す原因にもなり兼ねません。そこで今回は、トレーニング後のお酒が体に与える影響について、賢い飲酒の方法と併せて紹介をします。

アルコールの悪影響

筋トレ後 お酒 オススメしない理由 アルコール 影響
お酒が体に与える影響と言うのは、決して1つだけではありません。アルコールによる体への悪影響については主に次のような事柄が挙げられます。

成長ホルモンの分泌を抑制する

筋肉を発達させて大きくするホルモンにはテストステロンがあります。このホルモンはアルコールを摂ることで分泌量が低下すると言われており、せっかくトレーニングを行ったのに筋トレをしても運動後の飲酒によって筋肉が作られづらい状態になってしまうのです。

筋肉を分解してしまう

ストレスを感じた際に分泌量が増える物質にコルチゾールがありますが、お酒を飲んだ時もコルチゾールの分泌量は多くなります。アルコール自体には筋肉を分解するような働きはないものの、コルチゾールは筋肉を分解すると言う働きを持っているため、こうした飲酒により筋肉が分解されやすい状況を作ってしまいます。

肝機能への負担がかかる

肝臓は運動をしている最中でも、ブドウ糖を血液や筋肉に送りながら休みなく働いています。トレーニングの後にお酒を飲むことは、アルコールの分解で負担が掛かるのと同時にこのように働き続けている肝臓にとって休む間が与えられず、内臓が疲れてしまいます。また、飲酒で肝機能の働きが遮られると、運動でダメージを受けた筋肉も回復しづらい状態となります。

タンパク質が消費される

筋肉を大きく成長させるためには欠かせない栄養素にタンパク質が挙げられますが、このタンパク質はアルコールを分解する際にも使われることが分かっています。お酒を飲んでアルコールが分解されると、食事やサプリメントなどで摂取したタンパク質も消費されてしまいますので、栄養が十分に与えられず筋肉の成長の妨げとなります。

急性アルコール筋症になるかもしれない

お酒を飲んだ後に筋肉痛に似た痛みを感じたことはありませんか?これは急性アルコール筋症と呼ばれるもので、アルコールを摂ったために体内がビタミン不足に陥り、筋肉の元となる筋線維が壊されるために起こる症状です。筋肉痛と似た痛みはあるものの急性アルコール筋症では筋肉は成長しませんし、その他の症状としてはしびれや麻痺などが出る場合もあります。

賢い飲み方

筋トレの後にお酒を飲むことはこのように様々なリスクが潜んでいるものですが、正しい飲み方さえ覚えておけばお酒と上手に付き合いながら筋トレも継続できます。

糖質控えめなお酒を選ぶ

筋トレ後 お酒 賢い 飲み方 
アルコールのカロリーは体内に蓄積されづらいものの、他の栄養素を比較すると優先的に代謝される性質のため、糖質が体脂肪になりやすいです。糖質を含むお酒の代表的な種類としてはビールや日本酒、ワインなどがありますが、筋トレ後にどうしても飲むと言う場合には、体に不要な体脂肪を蓄えないように糖質が入っていない焼酎やウイスキー、ブランデーといったお酒を選ぶと良いです。また、お酒を別の飲みもので割る際にジュースのように糖質を含む飲料を入れてしまっては結局意味がないため、割る時は水や炭酸水などを入れましょう。

ノンアルコールのものを選ぶ

飲む雰囲気だけでも味わいたいなら、ノンアルコール飲料を試してみるのもおすすめです。現在はノンアルコール飲料の種類が増えていますし、味も改良され本物のお酒を味わっているかのように美味しくなっています。初めは物足りなさを感じるかもしれませんが、ノンアルコールで我慢できれば飲酒による内臓への負担や筋肉の分解なども防げます。

休肝日にする

お酒をいつも我慢するのは辛いですし、我慢をしすぎると却ってストレスも溜まってしまいますので、飲む量に気を付けたり糖質オフのお酒を選んだりすれば、たまに飲むのは構いません。しかし、筋トレ後は基本的には飲酒をしないことがベストで、ダメージを受けた筋肉を回復させることが1番です。筋トレをすると決めた日は、せっかくの効果を無駄にしないためにもその日を休肝日として、できる限り飲酒は控えましょう。

バランスの良いおつまみを摂取する

お酒を飲む時は、不足しがちな栄養をおつまみで補ってあげると良いでしょう。栄養素を細かく調べておつまみを選ぶのは大変な作業になるので、まずは栄養が偏らないように肉や魚、野菜、海藻などをそれぞれバランス良く摂れるようなおつまみを選んでみてください。また、アルコールを分解する際にビタミンやミネラルを多く必要としますので、そうした栄養もおつまみで補ってあげましょう。

水分を多めにとる

筋トレ後 お酒 賢い飲み方 水分 多く
飲酒をした場合は体外へアルコールを排出するために多くの水分が必要になりますので、水は多めに飲んでおきましょう。また、お酒だけを飲んでいると血中のアルコール濃度が高くなり内臓への負担も大きくなりますが、水分も一緒に摂ることで体内のアルコール濃度が下がり胃の負担を抑えられる他、アルコールの利尿作用による脱水症状も防げます。

まとめ

いかがでしたか?体に与える悪影響と賢い飲み方をよく理解し、お酒との付き合い方を今一度考えてみましょう。