筋トレ後のアルコールが悪い理由や賢い飲み方をご紹介

筋トレ後 お酒 オススメしない理由 賢い飲み方

筋トレ後のアルコールが悪い理由をご存知ですか?賢い飲み方でお酒を飲むと筋トレのプラスになりますよ!お酒を飲むことはストレスの発散になりますし食欲も高まりますので、適量であれば飲酒もこうした健康面にプラスに働いてくれます。しかし、筋トレの後のお酒は注意が必要で、特に大量のアルコールを摂取してしまうと筋肉の発達に様々な影響を及ぼしかねません。そこで今回は、トレーニング後の飲酒にはどういったリスクが潜んでいるのか、具体的に説明をしていきます。

筋トレ後のアルコールが悪い理由

筋トレの後のアルコール
お酒を飲みすぎた場合、血糖値が高くなったり体が疲れやすくなったりするといった症状が現れますが、トレーニング後のアルコールの摂取においては体に次のような悪影響を与えます。

テストステロンの分泌を抑制する

テストステロンとは男性ホルモンであり、これは筋トレを行うことによって分泌されるホルモンの1つです。筋肉を作るためにはタンパク質の存在が欠かせませんが、テストステロンはこのタンパク質の合成を助ける働きをしており、筋肉を大きく成長させるにはなくてはならないホルモンとなっています。このように、テストステロンは分泌が多くなれば筋肉も付きやすい状態となっていくのですが、アルコールを摂取することでホルモンの分泌量が抑えられてしまいます。飲酒によってこうしてテストステロンの分泌量が低下すれば、筋トレに励んだのに十分な効果が得られない可能性もあるのです。

コルチゾールの分解が増える

ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールは、緊張状態にある時や過度なストレスが掛かった時に分泌されるホルモンであり、アルコールを摂取するとテストステロンと同様にコルチゾールの分泌量も増えます。実はコルチゾールは、糖の生成をするためにタンパク質、つまり筋肉を分解する働きを持っているのです。このホルモンの影響によって、トレーニングをしてもダメージを受けた筋肉への負担となりますし、せっかくの筋トレの効果も打ち消されてしまいます。

肝臓への負担が増える

トレーニングをすると体に負荷が掛かりますので、筋肉が大きくダメージを受けていますし内臓も同じように疲労しています。筋トレ後はこうした体のダメージを修復させるのが何よりも大切で、肝臓は疲れた筋肉を回復させるために働いてくれる器官です。しかし、お酒が入ると肝臓は毒素のアルコールを排出させようとアルコールの分解を最優先させます。そのため、肝臓には大きな負担を掛けてしまいますし、筋肉の修復にも時間が掛かることになります。

タンパク質の消費が激しくなる

タンパク質は体にとって欠かせない栄養素であり、筋肉を成長させるためには積極的に摂ることが重要です。しかし、お酒を飲むとアルコールを分解するのにタンパク質も多く使われてしまいます。タンパク質の必要量が増えれば、十分にタンパク質を摂っていてもアルコール分解によって合成が阻害されてしまうため、トレーニングで効率良く筋肉を成長させることも難しくなります。

急性アルコール筋症になるかもしれない

急性アルコール筋症とは筋線維が破壊されて起こる症状です。お酒を飲んだ後に関節が痛み出したり、足や腕などの筋が痛くなったりするなど、筋肉痛に近い痛みが見られるのが特徴となっており、症状が強いと痺れや麻痺が現れる場合もあります。急性アルコール筋症は、飲酒をしたことでアルコールの毒素分解のために体内の水分やビタミンが足りなくなり筋肉も壊されてしまうので、筋力がダウンするといったことにもなりかねません。

筋トレ後の賢いアルコールの飲み方

筋トレ後にアルコールを摂取することはこのように様々な悪影響を及ぼす恐れがありますが、周りとの付き合いもあるため完全に飲酒をしない状況を作ると言うのはなかなか難しいです。こうして、筋トレ後に万が一お酒を飲むような事になった場合、次の点に注意しながら飲むようにしましょう。

おつまみの栄養バランスを考える

お酒 おつまみ
お酒を飲むと言ってもお酒ばかりを摂っては当然体に良くないので、おつまみで栄養を摂るのがおすすめです。特にタンパク質は、アルコールの吸収を穏やかにすると言われていますし、元々筋肉の成長には欠かせない栄養素ですので、積極的に摂ることを意識してみてください。また、脂質や脂質の多く含まれているおつまみは食べすぎると太る原因にもなるため、栄養のバランスを考えた食べ方をしましょう。

蒸留酒など糖質控えめなものを選ぶ

蒸留酒 筋トレ
蒸留酒とは醸造酒から糖を抜いて作ったお酒のことで、ウイスキーやブランデー、焼酎といった種類がこれに当てはまります。アルコールの部分だけを蒸発させお酒として作る製法を取っているため、もろみに含まれる糖質もなくるのです。糖質は消費されなければ脂肪になってしまうので、お酒はできる限り糖質の少ないものを選びましょう。また、お酒を割って飲む場合、カクテル類は甘みが多く糖質も含まれてしまうので、水割りやロックといった飲み方を意識してみてください。

チェイサーとしてお水も飲む

チェイサーとはお酒の口直しのために飲む水、あるいは炭酸水のことです。アルコールは利尿作用があり体の水分不足も引き起こしやすくなるため、飲酒の際はチェイサーを用意し小まめに水分を摂りながら飲むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?日々のトレーニングの成果を無駄にしないように、お酒を飲む時は体に負担の少ない飲み方をしてみてください。